不思議の国のアリス(村山由佳訳)

May 07 [Sat], 2011, 10:00
ルイス キャロル
メディアファクトリー
発売日:2006-03-03

翻訳は、新潮文庫の『不思議の国のアリス』、矢川澄子さんの作品の方がずっと原作に忠実です。
日本語という言葉のニュアンスをいかに英語に近づけ、読者に伝えるか・・・生みの苦しみすら匂ってくるような名訳です。
原著か、矢川澄子訳を読んでから本書を読むことをお勧めしたいなと思います。

こちらの作品は、トーベ・ヤンソン氏の挿絵が主役です。

挿絵って、物語のすべてを絵にするものでなく、物語のイメージを豊かにするためについているものだと思います。
だから、作り手の印象深い場面「ここを絵として表現したい」そんな思いのある場面が、絵になるんじゃないのかなと、勝手ながら想像しました。
「え!?ここ??」
今までイメージしてこなかった場面にふっと挿絵が出てきて、表現の仕方も、すごく面白いんです。
トーベ・ヤンソンさんの頭の中のイメージは、ものすごく独創的で、可愛くも怪しくも、見たいような見たくないような、影も光もすべてを取り込んだ万華鏡のように変化する不思議な魅力に満ちおり、虜になってしまいました。
今までに見たことも、感じたこともない、アリス。
トーベさんは、こんな風に『不思議の国のアリス』について感じているんだぁと、そのセンスに圧倒されました。


フィンランドのヘルシンキ発のバンド。
rubic(ルービック)

クラシックやエレクトロポップ、ハイトーンボイスのボーカル、風や雷など自然の音を混ぜ、美しいものを作ろうとしながら、
アルバム全体のトーンに、くもり空が潜んでいます。
あえて、そうしているのではなく、作っていくうちにどういうわけか、暗い影が混ざってしまうという気取らなさを感じます。
こんなの、聴いたことなかったんで即購入しました。

ありがとう、タワレコさん
Towers Upon Towers by rubic
アルバム『solar』by rubic
  • URL:https://yaplog.jp/daydreamsound/archive/127
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:サントラマニア
  • アイコン画像 趣味:
    ・すべての映画
    ・すべての音楽
読者になる
いろんなことを克服し、やっと落ち着いた季節になりました。
今は、すっごく人生が楽しい
家族や友人にとても感謝をして、日々を丁寧に生きたいと思います。
落ち込んだ時、読んでいる小説や本にどんな音楽が流れているか、空想していました
それをメモとしてつづっていきたいと思います。
2011年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる