手紙

November 10 [Fri], 2006, 16:46
映画「手紙」を観てきました。
あっ、今日はちょっぴりネタバレかもしれません。

本当にすばらしかったです。
弟を思うがゆえに兄がおこした事件、
そのレッテルのおかげで自由に生きられない弟。
差別を憎み、兄を恨む気持ち。。。。。

でも、見終わった後に気づいたのですが、
弟さんとちゃんと関わった人は、誰一人差別なんてしていません。
仕事先で、兄が服役囚とばれても
辞めろなんていわれたことはない。(バイト先と、彼女の親は別ですね・・・
それでも、彼は逃げていく。
差別のせいで自由に生きられないといいつつ、
すべて自ら脱ぎ捨てていく。

この映画の兄弟は、二人とも痛みから逃げようとしてた。
兄は弟を大学に入れられない辛さから逃げるために、事件を起こし、
弟は兄の事件で受け続ける差別から、逃げる。

痛みは決して、努力なしに消えないということ。
逃げることは、例外をのぞいて、痛みをつくりだす可能性があるということ。
痛みとちゃんと向き合えたとき、痛みを本当に理解できたとき、
兄の最後の手紙を読んだ被害者の息子さんが
兄に対しての恨みの想いを終わらせようと言ったように、
弟が兄の存在を認めようとしたように、
はじめて痛みを薄めていけるのではないか。

感動という一言では片付けられない深いものがありました。
そのおかげで、今年一番泣いた・・・。。
もう少しで声だして泣くトコだった。。笑

私の一番の泣きポイントは、兄の弟への想いでした。。
親が居なくても、弟には普通に、幸せに生きて欲しいと
願わなかった日はないんじゃないだろうか。
それこそ、弟のためなら死ねるくらいに弟を想う、優しい兄。。。
それがたまらーん

最後のシーンの、玉山鉄二さんの演技は秀逸。
あの泣き顔で涙が出まくりだし、いまだに思い出し泣きできます。。。
今も泣けそう。。笑
いっそうファンになりました。

本当におすすめ。
ぜひ、観て欲しい作品です。
  • URL:https://yaplog.jp/crush/archive/406
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像YUMi
» adoucir (2006年05月13日)
アイコン画像久留美
» adoucir (2006年05月11日)
アイコン画像カフェラ
» しにまんた (2005年11月14日)
アイコン画像BESTブログランキング

» 宇宙のはなし (2005年06月15日)
アイコン画像BESTブログランキング

» イタイ (2005年06月13日)
アイコン画像ゆったん
» パステル (2005年05月03日)
アイコン画像ゆったん
» えーと (2005年05月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:crush
読者になる
Yapme!一覧
読者になる