ルイーズ終了!それとグリゼットの話。

September 28 [Fri], 2018, 2:23

先日、東京オペラプロデュース「ルイーズ」の公演、2日間とも無事に終わりまして、お運びくださった皆様には感謝でいっぱいです。





ルイーズというオペラ、名前とアリアは知っていても、全部観たことがある人って、まぁいないんじゃないかと思います。

このオペラ、すごく変わっているオペラです。
なんていうか、全然オペラっぽくない。
人も死なない。裏切りとか、奸計とかも出てこない。
恋は出てくるけど、なんだろう、カルメンとかアイーダみたいに劇的でもない。
漂うのはパリの庶民感。市井感。
モンマルトルの夕暮れが目に浮かびます。
たくさんのお針子たち、ボヘミアンたちが出てきます。
彼らのエネルギー。お金はないけど、パリでたくましく生きています。
屑屋、新聞屋、牛乳屋、朝帰りの男(!)、いろいろ出て来ます。
ここまでパリの風俗を普通に描いた作品があるでしょうか。
ある意味ヴェリズモ。ものすごく柔らかいヴェリズモ(笑)
なんだろ、日本で言えば渋谷を舞台に東京に夢を持った若者たちをオペラにしたような?(ちょっと違うか)
そして果たしてこれをオペラにする必要があったのだろうか、という笑

いや、だからこそ、なのであります。
だからこそ価値のあるオペラ。
こんなオペラ他にないです。
ルイーズも主役ですが、もう一つの主役はパリです。お父さんも主役かもなー。
次は日本でいつ見られるか分かりません。
始めた時は「?」だったルイーズ。
今では大好き。なんだか泣ける(笑)
面白いオペラ、でした。
このオペラに出会えて、そして40代なのに20歳くらいの役を歌わせてもらえて(笑)、感謝しかないです。



ではここで、ちょっと長くなりますが、このオペラの主役ルイーズの職業、グリゼット(お針子)お話をさせて頂きます。
このパリ独特の文化である「グリゼット」の話をいつかさせて頂いたいなーとずっと思っていたのです。

ロマン派のフランスオペラ、特にパリを舞台にした作品はこのグリゼットの存在抜きでは語れないものがあります。
グリゼットは社会的にはかなり下層の労働者階級で、グレーのお針子服を着ていたことからグリゼットと呼ばれ、その中でも大体16歳から20代後半までの女性たちことを指したようです。


地方から出てきたり、パリに家があっても口減らしのために家を出て、グリゼットになる、というのが多かったようです。
労働社会階級出身の女性が良い職業につくなどというのは考えられないこの時代、多くの貧しい女性がグリゼットとして生きていました。
しかし、まじめにお針子の仕事をしたところで、その収入はわずかなものです。生きていくのがやっと。
彼女たちの多くは人生の逆転を夢見ます。
例えば富裕層に見初められてその妻となる事。
そこまでは叶わなくともパトロンを持って良い暮らしをすること。
それには若いうちがチャンスです。


一方で「家柄の良いお嬢様たち」は結婚するまではかなり厳しいしつけのもとで自由のない暮らしを余儀なくされていました。その多くは寄宿舎などに入り、厳格に管理されていましたし、ふしだらな行動をとったものには修道院が待っています。彼女たちには同じ年頃の青年たちとの自由な恋愛はとても難しかったのです。


ですからパリの若い男性たちはその欲求をグリゼットたちに求めました。
学生たちや芸術家の卵たちが多く住んでいたのは学生街のカルチェラタン地区やモンマルトルの辺りでしたが、家賃が安いのでそういう場所にはグリゼットたちもまた多く住んでいました。
グリゼットたちにはお金はありませんが、自由がありました。「自由」。フランス革命後のパリ人が最も愛した言葉ではないでしょうか。
自由を謳歌する若者たち、ボヘミアンたち、学生たち、そして自由で美しいグリゼットたち。
そこに恋物語が生まれないはずがありません。


ちなみに学生やボヘミアンには当然将来を嘱望されるものもいます(外れも多いですが笑)
そこにチャンスを求めるグリゼットももちろん多い。
当然いくつもの恋物語が生まれます。
ラ・ボエームのミミとロドルフォ、ムゼッタとマルチェッロ、今回のルイーズとジュリアンもそうです。


グリゼットたちは恋愛を楽しみつつも貧乏学生の合間を縫ってお金持ちのおじさんたちをパトロンにするのも忘れません。(ムゼッタを思い出せばわかりますが。)
今で言うパパ活や、少し前に社会問題になった援助交際をするグリゼット達も数多く存在しました。


