<枝野担当相>独法制度廃止 大幅に再編へ(毎日新聞)

March 31 [Wed], 2010, 21:10
 枝野幸男行政刷新担当相は29日、東京都内の日本記者クラブで記者会見し、4月下旬からの事業仕分け第2弾で対象とする独立行政法人(独法)に関し「独法通則法の廃止をゴールにしたい。今の独法を大幅に再編する」と述べた。

 独法通則法は現在98ある独法すべての運営体制を定め、所管大臣が法人トップを任命することなどを規定。枝野氏は「今の独法はあまりにも性格の違う各種の仕事を独法通則法という一つのツールの中で動かそうとしている。合理的な制度でない」と指摘し、現行制度を廃止して法人ごとに新たな枠組みを用意する考えを示した。【影山哲也】

死体遺棄容疑、新たに男2人逮捕 茨城県警(産経新聞)
民主参院幹部が首相を激励「参院選の勝敗にかかわらず政権続く」(産経新聞)
記念電車ヘッドマークデザイン募集 島根・古代出雲歴史博物館(産経新聞)
長男虐待容疑で行司を逮捕=日常的に暴力か−千葉県警(時事通信)
愛知学院大・法科大学院「不適合」認定(読売新聞)

住民名簿作り奨励 市議会が条例可決 箕面(産経新聞)

March 30 [Tue], 2010, 19:48
 大阪府箕面市議会(定数25)は25日、自治会などの地域団体に住民らの名簿作りを奨励する「市ふれあい安心名簿条例」を可決した。自民、民主、公明など主要会派が賛成した。個人情報保護が求められる中、不正に扱えば法的責任が生じるなど情報保護に配慮した指針を定め、災害時などの緊急連絡に活用する。

 消費者庁によると、こうした条例は全国でも例がないといい、4月1日から施行される。

橋下知事が再び応酬「兵庫県議会、小中学生なみ決議」(産経新聞)
国民新党が参院選で作曲家の敏いとう氏を擁立(産経新聞)
架空の石油投資話、指名手配の社長がタイで逮捕(読売新聞)
<知人男性刺殺>64歳被告に懲役13年 大阪地裁堺支部(毎日新聞)
10年度予算 成立…過去最大92兆円(毎日新聞)