注文の多い料理店

May 11 [Wed], 2011, 3:24
表紙に騙されてはいけません。

怖かったです。

中毒性のある不気味な怖さ。

世界中で読まれている理由を肌で感じました。


宮沢賢治がこんなに、怖い話を書く作家というのを知らなかった。
というか、忘れていたのだろうか。

今まで読んだ、どんな小説よりも異質な匂いと手触りのある不気味な代物。
でも、煌々と生命力がたぎっている。
それが、静謐で美しい。

どうなっているんだ。



独創的のひとことで、
つまりは、単純に、はまりそう。

Explosions In The Skyの5thアルバム『take care take care take care』を添えて。
インスタルメント、すなわち歌のないバンドで、5作もアルバムを発表し、売れているバンドはめずらしいと思う。
彼らのつくる音楽は、宮沢賢治の小説よりももっと美しさを形容している。
でも、すごく悠然とした怪しさがあって、生命力をたぎらせながら、一方で抑制したバランスを保っている。
シンセサイザーも自然の音も、同時に聴こえてくるこのバンドのバランスは、宮沢賢治がたまに、幸せな余韻の残る短編を書くことに、似ている気がした。


Be Comfortable, Creature by Explosions In The Sky

Explosions in the Sky
Temporary Residence
発売日:2011-04-26

綺麗の中に、隕石が落ち散らばったような怪しさ。

物悲しさ。

誰と聴くかも、どこで聴くかも、
はっきりと答えが見いだせない不思議な魅力をたたえている。

ぼくの小鳥ちゃん

May 10 [Tue], 2011, 3:04
小鳥ちゃんがかわいい。
荒井良二さんの絵もかわいい。

プレゼントしたくなる文庫本。


お風呂で半身浴をしながら、ぱぁっと読んだ。
短いお話なのに、この主人公の性格がとてもよく分かる。
優しく、まじめで、やや気弱な性質。

主人公の“ぼく”には、完璧な彼女がいるんだけど、ある日窓から迷い込んだ小鳥ちゃんと暮らし始める。
小鳥ちゃんは、わがままだ。

レディーとして扱ってほしがる小鳥ちゃんをレディーとして扱う“ぼく”

もし、人間のレディーだったら最悪なパターンな浮気だけれど、小鳥ちゃんは小鳥だからそうはならない。
それが、この物語を、一段と寓話的にかわいらしくしているのだ。

江國香織の小説だけど、山田詠美っぽさを感じる。
小説の中に、昔、住んでいたアパートの上の階のおばあちゃんが「what a beautiful morning」を歌う記述があるんだけど、

80歳近いとされるおばあちゃんが、歌うのはレイ・チャールズ
私は、「what a beautiful morning」が誰の歌なのか、イマイチ釈然としないんだけどね。

もし、江國さんがレイ・チャールズを意味してこのシーンを描いたなら、このおばあちゃんは、かなりファンキーだね。
想像も、小説のお楽しみ。

Oh, What A Beautiful Morning by Ray Charles
レイ・チャールズって、なんてかっこいい人なんだろう。

ミュージック・ブレス・ユー!!

April 23 [Sat], 2011, 2:57
津村 記久子
角川グループパブリッシング
発売日:2008-07-01

笑える。
だから、電車の中で読めない!


久しぶりに、新しい作家さんの小説を手に取る
キュートな同僚ちゃんのお勧めだということで、どんな本なんだろう・・・と。
ワクワクと胸を高鳴らせながら読み始めた

ある人の読んでいる本や、聴いている音楽を知るとその人との距離がぐっと近づいたような心持ちになる。
逆にいえば、自分の読んでいる本や聴いている音楽を人に知られるのは、時に裸を見せるより恥ずかしく、勇気がいることのような気がするのだ。

この、『ミュージック・ブレス・ユー!!』
面白い。
音楽(特にパンク!)は、主人公のアザミが大好きなジャンルで、バンドも組んでいるぐらいなのだ。
アザミは、ほとんど、ヘッドホンを耳に突っ込んでいるような子なのだ。
物語の最中に、アヴリル・ラヴィーン、Blink182、SUM41、ミシェル・ブランチ、ブロック・パーティーやらやら、洋楽アーティストがたくさん登場する。

音楽は、物語の軸といえば軸で、脇役といえば脇役で、

なんの影響も与えないといえば与えない。。

一言で言ってしまえば、この小説は主人公の人生をガラリと変えてしまうような出来事がまったく起こらないのだ。

もう少しひねれば、超絶な変化があろうに、アザミちゃんはそんなことをするキャラクターじゃない。

ボールがポーンと高く飛んでも、追いかけようとせずに着地点を眺めるような子だから。
淡々とアザミと周囲の気持ちと日々の生活を、面白いこともつまらないこともどうでもいいことをチャンポンにしている。

その、面白い描写で私は笑ったんだけど、
レポートの作成で、ヒラリー・ダフとニコール・リッチーのゴシップが出てきた時にはお腹がよじれたもん

主人公のアザミちゃんにとっては、日々生きていることの1ページにすぎなくて、そこがまた、自然だと思う。
この小説と作者の魅力だと思う。

『ミュージック・ブレス・ユー』の中で、登場回数最多のBlink182
とりわけ、この3rdアルバムに登場人物は思い入れがあるようだ

アルバム『Enema Of The State 』に収録。


『風味絶佳』より短編小説『間食』

April 20 [Wed], 2011, 7:59
山田 詠美
文藝春秋
発売日:2008-05-09

風味豊かな小説集。
食べ物の描写も人間の描写も、風味があってかぐわしく、ほろ苦い。


死体の作り方なら、小さな頃から知っていたよ。
ふわふわしているようで、夢見がちな声に隠された鮮烈な1文から、物語は幕を開ける。
『間食』の主人公の雄太は、ひどい男だ。

若くて、未熟で思いやりのある「花」という女の子と年上で落ち着いた「加代」という女性と二股をかけている。
まるで、自分の必要な養分のように2人の役割を使い分けて生活する。

一人と向き合えなんて、本当は弱いんだ。
心底、私はそう思う。自分が弱っている時、物であろうと人であろうとまっすぐと対峙できない。

逃げてしまう。

彼は、弱いんだよ

と、私は思うんだけど、その弱さと対局を為すように、彼は鳶職で培った屈強な肉体がある。

だから、きっと女の人はコロリと参ってしまうのだ。っと思った。
山田詠美の密やかなマジックだ。

this modern love by the block party


ぼくの悲しみを食べ尽くしたいと君は言った。
You told me you wanted to eat up my sadness
悲しみを癒してくれる場所へ人は戻っていくのかな

『風味絶佳』より短編小説『春眠』

April 19 [Tue], 2011, 7:24
山田 詠美
文藝春秋
発売日:2008-05-09

風味豊かな小説集。
食べ物の描写も人間の描写も、風味があってかぐわしく、ほろ苦い。


この小説集の最後に相応しい短編小説『春眠』
映画になった『風味絶佳』よりも、映画的だと、私は思う。

物語は、むごい。
主人公の章造くんは、ずっと想いを寄せている弥生が、自分の父と再婚することを知り、心の中で葛藤する。
理不尽というのは、もっとも受け入れがたい感情で、章造くんはそのリフジンなるものと戦う。
その戦いの後に遺されたものは、これもまた名前のない余韻だった。

彼は、自分のこともずっと好きだった弥生のことも、お父さんのことも知らなかったのだ。

というのが、この物語に対し、私が勝手に出した結論。

さらに言えば、人は所詮、自分のことも知らなければ、他人のことなど、もっと知る由もないってことなんだろうな。
だから、少しでも相手の理解できる要素があれば、愛おしくて、

それが、恋愛や友情の片鱗なのだと思ったよ。

she by Charles Aznavour
エルヴィス・コステロが歌った、映画『ノッティングヒルの恋人』で脇役の1人ともいえる名曲『she』
オリジナルは、フランスのシャンソン歌手シャルル・アズナヴール。

映画は、ハッピーエンドだけれども、曲の『She』の最後が幸せだとは思えない。
だって、シャンソン歌手だもの。フランス人が歌っているんだもの。
甘さも辛さと苦みが織りなした、恋の最後は、誰にも分からない。

『風味絶佳』より短編小説『風味絶佳』

April 17 [Sun], 2011, 4:43
山田 詠美
文藝春秋
発売日:2008-05-09

風味豊かな小説集。
食べ物の描写も人間の描写も、風味があってかぐわしく、ほろ苦い。


山田詠美の『風味絶佳』は、山田詠美の短編小説集の中ではとりわけ好きな作品の1つ。
短編小説集は、収録されているすべての小説を好きなるとは限らない。
これは、音楽アルバムと同じだと思う。ヒット曲以外好きな曲がないアルバムと私は何枚出会ってきただろうか

『風味絶佳』は、すべての作品に愛着がある。
そして、読むたびに好きな小説が変わるのだ。
きっと、今の私の心の持ちようなのだろう。それを楽しむ。

つまり、今の私を楽しんでるということだ

この小説を最初に読んだのは、ハードカバー版が出版されて間もない時だった。
文庫本にはない、キャラメル箱をイメージした表紙にときめいてめったに買わない書籍というものを、買ったのだ。
額にして、1,290円。
アルバイト1時間分の値段で。

思いきったことしたなぁ。
今の方が、もっとエンターテイメントに慎重なんだけど、当時は直感の働くものをバンバン消費していた。
無駄遣いという言い方もできるけれど、当時の“バンバン消費”があったから、今のお仕事を心行くまで楽しんでいる

積み重ねこそ、すべて。
継続はパワーなり

およそ6年の歳月を経て、もう一度読み直した。

6年前は、違う短編が私のお気に入りだったけれど今回は表題作が最も印象深かった。
舞台は、米軍の横田基地のある福生市。アメリカかぶれで、いつも若い必需品(彼氏)を絶やさない風変りで愛に生きるグランマの孫である志郎が主人公。
いつも、礼儀正しく思いやりに溢れた志郎が、職場のガスステーション(ガソリンスタンド)でアルバイトをする女の子に恋をした。
彼なりの愛の伝え方に一生懸命なだけ。しかし、その恋はやがて・・・。

女の子はね、優しいだけじゃ駄目なんだ

山田詠美が書きとめた、素敵に正直な言葉が反芻される。

エンターテイメントとして、テンポが良くリズムがあって軽快なポップミュージックを聴いているような感じがした
男の子の恋の時めきから、恋を失うまでを描いた甘く、ほろ苦く、ひんやりときいた寂しさも、ポップミュージックの中でよくある物語だ。
山田詠美の作品って、ティーンエイジャーを主人公にしていたとしても、メッセージの矛先は20代以上を対象にしていると思う。
じっくりと、しっくりと恋愛をする大人に向けて。
音楽でいえば、やっぱりブルースやジャズのがずっと、似合う作品ばかり。
そんな中、ポップミュージックのような作品があるなんて、私には嬉しい驚きだったのだ。

出版後、映画にもなった。
あの頃を切り取った作品


見方によっては、原作にとても忠実な映画だ。
でも、私だったらオアシスは流さないな。
もっと、繊細で、水のように滑らかな寂しさのある音楽を必要としていると思う。

映画で残念だなぁと感じるのは、ミリー・ジャクソンが使われていないこと。
原作にはね、グランマが経営するバーFujiの中で流れている。そういう描写があるの。
ソウルの女王ミリー・ジャクソン。ミリー・ジャクソンの名曲は数あれど、

この曲はジュークボックスが好みそう

So Easy Going, So Hard Coming Back by Millie jackson
収録アルバムのジャケットもかっこいい


アルバム『Caught Up / Still Caught Up 』に収録。

epitaph for my heart by Magnetic fields
Epitaphとは、墓標のこと。

アルバム『69 Love Songs 』に収録。
タイトルも、鮮烈でラブソングを69曲まとめて出すという行為自体、とても挑戦的だ。
価格も高い。なんせ、ディスク3枚分だもの。
そして、その価値が値段以上にある作品なのだ。初恋、恋愛のなんともいえないピーク、失恋、追憶というすべてが69の中に詰まっている。
あの頃置き去りにした気持ちを、回想できる数珠玉のラブソング集

魔女の宅急便〈その2〉キキと新しい魔法

March 27 [Sun], 2011, 18:37
魔女の宅急便〈その2〉キキと新しい魔法 by 角野栄子


魔女の宅急便の作者である角野栄子さんの自伝『ファンタジーが生まれるとき―『魔女の宅急便』とわたし 』を読み、むしょうに『魔女の宅急便』を読みたくなった

友人が持っているそうなので、貸して〜と頼んだ。
手元に届いたのは「その2」だった
さすが、私のお友達

なんて、お茶目なんでしょ

黒猫のジジやパン屋のコキリさんにトンボさんというおなじみのキャラクターもちゃんと出てくる
続編からスタートしたけれど、なんなく読める上に面白い

子どもが読めば、ファンタジックな世界に夢中になり、

働く大人が読めば、

心の栄養になる本

魔女のキキがほうきに乗って、いろんな場所へいろんな物を届けるの

表紙にもなっているカバを届けるお話が、私のお気に入り

心と体の中心点行方不明病という病気にかかったカバを、獣医さんのところまで連れてゆくという依頼がおかしい

キキは、カバのマルコさんの運び方から、マルコさんへの気配りまで一人前にできる

頼もしい宅急便屋なのだ
キキが自分の力で工夫しながら仕事をする様子は、会社員5年生の私をはっとさせる

私は、自分の職業についてとてもネガティブなのだ。
感性を磨くことも、想像性を発揮することもなく、退屈でつまらないって思っていた

誰に言っても、私の仕事をクリエイティブ・・・だとは言わない
だけど、小さな工夫はできるよね。
上司への伝え方や書類のまとめ方など。小さなことに自分の工夫が発揮できればそれは、十分クリエイティブだなっとキキに教えてもらった

月曜日に、会社に行くのがすこーし楽しみになったよ

いつも、希望的観測を小さじ2杯

どういうわけか、魔女の宅急便のキキのラジオから流れる音楽は、

スウェディッシュ・ポップな気がして、仕方ない

}It Doesn´t Stop by Maia Hirasawa
アルバム『Maia Hirasawa』に収録

My new friend by Maia Hirasawa


アルバム『Though I'm Just Me』に収録。

姫君〜短編小説『シャンプー』

March 24 [Thu], 2011, 2:05
姫君〜短編小説『シャンプー』 by 山田詠美


この文庫本はジャケ買いでした
私が大好きだったSPEEDの新垣仁絵ちゃんのイラストか醸し出す、凛とした強い女性の空気
山田詠美さんの世界観と自然に混ざり合って、魅惑的な協和音が聴こえてきそう

数編ある短編の中で、『シャンプー』が一番のお気に入りです

空は14歳の中学生。
両親は彼女が9歳のころに離婚し、そのせいか物事を突き離したようなものの見方をします。
大人びているというか、性格に影を落としたところがあり、あまりかわいくない14歳なのです。
彼女は、「なぜ両親は離婚したのだろう?」「自分は両親の重荷なのだろうか?」ということを日々、淡々と考えています。
淡々としすぎて、笑えてしまうぐらい。他人事のように自分のことを軽妙に語ります。

彼女をとても好きになる男の子とのデートしたり。
14歳らしい時間を過ごしていくうちに、彼女の心は徐々に変化していきます。
自分の疑問に、自分なりの答えを見つけるのです。
そういう些細なひと時が、さりげなく綴られた短編です。

私は、母に問うたことがあるんです。
「なんで、パパと結婚したの」と。
そしたら、「次に、お見合いした人と結婚しようって決めてたから。」

私の母の母は、つまり私の祖母は気難しい性格なので、実家を脱出したかった気持ちはすぐに共感できました
でも、次って・・・

要するに、誰でも良かったってことじゃん

『シャンプー』の主人公の空ちゃんと同じ14歳の時でした。
愛とか恋とか、夢みていたものが、からっからに冷え上がった瞬間。

自分は愛の結晶ではないのかぁと、ぼんやり思ったものです。

そのあと、「好きじゃなければ、別れればいいぢじゃん」という問いに、
「あなたがお腹にいたから、別れなかったのよ〜。」
と、のんびり言われ、カウンターパンチをいただいた気になりました。

痛いとか傷ついた、とかそういう感情じゃないのです。
ただ、初めて自分の心を小突いた違和感を持て余しただけです。

I was born but still alive

私は、その時、どんな物事も複雑に考えるのが好きな思春期という季節だったので、
生まれた時は受け身なのに、なんで生きていくことは自己責任とか自立とか言われなくちゃいけないんだろ・・・

これって、矛盾してない

と思いました。
おっきく、哲学的に言ってみると、“自分の生まれた意味”ってなんだろう〜みたいなことを。
自転車を走らせながら考えちゃったり。

考えながら、

遠周りしちゃったり。

ネット検索しちゃったり。

でも、空ちゃんが答えをくれたような気がします。
それも、さらっと。

自分の人生を生きられるまで、重すぎない重荷でいること
が、答えだと思いました。

親が身につけさせてくれた教養を大切に、心地良い重荷でいよう。
しばらくは・・・。

とりあえず、経済的な自立は成し遂げたので、精神的な自立を目指します。
そして、誇りに思える娘でいられるよう、精いっぱい努力するぞっ
そして、空ちゃんの初彼氏みたいに、自分のことを大好きになってくれる人と出会う準備を、素敵に重ねたいです

ちなみに、シャンプーは空ちゃんが飼っている飼い猫です

音楽はこんな感じ
Uncharted by Sara Bareilles
Sara Bareillesの2nd『Kaleidoscope Heart 』のトラックより。
リードトラック「 King Of Anything 」は、グラミー賞Best Female Pop Vocal Performanceにノミネートされました

・・・
this is no broken heart
no familiar scars
this territory goes uncharted

失恋したわけでもない
よくある心の傷とも違う
今まで感じたことのないものだわ。


私の当時の心境と、空ちゃんが抱えていた気持ちを良く表している思います


アルバム『Kaleidoscope Heart』に収録。

I think about you everyday by A rocket to the moon

空ちゃんの初彼氏は、一途でまっすぐでキュートな男子
A rocket to the moonは、2009年にフルアルバムをリリースしたフレッシュなロックポップバンド
ミニアルバム『Summer 07 EP』のI think about you everydayを。


amazonで、MP3ダウンロードできます
しかも、とってもお得なお値段

Phantom Girl's First Love by 坂本美雨
坂本龍一さんの娘である坂本美雨さん。
そればかりが、注目されがちな彼女ですが、その透明感のある声は唯一無二
特に、2010年にリリースされた『PHANTOM girl』はどこまでも伸びやかなボーカル、歌詞、ジャケットを含めたアートディレクションがすべてふんわり重なり合っています。細部にまで気持ちの行きとどいた作品です
ふんわりしたピンク色のモヘアのようなモンスターは、森本千絵さんのキャラクターです。
森本千絵さんのブログがありました。
WEBデザインで彼女のデザインの雰囲気が分かると思います。

久しぶりに、アルバムを1枚通して聴いてみたくなったものです

リードトラックである「Phantom Girl's First Love」は、とってもいい曲です
初恋を歌った曲は数多あれど、突き抜けるように清々しい初恋に出会ったのは初めてでした
物語の終わりの爽やかさを伝えたくて、この曲を選びました


アルバム『PHANTOM gir』に収録



さくら色〜オカンの嫁入り

February 26 [Sat], 2011, 12:55
さくら色〜オカンの嫁入り

宮崎あおいと大竹しのぶ主演の映画が公開されることにより、この作品の存在を知りました
私は、あまり日本人作家の小説を読まなんです。
翻訳小説やエッセーの方が読んできた数は多いんです。
思いつく明確な理由はないのですが。
嫌いなわけじゃないのは確か。
翻訳小説に読みなれていると違和感があることがひとつあって、それは、日本語の方言を読みなれていないってこと。

