完全無欠のロッキンルーラー

October 03 [Sun], 2010, 11:24
MUSIC CITY 天神。

いつもはあんまり興味ないんやけど、今年ばかりは
無視できない。

だってだって、THE ONE NIGHTSが
今回さらに豪華ゲストを迎えるのだと。

そしてそして、片山ブレイカーズも出るのだと。

今回は、公式発表がある前に多方面から情報が舞いこんできていたので
相当前から楽しみにしていた。

こういうときには、福岡に住んでいてよかったと思う。


そして昨日。

朝起きて、雨が降っていたけど午後にはやんでほっとした。
なんたって、片山ブレイカーズのどなたかが雨男なのでね。
(K山さんだと思うんだけど、本人は否定しているらしい。)

まずは、THE ONE NIGHTSを目指して中央公園へ。
直前にミナちゃんから連絡があり、タクシーでピックアップしてくれるとの
ことなので、お言葉に甘えてお迎えを待つ。

中央公園に着いたら、ちょうど開演予定の16:30。
ぎりぎり。急ぎ足でベストポジションを探す。

そんなこんなで結局40分押しでライブスタート。

まずは、ももさん・梶浦さん、ゆうくんとかタイジとか・・・ちょっと憶えてないけど
こんな感じ。

いきなり2曲目?かなんかをゆうくんが歌いだして驚愕。
おーう。まーじーでーかー。

そのあとは、高校時代のスーパースター、チバ氏や
福岡のスーパースター大江氏の登場で会場が不思議な一体感に。

やはり大江氏は、福岡人にとって特別な存在。
ロージー、新型セドリック。

7年くらい前にたっくんが大江さんとバンドやって
ZEPPに見に行った時もだけど

やっぱ、大江さんを目にすると胃がぞわっとする。

福岡で育って良かった。
めんたいロックは義務教育でしたから。

ほんとにほんとに、最高のライブやったよ。

帰りにケイコさんに遭遇して
『ライブのこと教えてくれてありがとー』と感謝してくれた。

なんだか、うれしい。
すごくうれしかった。


そして、ほんとはそれからキャプさまへ向かうつもりだったのだけれど
諸事情により、飛ばして直接片山ブレイカーズへ。

いつもの四次元。
天井の低い四次元。

ギターのネックが折れないか、つき指しないか
誰かが四次元サディスティック状態にならないか

いつも心配。

ライブはね、とにかく短かった。
ほんと、一瞬で終わった気がする。

6曲、30分。
押したから、アンコールもなし。
さいご、東独擅場、一本締めで終わり。

みんなの不満を受け止めるおまえはすごいよ。

でも。
途中、めがねくもってんぞっ、てやじってごめん!

テレキャスターの真実

September 20 [Mon], 2010, 18:29
バンドものの映画は、何かしら苦しい。
感情移入しすぎ&妄想が膨らみすぎで
おかしさと切なさでいっぱいになる。

しかもフェスのシーンはRISINGの思い出が蘇って
心がいたい。

て、そんなわけで『BECK』観てきました。

特に観たかったわけでもなく、全然期待もしてなくて。

ただモーサム先輩が劇中演奏協力してるってのが、
ちょこっと気になったくらいやったからさー、

期待値が低かった分、総合的な感想は「おもしろかった」

ただねー。
コユキの歌が!歌がききたかった・・・。

この際誰でもいーよ。と思ってしまった。

最終的に、モーモールルでもよくね?
という暴言(?)も飛び出す。

いや、でも聴きたかったんだってばー。
くるちゃん的な声の人で是非、やってほしかった。

まーまーそうはいっても、最初っから笑わせてもらった映画でしたよ。
(注:決してお笑い要素が強い映画ではありません。)

だって・・。
レッチリの『Around The World』ではじまるとか・・・。

なぜそこをセレクトしたんだ。

いや。
レッチリはかっこいいし!
Around The Worldは名曲だけれども!(PVがすき)

でもなー。
その頃のわたしって、まだ10代(ギリギリ)でミーハー心で
レッチリ聴いてた時期ですよ。

そりゃーもう、こそばいー淡い思い出がいっぱいなわけで・・・。

なので、もうそれだけでおかしい。


そして、コユキに与えられたギターがテレキャス。
ピックは白・・・・。

笑う所じゃないけど、思っきし笑ってしまった・・・・。

ぺちって。。ぺちって言った。
白いピックがぺちって・・・・。

悪夢の熊本を思い出して泣きそうになったよ。

フェスのシーンもなー。
RISING SUNを思い出してせつなくなった。

ステージとかさ。
あーあーあー、てな感じで。

もう、バンド物はいかん。
泣く。

そして、人生変わったってセリフはわたし無理。
どうやっても●●ちゃんが頭に浮かぶ。

もーやだね。

日常生活に支障をきたしてます。
まじ、責任とってほしい。(←暴言)


てな感じでとても楽しめましたよ。
つっこみどころもあり。(中村獅堂とか・・・)

あ、もたいまさこが最高でした。
写真だけだったけど。

あと、カンニング竹山もよかった!
女の子も激かわいかった!


