拡散された記事について

February 28 [Fri], 2014, 2:17




皆さまこんにちは。



まずは僕が4日前に書いたブログについて、



本当にたくさんの反応をいただきありとうございます。




事の始まりは僕がFBに載せた投稿を永江一石さんというITコンサルタントで人気ブロガーの方がシェアしてくださったことでした。

こちら→声楽家の高田正人氏のオリンピックについてのコメント







そこから2日の間、影響力を持つブロガーの方や、さらには為末大さんが紹介してくださったこともあり、爆発的に僕の記事が拡散され、延べ25万人を超える方々に読んでいただき、

またツィッターやFBで拡散していただき、4万以上のイイネとシェアを押していただいたこと、驚きとともに、本当に有難く思っています。




ただ一方で、ブログには多くの方(主にフィギュアのファンの方)からお叱りの言葉を戴きました。


「それは違うのではないか、あなたはフィギュアの事を知らなすぎる」という多くのコメントをいただきました。



それについてはまた改めて時間を取って言及させていただこうと思いますが

(明日がオペラの本番で現状時間が取れないのですみません)、




これまで長い間誠意を持ってフィギアを応援されてきた方々に不快な思いをさせてしまったこと、

結果としてそういう方々の想いを蔑ろにしてしまったこと、本当に申し訳ないと思っております。



僕がこれまでにツイッターなどで目にして来た情報は、不正に対して根拠の乏しい偏った投稿や、いろいろな事にかこつけてただただ韓国やキム・ヨナを貶したいものが多く見られたため、ネガティブキャンペーンという言葉を使ってしまいましたが、そうではなく純粋にまた温かい気持ちでフィギュアを応援されてきた方々、フィギュアをよりよい世界にしようとここまで頑張って来られた方が確かに数多くいらっしゃるということを再確認いたしました。



言い訳になってしまいますが、元々これほどまでに人の目に触れることを想定していなかった記事で、
僕の今回のオリンピックの感想と、常々思っていた事をでFBに投稿したものだったのですが、
それにしてももう少しこれまでの(フィギアの)事を調べるべきだったとは思っております。
フィギアのこれまでの歴史やジャッジに対するこれでの経緯は、改めて勉強させていただこうと思っております。




それから僕は職業柄プレイヤー側の人間であり、(音楽家もアスリートも共通する部分は多いと思います)、これまで何かのファンになり応援する側の立場に立ったことがほとんど無いので、そういう方々の気持ちに疎かったということもあります。




とにもかくにも不特定多数の方に言葉を発信する以上、裏を取らずにあまり雑な事を書いてはいけないという事を改めて痛感いたしました。

そして言葉と人の気持ちを思う事に足りなかった拙ブログをこれだけ多くの方に支持していただいたことに心から感謝しています。



コメントをくださった方々にも(時間はかかると思いますが)少しずつお返事させていたこうと思っております。




ただご指摘いただいた点について、数点言わせていただくのであれば、




・僕は決して不正を善しとしている人間ではありません。

当たり前ですが不正は無い方がいいし、不正を見逃してその中で咲く人間になろう、ということではありません。

むしろ不正に対しては断固戦っていくべきだと思っています。



それから不平等な世界の中で咲け、というのは、ずるい方法で咲けということではありません。

不平等を凌駕する力を持つことが大切だ、ということです。

そしてそういう人たちは文句を言うよりも先にその為の努力を日々続けているのでは無いだろうか、ということです。



至らない文章で誤った印象を与えてしまったかもしれませんが、「不正を受け入れて、または利用してずる賢く生きていけ」、という趣旨のブログではございません。




・今回の記事は「不正」と「不平等」ということをごちゃまぜにしてしまった部分があると思うのですが

そこに関しては雑な文章を書いてしまったと反省しています。



ただ一方で、世の中というのは「平等に不平等」であり、その中で力を出せるものこそが残っていくものであり、いつの時代でもどんな条件の中でも咲く者は咲くのだ、という言葉に嘘は無く、訂正する気はございません。



そしてオリンピックに出るような方たちは幾多の困難に負けず咲いた方々であり、だからこそ大きな感動を人に与えられるのだと思っています。




・「この文章を書いて悦に入っているのだろう、きれいごとで自意識を満たしている」というご指摘はある程度その通りかと思います^^;(まぁ不平等な世の中を認めて生きていくという事がきれい事なのかは疑問ですが。。)



・「不平等な世の中と戦わずに長いものに巻かれて諦めて生きて行けというのか」、



というご意見もありましたが、もちろんそうは思っていません。

理不尽な世の中を変えていく力が何よりも大切だと思います。

ただそれにもしかるべき力が必要だと思います。

力を持たない者の言葉はやはり世の中には響かないものだと思います。

だからまずはその世界で咲くことが大切だと思っている次第です。

そして上に行ったからこそ変えられる世界があるのだと思うのです。

















えーと、まだまだ書きたいこと、書き足りていないことはあるのですが、



先ほども書いたようにオペラの本番が迫っておりますので、まずは演奏家としてそちらに集中させていただこうと思っております。















繰り返しになりますが、配慮と検証が足りなかった拙ブログを反省するとともに、



これだけ多くの方に支持していただいたことに心から感謝しています。



本当に有難うございましたm(_ _)m







とり急ぎお詫びとお礼まで。







高田正人





  • URL:https://yaplog.jp/dachin55/archive/520
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
アマデウス
フィギュアスケートをあまり知らない、調査をあまりしなかったと言った割にはロシア人が浅田選手に罵声を浴びせたので韓国人のファンが講義したとかお詳しいですね!
March 21 [Fri], 2014, 20:48
小倉山
 ブログ拝見したことは何度かありましたが、コメントするのは初めてです。
私もフィギュアファンで、前回の記事には正直ショックを受けた一人です。

しかし今回このような記事を書いていただき、とても安堵いたしました。

世の中は平等に不平等、でも不正には声を上げるべき、
不平等を凌駕し、その世界で花咲け
どの言葉もまったくそのとおりだと思います。

しかし現実世界ではなかなか難しいことも身をもって知っています。

たぶん今回のオリンピックで浅田選手は高田様のおっしゃるところの
「不平等の中でもなお他を凌駕し、花咲け」を
実践しようとしたのだと思います。

女子選手でだれも飛べないトリプルアクセル、出場選手の中で最も難度の高い
3回転ー3回転の組み合わせ、前人未到の6種8トリプル。

私たちフィギュアファンはここ5,6年、不正ではないかという事例にたびたび
遭遇してきました。
今でこそ大きな大会はテレビ中継されるようになりましたが、
それでもまだ野球やサッカーに比べるとマイナーなスポーツです。
たびたびのルール改正もあり、採点方法はコアなファンでなければ知らないでしょう。

高田様が改めてフィギュアのことを勉強してくださるというお言葉、
信じて待ちたいと思います。
高田様のような芸術を理解する方にこそまっさらな目で
演技を見ていただきたいのです。
採点には「曲の解釈」という項目もございます。

お時間のあるときで構いません。
「2010年 世界選手権FS キムヨナ」
「2010年 世界選手権FS 浅田真央」
の動画をご覧ください。
最後の得点も見ていただきたいと思います。

