カエルがぁ!!

2007年10月09日(火) 18時26分
先日の事・・・・

私の癒し“めだか”chanの水槽に
カエルが日向ぼっこしている

ちょっとまてぇ〜〜〜
もしかして 餌は めだか?

網で掬おうにも 水槽の中で逃げ回るばかり。。。。
こっちも おそるA捕まえようとするから上手くいかない

主人を呼んで カエル捕獲に成功

子どもの 握りこぶしぐらいの 殿様ガエル
ひぇ〜〜

少し離れた 空き地へ放置

水槽の水を入れ替え
3つある水槽のうち
二つを めだかchyan用にして、上段に
1つは 取り替え用に 水草のみにして下段に

殿様にやられたのか?
めだかchyanの数が 激減。。。。

大人の緋めだかが 1匹になってしまったよぉ
子どもも 成人間近ってのが 居ない
残された めだか達 いっぱい栄養蓄えて
越冬してね。。。。


そして翌朝 つまり今朝 

めだかchanに餌をあげようとすると
下段の水槽の中から 怪しい半身が。。。。
舞い戻ってきてしまった 殿様。。。。

又 主人に捕獲してもらわないと。。。。
餌なんて 何にもないしぃ
どんなにして 舞い戻って来たのかなぁ?

ずぅ〜ずぅ〜しぃでぇ〜〜〜〜

不二家のお菓子

2007年03月04日(日) 23時56分
不二家さん 再生に向けて、販売していた在庫のお菓子を回収するそうですね。
今日 スーパーに行ったら ふつぅ〜に陳列していました。

それで、思わず 見納め  じゃぁなくって 食べ収め?



娘は 「アンパンマンのチョコが可愛い」ってお気に入りの様でした。

「小さい頃良く買ったわよ。
ほら ココを捲るとクイズの答えが書いているでしょう?」
なんて 言いながら 捲ってみると
今も 書いていました。

このお菓子 もう 見れなくなるのかな?
不二家の名前も変わるのかな?

主人は 3年くらい前に ポイントを貯めて
ペコちゃん人形を ゲットしてました。
ポコちゃんも お揃いで。

なんでも 孫の時代に
鑑定に出すそうです・・・・

不二家さんが なくなってしまったら
この価値は いかに

日本のピアノのルーツ

2007年02月28日(水) 16時17分
今回の 中古ピアノの件で 色々勉強しました。
それまでは 国産はY社、K社のピアノメーカーしか知りませんでしたから・・・・

日本のピアノのルーツを探り、ヤマハは山葉虎楠さんが 創生者である事。
(YAMAHAのヤマハは、山葉だったんですね)
そして 弟子に 河合小市さん(KAWAI)が居た事。
山葉の会社(当時日本楽器)に、大橋岩幡さんが居た事。
大橋さんが、ディアパソンを作った経緯などなど

文面では 色々勉強できたのですが、実際の音色は?
今回 試弾させてもらえるのとっても楽しみにしていました。

午前中行かせて貰った 難波の卸やさん
ディアパソンの210cmのピアノと Y社のC3のピアノと両方用意して下さっていました。
まず ディアパソンの方を試弾させてもらいました。
大きな鉄筋の倉庫だったのですが よく響く事!!
(蓋が開いていた事もあって)

お店の方と 色々話をしている間に 娘は C3の方を弾いたのですが
音が変わったなぁ・・・・(私は背中を向けていたので)
って思ったら C3でした。
C3は、やっぱ Y社。Y社の音がしていました。
ってどんなんよ?
ん・・・・良く言うと キラキラ
でも パシャ パシャ  表現できません・・・・

ディアパソンの方が良く響いていました。
特に 伸ばした音の最後の響きに違いを感じました。

このディアパソン 倉庫に入っていたのですから
無理もないのですが 埃だらけ・・・・
お店の方が説明してくださって

「ウチの物ではないので、まだ触れないのです。
もし お取引が決まったら
ウチが引き上げて、調整します。
その段階で、外装を磨いて、
鍵盤(象牙)は、浜松の方へ 磨きに出します。
埃などはなくなり きれになります。
響板が程よく乾いてきていい音がするでしょう。」

手前の方にある OHHASIって刻印も見せて貰いました。
ただ 気になったのが
弦を張り替えないっておっしゃるんです。
「弦を張り替えると、今弾いている音になるまで、5年位かかります」って

でも ネットで中古ピアノを買う時の注意点を調べたら
お手入れ状態にもよりますが、
何トンという力で引っ張り合っているのから
中古で買うなら
20〜30年で 弦を張り替えた方がイイと・・・・

それで 今日 もう一軒見に行ってそれで決めたいので
今日中にお返事します。と言って帰ってきました。

午後から 京都のお店に
こちらは、技術士さんが出迎えてくれました。

本当に ピッカピカ。
弦も新しく、外装も、ペダルも 勿論 ハンマーも・・・・
娘が試弾させてもらって 
「音が 軽い」って
彼女は、朝のピアノを見ていたので 
「もっと 古いと想像していた」そうです。

軽さは、調整で何とでもなるから
音量が心配でした。
現在使っている ピアノより 1まわり 小さいので・・・・
でもそれも 気にならないようでした。

とても 20年前のピアノとは思えないくらい。
現在使っているピアノも丁度 20年前の物ですが
弦が新しかったので そう感じたのかな?


