土地を渡る橋は◇移動(市長野生)ダム]エ

February 13 [Mon], 2012, 17:07
土地を渡る橋は◇移動(市長野生)ダム]エイトの風景を水没され、壮大にフラッディングされます。その後2009年に民主党政権と呼ばれ、第2湖橋、クロスそびえ立つの図は、未完成の桟橋が政権の代替としてシンボルにクローズされたとなった。しかし、政治的側面に加えて、ブリッジが昨年4月に完了しており、雄大なロッキー山脈とAgatsumagawaを見下ろすポイントになっています。橋は590メートル長さ86メートルの高さです。そして、このような急な崖、北から草津方向の目に入るように屋根付きの橋、カバー、楽しみにしています。通りの名前は "ラウンドロック(ラウンド)"(海抜1124メートル)を確認してください。同じ町によると、戦国時代(聖なる都市)の戦国時代、城石の上に構築され、闘争は、武士の覇権の基礎であった。周囲の崖で、ユニークな風景と相まってとなっています。エリアと145号国道(旧街道)の行は、JR Agatsumasenの下部にあるダムに沈む] Agatsumagawaに沿って8の場所を完全に次のように広がっていく。起源という橋のたもとには、季節ごとの出現など、冬に凍結として "Fudodaki約90メートル(ヘッド)を示しています。ダム建設の水没部分は、パノラマの景色を見ることができない場合。号線145]に沿って国の周りに、8は、道路に代わるものとして開発された代替土地譲渡の古い拡張は地下鉄ストアに新しい住宅や学校になりましたフラッディングされます。 13年度は、販売のために "道の駅"を開くことが期待され、地域うるさいシンプソン農産物の住民に期待されています。その一方で、古いに沿ってこのような町として道路Agatsumakeikokuの美しさと昔ながらの国家規範の風景は、江戸時代のKawarayuonsenから続行されます。 1918年に、詩人は詩と若山の美しい渓谷を訪れました。 JRからの古い道路Agatsumasenの旅行岩島側のエッジ - 日本のKawarayuonsen駅、鉄道 "トンネルTarusawa短い(7メートルの長さ)、カメラ時間の経過とともに列車のレールファンが存在します。ハシバミの朝[2月12日]奥山
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/dawscdwea/index1_0.rdf