2006年08月05日(土) 18時39分
やっぱり、外出なんてするべきじゃなかった。               久々に人に対して怒りを露にしてしまった。                                        朝のブログで書いた通り、今日、オイは高校の時の友達と久々に遊ぶことになった。                      一通り買い物もすんで、デパートのベンチに座り休むことにした。                  高校時代の思い出話や、大学生活について話を咲かせていた。                    すると、オイに向かってなにやら、話し掛けている5、60代の女性がいる。              騒がしいデパートのフロアでその人の声を聞き取ることができなかったオイは、首を傾け「何か言いました?」と尋ねた。                 席を譲ってくれとでも、言っているのかと思っていたが、どーやら違う。まだ聞き取りにくい彼女の言葉の一部とジェスチャーを合わせて考え、なんとか俺は彼女の言いたいことを理解した。                      どーやら、彼女はベンチの上に体操座りをしているオイに注意しているらしい。            今の時代に、人に注意することの出来る人がいたんだと、感心する俺。                しかし、「俺は何か言いましたか?」と言った時に足を下ろしたと言うのに彼女はまだ、何か言っている。            「何ね、そのボロボロの帽子は…、恥ずかしくなかとね、大学出てるとやろ?」 プッツン                     すみません、大学生にもなってキレちゃいました。             「何じゃイ、キサマ。関係なかろーが、やかましかったい。何でお前に帽子のことまで言われんば、いかんとや。何様じゃ?…(以下は少し下品すぎるので省略)」                      やっちゃいました。ベンチの左側にいる、女性二人は目が真ん丸になっています。右隣の居眠りおじさんは、すっかり目が覚めてしまいました。そして、友人は唖然です。                        つづく
  • URL:https://yaplog.jp/daradaraife/archive/19
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2006年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:daradaraife
読者になる
Yapme!一覧
読者になる