方言は好きです。
私は地方出身だけど、自分の方言が嫌で嫌で、恥ずかしくてずっと直そうとしてきました
極力、話さないようにしてきました。
でも、その地方独特の言葉を持っていることは生まれた時から自然と個性が備わっている気がして、最近はうらやましいです。
それに、方言はごく普通の人々がごく普通に生活するために使う言葉だから無条件にあったかいと気づきました
なんで、無理に東京モンになろうとしたのでしょうか。5歳の私・・・

前置きが長くなってしまいましたが、『さくら色〜オカンの嫁入り』は大阪弁で大阪の母子2人のやりとりを描いた小説です。
あったかい
最初は読みなれなかった言葉も、不思議なくらいゆっくりと心地よく心に沁みこんでいきました。
私が大好きなお味噌汁みたいに(和食大好きです
この作品は、大阪弁でなければ魅力が半減してしまったと思います。それぐらい、素敵です。


ストーリー(amazon.co.jpより)
女手ひとつで娘を育て上げた看護師・陽子と、その娘・月子。ふたりが暮らす家に、ある晩、酔っ払った陽子が「捨て男」を拾ってくる。陽子はひと回り以上も年下の彼と結婚するつもりらしい。月子はとまどいながらも、捨て男の気さくな人柄と陽子への真摯な思いに母の再婚を受け入れていくが、その幸せな日々は限られたものだった――。第3回「日本ラブストーリー大賞」ニフティ/ココログ賞受賞作品。涙の感動作!
※本書は、2008年6月に単行本として刊行した「オカンの嫁入り」を改訂、改題して文庫化したものです。

小説を読むのが好きなのは、私の一部だったり全部だったりを代弁してくれるからです。
私の家族は父もいますが、私はママっ子。
月子の母に対する想いが良くわかりました。
「なんでいろんなこと、言ってくれなかったんだろう」
「私はあなたの何?」
捨て男を拾ってきて結婚すると言われた後の月子の葛藤は、私の中で簡単に理解できました。
私も、同じこと思うだろうなぁっと。
本の表紙にもなっている、ワンちゃんの仕草や愛情のかけ方もみんな共感できます
恋愛に寂しさを感じる部分も、同じ気持ちになったことがありました。

人は、みんな違う人生を歩く。
違う考え方を持っている。
顔もスタイルも違う。
肌の色も。目の色も。声質も。
でも、いくつも共感すること、共通することを持っていて
それが時々重なるの。
人生で何度も重なる瞬間はある。
幸せな瞬間は、共感しないと生まれません。
共感しないと前に進めません。
強くなれません。

分かる。分かる。
と、うなずき、

私だけじゃないのね。と安心する。

小説を読んでいる間中、ずっとノラ・ジョーンズを流していました。
この小説に寄り添うように、自然と流れました。

あったかみのあるところが、共通しているからでしょうか。

Turn me on by Norah Jones 
恋とか人生でたびたび起こる変化。私はこの曲を聴くと期待と不安の両方を感じます。

}come away with me by Norah Jones

what am I to you? by Norah Jones
「私にとってあなたって何?教えてダーリン」恋人にたたみかける様子で気持ちをつづった歌。
でも、what am I to youという問いかけは、どんな立場の人にもしたくなる時ってあると思います。
親、両親、友人etc...それは、同時に自分ってどんな意味をもっているのだろうと問うていることなのだと感じています。



come away with me by Norah Jones


come away with me とTurn me on収録

feel like home


what am I to you収録








プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サントラマニア
  • アイコン画像 趣味:
    ・すべての映画
    ・すべての音楽
読者になる
いろんなことを克服し、やっと落ち着いた季節になりました。
今は、すっごく人生が楽しい
家族や友人にとても感謝をして、日々を丁寧に生きたいと思います。
落ち込んだ時、読んでいる小説や本にどんな音楽が流れているか、空想していました
それをメモとしてつづっていきたいと思います。
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる