lucy cat

May 06 [Fri], 2011, 23:49
バカラにクリスタルの招き猫があるそうな。

繊細な作品が多いバカラの招き猫。
繊細とは、丁寧で、細やかで複雑な深みがあるものです。

幸せとは繊細なもの。

クリスタルゆえのご利益も、そこにあるのではないでしょうか。


アルバム『lucy cat 』by isan
ファルセットなシンセサイザーが宇宙と海の隙間のようで、心地よいです。

流れ星のシャワーを全身に受け、光の絹に包まれていくような

とても不思議な気持ちになります。



Cathart by isan


the kids are all right,sound track

May 06 [Fri], 2011, 23:41
日本で、キッズ・オールライトと題されて公開中の映画のサントラが、とてもいいです。

って、映画は、試写を逃してしまい、いまだ見ていないのだけれど、

トラックを観るだけで作品のセンスを勝手に感じ、雰囲気を想像しています。

トラックをみただけで、洋楽ファンはおお!と唸ると思います。

2人のママ(同性のカップル)世代の音楽とキッズ世代(父親はそれ専門のバンクで)が、入っていて。
ママたちは、デビット・ボウイやジョニー・ミッチェルなどメインストリームの音楽なのに対して、キッズはインディーロック中心という取り合わせ。
このギャップがすごく面白い。

絶対、自腹で観に行くぞっと。

この音楽がどこでどのように使われているのかがすごく、楽しみです。

刺繍Vogue

May 06 [Fri], 2011, 21:25
私の大、大好きッブロガーのDisneyrollergirlさんのブログから、素敵な写真を見つけました。

刺繍で作られたVogueのカバーです
ドイツ語でよく分からないけれど、リンクを貼っておきます。


http://www.ignant.de/2011/05/02/fashion-stitching/

妹とバスに乗って

May 06 [Fri], 2011, 8:41
レイチェル・サイモン
早川書房
発売日:2003-09-06

読んで良かったと思いました。


映画のような本当の話です。

知的障害を持つ妹ベスと、ひょんなことから一緒にバスに乗り継ぐことになったレイチェル。

その乗り方はベスが生み出した特別な乗り方で、毎日お気に入りの運転手のバスに乗るというものです。
最初は戸惑いながら、レイチェルはそのバス乗りを通してベスの豊かな知恵と発想、バスをめぐる様々な人間模様を垣間見るのです。
やがて、それは、レイチェルの考え方や人生の方向に影響していきます。

読んで良かったです。心からそう思います。

どんな家族でも、家族を時には疎ましく思い、嫌悪する日はあるでしょう。
家族と正面から、向き合うことはたまに赤の他人と関わることより難しいなと感じることがあります。
家族だから不本意に傷つけたことが、私にもあります。
それは、無遠慮なのではなく、甘えだと後から後悔と悔しさに押しつぶされそうになったことがあります。

レイチェルは、ベスのことや自分の家族に対する深い水の底のような悩みを心にぶら下げて、沈んでしまいそうな女性です。強くたくましく、キャリアのある女性だけれども。
本当は、弱く繊細で、人間的な一面もあるんです。
多面的。それは、人間的な美しさのあるということと言い換えられると思います。

家族の一員である人は、レイチェルの悩みにずっしりと共感できます。絶対にそう。
知的障害者が家族の一員であることを不幸に思ったり、ドラマに出てくるような天使のようなピュアな心を持った登場人物を想像すると、そんな期待はあっさりと裏切られ、そう期待したことを恥ずかしく感じるはずです。

ベスは、純粋でまっすぐな心と同時に、わがままで自己中心的な一面も持っているごく普通の女の人です。
そんなベスと向き合う家族も、ベスを精いっぱい愛しながら、足手まといや世話をすることに良い気持ちを感じないこともあります。
読んでいて、普通だなぁと思いました。きっと、私もそう思うだろうなとシンプルにその感情を招き入れることができました。
レイチェルと一緒になって苦しみ、読み終えた時は自分の苦しみに少しだけ向き合えたような気がします。
複雑に絡み合った感情を整理し、相手への思いやりを表現するよう努めること、それも愛することの一編だと感じました。


映画化が待ち遠しい1冊です。

『妹とバスに乗って』は、彼女たちが生きた時代の音楽が、サウンドトラックのように登場します。
80年代〜00年代前半ぐらいまで。
それは、この物語の時代背景をより、細やかに浮かび上がらせることやレイチェルの気持ちをはっきりと表現するのに一役買っています。

とにかく、たくさんのアーティストや楽曲が登場するけれど、
ベスが好きなアーティストは、the osmonds,donny osmonds
Go Away Little Girl by donny osmonds

アルバム『Osmondmania: Osmond Family Greatest Hits 』

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サントラマニア
  • アイコン画像 趣味:
    ・すべての映画
    ・すべての音楽
読者になる
いろんなことを克服し、やっと落ち着いた季節になりました。
今は、すっごく人生が楽しい
家族や友人にとても感謝をして、日々を丁寧に生きたいと思います。
落ち込んだ時、読んでいる小説や本にどんな音楽が流れているか、空想していました
それをメモとしてつづっていきたいと思います。
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる