大人になって「ガラスの仮面」を読んでみたら

June 29 [Fri], 2018, 14:14
大人になって、というか40代になって久しぶりに「ガラスの仮面」を読んでみた。
通して読むのは多分10〜15年ぶりくらい?
そうしたら見方が少し変わったことに気づいた。

・月影先生はバーサンではない
子ども心に月影先生はヨボヨボのバーサンだと思っていたが
初出はそれほど皴もなく若々しくて、40代にも見える。
先生の年齢を検証してるサイトが幾つかあったが
60代と言ってる人もいれば40代と言ってる人もいた。
40代だったら、今の私と歳変わんないじゃん……。

・中学時代の恋愛、わりとガチ
マヤと桜小路君の中学時代の淡い恋、
ちょっとしたBF程度の付き合いかと思ってたら
意外とガチ恋だったんだなー。
ただし桜小路君の方だけ。

・黒岩先生ないわー
子どもの頃は「小野寺=悪」「黒岩=善」みたいに思ってたけど
お酒飲んで仕事場に来るとか、偉い人に対する礼儀もなってないし
大人としてないわー。

・亜弓さん魅力的
美しいだけでなく努力の人、上品で気位が高くて素敵。
彼女が紅天女になれない理由が見つからない。

・やっぱりマヤと真澄様
ほとんどの読者がマヤと真澄様のやり取りにキュンキュンするよう練られたつくりだと実感。
ただし途中から真澄様がちょっとキモくなるが……。

・紅天女おもろいか?
戦後ならともかく、平成の今の観客が紅天女を観て夢中になるとは思えない。

通して読んでみると、今更ながら
途中(紅天女)からテンポが悪くなってダレてるのがよくわかる。
昔はサクサク話が進んでたからこそ夢中になって引き込まれたんだと。

多分これ、完結しないだろうね。

ドラマ「シグナル」

April 11 [Wed], 2018, 13:18
先日まで放送されていたドラマ「アンナチュラル」がそりゃーもう良かったので
またドラマを観る感動を味わいたいと
滅多にテレビを観ない私が、今期はいくつかのドラマを録画予約している。

早速、期待値の高かった「シグナル」を昨夜視聴。

話は抜群に面白いんだけど
話の面白さや展開や演出に、役者の力量が見合ってない感じ。
特に吉瀬さん、それに主役の坂口君。
特に坂口君は滑舌が良くないのか、こうしたクールな天才肌役は
あまり向いてないように感じる。
吉瀬さんはなんというか……演技が上滑りしてるような。

でも、話は面白そうなのでしばらくは続けてみようかな。
何しろお目当ての北村さんがまだあまり出てないし。

閉鎖

April 11 [Wed], 2018, 11:52
漫〇村閉鎖かー。

思ったより早かったな。
有料版作ってもうちょっと荒稼ぎしてから逃亡するのかと思ってた。

実は昨夜も、ちょっと重いなあと思いつつ読んでいて
夜22時過ぎくらいから1時間半くらい用事を済ませて
さて続き、と思ったら繋がらなくなっていた。
読み始めてた「Piece」、なかなか面白そうだったのに。

漫〇村が良かった点は、他の無料サイトよりも圧倒的に秀作が多かったこと。
過去に名作と呼ばれたものもいくつもあったし
これからたくさん読みたいなあと思ってたのに、正直残念だ。
amazonunlimitedなんて、少女漫画や女性向け漫画は読む価値ないものばかり。
厳密には、サービス開始直後は良作いっぱいあったけど
しばらくしたらunlimited外されてた。
このやり方はちょっとズルいよなあ。

まあ、漫〇村が無くなっても次から次へと海賊サイトは出てくるだろう。

私はいい機会だから、PCの前から離れてもっと外に出ようかね。

キャンセルした理由

April 07 [Sat], 2018, 11:47
本日の予定をキャンセルした理由。

・そもそも目的地にそれほど興味がない
・気温10度、風速9mという悪天候、しかも雨がパラつく可能性あり
・体調良くないのにガンガン歩く計画で萎えた
・お金遣いたくない(前回は同行者の酒代まで払って大損こいた)
・行程が長いので退屈
・同行者が上から目線なので会話を続けるのが面倒だし腹立つ

……とか考えてたら、当日3時まで眠れず睡眠不足でつらいのが明白だったので
7時前にキャンセルを告げた。

そして今、家でのんびり。

「家にいちゃダメだ、何が何でも外に出なきゃダメだ」という強迫観念にもついていけない。
体調が良くない日の休日に家でのんびり充電することは
決して「悪」ではないと思うよ。

『君に届け』

March 31 [Sat], 2018, 12:04
初めて『君に届け』(/椎名軽穂)を読んだのは
3年くらい前、検診を受けに病院に行った際の待合室だった。
タイトルだけは聞いたことがあったので待ち時間に3巻くらいまで読んだ。
読みながら待合室で泣きそうになり、さすが売れてる漫画はすごいなと思ったもんだ。