前回コメントを付けていた方たちの気持ちが少しは
おわかりいただけると思います。

不躾な長文、大変失礼いたしました。
高田さまの今後ますますのご活躍を期待するとともに
いつの日かまたフィギュアスケートの記事を
取り上げてくださること心待ちにしております。
March 05 [Wed], 2014, 18:54
初めまして。私はフィギュアスケートが好きな一介の主婦です。
先日の関連次記事を為末氏のtwitterで知り、大変ショックを受けた1人です。あまりのショックにそのことは自分のブログにも書きました。今回の記事、オペラの本番もあって大変お忙しい中、フィギュアファンの気持ちを多少でも汲みとって頂いたことがとても伝わって来て、それだけでも気持ちが落ち着き、また嬉しい気持ちとなりました。浅田選手が巻き込まれたものは、「ルール改正」や「不正採点」で、「スポーツだけでなく世間でもよくあること」と思われていますが、実態はそれも含めた「精神的リンチ」で「凄惨ないじめ事件」に匹敵するものです。そしてそこには日本のマスコミも関わっています。どうか真実を知って欲しいです。
これに関連してどうか知っていただきたいことがあります。
3年前の東日本大震災の直後、2011年4月末。予定していながら震災で出来なかった日本の代わりにロシアがフィギュア世界選手権を開催してくれました。
そのロシアは、開会セレモニーと最終日のフィナーレで日本への温かいメッセージを送ってくれていました。しかし日本国民はそのことを知りません。なぜなら独占放映権を持っていた某テレビ局がわざとその部分をカットし敢えて流さなかったからです。しかもロシアは日本が視聴しやすい時間帯に生放送できるように現地開催時間も合わせてくれていたのです。
ロシアの厚意は殆どの日本国民が知らないまま3年も経ってしまいました。
これは全ての国民に知ってほしい「ロシアから日本へのメッセージ」なんです。↓
【「2011世界フィギュアスケート選手権」。ロシアから日本への「心からのメッセージ」をご存知でしたか?】
http://bakahabakanarini.blog.fc2.com/blog-entry-281.html
高田様のお知り合いにもし被災地の方がいらしたらどうかこのメッセージをお伝え下さい。
もうすぐ3月11日が参ります。ロシアから日本への3年前のメッセージをどうか多くの方に伝えていただきますようどうかお願い致します。
突然長文持参でお伺いしましたこと、どうぞお許しください。
末筆ではございますが、高田様の今後のご活躍を心からお祈り申し上げます。
March 04 [Tue], 2014, 20:01
MAI
一つ書き忘れました。

オリンピックの記事の最後にリンクがはってある 「幸運の正体」 の記事
2005年、世界陸上の為末大選手が銅メダルを取った時の
エピソード、素晴らしい文章です。

「幸運」というのは「チャンスに対する準備ができていた」ということを
言う。  まだ 読んでいない方は是非!!

高田さん、歌も文章もますます磨きをかけて、楽しませてください(笑)




February 28 [Fri], 2014, 12:18
MAI
いつもはのんびりとした雰囲気の高田さんのブログが、なぜ激しい雰囲気に包まれてしまっつたのか、不思議でしたが、これで疑問が解けました。

でも本番前の忙しい時間を縫って、このことに一つのけじめを
つける、高田さんの真摯で誠実な姿勢に大いに感じ入り、
ますますファンになりました。

ついでに次の記事にも飛んで「誰も寝てはならぬ」も
聴いてしまいました。  

 高田さんさすが!!  こころにくい気配りです(笑)



あすの横須賀楽しみに伺います。
頑張ってください!!

February 28 [Fri], 2014, 11:34
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dachon
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
高田正人

プロフィール

東京芸術大学声楽科卒業。
同大学院修了。
二期会オペラ研修所第48期マスタークラス修了(修了時に優秀賞及び奨励賞受賞)。
イタリア政府給費生、および国際ロータリー財団奨学生としてイタリア、G・ニコリーニ国立音楽院に留学。
2009年より文化庁新進芸術家在外研修員としてニューヨークへ留学。
P・ヴァレー、M・グロッピ女史、F・ダルテーニャの各氏に師事。
小澤征爾音楽塾「カルメン」(特別演奏会)、二期会公演「仮面舞踏会」、宮本亜門演出「椿姫」、文化庁新進音楽家育成公演「ポッペアの戴冠」等、数多くのオペラに出演。サイトウキネン「サロメ」、東京オペラの森「エフゲニー・オネーギン」(小澤征爾指揮・ウィーン国立歌劇場共催)などではカヴァーを務め特別公演に出演。
NYのカーネギーホール・ヴァイルリサイタルホールを始めミラノ、ヴェローナ、ピアチェンツァ、台湾、ニューヨークなどでコンサートに出演。
二期会会員。
さらに詳しいプロフィールは
→こちら

お問い合わせ: 
dachon55@yahoo.co.jp



*****



《今後の出演予定》



*****



*****

2016年12月3日(土)(宇都宮)

