過剰雇用の実態 

April 17 [Sun], 2011, 13:55
調査によれば、バイトを含む求人により、従業員が過剰とした企業は49.5%と約半数になり、不足とした企業は1.3%にすぎませんでした。


過剰を訴える企業の平均的な過剰雇用率は12.9%と推定され、合計で更に6%の従業員が過剰と考えられました。


部門による過剰感の差は、大きいものとなっていました。


部門ごとに「過剰」とする企業の比率から「不足」とする企業の比率を引くと、管理職54%、事務42%、生産工程40%、設計・技術ユ5%、販売マイナス15%となりました。


すなわち需要拡大のため、販売部門は拡充する傾向があるが、他は縮小が企図されていました。



問題がかなり回避されました 

April 02 [Sat], 2011, 13:55
「賃金・労働条件」「住宅問題」といった広い意味での周辺的な労働条件、生活条件については、デリヘル 求人のバイトをしている人では、問題がかなり回避されています。


しかもその際前表でみたように、労働組合との事前の合意が充分なされているために、労使間のトラブルはほとんどありません。


ただし移動対象者に対する個別的対策は、「予想」3位→「対策」2位→「実際の問題」3位といった「組合・従業員とのトラブル」の結果からも推測されるように、企業にとって大きな悩みの種になっています。


前節で述べたように、移動者の適応が労務担当者や直接の上司による個別的対応いかんに大きく左右されるだけに、この問題の解決は移動の際の重要な課題となっています。


注目された部分 

March 15 [Tue], 2011, 13:54
事前に予想もされ、風俗 求人バイト対策も講じられた「技能の差」が依然重要問題として顕在化した点が注目されます。


しかもこれは、他の項目に比べ著しく大きい指摘率を示し、第1位の問題点となっています。


同様に「能率・コスト」問題は予想・対策の第5位から第2位へ順位が急上昇しています。


「能率・コスト」「技能の差」の両者とも作業遂行そのものにかかわる問題点であり、技能格差のある移動→移動先職務への不充分な適応→生産能率の停滞→コストアップが相対的にいって最重要問題として顕在化したといえるでしょう。


予想された問題 

March 02 [Wed], 2011, 13:53
事前にバイトの求人に関して「予想された問題」に対しては「対策を講じ」、その結果「実際に生じた問題」がかなり回避されたといっていいでしょう。


事前に予想され、対策が講じられた主要な問題は「住宅問題」「技能の差」「組合・従業員とのトラブル」の3項目であり、これらの指摘率は他4項目に比べ著しく大きい。


この結果生じた問題点をみると、予想された問題および対策の最大のポイントであった「住宅問題」が第5位に低下し、かなり解決されたことが分かります。


小企業の問題点 

February 28 [Mon], 2011, 13:53
小企業になるほど大きな問題となっているのは「生産性の低下」「モラールの低下」「職場の人間関係の悪化」です。


全般的にみて、労働力移動を実施するうえでの生産・労務管理上の準備体制が小規模企業になるほど不充分であることを予想させます。

それでは、このような問題に対し企業はどのような対策を計画し、実施したでしょうか。


夜のお仕事のバイトでも通ずるものがあります。


配置転換に際し、企業がどのような問題を予想し、それに対しいかなる対策を実施し、その結果どのような問題が現実に発生したかをまとめたものがありました。


まず「予想」「対策」「生じた問題」ごとに1社当りの平均指摘問題数をみると、それぞれ2、2件、2.1件、0.3件となりました。

企業規模別にみる 

February 24 [Thu], 2011, 13:52
企業規模別にみると、大企業になるほど「問題なし」の比率が多く、労働力移動に伴う諸対策をより整備していることをうかがわせます。


個々の問題点では、「家族の生活」と「労働組合の反対」が大企業ほど重要な問題になっています。


とくに後者については、事業所間配置転換・出向など地域間移動を伴いがちな労働移動を多く実施している大企業ほど、問題とせざるを得ないわけです。


大手企業を調査対象とした結果、「家族の生活」のなかで後述の住宅問題はとくに深刻でしょう。


これらの事は、風俗 求人に応募する前に知っておいた方がいいでしょう。

労働力移動に伴う問題点 

February 18 [Fri], 2011, 13:51
労働力移動に伴う問題点がまとめられたものがありました。


「問題なし」は58%にとどまり、約4割が何らかの問題を指摘しています。


問題点としては「生産性の低下」の16・5%を中心に「賃金・労働条件の変化」11・8%・「モラールの低下」11.1%が主要なものとしてあがっています。


「昇進序列の混乱」とともに「労働組合反対」は3.9%と少なく、労働力移動に伴い労使関係上の摩擦はほとんど発生していないことをうかがわせます。


ただし、この結果は、対労働組合関係のトラブルに限定されており、対従業員関係の個別的なトラブルの発生とその処理は、次回お話ししますが、夜のお仕事に関しても重要な問題点になっています。

はじめまして 

February 15 [Tue], 2011, 13:32
このブログでは、昼と夜とで働くライフや求人情報、社会の事などを書いていきたいと思います。


今日は、機動的人材活用策の問題点について。


機動的人材活用は、日本企業の高いパフオーマンスを支える重要な要因をなし、これまで分析してきたように、安定成長経済への移行過程で非常に活発化してきた。


この間のバイトの風俗 求人の回復力の強さをみれば、活発化した機動的人材活用が企業経営に大きな貢献をなしたことは疑いえません。


しかしそこに問題点がなかったわけではありません。

P R
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/croissant92/index1_0.rdf