陸上 高校駅伝優勝のケニア留学生、退学処分で帰国へ(毎日新聞)

April 09 [Fri], 2010, 0:01
 2008年全国高校駅伝女子で優勝した時の私立豊川高(愛知県豊川市)のメンバーで、その後同校を退学処分になったワイセラ・ワイリムさん(18)が8日、ケニアへ帰国する。ワイリムさんは09年9月に在留期限が切れ、今年2月に名古屋入管に出頭して在留特別許可を申請し、そのまま収容されていた。「将来は日本の実業団で走りたい」との夢は果たせなかった。

 ワイリムさんは2年生だった09年1月に帰省。支援者によると、実家が強盗に遭ってパスポートなどを奪われ来日が4月20日に延びた。この間に豊川高はワイリムさんの留年を決め、併せて出席日数不足を理由に退学処分とした。

 その後、ワイリムさんは支援者の元で暮らした。退学処分の取り消しを求める裁判も考えたが、弁護士費用が工面できず断念した。

 ケニア大使館員が今月2日に豊川高を訪れ、退学処分に抗議して復学を求めたが、学校側は応じなかったという。大使館側は「彼女の人生がめちゃくちゃにされた」と憤る。【黒尾透】

【関連ニュース】
ケニア人元留学生:在留特別許可求め入管出頭 元駅伝選手
◇昨年の高校駅伝◇女子は愛知・豊川高校が2年連続全国制覇
陸上:スズキ、地域密着型クラブで再出発 やり投げ・村上ら所属
陸上:村上が「目標は85メートル」…国際GP大阪大会
室伏広治:腰痛 ロンドン五輪で現役引退へ

「あるとすれば良い影響」 民主・山岡氏が新党批判(産経新聞)
中古部品で自動車修理 新品の修理と遜色なし(産経新聞)
与謝野・平沼新党「小さく産んで大きく育てる」(読売新聞)
<新型インフル>期限切れワクチン 234万回分廃棄へ(毎日新聞)
経済対策・財政再建が「両輪」=新党名は持ち越し−与謝野、平沼氏ら(時事通信)