1000米。

May 26 [Mon], 2008, 23:48
さっきコメント数見てぎゃぴー言いました。
なんと・・・昨日で1000コメ行ってました。
こんなにコメントいただいていたとは・・・感動で言葉が出ない。
記念すべき1000番目のコメントをくださった方はなんと・・・

ピクさんです!おめでとうございます!!!

いやぁ凄い。センスパならぬセンコメ。
なんか記念にやりたいな・・・
というわけでピクさん、何かお願い事とかありますか?w

ちょっと楊さんに倣ってタフィさんの記事に一言言いたいと思います。
>パネリストとしての重責があったにも関わらず
>ここまで詳しくレポした楊さんとさっちゃんさん、
>バケモノですか、貴方達は?(←失礼)


いや、ただのこのせリストですw
メモ取ってなかったんですが新幹線の中で感情的に書いただけですw


今日、バイト帰りにセンスパ歌って思い出したことがあります。
お茶会のことなんですが、ここで追記したいと思います。
追記とはですね、声優さんたちのライブパートについてです。
赤松先生が提案したゲームに敗れた結果彼女達はライブを
した訳ですが・・・私はその時こう思いました。
ゲーム関係なしで最初からライブやる予定だったのかな、と。
赤松先生はお2人が最初から早口言葉を言えないと見越して
いたと言ってますが、お2人もライブをやると知っていたと思います。

理由として挙げられるのはまず、赤松先生の5月20日の日記。
>ただ、序盤に結構凄いのもあります。何度考えてもマジ凄い。(笑)
皆さんも予想してた通りライブを示唆してます。

次にハピマテのパート分け。
お茶会の前偶然カラオケでパート分けしてたと言っても各パートを
覚えられるのか・・・何回か歌ったり打ち合わせしないと。
あ、交互だったらOKですね。あのとき交互だったっけかな・・・

そして決定的なのがセンスパの合間のセリフパート。
セリフどうすんだろと内心ドキドキしてたのを覚えております。
そしたらなんとお2人による参加者へのメッセージではありませんか!
これはもう最初からメッセージを考えていたに違いない。
振り付けをしなかったのはそのメッセージのことを復唱していたからでは?
アドリブであったらあんなにも綺麗にサビに入れるはずがないし。

だからどうだ、って話ではないんですが思っちゃったので。
って・・・これ思ったの私だけかも。。。大変失礼なヤツだ。
生意気言ってすみません!!

そしてもう1つ追記は質疑応答のあとの個人的質問について。
私たちは質問したあと、昨日コメントくださった智さんが質問なさった
ことに対し赤松先生が答えてくださいました。
質問「このせつの過去編に出ていた刹那の師範は素子と鶴子ですか?
先生はしばらく悩んで、その当時は素子と鶴子のつもりで描いたと
言っていました。

以上、追記終わり。

それにしても・・・

お茶会に行く途中に会った麦わら帽子の女の子可愛かったなぁ。
あれは将来の夢は絶対海賊王だね。



これはパセラに行く前に撮ったもの。
2Fに住んでるみたいです。このちゃんはどこだろ。

以下、このせつラジオ!31回目とコメへんです。



「このちゃんとぉ〜せっちゃんの〜」
このせつラジオ〜!

「このせつはどうも、このちゃんこと近衛木乃香です〜」


「今回は先週言ってた通り、せっちゃんのコスプレショーを」
『違います!!!』
「んもぉ・・・せっちゃんは黙って着替えとって!」

物陰から突っ込む刹那を木乃香が制するとしばらく無言が続き、
きっと彼女はいじけた表情をしているだろうなと木乃香は思った。

「せっちゃんにはリスナーさんから寄せられた希望のコスプレに
 着替えてもらってます。そうするとウチが暇になってまうから・・・
 アレやってまうか」


アレです。


このちゃんの何でも相談室〜!


