帰化をしている人

August 27 [Mon], 2012, 11:50
帰化をしている元韓国人は何故特別なのかそれを考察してみた。
今まで、心の感じるだけだったが、頭で考える方もないとなぁ理屈で考えないとと思う。
そして出た答えは、国を捨てていること、である。
国を捨てているのである。
帰化の人間は。
帰化という文字自体、高貴なものにすら思う。
特別性があるものは、文字自体、何となく見て癒されるものである。
それは置いといて。
自分の国がどんなにあれなものであれ、国を捨てることなど出来るだろうか。
他の国に行き、そこの国がたまたま便利で、その国の言葉を話せるニコロビン エロ
何の問題もなく生活出来る。
からと行って、母国とされている自分の国を捨てることって出来るだろうか私は少しリアルに考えてみた。
無理だ。
母親が本当にどうしようもなくて、本当に酷い人間だったとして、捨てにくいと思う。
母親は。
完全に縁を切ることは可能だろうけれど、それまでの道のりは結構しんどそうだ。
それと一緒なのである。
母国を捨てるのは辛い。
母親を完全に捨てる以上の何かを失うような感じを受けるのではないだろうか。
それを経ている時唐ナ、帰化をしている人は日本人外国人以前に、人として何かを得ている人間のように思う。
失ったものの代わりに、大きな何かを得た。
そうなのではないか。
でもこれはあくまで考察に過ぎず、帰化している人はえどうでもいいじゃんそんなのさと言うだろう。
そういうのんびりさが何となく想像出来る。
何故だとりあえず声高に言う。
帰化している元在日朝鮮人、在日韓国人は、捨ててはいけない。
人によっては日本人を超えた何かを持っているかもしれない。
って誰も捨ててないか。
今の日韓の関係を見ていると、韓国を厭う余り、大切なものまで排他されてしまうのではないかと思う。
帰化をした方々は、とても心を痛めている人だっているのではないか子供とか女性とか。
それを思うととても悲しい。
私には何の力もないが自分に出来ることは、帰化した人の存在を声高に主張することである。
女性は、心で感じる方に長けていると思う。
男は頭で考える方に長けていると考える。
女性の方が何となく分かるのではないかと思うのだが、どうなのだろうか。
私は自信があるが。
男である私がそう感じるのだから、女性は何かしらそうかなと感じることがあるのではないか。
ないかもしれないけど。
あるかもしれない。
私は純日本人として、どこまでも、帰化している人の味方だ。
自分が帰化をしているから、同じ人を言っている訳ではない、ということ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d37bk72dy7
読者になる
2012年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/d37bk72dy7/index1_0.rdf