男の方も本気でグリゼットたちと結婚すしようと思うものは少ない。
適度に楽しんで、結婚は親たちが持ってきたちゃんとしたお嬢さんとする。そういう時代でしょう。


グリゼットの中にはキャバレの踊り子になるものも出てきます。
メリー・ウィドウに出てくるヴァランシェンヌはグリゼットで踊り子出身ですが、爵位を持つツェータに見初められまて夫人になりますよね。
ロロ・ドド・ジュジュ、たちもグリゼット、このように重なる名前というのはグリゼットの源氏名であります。
ですから「私の名前はミミ、本当の名はルチア」で始まるボエームのミミのアリアも、つまりは、私はグリゼットだ、と言っているアリアです。


ちなみに、リアル人生逆転劇を演じたグリゼット出身の有名人といえばココ・シャネルでしょう。
彼女はパトロンの援助の下、才能を開花させブランドを立ち上げ、大成功させました。


一方で彼女たちの恋愛や援助交際の先には、当然望まぬ妊娠も出てきます。
しかし当時のフランスは堕胎禁止。
こうして多くの私生児も誕生してしまうわけです。
パリを舞台にしたレ・ミゼラブル。私生児を生んで、その後工場を追い出され、自分の歯まで売り人生の辛さ「I dreamed a dream」を歌うのはフォンテーヌ。彼女も工場で働くグリゼット。その私生児がコゼットです。


辛くても若いうちはまだいいですが、年を取ると無理はきかなくなる。
人生を逆転できないグリゼットは早々にに娼婦に身を落とすものも出てきます。
その中で「高級娼婦」というものに転職?していくものもある。
それを極めて、パリを代表するクルティザンヌ(高級娼婦)となったのが椿姫の主人公ヴィオレッタです。


話があちこちに飛びましたが、ここに書いただけでも、ラ・ボエーム、椿姫、ルイーズ、メリーウィドウ、レ・ミゼラブルとパリを舞台にした作品にはグリゼットの存在が欠かせないのであります。
このパリ独自のグリゼットというものを知っているのと知らないのとでは理解は大きく変わって来るでしょう。


その多くは幸せにはなれませんでしたが、パリという美しい街で、ある一時でも、美しい恋の花火を咲かせた彼女たち。その生へのエネルギーが多くの傑作を生んだのだと思います。


今回のルイーズもまた。


さてそのルイーズ、
タイトルロールの菊地美奈さんは出ずっぱりで歌も言葉も抜きに出て大変な役だったと思いますが、それを微塵も感じさせない歌唱と素晴らしいアリアを聞かせてくれて、本当に感嘆しました。知り合い歴は(大学もかぶってますし)結構長いものの、オペラ共演は初めてで本当にうれしく、また勉強にもなりました。


お父さん役の米谷さんとお母さん役の河野さんとも共演できて本当に光栄でした。適材適所、あくの強い2人を見事に演じられておりました。
2日目の皆様も、それぞれの他のキャストの方々も、ほんと今回、自分が大変だっただけに、皆さんが天才に見えました^^;(笑)


今回二期会の三部作の拘束とがっつり稽古期間がかぶっていたりして、共演者の皆様や演出・音楽スタッフの皆様にはご迷惑をかけてしまいましたが、、
最後まで優しく応援してくださった関係者各位に心から感謝致します。
もちろんお客様方にも。
正直いろんな意味で来し方考えさせられましたが、、いざ始まれば幸せな時間となりました。
反省も踏まえつつ、、本当に有難うございました!!
またどこかでご一緒できますよう!(^^)



  • URL:https://yaplog.jp/dachin55/archive/652
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Mizuho
二期会の愛好家でお世話になった竹内というものです。
全部ではありませんがブログを拝見させて頂き、とても勉強になります!
「私の名はミミ」の冒頭部、なんとか訳すことはできるようになったものの、そんな意味があったとは目からウロコです!
と言ってもそれを告白するときのミミの心境って・・・そんな大げさなものじゃないのかな・・・素人でわかりません><でもまたやり直してみたくなりました!
有難うございます~^^~
April 16 [Tue], 2019, 19:36
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dachon
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
高田正人

プロフィール

東京芸術大学声楽科卒業。
同大学院修了。
二期会オペラ研修所第48期マスタークラス修了(修了時に優秀賞及び奨励賞受賞)。
イタリア政府給費生、および国際ロータリー財団奨学生としてイタリア、G・ニコリーニ国立音楽院に留学。
2009年より文化庁新進芸術家在外研修員としてニューヨークへ留学。
P・ヴァレー、M・グロッピ女史、F・ダルテーニャの各氏に師事。
小澤征爾音楽塾「カルメン」(特別演奏会)、二期会公演「仮面舞踏会」、宮本亜門演出「椿姫」、文化庁新進音楽家育成公演「ポッペアの戴冠」等、数多くのオペラに出演。サイトウキネン「サロメ」、東京オペラの森「エフゲニー・オネーギン」(小澤征爾指揮・ウィーン国立歌劇場共催)などではカヴァーを務め特別公演に出演。
NYのカーネギーホール・ヴァイルリサイタルホールを始めミラノ、ヴェローナ、ピアチェンツァ、台湾、ニューヨークなどでコンサートに出演。
二期会会員。
さらに詳しいプロフィールは
→こちら

お問い合わせ: 
dachon55@yahoo.co.jp



*****



《今後の出演予定》



*****



*****

2016年12月3日(土)(宇都宮)

宇都宮第九合唱団
ベートーヴェン 交響曲第九番ニ短調
op.125 「合唱付」



会場/栃木県総合文化センター
メインホール
PM6:00開場 PM6:30開演

指揮/三ツ橋 敬子
ソリスト
ソプラノ:小高 史子
メゾ・ソプラノ:磯地 美樹
テノール:高田 正人
バリトン:青山 貴

管弦楽/日本フィルハーモニー交響楽団
主催/宇都宮第九合唱団

入場料(全席指定)/S席 6,000円/A席 4,800円/A席学割 1,500円(高校生以下)



********


2016年12月8日(木)(熊本)
がんばろう!! 音楽のチカラ 復興コンサート 
平成音楽大学2016「華麗なる音楽の祭典」



T.卒業生によるオーケストラとの共演
◆クラリネット小協奏曲 作品26/C.M.v.ウェーバー

U.マリンバ協奏曲
◆マリンバ協奏曲/J.サルミエントス

V.独唱・合唱・オーケストラ
◆ピアノ・合唱・オーケストラのための合唱幻想曲 作品80/L.v.ベートーヴェン
 
◆熊本城築城400年記念オペラ −我が熊本の誇り”熊本城”を讃えてー
オペラ「南風吹けば楠若葉」より/出田敬三
第2幕 お藤・五郎の二重唱「夢のようなこの幸せ」
第3幕 フィナーレ”南風吹けば楠若葉”

熊本県立劇場コンサートホール
開場/18:00 開演/18:45


******

2016年12月11日(日)(埼玉)
坂戸第九を歌う会 第29回定期演奏会
ベートーヴェン 第九交響曲
モーツアルト キリエニ短調KV341



坂戸市文化会館
午後3時開演

演奏
小崎雅弘指揮 
ウッドランドノーツ管弦楽団
ソリスト
東城弥恵(ソプラノ)
成田伊美(メゾソプラノ)
高田正人(テノール)
萩原 潤(バリトン)


*******

2016年12月15日(木)
グローバルサロンコンサート
クリスマス・オペラコンサート
(クローズドコンサート)


(写真は去年の全さんとのものです)

出演者 : 高田 正人(テノール)、齋藤 亜都沙(ピアノ)、遠藤ふき子(ナレーション) 他

※チケットはすでに終了しています。

*******

12月30日夜
NHKラジオ深夜便
「ミッドナイトオペラ」



12月30日(金)午後23時台
「愛と喜びのオペラ(前半)」
愛の妙薬・フィガロの結婚・他
12月31日(土)午前0時台(30日(金)深夜)
「愛と喜びのオペラ(後半)」
こうもり・他

アンカー:遠藤ふき子
ゲスト:高田正人(オペラ歌手)

3回シリーズでお届けしてきた、愛と◯◯シリーズ、裏切り、憎しみ、と続き、やはり最後は「喜び」で締めくくります。
名唱の数々、どうぞお楽しみに!


*****

2017/01/09[月・祝] (那須)
那須野が原ハーモニーホール/ニューイヤー・コンサート
オペラ「カルメン」ハイライト



14:30開演(14:00開場)
※1部はオルガンなどでカルメンは2部になります。

演奏会形式で名作オペラ『カルメン』を上演します。子供たちも頑張ってフランス語で歌います。?

出演
カルメン:鳥木弥生(藤原歌劇団)
ドン・ホセ:高田正人(東京二期会)
ミカエラ:大貫裕子(藤原歌劇団)
エスカミーリョ:寺田功治
フラスキータ:西口彰子
メルセデス:郷家暁子
ダンカイロ:荒井雄貴
レメンダード:升島唯博
合唱:那須野が原少年少女合唱団
解説・案内役:大佐藤崇
第1ピアノ:御邊典一 第2ピアノ:御邊大介 パーカッション:岩下美香
■ この公演は託児サービスがあります


*****

2017年1月13日(金)
千駄ヶ谷スタイル with code"M"

?

18:30開演
よみうり大手町ホール

VIP席:6000円 自由席:5000円

4年ぶりにあの千駄ヶ谷スタイルが帰ってきます!一部は千スタコンサート、二部はcode"M"さんとのコラボレーション!新春の幕開けに、千駄ヶ谷スタイルとご一緒に過ごしませんか?クラシックファンだけでなく、幅広いお客様に楽しんでもらえるコンサートとなっております。

千駄ヶ谷スタイル(ソプラノ田上知穂、メゾソプラノ長谷川忍、テノール高田正人、バリトン与那城敬)
ピアノ 木村裕平(1部)
code"M"(2部)
MAKI (編曲&ピアノ)
岩田卓也(尺八)
樋口泰世(チェロ)
相川瞳(パーカッション)

チケットお取り扱い&お問い合わせ
二期会チケットセンター:
tel:<a href="tel:03-3796-1831" x-apple-data-detectors="true" x-apple-data-detectors-type="telephone" x-apple-data-detectors-result="1">03-3796-1831</a>
(平日10-18時 土曜10-15時)


******

2017年2月8日(水)
三枝成彰 監修
デジタリリカ「トスカ」
(原語上演・字幕付ハイライト版)



会場
東京文化会館 小ホール

開場/18:15
三枝成彰によるプレトーク/18:45〜
開演/19:00

演出 彌勒忠史
監修 三枝成彰
出演
トスカ 小川里美
カヴァラドッシ 高田正人
スカルピア 与那城敬
エレクトーン 清水のりこ
語り 彌勒忠史

フライヤーが現代風で面白いですねー!
公演も楽しみにです!

料金S席 6,000円 A席 5,000円
※ 全席指定

チケット取扱い
東京文化会館チケットサービス
電話:<a href="tel:03-5685-0650" x-apple-data-detectors="true" x-apple-data-detectors-type="telephone" x-apple-data-detectors-result="2">03-5685-0650</a>

********
2017年 2月26日(日)(大分・別府)

瓜生島プロジェクトVol.2
東京オペレッタ劇場共同制作
ツェラー作曲
別府市民オペレッタ『小鳥売り』


(画像無いので東京公演の時ので許してね)

B-con plaza(大分・別府)
14:00開演

出演:高田正人、富田沙緒里、里中トヨコ、愛甲久美、行天祥晃、新見準平ほか

演奏:角岳史、野間美希


*******

2017年3月12日(日)(横須賀)
オペラ宅配便シリーズ15
ぎゅぎゅっとオペラ Digitalyrica
プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」
<原語上演・字幕付/ハイライト版>



毎回大好評の「ぎゅぎゅっとオペラ」第3弾は、プッチーニの三大オペラの一つ「蝶々夫人」。オペラ界で活躍する実力派歌手が登場し、その美しいアリアはもちろんのこと、重唱や合唱も交えたハイライト版でお届けします。エレクトーンのドラマティックな音色、彌勒忠史の粋な演出など、見所聴き所が満載で、オペラのエッセンスをぎゅぎゅっと凝縮してお贈りいたします。


ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(横須賀芸術劇場内)
16:00開演

出演
蝶々夫人 小川里美(ソプラノ)
ピンカートン 高田正人(テノール)
シャープレス 与那城 敬(バリトン)
スズキ 鳥木弥生(メゾ・ソプラノ)

合唱 ぎゅぎゅっとオペラ合唱団
エレクトーン 清水のりこ
企画・演出・ナビゲーター勒忠史
チケット取扱
横須賀芸術劇場
電話予約センター <a href="tel:046-823-9999" x-apple-data-detectors="true" x-apple-data-detectors-type="telephone" x-apple-data-detectors-result="3/0">046-823-9999</a>
チケットぴあ http://pia.jp/t/ [Pコード312-592]
お問合せ 横須賀芸術劇場 <a href="tel:046-828-1602" x-apple-data-detectors="true" x-apple-data-detectors-type="telephone" x-apple-data-detectors-result="3/2">046-828-1602</a>
主催 公益財団法人横須賀芸術文化財団


*******

2017年3月28日
育藝会コンサート(クローズド)
ミュージカルの名曲を集めて
出演
ソプラノ 嘉目真木子
テノール 高田正人
エレクトーン 清水のりこ

*チケットは終了しています。

******

と、3月まではこんな感じでございます〜!
今後増える可能性もありますが、、
いずれのコンサートも
dachon55@yahoo.co.jp
までメールいただいてもご用意すること出来ますので!
是非お声がけくださいませ

2018年09月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