「このコーナーでは恋の悩み、友達関係、将来についての不安・・・
 などなどたくさんのお悩みをウチが解決するいうコーナーやな。
 さっそくやけどゲストさんをお呼びします!入ってええよー」

かちゃり、と恐る恐るスタジオの扉を開けたのはなんと・・・

「あの、お嬢様・・・着替え終わったんですが」
「ああ〜!せっちゃんはまだ。もうちょい待っとって」
「へ?ですが」
「ええから、今はウチのコーナーなんやから」
「はい?だって今日は相談コーナーなかったはずじゃ」
「・・・急にやることになったんよ」
「そ、そうなんですか?」
「そうなんです!せっちゃん、そこに人おるやろ?その人中に
 入れてくれへん?」
「へ・・・?あ、はい・・・」

木乃香に上手く丸め込まれ、刹那は木乃香の指示通り控え室に
いたとある少女の腕を掴む。

「なっ、なんだよ!」
「お嬢様が中に連れて来てとおっしゃるものですから」
「は、放せ!!聞いてないぞ!!」
「私も聞いてなかったので・・・一緒ですね♪」
「微笑むんじゃねぇ〜!!!!」

ギャーと奇声が上がる。
そして無理やり刹那によって中に入れられたのは・・・

「はい、今回のお悩み相談者はこの方、ちうちゃんや!」
「ちうちゃん言うんじゃねぇ!第一私は悩みなんてない!」
「ほな何で控え室におったん?ウチはてっきり悩みがあるんやー
 思て急遽このコーナー設けたんやえ?」
「そ、それは・・・だな・・・えと、なんつーか」

しどろもどろになる千雨に木乃香は笑顔で見つめる。
彼女はなぜここに来たのか・・・理由はどうやら言えないらしい。
千雨は振り返り扉のところに刹那がいることを確認して溜め息をついた。

「私の悩みじゃなくても、いいのか・・・?」
「ええよ。千雨ちゃんも友達おったんやな」
「ま、オンラインなら数多く・・・って余計なお世話だ!!」
「ほな、そのお友達は何に悩んどるん?」

軽くスルーしやがった、と心の中で悪態をつく千雨。
くそ、と頬を僅かに染めながら躊躇いがちに口を開いた。

「友達にどうしても気になるガキ・・・じゃなくて、気になるヤツが出来たんだ」
「へーその子は恋したんやな♪」
「ち、違う!好きとかじゃくてだなっ・・・ただ・・・」
「ただ?」
「放っておけないというか・・・いや、好きとかじゃなくてだなっ」
「好きやなかったら何やの?その子はその男の子のこと具体的にどう
 思っとるん?」

具体的にと言われても・・・と悩む千雨に木乃香は微笑む。
千雨は戸惑い普段の洞察力が働かないのか、木乃香の確信めいた
発言に気付かぬまま話し続けた。

「正直言って好きじゃない。だからと言って嫌いって訳でもないんだが・・・
 見ててイライラする」
「イライラ?」
「ああ、ホント腹立たしい。あいつが発言する度に殴りたくなる」
「千雨ちゃんて・・・意外にそっちの気あるんやな」
「違う!!!」

あーもう!と怒り狂う千雨に木乃香が諭すように言う。

「イライラしても殴りたくなっても助けてまうんやろ?」
「っ・・・た、助けたいってわけじゃ・・・ただ一発殴るだけで」
「それでその子はどうなるん?」
「どうなるって・・・」

ふむ、と考え込む。
あいつにゲンコツを喰らわせた後、あいつはどんな顔をしているか。

・・・

「泣く」
「せやろなー、千雨ちゃんのゲンコツ痛そうやもん」
「まあな、それぐらいムカついてるから・・・って!私じゃない!!」
「あ、すまんすまん」
「ったく・・・とにかくイライラするんだよ。なんか、こう・・・手を出さなきゃ
 間違った方向に行っちまう気がして・・・」
「ウチらより子どもやから仕方ないんやないの?」
「だからなんだよっ・・・アイツ、全然子どもらしくない」
「ほなら、大人なん?」
「いや、全然ガキだ。ガキだけど子どもっぽくない。分かるか?」
「んーなんとなくやけど分かるかもしれん」
「無理して笑って、それが他人にどんだけ心配掛けさせてるか
 分かってないんだ。要するに大人ぶってる馬鹿なんだよ」

ふん、と千雨はそっぽを向く。
あっちが大人ぶりやがるからこっちも遠回しにしか心配できない。
せめて普通の子どもらしくしていてくれたら、こっちだって子どもに
優しく諭すことくらいできるはずだ。
なのに、アイツときたら・・・

目に見えてイライラが募っていく千雨を見て木乃香は考えた。

「んーなんやその悩んどる子、明日菜に似とるな」
「はあぁああ?なんであの馬鹿猿と同じにならなくちゃならない!」
「せやかて明日菜も同じ感じでネギくんに苦労させられとるみたいやし」
「っ――」

