二期会「こうもり」を楽しむために。(^^)(追加動画あり)

February 13 [Wed], 2013, 23:12


こーんーにーちーわー(^^)



ぽやぽやしている間に、「こうもり」の本番まで1週間を切ってしまいました〜!^^



いよいよ本番ですね〜!




というわけで、、、




多分ここからは本番までは忙しくてブログ書けない気がするので、、




二期会こうもりをより楽しむ手引きとして〜。




今日は僕らの組(21日、24日)のキャスト紹介を、登場人物の名前と照らし合わせつつ、僕目線でさせていただこうかと思います〜〜^^



*****





小貫岩夫さん(アイゼンシュタイン役)

小貫さんはイケメンテナーとしてこれまで花形テノールをずっと歌ってらっしゃって、見た目も声も、こうもりで言えばどちらかというとアルフレード役のイメージだったと思います。
現にこれまで何度もアルフレード役を歌ってらっしゃいます。
なので、今回アイゼンシュタインと聞いて、果たして合うのだろうか??と思っていました。
だってアイゼンシュタインってもっとおじさんで、恰ぷくが良くて、イケメンではないけど愛嬌がある役、ってイメージだったので。。(失礼)
小貫さんは二枚目過ぎるやろー、と思っていたんですが、、、
稽古が始まったら、このちょっと三枚目で女好きで、堅物っぽいけどでも憎めないーー、て感じが、まぁーー上手い上手い(笑)お芝居がうまいんだなー。
見に来たら小貫さんのイメージが変わるかもしれないし、もっともっと大好きになっちゃうと思います(笑)
でねー、男の僕から見てもほんとに顔の造作が良いんですよねーー!
声も良いし、天は二物を与えとるなぁー、と、嫉妬を覚える日々であります(笑)
ちなみにアイゼンシュタインという名前は日本語にすると鉄男だそうです。頭が固そう、、
あ、小貫さんは岩夫さんなので親近感わくかなー(笑)









青木エマちゃん(オルロフスキー)

エマちゃんとは昨年の秋にラ・ボエームで共演して、日記にもいろいろ書いたので、記憶に新しいと思いますが、
まーとにかく美人さんであります。
平塚の七夕でミス織姫になったこともあります!
写真見たけどちょーきれいでした。
(そしてエマちゃんの隣に写っていた準ミス織姫の人紹介して、って言ったら断られました、ちっ 笑←)
大学の時には美人大学生として雑誌にグラビアが載ったことも。なんと撮影はあの篠山紀信さん!
その写真も見ましたが、そりゃーもう芸能人みたいでした、ええ。
そしてその写真もブログに載せて良い?て言ったらこれまた断られました(笑)
ま、水着だったしそりゃダメか…(笑)
ちなみに身長は173cm、スタイルも抜群でございます。10頭身くらいあると思います。
オルロフスキーというのはロシアの若い公爵の役ですが、まーぴったりでございます。
颯爽としていて絵から抜け出たよう。
2幕では剣舞をするシーンがありますが、エマちゃんはずーーっとバレエをやっていたので、身のこなしも美しいです。ここも見所ですねぇーー。
あ、好きな食べ物は氷です、氷。







宮本益光さん(ファルケ役)

宮本さんは僕が大学の1年生の時の3年生でしたー。
当時からいろいろなことを生みだす方で、訳詞もすれば作曲もしたりして多彩な先輩だなー!て感じでした。
誰が言ったか二期会のキムタクと呼ばれたこともあります(笑)
本人はどう思ってんのかなーー(笑)
愛媛の出身。甘いマスクと普段からほとばしる色気で女性はメロメロです(笑)
この方のお芝居はストレートプレイに近い感じがして、良い意味でオペラティックではないんですよね〜!
そこが同時代的でかっこいいのです!^^
あとねー、なんていうか、益光さんは存在に磁力みたいなものがあるんです。
ファルケ役というのは、物語をまわしていく仕掛け役なわけです。
そして今回の演出では特に彼の手の中ですべてが起こっていく、という作りになっているのですが、その感じが宮本ファルケではすごくよく出ていると思うんです。
僕はこれまでに様々なこうもりを見てきましたが、ファルケ役というのはともすると品の良い付け合わせというか、あまり印象に残らないことが多いなぁ〜って思ってたんですけど、、、
益光さんファルケは魔力を纏っていて、颯爽としていて、なんとも存在感があります!
僕はこんなに存在感があるファルケを見たことがありません^^
お楽しみに〜!







