ヨガイントラレッスン4回目

June 16 [Sat], 2012, 18:28
本日ヨガインストラクター養成講座4回目を受けてきました。
4回目になると皆さんワキアイアイとなり、僕達女装子とっても和やかなムードで授業は進んでいきました。
今回習ったことはヨガの歴史と哲学、太陽礼拝のアーサナ読解でした。
そして今回から生徒が前に立ち、アーサナを一つ誘導していくことになったんです。
今回のアーサナはブルクシャアーサナ、立木のポーズでした。
生徒数20人あまり。
顔見知りとはいえ、大人数に注目されるのはそれだけで緊張してしまいますよね今回は私は指名されませんでしたが、いつか回って来るんだろうな。
ま、私の性格上あんまり緊張しないんだろうけど、とタカを括っていますが、実際前に立った時に緊張してアーサナブレブレになったりしてとにかく今回の講義はヨガの歴史などについて知らないことをたくさん学びました。
ヨガって4000年の歴史があるんですね。
インス文明あたりから始まったらしいですよ。
そして現在のヨガのイメージって健康増進やストレッチなどですが、もともとは瞑想に重きを置いたものだったんですって。
これは何となくどこかで聞いたことがありましたがなので最初に完成したアーサナは座法で、アーサナ座りポーズのことだったらしいのですが、座っているだけだと瞑想が難しいってことで立ちポーズなども出来、今に至るそうです。
なので今はアーサナポーズで良いそうです。
それとヨーガスートラという教典が紀元前200年くらいに作られ、ヨガを行う上での8段階の行法を説明したものがあります。
ヨガの最終的な目標というのは解脱、つまりは煩悩を捨てること。
これを行う上でこんなことしなさい、みたいなことが書かれたものです。
ここで全部は書かないですが、例えばヤマという禁戒を書いたもの。
非暴力、正直誠実、不盗、禁欲、不貪。
ニヤマという歓戒が書いたもの。
清浄、知足、修練、古典、献身。
このことを勉強して、どうやら昔のヨガって日常生活に根差してたんだなぁと思いました。
その他にヨガの種類なんてのも勉強しました。
私たちが普段ヨガをするってなるとハタヨガ身体生理的という身体を使って内面を追求していくヨガになるんですが、その他にも5つのスタイルがあります。
ラージャヨガ心を制御する技を磨くヨガバクティヨガ人格垂竡w導者に帰依し、献身的に尽くすことを中心としたヨガカルマヨガ仕事などを通して無私の奉仕を行うヨガジナーナヨガ瞑想によって心理を悟ろうとするヨガマントラヨガマントラを声にしたり、心の中で唱えるヨガいろいろあるんですね。
ちなみにこれ、筆記試験に出るらしいので私は覚えないとそれと最初に出てきたハタヨガにも更に種類があります。
アイアンガーヨガ、シバナンヨガ、アシュタンガヨガ、パワーヨガにホットヨガ。
あぁ、時間がなくなっちゃいましたヨガは奥が深いですね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:d0auuu8z49
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/d0auuu8z49/index1_0.rdf