宇都宮第九合唱団
ベートーヴェン 交響曲第九番ニ短調
op.125 「合唱付」



会場/栃木県総合文化センター
メインホール
PM6:00開場 PM6:30開演

指揮/三ツ橋 敬子
ソリスト
ソプラノ:小高 史子
メゾ・ソプラノ:磯地 美樹
テノール:高田 正人
バリトン:青山 貴

管弦楽/日本フィルハーモニー交響楽団
主催/宇都宮第九合唱団

入場料(全席指定)/S席 6,000円/A席 4,800円/A席学割 1,500円(高校生以下)



********


2016年12月8日(木)(熊本)
がんばろう!! 音楽のチカラ 復興コンサート 
平成音楽大学2016「華麗なる音楽の祭典」



T.卒業生によるオーケストラとの共演
◆クラリネット小協奏曲 作品26/C.M.v.ウェーバー

U.マリンバ協奏曲
◆マリンバ協奏曲/J.サルミエントス

V.独唱・合唱・オーケストラ
◆ピアノ・合唱・オーケストラのための合唱幻想曲 作品80/L.v.ベートーヴェン
 
◆熊本城築城400年記念オペラ −我が熊本の誇り”熊本城”を讃えてー
オペラ「南風吹けば楠若葉」より/出田敬三
第2幕 お藤・五郎の二重唱「夢のようなこの幸せ」
第3幕 フィナーレ”南風吹けば楠若葉”

熊本県立劇場コンサートホール
開場/18:00 開演/18:45


******

2016年12月11日(日)(埼玉)
坂戸第九を歌う会 第29回定期演奏会
ベートーヴェン 第九交響曲
モーツアルト キリエニ短調KV341



坂戸市文化会館
午後3時開演

演奏
小崎雅弘指揮 
ウッドランドノーツ管弦楽団
ソリスト
東城弥恵(ソプラノ)
成田伊美(メゾソプラノ)
高田正人(テノール)
萩原 潤(バリトン)


*******

2016年12月15日(木)
グローバルサロンコンサート
クリスマス・オペラコンサート
(クローズドコンサート)


(写真は去年の全さんとのものです)

出演者 : 高田 正人(テノール)、齋藤 亜都沙(ピアノ)、遠藤ふき子(ナレーション) 他

※チケットはすでに終了しています。

*******

12月30日夜
NHKラジオ深夜便
「ミッドナイトオペラ」



12月30日(金)午後23時台
「愛と喜びのオペラ(前半)」
愛の妙薬・フィガロの結婚・他
12月31日(土)午前0時台(30日(金)深夜)
「愛と喜びのオペラ(後半)」
こうもり・他

アンカー:遠藤ふき子
ゲスト:高田正人(オペラ歌手)

3回シリーズでお届けしてきた、愛と◯◯シリーズ、裏切り、憎しみ、と続き、やはり最後は「喜び」で締めくくります。
名唱の数々、どうぞお楽しみに!


*****

2017/01/09[月・祝] (那須)
那須野が原ハーモニーホール/ニューイヤー・コンサート
オペラ「カルメン」ハイライト



14:30開演(14:00開場)
※1部はオルガンなどでカルメンは2部になります。

演奏会形式で名作オペラ『カルメン』を上演します。子供たちも頑張ってフランス語で歌います。?

出演
カルメン:鳥木弥生(藤原歌劇団)
ドン・ホセ:高田正人(東京二期会)
ミカエラ:大貫裕子(藤原歌劇団)
エスカミーリョ:寺田功治
フラスキータ:西口彰子
メルセデス:郷家暁子
ダンカイロ:荒井雄貴
レメンダード:升島唯博
合唱:那須野が原少年少女合唱団
解説・案内役:大佐藤崇
第1ピアノ:御邊典一 第2ピアノ:御邊大介 パーカッション:岩下美香
■ この公演は託児サービスがあります


*****

2017年1月13日(金)
千駄ヶ谷スタイル with code"M"

?