結局 
主人は 卸やさんのピアノの鍵盤が 象牙と大きさがイイと
私は 先々のメンテナンスを考慮して リニューアルの183cmを
娘は 音は どちらも良かったから 金額かな?(現段階で30万円の差が・・・・)

それで、先々弦を張り替えるとなると 30万の金額差で済まないし
娘が どちらも気に入っているのなら 我が家の為にもお安い方を・・・・

と言う事で 183cmのディアパソンに 決定

作曲家のコンサート

2006年11月08日(水) 0時25分
お仕事 お休み貰って
娘と 伊丹のホールへ

娘が、小学校4年生までお世話になった
ピアノの先生であり、私の従姉妹のコンサートでした。

彼女は、作曲出身で、色々な曲を作っています。
お子さんが小さい頃の 発表会は、お子さんが好きな
電車をイメージした 曲を連弾で弾いたり

彫刻の個展のBGMを作ったり
主婦業をこなしながら、作曲活動も続けています。

今回のコンサートでは、
古都のさくらをイメージして
フルート演奏の作曲の 第2弾を

フルートの深い響きと華やかさが
桜の花びらがヒラヒラ舞う様な
イメージで聞かせていただきました。

コンサートで印象深かったのは、
マリンバとビブラフォンの曲 でした。
マリンバの響きと ビブラフォンの響きが
融合されて 心癒される 音楽でした。

演奏の合間に 作曲のエピソードをお伺いすることができ
それぞれの曲に対して 親近感も沸きました。

作曲家のコンサートは、初めて聞く曲ばかり(当たり前ですが・・・)で
先入観なく 自分で曲をイメージしながら
聴くので 言葉に表すことは難しいですが
心が なごみました。

高野山へ行ってきましたぁ。

2006年11月05日(日) 22時55分
連休人ごみに埋め尽くされるのが嫌で、でも紅葉見たいし・・・・
高野山だったら 紅葉しているのでは?と言うことで、
弘法大師が入定した真言宗の聖地、高野山へ行ってきました。


11時前頃だったかな? 金剛峰寺付近から、渋滞・・・・
「どこへ行く?」
「とりあえず 奥の院へ」と言うことで、
裏道通って(案の定 ガラガラ)奥の院へ。
高野山の駐車場は、無料なんですが
帰り出やすいから道路沿いに車を止めて参拝しました。
(まだ ガラガラでしたよ)

奥の院の手前が大霊園や大名の墓が並ぶ墓地エリア
奥が弘法大師入定の地である御影堂を中心とした聖域エリア
このふたつのエリアを総称して一般的には奥の院と呼んでいるそうです。

「一の橋」から参道を歩くと約2kmもあるので、「中の橋」から、奥の院へお参りしました。
墓地のエリアは大名の墓がズラリと並ぶ本来の参道(「一の橋」から)であるルートと
公園墓地と呼ばれる新しく開かれた墓地の2ルートがあって、
私達は「中の橋」からなので公園墓地ルートを歩きました。

このエリアは企業や団体の墓地や慰霊碑がかなりあります。
ユニークな形の企業墓など見どころがたくさんありました。
特に企業墓は会社の宣伝かぁ?と思わせる程ひときわ目を引きました。
いきなりロケットがお出迎え。新明和工業の企業墓地でした。
入口付近にいきなりロケットとは不思議な光景。
福助の墓にはアノお馴染みのキャラが。
日産自動車慰霊碑。作業着を着た企業戦士ブロンズ像が立っていました。
それから 上島珈琲の企業墓地。
入り口の左右にコーヒーカップの墓石 
勿論 お供えは UCCの缶コーヒーでした。
ヤクルトは、以前ヤクルト容器だったのですが
シンプルに 変わっていました。

奥の院の墓地も奥まってくると
ロケットやテトラポットのような物が少なくなってきて

鬱蒼とした杉林の中に苔むした
大名墓(全国の大名の40%のお墓が立ち並ぶ)から
無名の庶民のものまで敵味方、身分、性別、宗派の別なく
墓石が設けられていました。

奥の院最大の墓石は徳川二代将軍秀忠の正室・お江(おごう)の方のもので、
高さは3mに及びます。

秀忠の兄、結城秀康霊廟や、上杉家霊廟、佐竹家霊廟は
近世初頭の代表的な霊廟建築として国重要文化財。

このほか、日本最古の歌碑、与謝野晶子の歌碑、
薩摩島津家高麗陣敵味方の慰霊碑、落書きの碑、
武田信玄、上杉謙信、石田三成、明智光秀、
そして御廟の直ぐ手前に織田信長の墓など、
およそ思い浮かぶ歴史上著名な人のお墓は
ほとんどありました。