そして先日、最終巻まで読了。

うーん……進めば進むほど、単なるフツーの恋愛マンガに成り下がったな。
まあ、キュンキュンはするから恋愛マンガとしてOKなんだろうけど。
大人含めて周囲が人の恋愛や家の事情に口を出し過ぎ。
(高校生あるあるなのかもしれないけど)
「告白した人が偉い」という謎の価値観。

10巻くらいでパパッと終わってれば名作になり得たのになー。

ところでこの漫画の映画化作品って
今にしてみると凄い豪華キャストなのね。
機会があったら映画版観てみよ。

血筋

December 13 [Wed], 2017, 8:50
ネット時代というのは有難いもので
SNSを通じて、早世したアーノルドさんのお兄さんの息子さん
(アーノルドさんの甥)の写真を目にする機会があった。

甥っ子さんは、アーノルドさんの三男さんに面差しが似ていた。
アングロサクソンの甥っ子さん長男さん次男さんと違い
隠し子である三男さんは母親の人種が違う。
それでも長男さん次男さんよりも三男さんと似るとは
不思議なところで血筋を感じるものだなーと思った。

話変わって、私が高校2年くらいの時に好きだった男性と
今でもSNSで交流が腐れ縁が続いている。
もちろん当時の私の恋心なんて淡いもので今はそうした気持ちは無いし
その後20年以上、彼と私の間は何もない。

で、その彼が今年の春息子さんの高校卒業式で
息子さんのクラス写真をSNSにアップしたことがあった。
小さい写真なのでクラスの子の顔ははっきりとわからなかったのだが
それでも、彼の息子さんは一目でわかった。

だって、私が好きだった当時の彼ソックリだったんだもん。

そりゃ親子だから似てるのは当たり前なんだけど
血筋ってスゲーと改めて感じた。

かびんのつま

November 11 [Sat], 2017, 13:17
『かびんのつま』 / あきやまひでき 読了。

こんなにも大変な病気を発症した奥さんは本当にお気の毒だと思うけど
残念なことに漫画家としての力量不足なのか
漫画を読んだ印象から「奥さんワガママだなあ」と捉えてしまう。
ご本人の問題ではなく、単に漫画での描き方が悪いんだろう。

ツッコミどころはいろいろあるけれども、一番の謎は
なぜここまで重篤化する前に病院に行かなかったのか?ということ。
最終巻で歯医者に行き金歯を取ったら少し回復したようだし
眼科で「過敏症ですね」って病名がついたことに安心されてるようだし
ならもっと早く受診しとけば……と思わざるを得ない。

あと、著者の収入が少ないため夫婦で著者実家へ身を寄せるのだが
調べてみると著者は50代だそうで、ってことはご両親は若くても70代、
もしかすると80代。
高齢になって突然あの著者夫婦に生活をかき乱される老夫婦が不憫でならない。
しかも作中お母さんを酷い描き方してるって、感謝の気持ちは無いのかなあ。
50代にもなって夫婦揃って幼いなあと思った。

SNSでの好き嫌い

August 23 [Wed], 2017, 18:25
最近、主に更新するのがFacebookになってきた。

HPやブログだと自分が読みたいものだけ読みに行ってたけど
SNS、特にFacebookだと、自分の友人がリアクションした投稿が
自分のタイムラインに上がってくるため
見ず知らずの人の投稿をいやでも目にすることがある。
自分の友人でどうしても見たくないならミュートでもすれば良いんだろうけど
友人がリアクションした見ず知らずの人の見たくない記事って、避ける方法あるんだろうか。

まあ、SNSなんてそれぞれが自分のページを好きに使うツールなんだから
他人がどんな投稿しようが、私が文句言う筋合いないのは承知の上で
正直、私が苦手な投稿はこんな感じ。

・自撮り大好き中年
どこか出かけた先で記念スナップ的に自分を入れて撮った写真は構わないんだけど
例えば毎日毎日、「おはよう(自撮りアップ)」「午後だから眠いですね〜(自撮りアップ)」
みたいに、意味もなく毎日自撮りばかりって人がたまにいる。
若い子ならともかく、中年だと、正直見苦しい……。
私の知る限り女性でそれをやってる人は、若い頃は美人だったんだろうな、って40〜50代。
男性はルックスのよろしくない爺さんでもやってる人いる。

毎回自撮りUPの知人女性と話をする機会があった。
彼女曰く「みんな見たいのは人の表情でしょ、だから顔を写す」とのことだった。
うーん、私は人の顔なくてもきれいな景色や面白いスポットの写真でも大歓迎だがなあ……。

・コース料理全品写真撮ってる人
毎回毎回食べ物の写真ばかりの人も正直つまんないなと思うけど
それ以上に、飲み会でコース料理全品をひとつずつ写真撮って全部載せてる人。
自分が写真撮る間、他の人を待たせてるんだろうなあ。
そうまでして焼き鳥の皿やサラダの皿までいちいち撮らなきゃ気が済まないんだろうか。
記録として残しておくって人もいるだろうけど、一緒にいる人に迷惑ではないか?