三戸大久くん(フランク役)

もうすっかりおなじみの三戸君とは二期会のマスタークラスで同期でございました。(年は僕が2つ上。)
違うクラスだったのですが最後の演奏会で一緒になり、休憩時間に意気投合!
そして意気投合しすぎ、そのまま休憩の2時間を喋り倒して、笑い倒して、二人とも本番声がボロボロだったという苦い経験を共有してます(笑)
その後も仲良いでございます。
二期会の舞台では、「ナクソス島のアリアドネ」、「椿姫」に続いて、3度目の共演。
同期との共演ってのは嬉しいものです^^
マスターの頃から良い声ではありましたが、その後イタリア声楽コンコルソで金賞とったりして活躍目覚ましいですね(^^)
役もお互いに少しずつ大きくなっております!(笑)
僕と三戸君の絡みも見てほしいですが、3幕の頭にノヘ君の長い一人芝居があります。
これはオペラ歌手の範囲を超えて、役者魂を試される場であります!(笑)ご注目ください!!^^








坂井田真実子さん(アデーレ役)

真実ちゃんはですねー、知り合い歴は長いし、何度かコンサートもご一緒してるのですがーー、、
オペラでの共演は初めてなのです〜^^
真実ちゃんのいいところは何と言ってもパワフルでいつも元気印なところだと思います!
一日の始めに会ったら彼女の明るさに元気をもらえます。
稽古もいつも全力で一生懸命!
そして体があんなに細いのにどこから出てくるのかなぁという声!
今回はアデーレという、女優を目指す女中の役ですが、アデーレというのは美しくて利発でチャーミングなんだけれども、どこか土臭くて垢抜けないという、、、、、、、
坂井田さん……、、、良い意味で、ピッタリです(笑)あ、きれいってことです(笑)(^^)
そして胸はないですが(←ほっとけ)ソプラノにしては珍しく、ペットの声(胸声・胸に落とした声)が素晴らしいです^^
(そしてこの発言は本人了承済みっす)
そのあたりが必見かなぁと思います〜!






李 宗潤さん(ブリント役)

李さんは韓国人で、ずっと海外(ドイツ→アメリカ)にすんでいたのですが、現在は日本在住!
名古屋にすんでいますが、東京二期会に所属して、今回がデビュー。
とっても良い方で朗らかな方です^^
えーといろいろ書きたいんですけど李さんの場合、すべてがネタばれになってしまう気がして(笑)
ですので本番を楽しみにされていてくださいね〜〜^^







井関麻衣子ちゃん(イーダ役)

しつこいですが、今回のこうもりの女性陣はほんとーに美人揃いなんですが、麻衣子ちゃんもほんと美人さんですねぇー。
きっとずっとモテ期なんでしょうねー(笑)
研修所は僕よりも5期くらい下の期かな。。
これは2年前に僕の舞台を見に来てくれた時の一枚^^
(左となりはロザリンデのカヴァーの醍醐さん^^)




ロックコンサートではなくてミュージカルの本番です。みんなで裏ピ(笑)

僕は彼女が予科の時に助演に行きましてー、当時彼女は24才くらいだったかな〜、、ドン・ジョヴァンニの重唱を一緒に歌ったのですが、まぁ美人さんが入って来たねぇと講師陣でも話題になっておりました。
麻衣子ちゃんも醍醐さんも東京音大の出身ですが、東京音大ってのは僕の経験上美人率がひじょーに高いですねぇー←
生まれ変わったら東京音大に入りたいです。
とか言ったら芸大の女子に殺されそうです。
てかそれ以前にお前が東音行ってもモテないよ、て言われそうです。ほっとけぃー。
そして彼女は、現在なんとロシア在住なのです〜!
こうもりの為に一時帰国中。
ロシアといえば、バレエ。てわけで、ロシアではバレエも習ってるそうです。三戸君とちょっと踊るシーンもあるので必見(笑)









櫻井章喜さん(フロッシュ役)

おっとっと、、この方を忘れちゃーーいけませんでした!!
3幕に監獄の看守として登場する、櫻井さんです。
この役は歌が無いので、役者さんがやったりする役ですが、
今回の櫻井さんも文学座の素晴らしい役者さんです。
二期会の歴史の中でも坂上二郎さんがやられたこともありますし、小沢征爾音楽塾でやった時は、
なんと小錦さんがやられたこともありましたー(笑)
役者さんがオペラに出られる時は、稽古は自分の出番以外は帰られることが多いんですが、櫻井さんは自分が関係ない場面でもたのしそーに(時にきびしそーにw)見られていきます。
そして稽古場だけでなく、飲み会にもいつも来てくれます(笑)
なんて優しい人なんでしょう(笑)
ていうか、僕、三戸、櫻井さんが、飲み会出席率一番高いかも(笑)
いまでは「サクさん」「だちょん」の仲でございます( ̄∇+ ̄)
皆さんも実はサクさんの事は一度は目にしていると思います!

ほら、これ↓(笑)



ね(笑)
余分3兄弟の長男、脂肪様です(笑)

でもお芝居はすごいですよー!
一瞬で見てる人の心を掴むというのか。。
白井さんの要求にもいつも倍返しにして返していて、すごいなぁと思います。
そして分野は違えど、舞台に対する熱は一緒なんだなぁとも思います。
今回はコミカルな役ですが、みんなでシリアスな役も見てみたいねーって言ってます^^
次回のサクさんの舞台には、二期会の歌い手がツアーを組んで見に行くと思います〜^^
飲み会で培った垣根を越えた我々の絡みをお楽しみに〜!(笑)







そして最後にーー





我らが塩田美奈子さん!(ロザリンデ役)

今回の僕たちのプロダクション、、と〜〜ってもチームワークが良いのですが〜〜!!
それはですねぇ、何といっても塩田さんの力によるところが大きいのだ思うのです。
塩田さんというのは、僕が学生だった頃から、すでに押しも押されぬ大スターだったのです。
だから今回、ご一緒させていただけるのはすっごく嬉しかったのですが、、
その反面、、
めっちゃ怖い人だったらどうしよう〜〜〜〜〜〜ToT
とか(笑)思ってたのですがー(笑)←
なんの〜〜〜〜〜!!!気さくで優しいおねーさんでした〜〜\(^o^)/(笑)
いや、冗談抜きでこんな素敵な方はなかなかいないのですよ〜〜!っていう
誰よりムードメーカーだし、表現が適切かはわかりませんが、みんなが喜ぶことが大好きというかー、、
例えばキャストに誕生日の人がいたら大きなケーキを買ってきてサプライズしたりーーー
通し稽古の時は塩田さん特製のパエリアを作って僕らに振舞ってくれたりとかーーー
とにかく素敵な方です!
そして足がきれいです←
そしてもちろん演技も声もすうばらしいのでーー!ぜひお楽しみにされていてください〜^^
あ、なんと二期会の舞台は20年ぶりだそうですよ〜〜!お見逃しなくですよ〜!
で、これがお手製パエリア写真!
ちょー美味しかった〜\(^o^)/







*****


ということで、キャスト紹介をさせていただきましたが、、、、



ここで公演をより楽しんでいただくために、、



「オペレッタ」の説明をーー



オペレッタというのはパリで生まれて、19世紀後半に大変な流行を生み出しました。


初期の代表作がオッフェンバックの「天国と地獄」です。
運動会には必ずかかるやつです。(最近は知らないけど)


当時、パリではオペラのチケットを取るよりも、オペレッタのチケットを取ることの方がずっと難しかったといいます。
そのくらい大人気だったのです〜〜!


その流行はイタリアを除くヨーロッパに波及していき(イタリアではオペレッタは人気が無かったみたいですね)、オッフェンバックはウィーンで一人の才能を見出します。


それが「こうもり」の作者、ヨハン・シュトラウスでした。


オッフェンバックは彼の華やかな音楽がオペレッタにぴったりだと考え、彼にオペレッタの作曲を勧めます。


これが大当たりしまして、ヨハン・シュトラウス作曲、オペレッタの傑作「こうもり」がウィーンで生まれるのです。


彼の曲の特徴は何と言ってもふんだんに使われるワルツ!!


こうもりの中にもたくさんのワルツ音楽が登場します。



日本語では「喜歌劇」と訳されるオペレッタ。
それは多くの場合、ハッピーエンドで、誰も人が死なず、音楽が優雅で楽しい気持ちになれることから来ているのでしょう。
オペラには無い、お芝居の部分も楽しいですよー(^^)



このオペレッタは20世紀の初めまで大変な流行を見せ、これがアメリカ大陸に渡ってミュージカルを生むのです!



この楽しいお芝居付きの歌劇を、今回は芝居畑の白井晃さんが楽しく料理してくれます。



奇をてらわず、台本に忠実に、この物語の持つ面白さを存分に伝えようという、音楽にもお芝居にこだわった演出だと思います。



テーマは「飛び出す絵本」。
舞台装置は今ロックモーツァルトもやられている松井るみさん。
白井さんとの相性の良さも評判です!



指揮の大植さんもとても楽しい方で、誰よりも音楽を楽しんでいるのが伝わってきます。




いよいよ来週開幕ですので、どうぞお見逃しなく〜〜^^




*****



あらすじは長いので割愛しますが、



そもそもの始まりは


ファルケ(宮本さん)博士が友人のアイゼンシュタイン(小貫さん)にいたずらされることに始まります。


とある仮装パーティーでファルケ博士は「こうもり」に、アイゼンシュタインは「蝶々」に仮装するのですが、
そのパーティーの帰り道、アイゼンシュタインは酔っぱらったファルケを、こうもりの姿のまま外に置き去りにして、一人で帰ってしまうのです。


そして朝を迎えると、こうもりの格好で道端に寝ていたファルケの周りには人だかりが…


人々は彼を指さして笑います。
あわててファルケは家に帰りますが、その後を子供たちが「こうもり博士!こうもり博士!」と囃したてながら着いてきたのでした。


ファルケは思います。


「ちくしょーアイゼンシュタインめ〜!この恨みはらさでおくべきかーー!」と。


そしてそれから数年の歳月が流れ、ついにファルケは長年貯めていたこの恨みの復讐を実行に移すのです。


まぁ個人的には、そんなに怒るようなことかいな?と思うのですが(笑)
ファルケにとってはプライドをいたく傷つけられた出来事だったのでしょう。。。


まぁ僕も去年とあるパーティーでパイロットのコスプレをしましたが←、確かにパーティー会場では普通でも、昼間にあれを着て新宿の街を歩く勇気はありません^^;
そう思えばファルケの怒りも分からなくもないか…。



さて、ではどんな復讐をしたか。



それは当日のお楽しみという事で(笑)


決して血で血を洗うような復讐ではなく、男心を利用した面白い復讐劇となっております^^



それでもあらすじを予習したいという方はこちらが簡潔で良いかと…→わかる!オペラ情報館←クリック



それと、追加で演出の白井晃さんからのメッセージ!!







それではそれではーーーーー


皆様に劇場でお会いできる瞬間を、心から楽しみにいたしておりますよ〜〜〜!!



ちゃおっっ!!!




追伸


パイロットのコスプレ写真がこちらーーー笑



それ載せなくてもよくない?っていうね(_ー+_)

あ、チケットはギリギリまで受け付けておりますのでお問い合わせ下さいね(^^)
とっくに売り切れたD席も、21日24日共に2枚ずつくらい持ってま〜す(^^)



追伸その2

その他のこうもりトリビア

・A組の萩原潤さん(アイゼンシュタイン役)、泉良平さん(フランク役)、畠山さん(ブリント役)は芸大の同級生である。
この期は伝説の当たり年で、テノールの佐野成宏さん、パリを拠点に活躍されているソプラノの大村博美さん、ウィーンのシュターツオーパーで歌っているバスの甲斐栄次郎さんなどもこの期である!!

・A組のイーダ役、竹内そのかさんの娘さんは、あのAKB48の、竹内美宥ちゃんなのである!!

というわけで、A組B組共によろしくどうぞでおます〜〜〜^^



↑小貫組+白井さん+稽古を見に来て下さった伊原直子先生!+あっ、ザ・ジェイドの樋口さんだ!(笑)





  • URL:https://yaplog.jp/dachin55/archive/461
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
dachon
>kobaさん
両組とも見ていただいて有難うございました〜〜!!
ヒグさんの日も見ましたが、あの暑苦しーーい感じは僕にはとても出せません(笑)
濃いアルフレードで面白かったです^^
そして講師が3人も出るなんてなかなかないですよねぇ(笑)
僕たちも一緒にできて嬉しかったですよ〜!
僕も基本的にはオペラは原語派ですが、芝居のあるオペレッタは日本語も楽しいですよね〜^^お客様にも恵まれて、本当に楽しい舞台でした!有難うございました〜!^^
February 26 [Tue], 2013, 2:34
dachon
>晴れてるてるさん
先日はありがとうございました〜!^^
そして楽屋口にまで訪ねていただきありがとうございました!
アルフレードの純情な一面を見ていてくれたなんて嬉しいです(笑)
登場人物たちがどこまで知っているのかというのは演出にもよるんですけど、今回は仰る通り、ファルケに「ロザリンデの旦那様が7日間留守にするぞ」とそそのかされて口説きに行くという設定でしたね〜^^
アルフレード役はもちろん演技のたまものです、はっはっは(笑)←
で、そうかー、舞台作品を見ていただくのは初めてだったのですね〜!
重ねて有難うございました〜!
February 26 [Tue], 2013, 2:30
>ぴんぽ〜んさん!
有難うございます^^無事に見ていただけたでしょうか〜^^
またメールさせていただきますねぇ^^
February 26 [Tue], 2013, 2:24
>よじさん
有難うございました〜!
櫻井さんのご紹介の部分を後から足しまして、、お読みいただけたでしょうか(笑)
飲み会で培った僕と三戸君と櫻井さんの絡みはお楽しみいただけたでしょうか(笑)
本当に有難うございました^^
二期会のキムタクなんて無理すぎます(笑)でもその昔、二期会のヨ○様と言われたことはあります(笑)←
February 26 [Tue], 2013, 2:20
>真緒ママさん
すっかり遅くなりましたが、こうもり、見ていただいたのですね〜!
有難うございました!嬉しいです^^
8年前の魔笛は僕は見てないかなぁ。。ちょうどイタリアから帰って来た年なような気がします。。でもその演出の魔笛は他で見ていますが〜^^
テノールも少し好きになっていただけたようで良かったです(笑)
ごひいきのバリトンさんはイケメンのMさんでしょうか、、、素晴らしかったですね〜〜^^
February 26 [Tue], 2013, 2:15
>たぬきねこさん
クヒオ大佐(笑)結婚詐欺師じゃないですかー(笑)
そしてご来場有難うございました^^
アルフレードっぽさが出ていただら嬉しいです^^
楽しく演じ歌わせていただきました〜^^もちろん演技ですけどー(笑)
February 26 [Tue], 2013, 2:11
koba
初日と楽日を拝見しました。 素晴らしいキャスト揃いの中でも講師3人の方々の演奏も演技も抜きん出ている様に思われました。  「日本語なのか?それは良くないドイツ語でなくては・・・」とオペラの事は何でも分かるオーラの方の独り言を聞かされながらの序曲の始まりでした。 今にみていらっしゃい と内心思う間もなく、引き込まれていらした様です。特に3幕では、テンポの良さに、大笑いし過ぎでしたよ 東京文化の客席が、あんなにキラキラ楽しくなっているのは初めての経験でした。 有難うございました。
February 25 [Mon], 2013, 19:46
晴れてるてる
とても楽しい時間をありがとうございました〜。
アルフレードがどれだけロザリンデと歌が好きか、わかりました。ロザリンデと別れたあと、何人と付き合ったかは知りませんが(笑)ずーっと歌い続けて、今もやっぱりロザリンデも好きだな〜って。で次に付き合った○○ちゃんも好きだな〜(笑)

観に行く前に疑問だったのは、ファルケとアルフレードの関係です。アルフレードはファルケの企みに加担してるのか、偶然なのか。どこまで知っていたのか。気になってたのですが、舞台を見て少しわかりました。あれは単純にそそのかされただけでしょう。アルフレードは牢屋に入らないといけないとは分かってなくて、あれ〜?って。「バカなテノール」と元恋人に言われちゃうくらいの人ですからね。どうでしょう?
牢屋で一晩、何考えてたんでしょうね〜。それも気になりました。

皆さんにアルフレードは「素」だと言われてますが、一応だちょんさんの演技力の賜物ということにしておきましょう(  ̄▽ ̄)

去年、密かに「だちょんさんのオペラを観に行く」のを今年の目標にしてました。ジェイドのコンサートで歌は聞いてましたから。2012年は終わってしまいましたが、年度内ってことで許してもらおうと思っています。次は、外国語で演るオペラを観に行きたいです。2012年度は日本語で歌う場面をしっかり出会えましたし。
というわけで、出演予定、早目の更新お願いしますm(__)m
February 25 [Mon], 2013, 9:51
真緒ママ
いや〜めっちゃ面白かったです

序曲からハートわしづかみ

マエストロの「踊る」棒裁き演出ですか、って感じで、あのまま舞台に乗れそうでしたね

そしてそして、高田さんのアルフレード、素ですよね〜

いや、素としか思えない

藤森慎吾ばりのチャラ男で大爆笑でした

初高田正人がこの役で、これから何か聴かせて頂く度に被っちゃいそうです

歌声も…も〜〜ちろんすばらしかったです

小貫さんのお声も、心地よく、テノール苦手って単なる、食わず嫌いなんじゃん、と反省しました

また、素敵な歌声に出会えますことを、楽しみにしています

February 24 [Sun], 2013, 20:17
みましたー。
もしかして、アルフレードというのは、だちょんさまのためにヨハンシュトラウスさんがあて書きした役ですか
February 22 [Fri], 2013, 1:22
ピンポ〜ン
だちょんさ〜ん♪
こんなに楽しみにしている公演はありませぬ〜〜
早く日曜日が来ないかなぁ〜(●^o^●)です!

チケット無事届きました
ありがとうございました!

頑張って下さい!!
February 19 [Tue], 2013, 23:49
よじ
楽しく読ませていただきました。

ここに高田さんと櫻井さんが加わるわけですね。楽しみです。
「こうもり」のストーリーも復習完了したので、あとは当日インフルエンザなどもらうことなく…元気に劇場に向かうだけです。

パイロットのコスプレもかっこいいですね〜(≧∇≦)
二期会キムタクの座を狙ってみてください(笑)
February 16 [Sat], 2013, 20:54
真緒ママ
迷っていたけど…こうもり、24日に行く事にしました〜

なんと8年ぶりのオペラ観賞です
最後に見たのはオペラシティの魔笛♪ウルトラマンの怪獣がいっぱい出てきて、びっくりしたものでした

高田さんのテナー、とってもとっても楽しみです
あとブログに紹介されていた青木エマさん、出身校が娘が通ってるところと同系列で、なんかご縁を感じ…
何だか皆さんを応援したい気持ちになっちゃっいました
いやいや応援なんておこがましいですね
沢山のパワーを頂きに参ります

あと…お気を悪くしないで下さいませね

ごひいきのバリトンさんもご出演で…こちらも楽しみです

本番まであと少し、体調万全に素敵な舞台になりますように

February 16 [Sat], 2013, 13:46
いたたたたーっ!
クヒオ大佐かと思いました

こうもり、楽しみにしております。
February 16 [Sat], 2013, 12:50
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:dachon
  • アイコン画像 性別:男性
読者になる
高田正人

プロフィール

東京芸術大学声楽科卒業。
同大学院修了。
二期会オペラ研修所第48期マスタークラス修了(修了時に優秀賞及び奨励賞受賞)。
イタリア政府給費生、および国際ロータリー財団奨学生としてイタリア、G・ニコリーニ国立音楽院に留学。
2009年より文化庁新進芸術家在外研修員としてニューヨークへ留学。
P・ヴァレー、M・グロッピ女史、F・ダルテーニャの各氏に師事。
小澤征爾音楽塾「カルメン」(特別演奏会)、二期会公演「仮面舞踏会」、宮本亜門演出「椿姫」、文化庁新進音楽家育成公演「ポッペアの戴冠」等、数多くのオペラに出演。サイトウキネン「サロメ」、東京オペラの森「エフゲニー・オネーギン」(小澤征爾指揮・ウィーン国立歌劇場共催)などではカヴァーを務め特別公演に出演。
NYのカーネギーホール・ヴァイルリサイタルホールを始めミラノ、ヴェローナ、ピアチェンツァ、台湾、ニューヨークなどでコンサートに出演。
二期会会員。
さらに詳しいプロフィールは
→こちら

お問い合わせ: 
dachon55@yahoo.co.jp



*****



《今後の出演予定》



*****



*****

2016年12月3日(土)(宇都宮)

宇都宮第九合唱団
ベートーヴェン 交響曲第九番ニ短調
op.125 「合唱付」



会場/栃木県総合文化センター
メインホール
PM6:00開場 PM6:30開演

指揮/三ツ橋 敬子
ソリスト
ソプラノ:小高 史子
メゾ・ソプラノ:磯地 美樹
テノール:高田 正人
バリトン:青山 貴

管弦楽/日本フィルハーモニー交響楽団
主催/宇都宮第九合唱団

入場料(全席指定)/S席 6,000円/A席 4,800円/A席学割 1,500円(高校生以下)



********


2016年12月8日(木)(熊本)
がんばろう!! 音楽のチカラ 復興コンサート 
平成音楽大学2016「華麗なる音楽の祭典」



T.卒業生によるオーケストラとの共演
◆クラリネット小協奏曲 作品26/C.M.v.ウェーバー

U.マリンバ協奏曲
◆マリンバ協奏曲/J.サルミエントス

V.独唱・合唱・オーケストラ
◆ピアノ・合唱・オーケストラのための合唱幻想曲 作品80/L.v.ベートーヴェン
 
◆熊本城築城400年記念オペラ −我が熊本の誇り”熊本城”を讃えてー
オペラ「南風吹けば楠若葉」より/出田敬三
第2幕 お藤・五郎の二重唱「夢のようなこの幸せ」
第3幕 フィナーレ”南風吹けば楠若葉”

熊本県立劇場コンサートホール
開場/18:00 開演/18:45


******

2016年12月11日(日)(埼玉)
坂戸第九を歌う会 第29回定期演奏会
ベートーヴェン 第九交響曲
モーツアルト キリエニ短調KV341



坂戸市文化会館
午後3時開演

演奏
小崎雅弘指揮 
ウッドランドノーツ管弦楽団
ソリスト
東城弥恵(ソプラノ)
成田伊美(メゾソプラノ)
高田正人(テノール)
萩原 潤(バリトン)


*******

2016年12月15日(木)
グローバルサロンコンサート
クリスマス・オペラコンサート
(クローズドコンサート)


(写真は去年の全さんとのものです)

出演者 : 高田 正人(テノール)、齋藤 亜都沙(ピアノ)、遠藤ふき子(ナレーション) 他

※チケットはすでに終了しています。

*******

12月30日夜
NHKラジオ深夜便
「ミッドナイトオペラ」



12月30日(金)午後23時台
「愛と喜びのオペラ(前半)」
愛の妙薬・フィガロの結婚・他
12月31日(土)午前0時台(30日(金)深夜)
「愛と喜びのオペラ(後半)」
こうもり・他

アンカー:遠藤ふき子
ゲスト:高田正人(オペラ歌手)

3回シリーズでお届けしてきた、愛と◯◯シリーズ、裏切り、憎しみ、と続き、やはり最後は「喜び」で締めくくります。
名唱の数々、どうぞお楽しみに!


*****

2017/01/09[月・祝] (那須)
那須野が原ハーモニーホール/ニューイヤー・コンサート
オペラ「カルメン」ハイライト



14:30開演(14:00開場)
※1部はオルガンなどでカルメンは2部になります。

演奏会形式で名作オペラ『カルメン』を上演します。子供たちも頑張ってフランス語で歌います。?

出演
カルメン:鳥木弥生(藤原歌劇団)
ドン・ホセ:高田正人(東京二期会)
ミカエラ:大貫裕子(藤原歌劇団)
エスカミーリョ:寺田功治
フラスキータ:西口彰子
メルセデス:郷家暁子
ダンカイロ:荒井雄貴
レメンダード:升島唯博
合唱:那須野が原少年少女合唱団
解説・案内役:大佐藤崇
第1ピアノ:御邊典一 第2ピアノ:御邊大介 パーカッション:岩下美香
■ この公演は託児サービスがあります


*****

2017年1月13日(金)
千駄ヶ谷スタイル with code"M"

?

18:30開演
よみうり大手町ホール

VIP席:6000円 自由席:5000円

4年ぶりにあの千駄ヶ谷スタイルが帰ってきます!一部は千スタコンサート、二部はcode"M"さんとのコラボレーション!新春の幕開けに、千駄ヶ谷スタイルとご一緒に過ごしませんか?クラシックファンだけでなく、幅広いお客様に楽しんでもらえるコンサートとなっております。

千駄ヶ谷スタイル(ソプラノ田上知穂、メゾソプラノ長谷川忍、テノール高田正人、バリトン与那城敬)
ピアノ 木村裕平(1部)
code"M"(2部)
MAKI (編曲&ピアノ)
岩田卓也(尺八)
樋口泰世(チェロ)
相川瞳(パーカッション)

チケットお取り扱い&お問い合わせ
二期会チケットセンター:
tel:<a href="tel:03-3796-1831" x-apple-data-detectors="true" x-apple-data-detectors-type="telephone" x-apple-data-detectors-result="1">03-3796-1831</a>
(平日10-18時 土曜10-15時)


******

2017年2月8日(水)
三枝成彰 監修
デジタリリカ「トスカ」
(原語上演・字幕付ハイライト版)



会場
東京文化会館 小ホール

開場/18:15
三枝成彰によるプレトーク/18:45〜
開演/19:00

演出 彌勒忠史
監修 三枝成彰
出演
トスカ 小川里美
カヴァラドッシ 高田正人
スカルピア 与那城敬
エレクトーン 清水のりこ
語り 彌勒忠史

フライヤーが現代風で面白いですねー!
公演も楽しみにです!

料金S席 6,000円 A席 5,000円
※ 全席指定

チケット取扱い
東京文化会館チケットサービス
電話:<a href="tel:03-5685-0650" x-apple-data-detectors="true" x-apple-data-detectors-type="telephone" x-apple-data-detectors-result="2">03-5685-0650</a>

********
2017年 2月26日(日)(大分・別府)

瓜生島プロジェクトVol.2
東京オペレッタ劇場共同制作
ツェラー作曲
別府市民オペレッタ『小鳥売り』


(画像無いので東京公演の時ので許してね)

B-con plaza(大分・別府)
14:00開演

出演:高田正人、富田沙緒里、里中トヨコ、愛甲久美、行天祥晃、新見準平ほか

演奏:角岳史、野間美希


*******

2017年3月12日(日)(横須賀)
オペラ宅配便シリーズ15
ぎゅぎゅっとオペラ Digitalyrica
プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」
<原語上演・字幕付/ハイライト版>



毎回大好評の「ぎゅぎゅっとオペラ」第3弾は、プッチーニの三大オペラの一つ「蝶々夫人」。オペラ界で活躍する実力派歌手が登場し、その美しいアリアはもちろんのこと、重唱や合唱も交えたハイライト版でお届けします。エレクトーンのドラマティックな音色、彌勒忠史の粋な演出など、見所聴き所が満載で、オペラのエッセンスをぎゅぎゅっと凝縮してお贈りいたします。


ヨコスカ・ベイサイド・ポケット(横須賀芸術劇場内)
16:00開演

出演
蝶々夫人 小川里美(ソプラノ)
ピンカートン 高田正人(テノール)
シャープレス 与那城 敬(バリトン)
スズキ 鳥木弥生(メゾ・ソプラノ)

合唱 ぎゅぎゅっとオペラ合唱団
エレクトーン 清水のりこ
企画・演出・ナビゲーター勒忠史
チケット取扱
横須賀芸術劇場
電話予約センター <a href="tel:046-823-9999" x-apple-data-detectors="true" x-apple-data-detectors-type="telephone" x-apple-data-detectors-result="3/0">046-823-9999</a>
チケットぴあ http://pia.jp/t/ [Pコード312-592]
お問合せ 横須賀芸術劇場 <a href="tel:046-828-1602" x-apple-data-detectors="true" x-apple-data-detectors-type="telephone" x-apple-data-detectors-result="3/2">046-828-1602</a>
主催 公益財団法人横須賀芸術文化財団


*******

2017年3月28日
育藝会コンサート(クローズド)
ミュージカルの名曲を集めて
出演
ソプラノ 嘉目真木子
テノール 高田正人
エレクトーン 清水のりこ

*チケットは終了しています。

******

と、3月まではこんな感じでございます〜!
今後増える可能性もありますが、、
いずれのコンサートも
dachon55@yahoo.co.jp
までメールいただいてもご用意すること出来ますので!
是非お声がけくださいませ

2013年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
月別アーカイブ