18:30開演
よみうり大手町ホール

VIP席:6000円 自由席:5000円

4年ぶりにあの千駄ヶ谷スタイルが帰ってきます!一部は千スタコンサート、二部はcode"M"さんとのコラボレーション!新春の幕開けに、千駄ヶ谷スタイルとご一緒に過ごしませんか?クラシックファンだけでなく、幅広いお客様に楽しんでもらえるコンサートとなっております。

千駄ヶ谷スタイル(ソプラノ田上知穂、メゾソプラノ長谷川忍、テノール高田正人、バリトン与那城敬)
ピアノ 木村裕平(1部)
code"M"(2部)
MAKI (編曲&ピアノ)
岩田卓也(尺八)
樋口泰世(チェロ)
相川瞳(パーカッション)

チケットお取り扱い&お問い合わせ
二期会チケットセンター:
tel:<a href="tel:03-3796-1831" x-apple-data-detectors="true" x-apple-data-detectors-type="telephone" x-apple-data-detectors-result="1">03-3796-1831</a>
(平日10-18時 土曜10-15時)


******

2017年2月8日(水)
三枝成彰 監修
デジタリリカ「トスカ」
(原語上演・字幕付ハイライト版)



会場
東京文化会館 小ホール

開場/18:15
三枝成彰によるプレトーク/18:45〜
開演/19:00

演出 彌勒忠史
監修 三枝成彰
出演
トスカ 小川里美
カヴァラドッシ 高田正人
スカルピア 与那城敬
エレクトーン 清水のりこ
語り 彌勒忠史

フライヤーが現代風で面白いですねー!
公演も楽しみにです!

料金S席 6,000円 A席 5,000円
※ 全席指定

チケット取扱い
東京文化会館チケットサービス
電話:<a href="tel:03-5685-0650" x-apple-data-detectors="true" x-apple-data-detectors-type="telephone" x-apple-data-detectors-result="2">03-5685-0650</a>

********
2017年 2月26日(日)(大分・別府)

瓜生島プロジェクトVol.2
東京オペレッタ劇場共同制作
ツェラー作曲
別府市民オペレッタ『小鳥売り』


(画像無いので東京公演の時ので許してね)

B-con plaza(大分・別府)
14:00開演

出演:高田正人、富田沙緒里、里中トヨコ、愛甲久美、行天祥晃、新見準平ほか

演奏:角岳史、野間美希


*******

2017年3月12日(日)(横須賀)
オペラ宅配便シリーズ15
ぎゅぎゅっとオペラ Digitalyrica
プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」
<原語上演・字幕付/ハイライト版>



毎回大好評の「ぎゅぎゅっとオペラ」第3弾は、プッチーニの三大オペラの一つ「蝶々夫人」。オペラ界で活躍する実力派歌手が登場し、その美しいアリアはもちろんのこと、重唱や合唱も交えたハイライト版でお届けします。エレクトーンのドラマティックな音色、彌勒忠史の粋な演出など、見所聴き所が満載で、オペラのエッセンスをぎゅぎゅっと凝縮してお贈りいたします。


ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(横須賀芸術劇場内)
16:00開演

出演
蝶々夫人 小川里美(ソプラノ)
ピンカートン 高田正人(テノール)
シャープレス 与那城 敬(バリトン)
スズキ 鳥木弥生(メゾ・ソプラノ)

合唱 ぎゅぎゅっとオペラ合唱団
エレクトーン 清水のりこ
企画・演出・ナビゲーター勒忠史
チケット取扱
横須賀芸術劇場
電話予約センター <a href="tel:046-823-9999" x-apple-data-detectors="true" x-apple-data-detectors-type="telephone" x-apple-data-detectors-result="3/0">046-823-9999</a>
チケットぴあ http://pia.jp/t/ [Pコード312-592]
お問合せ 横須賀芸術劇場 <a href="tel:046-828-1602" x-apple-data-detectors="true" x-apple-data-detectors-type="telephone" x-apple-data-detectors-result="3/2">046-828-1602</a>
主催 公益財団法人横須賀芸術文化財団


*******

2017年3月28日
育藝会コンサート(クローズド)
ミュージカルの名曲を集めて
出演
ソプラノ 嘉目真木子
テノール 高田正人
エレクトーン 清水のりこ

*チケットは終了しています。

******

と、3月まではこんな感じでございます〜!
今後増える可能性もありますが、、
いずれのコンサートも
dachon55@yahoo.co.jp
までメールいただいてもご用意すること出来ますので!
是非お声がけくださいませ

2014年02月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
月別アーカイブ