自転車の怪

November 27 [Tue], 2007, 12:35
今日は起きるのがやや遅かったため、
朝食もバナナ1本だけという超短時間メニューになってしまったが、いざ大学へ出発!
大学の門をくぐった辺りで自転車の後輪の異変に気づく。
…パンクか?
慌てていたためあまり見る余裕がなかったが、どうやら予想どおりのよう。

3〜4限目が早く終わって5限目の教職まで時間があったので、
友人Hに多少お金を借り(←所持金が1000円ちょっとしかなく、家に戻るのが面倒だったからw)、
大学に最寄りの自転車屋へ。
…が、よりによって閉まってやがるorz
仕方なく、少し離れた自転車屋を友人Nに教えてもらい、そこでパンクを直してもらった。
小さな釘のようなものが刺さっていたみたい。
結局、安く済んだので借金はすぐに返したけどねw

…で、何が"自転車の怪"なのかというと、
俺の自転車、高校時代から使っているわけだが、
大学に入ってからどうも被害によく遭っている(気がする)。
最初はライトがなくなり、新しく付けてもらったらすぐに電球が切れ、
荷台を付けてもらったらいつの間にか泥除けのボルトがなくなっていて、
そして今回のパンク。
(他にも、ボルトのキャップやタイヤの空気口のキャップがなくなっていたり。)
これってもしかして…嫌がらせか何か!?
俺、人から恨まれるような何か悪いことしたんでしょうか…?
人を疑うのは良くないけど、こんなに被害に遭うのは謎です。。。

10月26日の素行調査

November 17 [Sat], 2007, 3:17
とりあえず本当に暇人の素行調査っすw

ヾ(o・_●・)ノ


8時ごろ起床

かのじょに起こされる

そして手早く着替えを済ませ、彼女と同時に家をでます

駅まで彼女見送って(彼女は社会人です)俺は家に帰ることに
なんかしらんが中央線が10分から20分遅れていることに気がつく

原因は武蔵ホニャララ(駅の名前忘れた;)でお客様のバックが挟まり
ドアが故障して車両点検だそうで
・・・バックだけでドアが故障って・・・
とか
・・・この場合お客様が悪いのかな?;その場合賠償責任は問われるのか?・・・
とか朝っぱらから難しいことを考え頭を痛くする・・・

そのごギューギューの車両でわざわざ求人を読む。
乗り換え後すいたので乗って駅へ向かう。
その途中なんら面白いことなかった(ぁ

帰り、彼女から借りた傘を開くと曲がっていた・・・
多分あいつのことだから曲がったやつを持たせたのだろう(マジでありえる
今度買って返すと決める

おうちにつきパソコンを開き
友達(チャットで知り合った女の子)と待ち合わせの駅への時間をしらべる
(39でチャットしながら)

案外時間がないので早くでる

間に合わなかった;

だが友達は・・・こなかった

電話してみると「あははwイマひかれちゃって〜w」
「11月の土日に会おうかw」だそうですw

しょぼーんとしながら待ち合わせ場所付近を徘徊してると、お祭りの屋台がw

大好きなたこ焼きを買って…
そのごサブウェイサンドイッチを買って
ピアスをかって、本を買って

帰ることにw
途中下車して染め粉も買うことにw

一度染めてすごいやばいことになったので、今回は店員さんにものすごく聞きまくり選んだやつで染めましたw


まぁまぁ納得のいくできばえになったので
満足してそこからずっとチャット・・・・


クレ引きこもり街道まっしぐらだわ〜

ちゅう太郎物語〜第1話・出会いと別れ編

November 13 [Tue], 2007, 7:43
うちにある、起き上がるおもちゃ「ちゅう太郎!」^^。

ムムの餌食となり、幾度となく壊れかけて(壊れて)いる。。。




そんな可哀相なちゅう太郎の写真もたまってきたので、

ちょっとストーリー仕立てで公開しようと思います^^;。

(不定期更新ですが^^;)




一話目で出会って、もう別れてしまうちゅう太郎・・・

展開が超早いです^^;(笑)



次回、二人の愛の行方は〜

このまま、愛は終わってしまうのか?!

ムムブログから生まれた、真実のドラマ、「ちゅう太郎物語〜」

こうご期待〜(≧ο≦)人(≧V≦)ノ




つづく

恋愛観1

November 09 [Fri], 2007, 8:43
人は異性を愛の対象として見るようになるとき、その大小は何でしょうか。
外見、これも重要な要素だと思います。
私の場合、母が美人ではなかったので、なお外見に拘っていたようです。
でも、外見が全てではありません。
相性、これを私は一番大事な要素だと考えます。
コミュミケーションを取れない相手とは意思の疎通を図ることもできませんし、お互い言葉を通じてお互いの考え方、価値観を確かめていくものだと思います。

誕生日

November 06 [Tue], 2007, 13:41
ヒロさんがアパートに来てくれた、3週間ほど後があたしの誕生日だった。

まだ出会ったばかりの頃、ヒロさんが仲いいメンバーのうちの1人の誕生日前夜、

いつもの居酒屋で、ヒロさんは


「0時ピッタリにオメデトウメール送るんだ」


って、その人宛のメールの文章を作っていた。

そんな姿を見てあたしはその人をすごくうらやましく思った。

ヒロさんって、そんな風に友達を愛する暖かい人なんだと知った。

メールを書き終えて保存して、


「そうだ!みんなにも0時にメール送るように言っておこう」


ってみんなにお知らせメールしてた。



「ねぇ、あたしの誕生日も0時にメールしてね」


「わかった〜」



そんな約束を交わした。

だから、ヒロさんと出会って初めての誕生日前夜は、

他の友達といたけど、ずっと時間を気にしてた。

0時になって、いっぱいメールがきたけど、

ヒロさんからのメールはなかった。

待ってたけどこなかった。

だから、もう誕生日じゃなくなる夜23時50分頃こっちからメールした。


『メール来てないよ?0時にって約束忘れちゃったのかな・・・』


『今、送るとこだったよ、お誕生日オメデトー』


そう返事が来たのはもう、日付が変わってた。



『うそだ、忘れたでしょ?』


『ごめん・・・飲んでてすっかり忘れてた・・・』



当時はとてもこだわってたから、かなり悲しかった(笑)


その翌年は、ピッタリ0時にメールくれた。

そのまた次の年は、1日遅れたけど・・・って言ってメールくれた。


「やべ〜また1年間ブチブチ言われるぅ〜って思った」


って言ってたね(笑)あたしはそれ聞いて、


「1年間ブチブチ言ってやろう」


って言った。

だけどほんとは遅くなったって、ちゃんと思い出してくれたことがうれしかったよ。

そして去年、やっぱりちゃんとメールくれたんだよね。

まさか覚えていてくれるとは思ってなくて、

あたしも何も言わなかったけど、ちゃんとメールくれて、


『よく覚えてくれてたね〜』


って返した。


『もう5回目の誕生日だからね。しっかり覚えてるよ』



そして、その週末ヒロさんはケーキをたくさん持って遊びに来てくれた。

先月来てくれたばかりなのに、ほんとにまた来てくれた。

しかも、お祝いしてくれるなんてすごくうれしかった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:coikwo1794
読者になる
2007年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Yapme!一覧
読者になる