あ、あともいっこ謎。
oasisの中でもなんでDon't Lock Back In Angerを選んだんだ?

りあむは?笑

スターな男

September 11 [Sat], 2010, 20:30
持って帰ってきた仕事が思いのほか軽くて、早めに片付きそうなので
ちょっと息抜き。


かたやまつり。から帰ってきてそろそろ一週間。
どうやっても毎日忙しくて、そろそろダウン気味・・・。

何げに京都もハードスケジュールだったのに
元気になって帰ってきたもんなー。

特に今回の京都はストレスフリーだったし。
いつもに比べてフラットな気持ちで臨めたからね。

いろんな意味で、自覚とあきらめは必要だと痛感したキョートトリップでした。
いえい。


そういえば。
M子ちゃんが、2大ロックスターはムロちんとだいじゅだ。
と言っていたけど

はたして、わたしにとっての2大ロックスターとは誰なんだ。と思い
考えてみた。

うーん。
わたしは、やっぱ達也氏なのかな。

2大・・・というと、あとひとりは・・・・チャーハンかミチロウさんてとこだろか。
うーん。難しい。

どこまでも夢の中。

September 06 [Mon], 2010, 2:41
ただいま福岡!
片山際←笑 より舞い戻ってきました。

ワールド・十三ワンマンときて3回目の関西遠征でやっとの磔磔。
2日目・3日目の参戦でしたが、めちゃくちゃ楽しかった。

片山ブ以外に、黒猫チェルシー・騒音寺・カルガモネンド・キャプテンズ。

どれも初。しかも全バンド、見たかったバンドベスト30にランクインしているという
なかなかラッキーな組み合わせ。

ほんとにほんとに楽しかった。


そしてさらに。
あんどー先輩が解き放った赤・青のサングラス&ピック
が私に全部命中という怪奇現象。

わらうしかない。

まあ、それもいい思い出です。

さらに、衝撃の瞬間を目の前で見てしまったけど。
それは、わたしの夢ってことで。笑

うん、それでいい気がします。


片山祭で出会った人たち。ほんとに、ありがーとです。
またどこかでお会いしましょー!

いえい。

嫌ダッと言っても愛してやるさ

August 22 [Sun], 2010, 3:39
RSRのつづき・・・。

片山ブレイカーズ、サイン会見学、PUFFYが終わり、
(片山ブレイカーズ関連は、いつかかけたら書きます。すいません。)

23時からは、ピーズ。

民生とかぶってたから、超迷ったけど、
民生はユニコーンをLOGOSで堪能できたから良しとして
今回はピーズを選ぶ。

しかしながら、クリスタルは遠い。
しかも、普通のお靴では無理!なぬまぬまぬーを通り抜けんきゃいかん。

まだその序章的なSUNの通り道でさえ、心折れ気味。
あああ、どうしよう。これは辿り着けるのか。

その頃SUNでは、スチャダラパー。
スチャダラ、懐かしいな。いいな。
学生のころ大好きだったな。

そんなことを考えながら、目の前の足元と格闘していたら
そしたら、なんとハナレグミ登場。

ブギーバック!!!
もうイントロだけで泣ける。

わたし世代はわかると思うけど、とにかくとにかく
そんな存在。

そりゃ、オザケンが本家だけど
ハナレグミのブギーバックも大好きだ。

こういうサプライズがいっぱいあるフェスって最高やね。

しばしSUNに留まりつつも、ハナレグミの声に勇気づけられてクリスタルへ。
途中、瀧が春日コスで出てきたりと、魅力的なステージでしたが
ピーズのためには、振り向けない。

この辺で、ミユキチさんは民生を目指し二手に別れる。
またあとで。

結局、クリスタル到着までどんくらいかかったことか。
軽く20分以上はかかった気がする・・。

やっとの思いで到着し、クリスタルへ入ると、セッティングが完了して
あとは出てくるのを待つばかり。

お客さんも結構入ってる。
私の身長ではフロア真ん中からは、みえづらい・・

なので、なにげにあびさん好きのわたしは、ステージ横から観賞。

ライブは、とてもよかった。
ざっくりばっくりで申し訳ないけど、ほんとよかった。

てゆか、わたしライブの記憶てほんと雑感でしか憶えてないので。

憶えておこうと思うと、脳内スキャンニングモードに切り替えなきゃ
いけんので、テンション落ちるんです。


そしてそして、次は原爆。
初めてみるので怖いけど、噂はかねがね。

そうそう、この日。
昼間に達也氏にメールしてて。
そしたら、ピーズ・原爆・MJQでスターリンやるって
返事が来てたから

相当、この時からドキドキしっぱなしで。

そんなときに、バー横裏あたりに達也氏を発見。
うわ!と思ってこそこそ近付き、とんとんする。

一瞬、??て顔されたから(すでに氏は泥酔手前だった)、
あれ!私のことわかんない?ておもったら
ぎゅーーーーーーと、ハグしてくれて。
近頃いろいろしんどかったから、思わず抱きついて半泣きしながら、(ていうか完璧に泣いてた)