・他人の顔を隠さずアップ
大昔のネチケット(死語)だと、写りこんだ人はマスキングをするという風潮があった。
今は誰でも気軽に写真をアップできるようになり、そんなの気にしすぎって思われるのかなあ。
私だったら、写りこみでなくても、友人と一緒に撮った写真をマスキングなしで
無断でアップされるのもちょっとイヤ。

あと、意思疎通の出来ない赤ちゃんや善悪の判断がつかない幼児の
自分の子供をマスキングなしで全体公開してる人もええんかいな、と思う。
まあ、これは親の責任でやってることだし
アップしたい気持ちはわからんでもないけど。

……と、こんなことでイライラしながらSNS見るというのも
精神衛生上よろしくないわなー。
私の投稿だって、見る人が見たら不快に思うこともあるかもしれんし。

世界陸上

August 11 [Fri], 2017, 10:55
今、世界陸上が開幕中。

懐かしいなあー。
90年代後半、経験者でもないのに陸上競技にド嵌りして
夜中に必死に観たり、「陸上競技マガジン」を買って
わかんないくせにラップタイムとか眺めてフムフムとかやってた。
棒高跳びのブブカ選手とか走高跳のソトマイヨール選手とか
やり投げのセレズニー選手がいた頃。
国内では朝原さんが全盛期で、末續が登場する少し前。
今でも「イエテボリ」という地名を耳にすると
ああ、あの頃世界陸上やったとこだなーなんて思ったり。

その後ネットが発達して情報がすぐ得られるようになり
深夜に起きてレースを観るということがなくなったら
なんとなく情熱も薄れつつはあるけれど
でも、やっぱり陸上競技面白い。

あれから約20年。
朝原さんがあれだけ長く現役を続けたのはビックリ(大ファンだから嬉しい)だし
それ以上に、苅部さんの活躍が嬉しい。
引退直後は現地レポーターをしてて
当時「あー、彼は顔がかっこいいから安易なレポーターに進んじゃうのか」って思ったけど
まさか名コーチ&学者として陸上界に残るとはなあ。
しかも彼のヨンパー(←この呼び名も懐かしい)の記録、まだ破られてないとは。

スポーツで身を立てるということ

October 21 [Fri], 2016, 22:46
プロ野球のドラフトのニュースを見てふと考えた。

私には、元プロ野球選手の叔父がいる。
(叔父といっても父の妹の夫なので私と直接血のつながりはない)
彼の息子(私の従兄弟)は幼いころから父親の手で野球英才教育?を受け
高2で甲子園のベンチに入り、卒業後は実業団へ。

その従兄弟はスポーツウーマンの女性と結婚し息子をもうけたのだが
やはり、その息子も幼いころから野球漬けの日々を送っていた。
やがてその子が進学先に選んだのは、超ド田舎の小さな高校。
実業高校でもないし、過疎地ド田舎にポツンとある高校なので進学校というほどでもない。
正直、野球で将来を目指すには向いてないんじゃないか……と思ったけれど
その辺は従兄弟家のおうちの事情もあるだろうからねえ。

で、案の定(というと失礼だけど)高校野球で勝ち進めず
地区予選は毎年一回戦コールド負け。
(何しろ野球部の人数足りてたことに驚くほどの弱小)
彼一人がどんなに上手くてもスカウトの目には止まらなかったようで
高校野球で日の目を見ることはなかった。

もうひとり従兄で、最終的には代表から漏れたものの
自転車ロードレースでかなりの実績があり、オリンピック候補になった者もいる。
彼はそれを仕事にすることなく、今でも趣味で乗っているようだが。

……と、私の親戚に限らず、
小さい頃からスポーツスポーツスポーツ漬けで大半を費やした、という人は
世間にゴマンといるんだろうなあ。
そんな中、それで身を立てて食っていけるようになるには
一体どのくらいの資質、環境、努力、財力が必要なんだろう。
私には想像もつかない世界なんだろうな。

ちなみに我が子。
運動が得意だった私には全く似ずにビックリするほど運動音痴に生まれた息子。
小学生男子って「足が速い」「サッカーが上手」など運動ができることが一番のステイタスで
このままだと息子はコンプレックスを抱えて生きていくことになったらあんまりだなあと
「スポーツ苦手でも勉強ができたら人生なんとかなる」と、学業に力を入れて育てた。
途中までは思ってた方向に進んでいたような気がするのだが
些細なきっかけで出会ったスポーツ(つか武道)でまさかの才能を開花させ
大学に入ると更に磨きがかかる始末。
そのため、10代後半になってから突然「スポーツスポーツスポーツ漬け」と
稀有な人生を送ることに。

P R
*ダリアさん*
愛知県出身、山口県在住、70年生まれ、B型。
映画と読書を愛する一時の母。
2018年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像dahlie
世界陸上 (2017年11月11日)
アイコン画像ゆーこ
世界陸上 (2017年09月03日)
アイコン画像ダリア
スポーツで身を立てるということ (2017年01月27日)
アイコン画像ゆーこ
スポーツで身を立てるということ (2017年01月26日)
アイコン画像ソナタ
ボランティアって (2011年09月10日)
アイコン画像ダリア
**更新終了のお知らせ** (2007年01月22日)
アイコン画像ダリア
**更新終了のお知らせ** (2007年01月22日)