とろける。

February 14 [Sat], 2015, 11:14
バレンタインですね。
ラジオで逆チョコも流行っていると聞いたので、先週くらいから
旦那に「逆チョコ流行ってんだって」をしつこく言いまくっておりました。
今日になって約12時間。

何もありません。





それでは続きから毎土!このせつ企画SSでっす!




チョコでありがとうを届けよう。日頃からお世話になっているあの人に。大好きなあの子に逆チョコを。好きとチョコをいっしょに届けませんか。

――愛の告白のお供に。

お嬢様がよく読んでいるファッション雑誌の表紙を凝視して数分。これならばいい情報が載っているのではないか。そう思って開くと一面ピンクに染まっていた。

「へえ、刹那さん。バレンタインに下着をプレゼントするのですか。やりますね」
「ちょっとゆえゆえ、覗き込んじゃ悪いよお」
「ひっ・・・」

その直後、マホラマートに雄叫びが響き渡った。







「先程は見苦しい姿を見せてしまい、大変申し訳ありませんでした」
「いえいえ、突然背後から声を掛けてしまった私が悪いのです。大丈夫です。パンツの件は木乃香さんには言いませんから。ね、のどか」
「う、うんっ」
「違うんですお願いですから話を聞いてください!」

その場に居辛くなった私たちは場所を変えてカフェでお茶をすることにした。店内には至るところにやはり忌々しいあのイベント名が散りばめられていた。はあ、今週になってどれほどこの重い空気を吐いただろう。バレンタインデー、全てはお前のせいだ。
例年、と言ってもまだ3年足らずだがバレンタインデーになると私はお嬢様からチョコをもらう。もちろん手作りだ。こう言うとアスナさんにぶっ飛ばされるのだが。本当に嬉しかった。自分の用意した既成チョコが恥ずかしいと思う余裕すらなくなるくらい。2年目。学園祭で活躍したせいか、下駄箱やロッカー、机の中にまでチョコが溢れるようになった。誰かの嫌がらせかと思った私をやはりアスナさんがぶっ飛ばしたのもいい思い出だ。こんな自分のどこがいいのか。当時まだデリカシーのデの字もなかった私はお嬢様に無防備な姿を見せて散々傷付けてしまった。こっそり用意していたどす黒いチョコを持って、部屋に立てこもった彼女になんとか渡して許してもらった。3年目の今年、心を入れ替えた私はどなたからもチョコをもらわないことにした。バレンタインデーは混み合うだろうからと昨日渡そうとしてきた子たちがいたが気持ちだけ受け取りやんわりと断った。お嬢様に正直に言うと「せやからモテるんよ」と苦笑いされてしまったが、未だに意味が分からないでいる。

「はあ、木乃香さんもご苦労されているようですね」
「えっ、分かるのですか!?」
「刹那さんは素直すぎるのです。誰にでも正直に素直に接するからそれはいくら木乃香さんであっても嫉妬しますって」
「うう・・私はまた知らないうちにお嬢様を困らせていたのですね」
「それはともかく」
「今年はどうするつもりなのですか」

夕映さんとのどかさんが同時に身を乗り出すので慌ててカフェオレを引く。

「今年は、どうしようか考えてはいるのですがいい案が浮かばず、ああやって雑誌からヒントをもらおうと思った次第でありまして」
「で、下着にしようと」
「思ってません!たまたま開いたページがパンツだっただけで」
「2人とも声が大きいです」

隣に座っていたお姉さんたちがこちらを見てくすくすと笑う。また居心地が悪くなり、カフェオレを啜る。熱くなった体に火を注いでしまったようで膝上においたマフラーを鞄にしまった。

「パンツで思い出しましたが・・」

夕映さんが小声で言う。

「最近はチョコだけでなく、チョコに何かプレゼントを添えて相手に渡すのが流行っているらしいですよ」
「あ、私読んだことあるよ。チョコにメッセージカードを付けたり、花束を添えたりするんだよね。あとはアクセサリーとかその人が好きなものを一緒にプレゼントするの。ネギ先生もイギリスでは男性から女性にそうするって言っていました」
「プレゼント、ですか」
「木乃香さん、何か欲しがっていたものありませんか」
「うーん・・・そういえば、新しい炊飯器かホットプレートが欲しいとか」
「そ、それは高校生にはキツいかもしれませんね」

確かに私の任務の報酬はほぼ学費と生活費に回っているし、今月の小遣いもあと残り僅か。
夕映さんたちと別れ、麻帆良商店街を一人とぼとぼ歩く。どこもかしこもやはりバレンタインだ。それは何もお菓子販売店に限ったことではない。雑貨店もファッション店も花屋も全てだ。やはりのどかさんの言った通りチョコと何かを贈るのが主流になりつつあるのか。ふと、店前に飾られていたあるものに目がいった。バレンタイン価格で安い。ラッピング費用無料の文字にさらに惹かれる。これなら、そう思って私はその店に入った。



「せっちゃん!!!せっちゃんせっちゃんせっちゃん!!!」

バレンタインデー当日の早朝のことだった。任務明けで夜中に帰ってきた私にとってその声は凄まじい威力の目覚ましだった。耳元で名前を連呼されながら体を何度も何度も揺さぶられる。

「せっちゃん大変や!早う起きて!」
「わ、た、し、がー、たいへ、ん、ですうううう」

ようやく揺らすのをやめてもらったが、頭がぐわんぐわんする。まだ寝かせてくれと体が訴えているが今のお嬢様を放っておく方が身の危険だ。
霞む視界でも分かるくらいお嬢様は満面の笑みを浮かべていた。それで思い出す。帰ってきて仕掛けたもののことを。

「せっちゃん、起きたらな、枕元にプレゼント!ほら!」

まるで幼子のようにはしゃぐお嬢様に口元が緩む。お嬢様が目の前に翳したのはブラウンのワンピースだった。白の丸襟とボタンが可愛らしい。肩を持ちながらきゃっきゃとくるくる回るお嬢様を見て心が浮つく。

「着てみる!」
「そうですか・・・って、今ですか!?」

悲鳴を上げるのは今度は私の方だった。目の前でパジャマを脱ぎ始めるお嬢様を私は手のひらの隙間から覗き見る。脳が徐々に覚醒していくのが分かる。余程嬉しかったのかベッドにパジャマを投げ捨て、花柄のキャミの上からバサッと一気にワンピースを着てしまった。

「じゃーん。どう、似合うとる?」

くるっと一回転し、ワンピースがふわりと浮かぶ。想像していた通り、チョコレートとホワイトチョコのようだった。

「とても、似合います。本当に・・」
「ありがとな、せっちゃん」
「はい・・・あ、いや、それは・・あれです。私ではなく・・そう!季節外れの赤鼻のサンタさんの仕業です!」
「そうなん。なんや色々まざっとるけど」

しどろもどろになって布団を剥いで否定する。そうこれはサプライズでなければならない。最後まで突き通さねば。

「ほな、そのサンタさんに伝えといてくれる?」
「え」
「ありがとう、だーいすきや!って」
「・・・・・」
「何でせっちゃんが真っ赤になっとるん」
「わわ、私も大好きです!」
「やっぱりせっちゃんやん」
「え・・・いや、これは、つまりその――」

ぐえ、と蛙の声が喉から聞こえた気がした。気付くと私は再びベッドに横になっていて、目の前にはお嬢様。

「せっちゃんは何がほしい?」
「・・・もう、もらってます」

甘い、甘いチョコレートとホワイトチョコを。




おわり





今回のお題は『ふんどし、石、温泉』でした。
次回のお題は『色鉛筆、電車、空』です!

2/28「庭、雨、ビスケット」3/1「刀、ビキニ、プロレス」です。
  • URL:https://yaplog.jp/clover1517/archive/2312
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さっちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
このせつと律澪とその他諸々を愛してやまない百合嬢です(*´∇`*)

いきなりコメント大歓迎!
リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方がいたらコメントか、メールでお知らせください。めっちゃ喜びます!

konosetu1517♪yahoo.co.jp
感想、指摘などございましたらお気軽にどうぞ!♪→@

当ブログ内におけるSS・画像の無断転載及び引用はご遠慮ください。

ツイッターpixiv始めました。お気軽にフォローしてくださると嬉しいです。

R指定のある作品はpixivに置いてあります。

Since2007/1/14


現在拍手にはこのせつSSが5作と律澪SSが5作置いてあります。(1/2更新)
2015年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像おつき
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像春雪
» 二人が人生。 (2017年05月28日)
アイコン画像yama@山口県
» 妊婦生活6ヶ月。 (2015年12月10日)
アイコン画像Iuth
» 色々考える。 (2015年09月24日)
アイコン画像春雪
» 同志たちよ。 (2015年09月21日)
アイコン画像白兎
» 3月18日。 (2015年06月06日)
アイコン画像春雪
» 3月18日。 (2015年03月18日)
アイコン画像マンモス
» 女心と秋の空。 (2014年12月08日)
アイコン画像
» ご報告。 (2014年06月30日)
メール待ってます(´▽`*)

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
https://yaplog.jp/clover1517/index1_0.rdf
P R
Yapme!一覧
読者になる