「こ゛の゛ま゛えー゛げんざぶどうざんがーーー、あじだーいっじょにー(以下略)」
とぐずぐず言ってたら

「明日でんわをください」と一言たしなめられた。

あん時は公衆の面前でほんとすいませんでした。
大反省。

だって、あんなハグされたの3ヶ月ぶりなんだもん!
(・・関係ないか。)

そんで、原爆がはじまったからフロアへ行こう、となって
達也氏の後ろに続いて歩いてたら・・・お兄さんどこまでも止まらない。

まさかとは思ったけど、真ん中のモッシュゾーンを通り抜けて
最前列へ消えて行った。

その後姿はあまりにも大きすぎて、
おもわず惚れちまうところでしたよ。

正直、どこまでも付いて行きたくなりましたが、
そんな破滅の道はごめんなさいなので、とりあえず避難。

しかし、原爆すごかったです。
客の年齢層高いし。
高いけど、すごい。恐るべしアラフォー。


お次は、大好きなミチロウさん率いるM.J.Q

タッチミーしか見たことなかったわたしには結構衝撃。

Qちゃんのドラムってだけで同じ曲がちがうー。
そして、驚きの最大限は、もうひとりギターがいた!(二人だと思ってた・・)

勝手にJってあだ名をつけておりましたが
山本久土さんてお方。

あじゃが大層お気に入りのご様子でした。
うん、よくわかる。

そして。最後は、遂に。シークレットのスターリン。

あ、その直前に、アズマッティやだいじゅくんにばったり。
そういえば、だいじゅくんには昼間、
偶然会ってスターリンのこと話したんだった。

東ティはこれが楽しみで来た!とそわそわ。
だいじゅくんは、うしろっかわ異様な雰囲気やで・・とちょっと引き気味。

ま、わたしはスターリンでうわーとなっちゃうもんね。
前行っちゃうもんね。

そして、スターリンがはじまり
もうぐっちゃぐちゃ。

一曲目がロマンチストだもん。

そりゃ、ぐちゃぐちゃにしかなんないしょ。

途中足ふまれて、いてーな誰だよと思ったら
パイナップル頭をぶんぶん振り乱した東だった。(その隣はローディーの子)

そして、終わった瞬間振り向いたお兄さんが
片山はん。笑。

片山ブレイカーズ率高いよ。笑

片山はんが、わたしみてあれ!?て顔したから
あー、わたし結構ライブいってんだけど!みたいな絡みをしたら

「しってるで!九州の子やろー。熊本にも来てくれてたやん!」
と肩組んできて、頭をなでなで。
あ、この人気分よく酔ってラシャル。

熊本の件は、トラウマ(俺達15人事件)なので忘れてほしいところですが
久々にわたしの好きな片山はんに触れあえたので良しと。する。

しかし、スターリンはカッコよかった。

半裸のミチロウさんは、その色白さもあって発光しまくり。
3曲くらいしかやんなかったみたいだけど、この異空間が
一生続くのかと思ったよ。

あっけなく終わっちゃったけど。

最後、達也氏の投げたスティックをおっさんと取り合って
負けたし。
(周りの人は、わたしにひどく同情してくれてた)


でもいいんだ。そんなの。

最高な気分で、みんなに後押しされた突撃を忘れていた、
もとい、そんな暇がなかったのも

よしとする。

結果、とてもハッピーでクレイジーな一日だった。
それで、いい。

これ以上欲張るのは、ないな。と
妙に納得できた一日でした。

いえい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:珊瑚☆すたあ
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-片山ブレイカーズ&ザ☆ロケンローパーティ UNICORN Perfume
読者になる


ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像ブランドコピー
» 21世紀の半世紀少年 (2018年11月20日)
アイコン画像ウブロスーパーコピー
» 21世紀の半世紀少年 (2018年11月20日)
アイコン画像スーパーコピー口コミ
» 21世紀の半世紀少年 (2018年11月20日)
アイコン画像スーパーコピーブランド
» 21世紀の半世紀少年 (2018年11月20日)
アイコン画像ロレックスRolex 腕時計
» 21世紀の半世紀少年 (2018年11月20日)
アイコン画像ルイヴィトンスーパーコピー
» 21世紀の半世紀少年 (2018年11月20日)
アイコン画像スーパーコピー腕時計
» 21世紀の半世紀少年 (2018年11月20日)
アイコン画像スーパーコピーN品激安専門店
» 21世紀の半世紀少年 (2018年08月05日)
アイコン画像【31%OFF!】シマノ(shimano) SC 小船 3000XH船用両軸太陽電池カウンターリール
» 21世紀の半世紀少年 (2015年03月26日)
アイコン画像リミテッドカラー! タックルハウス(TACKLE HOUSE) ローリングベイト RB88 【メール便NG】
» 21世紀の半世紀少年 (2015年03月24日)
Yapme!一覧
読者になる