いよいよ 弘法大師入定の地である御影堂を中心とした聖域エリア。

聖域エリアと墓地エリアとの間には玉川という
用水のような小さな川が流れていて
此岸と彼岸が明確に別けられているそうです。

御廟(ごびょう)橋という橋の向こうは超神聖な場所だから勿論、
写真撮影などもってのほかでした。
(実は 主人が お墓の写真を取ってはダメって・・・・でぇ 撮っていません

ここから雰囲気がガラッと変り、
周辺の空気が一段と引き締まった感じがします。

御廟橋を渡ろうとすると、向こうから 
芥子色の僧衣を着たお坊さん三人が、
何かを担いで「道をあけてください」と
丁度 弘法大師の昼の生身供(食事)が運ばれるところ でした。


永遠に生きて衆生済度を行われている
弘法様に日に二度食事が運ばれるそうです。

そして、私達も ここで一礼してお参りをしました。

※お大師さんは835年3月21日、この高野山において【即身成仏】つまり、生きたまま仏となりました。そして今でもそのままの姿で御廟で禅を組んでおられるそうです。(実際今でも、毎日食事が供せられるそうな…)いまでも、京都の東寺などで、21日を【弘法さんの日】として、市などが開かれています。
この先、是非行ってみてください。
ものすごく、神秘的というか、
「ここが聖域!」って体感できます。

まず 弘法大師御廟へお参りして 燈篭堂(地下も行ってきました)へ行ってきました。


ちなみに、密教の思想に基づいて建立が始められた五輪塔、多宝塔は高野山が発祥だそうです。


五輪塔は写真を見ていただいたら分かると思いますが 
5つの形の違う石が積み上げてできています。

それぞれに意味があり下から 地輪(方形)・水輪(円方)・火輪(三角形)・風輪(半円形)・空輪(宝珠形)・・・・・地・水・火・風・空 これは宇宙の5大素を指しています。つまり古代インドの宇宙観を意味しており全宇宙はこの5つから出来ているという考えです。そして人間も次ように例えられています。地=からだ 水=血液 火=体温 風=呼吸 これらがうまく混ざりあった状態を空と呼びます。つまり五輪塔は、宇宙表現しているのと同時に仏様をシンボル化している物ということです。

観光客が多くって 結局 ひとごみに揉まれながらでしたが
ガイドさんが あちこちにいて
いろいろなお話を聞く事が出来 
これは 今日の収穫でしたっす。


帰り道
高野山へ登ってくる車で すんごい渋滞・・・・・
私達は 昼食後帰ったので 1時ごろかな?
花坂付近まで・・・・
お山の上が車動かなかったら
登りもいっぱいよね・・・・
皆さん 高野山へは 朝早く行きましょうね!!

彼岸花

2006年09月28日(木) 23時23分
曼珠沙華(まんじゅしゃげ)ともいうらしいけれど
私は 秋のお彼岸になると 必ず咲くから 「彼岸花」って言います。

田んぼに 稲が稔って 黄金色になって 
ズラ〜っと生えている赤い彼岸花は目を引きます。

写真は 稲刈り後の田んぼの畦に 
咲き誇った 彼岸花


この 彼岸花をみると
秋だなぁ〜 って思います。

彼岸花は、毒があるって言うけれど、 
外用薬となる所もあり、
田んぼの畦にたくさん植えたそうです。
その名残かな?

ところで・・・・
以前 社員旅行で 鹿児島の指宿へ行った時
黄色い 「彼岸花」を見かけました。
色々 黄色い彼岸花の事について地元の人に 聞いていると
「あそこの お店に売ってるよ」って教えてくれて
球根を買って 植えました。

彼岸花より 華やかに咲いています。
この花も 秋の彼岸になると 忘れずに 咲きます。
我が家も 黄色い彼岸花は、もう時期が過ぎて 撮影が出来ず
残念 また来年・・・と思っていたら
会社の駐車場に 咲いていたんです。

赤い彼岸花と一緒に。

園芸好きの社長も、黄色い彼岸花の球根を買ったそうです
私と おんなじだぁ・・・・

聞く所によると
花って 気温で咲く花と 日照時間で咲く花とあるそうです。
彼岸花は、昼と夜の時間が同じ頃咲くから 彼岸に忘れず咲くんですって

へえぇぇぇ〜
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:keiko
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
2007年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる