モテキ(2)

April 30 [Sat], 2011, 1:50
久保 ミツロウ
講談社
発売日:2009-08-21

1巻より、ずっとずっと面白くなってます。
登場人物のキャラクターに深みが出て、自分の周囲にいるような人々に共感できるようになりました。


作者は、音楽が好きなんでしょうね。
いっぱい出てきます。

2巻目も日本語ロックがたくさん出てきたけれど、

好きなのは、コレ。

中央線 by the Boom

そこをなんとか(1)

April 22 [Fri], 2011, 4:17
仕事、がんばりたくなる!


弁護士を主人公にした漫画は多い。
でも、みんな男性誌の連載や男性読者を対象にしている作品だなぁと思っていた
実社会では、女性の弁護士さんも活躍しているのにね。

バリバリの少女コミックで連載していた『そこをなんとか』
私とほぼ同時期に社会に出た改世楽子ちゃん。
世の中は、好景気で、私の就職活動も今では想像のつかないほどトントン拍子に進んでいった。
でも、弁護士は供給過剰で市場には、就職できない弁護士さんが溢れていたんですって。

なんとか、昔のコネで零細弁護士事務所に就職した楽子ちゃんは、想像と違う地味でたいへんな弁護士の仕事に驚きつつも、持ち前の明るさで、苦難も一生懸命乗り越えていくのだ

仕事を続けることのむずかしさを、実感している。
でも、続けたい。続ける先に何かあるでしょ。希望を持って毎日向き合っている。
仕事じゃなくて、自分と。

しなやかに、楽しく戦うぞっ
心配ないさ、明日はあるさ

もし、この漫画がドラマ化されるのであれは、この曲をエンディングに流したいの
I Don’t worry by Bess rogers



日本語のロックポップスでも、ヒットしそうな軽快なメロディー

『ベス・ロジャース・プレゼンツ・ベス・ロジャース』は、今の彼女のヒット曲集なのでとてもお買い得な1枚


モテキ(1)

April 13 [Wed], 2011, 8:00
久保 ミツロウ
講談社
発売日:2009-03-23

これがモテキなの?モテてないじゃん!と思ったよ。


まわってきた。
普段、漫画はあまり読まない。
嫌いなのではなくて、面白い漫画がどれなのかよく分からないから。
情報として、入ってこないのだ。

『モテキ』というタイトルなのだから、ある日、魔法使いに女の子からチヤホヤされる魔法をかけてもらった、
そしたら、モテてモテて、モテまくり。
だけど、人生はうまくいくばかりじゃない・・・そんな物語を想像していたら、まったく違ったのだった。

もっと現実的で、不器用な人を追っている。
1巻からほろ苦くて、これからどのように展開していくのだろう。

作中に、フジロックや日本語ロックも出てくる。
作者は、音楽がお好きなよう。私のうれしい誤算だった。

主人公曰く、この歌は、

別にモテない男の歌なんかじゃなっくて、結局、他の女と結婚する能力のある奴の歌なんだよなぁ・・・長い間、だまされてだぜ
らしい。

格好悪いふられ方 by 大江千里

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サントラマニア
  • アイコン画像 趣味:
    ・すべての映画
    ・すべての音楽
読者になる
いろんなことを克服し、やっと落ち着いた季節になりました。
今は、すっごく人生が楽しい
家族や友人にとても感謝をして、日々を丁寧に生きたいと思います。
落ち込んだ時、読んでいる小説や本にどんな音楽が流れているか、空想していました
それをメモとしてつづっていきたいと思います。
2011年04月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる