映画感想用ツイッター始めました。

March 25 [Sun], 2018, 15:03
映画感想をつぶやくツイッタアカウント取得しました。
これからはそちらで映画感想つぶやきます。

さいかろ@karokarosaisai


久々にhtmlタグ打ち込んだけど、覚えてるものですね…。

去年の冬、きみと別れ

March 13 [Tue], 2018, 22:20
ミステリーというより、ある愛の物語、という映画でした。
前半は、こんな斎藤工さんが見たーい!
後半は、こんな岩田剛典さんが見たーい!
が、つまった映画でもありました。
個人的に大変眼福の映画…。

頭のねじが外れてしまった人間と
頭のねじを自分で外した人間と
どちらがバケモノであるのか。

グレイテスト・ショーマン

March 13 [Tue], 2018, 22:17
歌とダンスが素敵な映画でした。
そして脇役にいいツンケンメガネがいてニヤニヤがとまらない。
ストーリーはあまり毒気がないというか
ダイジェスト感があって
観終わった後はなんだか物足りない。
でも歌とダンスは大変滑素晴らしかったよ!

羊の木

March 07 [Wed], 2018, 21:50
とんでもないものを観た…。
え、なんだ、この映画…。
なんでもっと話題にならないの?

仮出所となった殺人の前科がある人たちを受け入れる事をきめたある街で起こる物語。
このあらすじだけでかなり不穏。
そして序盤の画面がずっと不安定というか安定したと思ったら不穏というか。
光と影の具合とか。ラストにむけて逆に安定する画面とか。

ジャニーズなのにアイドルのキラキラを見事に消し去ってる錦戸さんすごい…。
ていうか、役者さんたちの配置が絶妙すぎる…。

うわー、とんでもないものを観てしまった…。

パディントン2

February 27 [Tue], 2018, 23:02
吹替え版を観てきました!
なんだ、この作品!
観終わってこんな素敵に楽しい気持ちになるなんて!
序盤の伏線というか小ネタのような出来事が
最後にパディントンを救うために一つになるという流れがいい!
すごいよ、こんな優しい気持ちになれるなんて。
吹替えもすばらしかったよ。
本当に素敵な作品だった!

バーフバリ伝説誕生&王の凱旋

February 25 [Sun], 2018, 21:37
話題のバーフバリの2部作が地元でも上映してくれました!
もう円盤に、なってるんだけどね…。
映画館で観たいじゃない!

伝説誕生を観たら完全にマヒシュマティの民になって
「バーフバリ!バーフバリ!!」
ってなるんだけど、王の凱旋を観たら
「おお、バラーラデーヴァ王よ、なぜそのような恐ろしいことをなさるのか…!」
と、なんだか兄王があわれに思えてきてしまって…。
王になれなかった父の呪詛をずっと聞かされていたからか
それとも弟が偉大過ぎたからか…。
コンプレックスが憎悪にかわることで起こる悲劇がつらい。
つらい…。萌える…。尊い…。

しかしこの作品で一番強烈なのって女性陣です。
弱気という言葉はこの方々の辞書には載ってないのでは?
と思えるくらいに苛烈でかっこよくて美しい。
すごく楽しくておもしろかった。
バーフバリ!バーフバリ!
ああ、バラーラデーヴァ王よ…!

否定と肯定

February 22 [Thu], 2018, 23:03
ホロコースト否定論者に名誉棄損で訴えられたホロコースト学者の
実際に起こった裁判の映画。
ホロコーストという事実が事実なだけに
どうしても主人公のホロコースト学者が感情的になってしまう部分が強く
最初は強い感情をぶつけられて観ているのがちょっとつらかった。
予告を観た時は
この裁判に負ければホロコーストはなかったという事にされてしまう
という事に重点をおいた
ホロコーストという事実を否定するか肯定するかのストーリーかと思っていた。
しかしラストで「表現の自由とは」を否定と肯定でもって示してきて
うわすげえ!となりました。
ホロコーストという強い感情を伴う物事を扱っているけど
元々は名誉棄損で訴えられたから、それは違うよと否定することがこの裁判のメインだったんだよなー。
ラストの主人公の記者会見での発言が、この映画のテーマだったんだろうな。
すげえ、となった。

KUBO

January 21 [Sun], 2018, 23:00
事前に人形を使用した映画だという情報は得ていたけど
これアニメーションでは?ってくらい
動き、表情が細かい細かい。
二本の弦の意味が分かった時は涙があふれた。
正直結末は「う〜ん?」となったけど
クボのこれからの幸せを願わずにいられない。

ギフテッド

January 14 [Sun], 2018, 14:22
数学者だった姉の娘を育てる独身男の物語。
もうメアリーがかーわーいーいー!
生意気だけど素直なメアリー。ほんと、かわいい。
片目の猫のフレッド。かわいい。
メアリーとフレッドを大切に育てているフランク。…好き。

フランクが心情やら現状を言葉として表現するのが本当にうまくて
中盤でその理由をこちらに理解させるタイミングも非常にうまく
絶対メアリーは俺が育てる、離れ離れにならんぞと思っていたフランクが
あるシーンで俺から離れた方がいいのではないかとふと思ったんだろうなという表情もまたよくて…。
そのシーンでは胸がぐっとしめつけられて涙ぐんでしまったんだけど
同じタイミングで劇場内のそこかしこから皆さんが涙ぐむ声が…。
セリフはなくて表情だけのシーンだったのに。
俳優さんすごい。

よき映画はじめとなりました。

ミックス。

December 30 [Sat], 2017, 22:00
ガッキーの不器用演技がガチすぎて、いや女優さん本当にすごいな、と思ったり。
脚本がリーガル・ハイを手掛けた方だけあって
テンポやストーリーの流れが面白すぎる。
そしてそれを実現するだけの俳優の方々…。
卓球の話なので実際の選手の方も出演したり。
とても楽しい映画だけど
誰もが生きるためにツライ何かから逃げたり向き合ったりしている
そんな事を教えてくれる映画でした。

よい見納めになったなあ。
来年もいろんな映画を観たいなぁ。
2018年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/crispmemo/index1_0.rdf