広島66回目の原爆忌、平和記念式典開催

August 09 [Tue], 2011, 13:23
前年より8155人減った。(2011年8月6日14時07分??デイリー新聞)。「被爆者の体験や平和への思いを、この世界に生きる一人一人に伝えたい」と、継承の意義を強調した。 被爆2世でもある松井一実市長は平和宣言で、被爆者73人が寄せた体験談から2人の手記を引用。全国の被爆者は3月末現在、21万9410人。 また、東京電力福島第一原子力発電所事故を踏まえ、東日本大震災被災RMT地の復興を願うとともに、「国民の理解と信頼を得られるよう早急にエネルギー政策を見直すべきだ」として、国に具体策を講じるよう求めた。 この後、こども代表が「夢と希望があふれる未来をつくるために、行動していくことを誓います」と述べた広島市中区の平和記念公園では、平和記念式典(原爆死没者慰霊式?平和祈念式)が開かれ、各都道府県の遺族代表や菅首相、市民ら約5万人が参列し、犠牲者の冥福を祈り、平和への誓いを新たにした。 海外からは66か国の代表に加え、欧州連合(EU)代表部から大使が初めて参列。原爆死没者慰霊碑に献花するナイトオンライン rmt菅首相(6日午前、広島市の平和記念公園で)=浜井孝幸撮影 被爆地?広島は6日、66回目の原爆忌を迎えた。 式典では、この1年間に死亡が確認された5785人(ほかに長崎被爆分1人)を加えた名簿が原爆死没者慰霊碑に納められた。核保有国では、米英仏の代表が昨年に続いて出席、ロシアも参加したtera rmt

P R
カテゴリアーカイブ
https://yaplog.jp/cneoiufn/index1_0.rdf