ギクッと肩を震わす千雨を視界の隅っこで確認する。

「ただ違うんは、殴ることやな」
「は?」
「明日菜は殴る前に怒って怒鳴ってその後自分でもむっちゃ悩む。
 自己嫌悪みたいな感じになってまうんよ。その子は殴ってちゃんと
 諭すんやろ?」
「あ、ああ・・・」

呆気にとられた様子に木乃香は微笑んだ。

「ならええやない。それでその男の子が正しい方向に進めるよう
 なったら。ウチはそれでええと思うけどな」
「・・・」
「参考なった?」
「・・・ん、まあな」

ぼさっとそれだけ言って千雨が立ち上がる。

「あや、もうええの?」
「ああ・・・第一、私の問題じゃないからな」
「あーそやね」
「近衛」
「ん?」
「このこと、誰にも言うなよ」

後ろを向いた彼女、耳は真っ赤に染まっていた。
木乃香はくすっと笑い。

「はいな♪」



「千雨さん・・・」
「うわっ・・・さ、桜咲!?」

千雨が扉を開けた瞬間、そこに立っていたのは涙目になった刹那だった。

「せっちゃん、どないしたん?」
「だって・・・千雨さんがこんなにも明日菜さんのことを思っていたなんて」
「・・・・・・・はぁぁあああぁあ?」
「せっちゃん、話ところどころしか聞いとらんかったやろ?」
「ふぇ?え、ええ・・・お嬢様のとこしか」
「それで何で私があの馬鹿猿のことを相談してるなんて思えるんだよ!!
 お前も相当馬鹿だなおい!」
「まぁまぁ千雨ちゃん落ち着きー」
「ふん、こんなヤツに付き合ってる暇はない。帰る」
「あ、千雨さんっ」

スタスタスタ、足早に出て行ってしまった。
取り残された2人は互いに見つめ合う。

「あーあ、せっちゃんが勘違いするから千雨ちゃん怒ってもうたやんか」
「ええ!?すす、すみませんっ」
「ま、解決したからええんやけど♪」
「そうなんですか?・・・あ、ところでお嬢様、私のコスプレ」
「あ・・・忘れとった」
「忘れ!?」
「すまんすまん、つい千雨ちゃんの話に聞き入ってもうて・・・」
「ということは・・・」
「ということで、せっちゃんのコスプレは来週やな」
「そ、そんなぁ〜」
「そろそろ終わりやしな・・・このせつラジオ!では、みんなからの感想、 
 質問、企画など、色んなお便りをお待ちしています!どんどん送ってなぁ〜
 また来週、ばいばーい」
「うぅ〜おじょおさまぁ〜〜」


このせつラジオ!はご覧のスポンサーによりお送りしました。


3−A*スリーエーさん(ミキさま
ネギズさん(イオさま
ネギま!部屋(楊さんのページ別館)さん(楊さま


いつも記事にしてくださって感謝です!

そして・・・clover1517(空気


鼻歌を歌いながら廊下を歩く少女。

「あれ・・・」

気付いた。

「何しに行ったんだっけ、私・・・」


しばらくして奇声が上がった。



コスプレについて・・・本当に申し訳ありません。
私が途中でマジで忘れました。
ほんと楽しみだった方すみませんでした。

以下、コメへん!

春雪さま>
え・・・たった1週間でしたっけ?すっごい長い気がしましたww
それぐらい頻繁にコメントくださってたってことですね!
某藍ゆうサイトで見つけましたw
9ちゃん初登場の回の最後はほんと号泣しました。
あ、感想書いたので分かってますねwwwほんとやべぇ・・・
では、コメントありがとうございました(●´v`人)

風車さま>
疲れてはいないと思ってたら今日になって疲れがドッと来ましたね。。
起きても眠った気がしないwwまだ夢心地継続中ww
赤松先生との距離は今更凄いと実感しておりますww
もるです事件の方は冷静ではありませんでしたが、これ記事に
出来るじゃん!って考えたらちょっと浮上しましたwww
幻覚じゃないですね、本物の可愛い子です(真顔
たぶん試写会は凄まじい倍率でしょう。2期でも凄かったですし。
いえいえ、全然調子乗ってませんよwwオフ会に行けた気分になれた
ようで、こちらも嬉しいっす!!!
では、コメントありがとうございました(○´∀`○)



  • URL:https://yaplog.jp/clover1517/archive/797
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
ピク
こんばんは(*^^*)
1000コメおめでとうございます!!
え!?私が1000番目いただいちゃったんですか!?うれしいです光栄です♪(●´∀`●)
お願い事ですか!?んー・・・ブログを通じてお友達になれたらいぃな♪♪イベントなどの機会があったら一緒に行きたいです***...なんと一方的でわがままな;
失礼しましたm(_ _)m
このせつラジオ、せっちゃんかわいいですね〜原作でもそうですけど、天然ぽいところがかわいいです。もともと、このせつは好きでしたけど、さっちゃんさんのブログを読むようになってからさらに好きになりました(^^)
日曜日にも授業があるのに感謝です!
またヒョッコリ遊びに来ますです。
May 27 [Tue], 2008, 23:17

まずは、1000*おめでとうございます

『このせつラジオ!』すごく面白かったです
また次回を楽しみにしています。

しかも…、自分の事(?)載っててびっくりしました。(>_<)


あの…、よかったら相互リンクお願いできませんか?
よろしくお願いしますm(__)m
May 27 [Tue], 2008, 16:05
春雪
メール以来ですから…11日振りになるのですね。

五月に入ってから日が経つが早く感じます。
試験やテストをしていたら、あっという間に今日になってしまいました。

藍ゆうサイト…
心当たりがいくつかあって何処だか特定出来ないです…f^_^;
馬鹿してなければいいのですが…σ(^◇^;)

『このせつラジオ!』聴かせて頂きました。
せっちゃんのコスプレ!…と思わせて木乃香のお悩み相談室でしたか(苦笑)
すっかり騙されてしまいましたf^_^;

今回は千雨が相談者なのですね。
彼女は素直じゃなくて可愛いと思います。

むしろ、ネギま!のキャラにはツンデレ率が高いですよね。明日菜、いいんちょ、エヴァ、千雨…思い付いただけでこれだけいますし、クラスの十分の一以上がツンデレみたいな…(苦笑)

ツンデレ好きなので嬉しいですが(*^_^*)

次回をまた楽しみにしていますね。

最後となりましたが、1000米おめでとうございます!
私もその中の一人だと思うと大変光栄です。

それでは、失礼しました。
May 27 [Tue], 2008, 9:09
せき
もちろんこのちゃんはせっちゃんが借りている部屋に一緒に住んでるはず!!

コスプレ期待してますvv
May 27 [Tue], 2008, 7:49
ミキ
ええええええ!




コスプレはー??(涙
May 27 [Tue], 2008, 4:44
ぐぅ
初コメです!
始めまして!ぐぅと申します!お茶会レポ見ました!詳しく書かれていてとても楽しく読ませて頂きました(@゚▽゚@)
そして悲劇のトイレ密室事件など・・僕の中で火曜サスペンス劇場の音楽が流れてきましたよ。
でも無事解決して良かったです(;^_^A

そしてSSもラジオも良いです!!このせつ・・・ですね。まぢめんけぇです!!これからも頑張ってください!!
May 27 [Tue], 2008, 3:00
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さっちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
このせつと律澪とその他諸々を愛してやまない百合嬢です(*´∇`*)

いきなりコメント大歓迎!
リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方がいたらコメントか、メールでお知らせください。めっちゃ喜びます!

konosetu1517♪yahoo.co.jp
感想、指摘などございましたらお気軽にどうぞ!♪→@

当ブログ内におけるSS・画像の無断転載及び引用はご遠慮ください。

ツイッターpixiv始めました。お気軽にフォローしてくださると嬉しいです。

R指定のある作品はpixivに置いてあります。

Since2007/1/14


現在拍手にはこのせつSSが5作と律澪SSが5作置いてあります。(1/2更新)
2008年05月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像おつき
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像春雪
» 二人が人生。 (2017年05月28日)
アイコン画像yama@山口県
» 妊婦生活6ヶ月。 (2015年12月10日)
アイコン画像Iuth
» 色々考える。 (2015年09月24日)
アイコン画像春雪
» 同志たちよ。 (2015年09月21日)
アイコン画像白兎
» 3月18日。 (2015年06月06日)
アイコン画像春雪
» 3月18日。 (2015年03月18日)
アイコン画像マンモス
» 女心と秋の空。 (2014年12月08日)
アイコン画像
» ご報告。 (2014年06月30日)
メール待ってます(´▽`*)

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
https://yaplog.jp/clover1517/index1_0.rdf
P R
Yapme!一覧
読者になる