女心と秋の空。

November 10 [Mon], 2014, 19:12
お久しぶりりあん。



ごめん。



お久しぶりです。
何してたかっていうと、働いてました。
や、なんかね、部活の顧問とかやっとったわけでして。
あとなんか知らないけどPTA活動にも参加しとったわけですよ。
とにかく、今の職場は体張ってやることが多くて帰ったら眠る生活でした。

休みもほとんど部活で、先日でかい大会が終わってようやく一息…
吐く暇もなく学習発表会っていう素敵なスケジュールで。
昨日学習発表会が終わり、ようやく本当に一段落したところです。
しかし代償が大きく、風邪をこじらせて中耳炎にかかるという( ´,_ゝ`)
左耳ほとんど聞こえません。
そんな中子どもたちに熱血指導してたもんだから悪化してしまって。
この職ついて五年目ですが、毎年何かしらの病にかかる自分にほとほと疲れます。

でも楽しいんだよね、子どもたちいるから。

そう、プライベートですがこんな日々を送っていたので新婚だと言うことを忘れていて。
旦那とも休みが合わないのでどこにも出掛けないし。
結婚式の準備もあっぷあっぷな状態です。
友達が私たちのプロフィールムービー作ってくれると言ってくださったのですが、
そんなわけでツーショット写真ねぇよwwwっていうね。

詰んだよね(о´∀`о)


そして気付いたら入籍してから半年経ってました。
その日旦那に言われまして。

「ねえ、今日なんの日か知ってる?」
「え、私出張の日?」
「いや、半年経ったんすけど」
「え?何が?」
「入籍してから!」

こんなんだけど何とかやってます。


続きから久々に書いたこのせつSSです!
長らくお待たせしていたコメント返信も。





「ひぐおっ」

驚き過ぎて聞いたこともない声が出てしまった。それも仕方がない。何故ならすぐ隣に最愛にして最高のパートナーがいたのだから。




女心と秋の空



まったくお嬢様は。こうして呟きながら、くかあと子どものように眠る彼女に布団をかけ直すのが日常化してきた今日この頃。すっかり秋模様となった部屋の冷え込みに少しずつ慣れてきたが体は正直に震える。寒っ、と私も布団に潜りこみ、そして自然と込み上げる微笑。お嬢様だ。
目を閉じながら彼女の艶やかな柔らかい髪に触れる。すん、すん、鼻先がこそばゆい。シャンプーの匂いが鼻の奥にすうっと流れて私の中を満たしていく。そうして私は幸福を感じながら微睡むのだ。

「せっちゃんこそばゆいて」
「ひぐおっ」
「はは、なんやそれ」

よっこいせ、とお嬢様がこちらに寝返りを打つ。くっくと笑って私を見やる。居心地が悪くなって視線を反らすと「顔赤いで」と止めを刺された。しかしこれに怯むような私はもう過去の人だ。

「まだ暗いのに分かるはずがないでしょう」
「ふふ、そやった」

でも自分で分かる。ぽ、ぽ、と顔が熱くなっていたから。お嬢様が引いてくれたからまだよかったものの、中等部の頃のようにからかわれていたらきっと沸騰じゃ収まらず私は爆発していただろう。
私たちは大人になった。そう、あのいたずらっ子はもういない。その先は考えないようにしている。理由はまだよく分かっていない。

「で、お嬢様は何故また人のベッドに潜り込んでるのですか。いったいこれで何回目だと思っているんですか」
「んー、分からへん」
「28回目です」
「ひゃー!あと2回潜れば一緒に暮らし始めて1ヶ月やねっ」
「あ、う……そ、そうですね。ふへへ………じゃなくて!!!」

危うく流されそうになり慌てて引き返す。「ちぇー」と唇を尖らせる彼女を見てふと思う。お嬢様も私と同じように思っているのだろうか。

「せやかてせっちゃんが夜中にこのちゃんこのちゃん呼ぶんやもん」
「へ」
「そら行くしかないやん」

並んだシングルベッド。こんなにも近くにいるのに、なのに、私は寂しいのだろうか。いたずらっ子だった彼女に無意識に会いたがっているというのか。

「まあそれは冗談で」
「冗談ですか!?」
「冗談です」

私の口真似をしておすまし顔のお嬢様、それがくしゅっと崩れて途端に横髪が顔にかかった。

「好き過ぎてぎゅってしたかったん」





何度も言うがいたずらっ子はもういない。いるのは私の心を翻弄するそれはそれは美しい小悪魔だ。



おわり



以下、コメへん!

青藍さま>
このせつぶりです!本当に!
5年経ったなんて信じられませんよね。
あの衝撃的瞬間から5年以上経っているだなんて。
そして私も百合というかオタ活動が落ち着いてしまっています。
きっとあの頃全力疾走しすぎたせいですかね。
それともただ単に歳のせいか・・・
でも好きなのには変わらないのでゆったりと楽しみ続けます。
では、コメントあじゅじゅした!

瞬さま>
このせつはお久しぶりです!
もちろん覚えていますとも!
お祝いの言葉ありがとうございます。本当に。
このせつは私の中にずっといますが、今だからこそ
見える彼女たちの姿があります。
そんな彼女たちのことをまたSSにできたらなと思います。
そして瞬さんともこうしてまたお話できたらなと!
では、コメントあじゅじゅした!

  • URL:https://yaplog.jp/clover1517/archive/2296
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
マンモス
お久ぶりりあんとなSSありがとうございます!
本当に久しぶりのこのせつSSで、このせつはちょっぴり大人になったかもしれませんがその雰囲気は変わってなくてとても嬉しくなりました。
成長はしてるんですが、根っこのところは変わらないというか。それってすっごく素敵だなぁと思います。
相変わらずあたたかくてじんわりするさっちゃんさんのSSが自分も相変わらず好きだなぁと思いました(●^o^●)

日々、充実しているようでなによりです。お身体だけは気を付けてくださいね。
そして遅くなりましたがご結婚おめでとうございます〜!!
このせつパクティオー並みに驚きました。お幸せに……。・゚・(つД`)・゚・。
December 08 [Mon], 2014, 14:31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さっちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
このせつと律澪とその他諸々を愛してやまない百合嬢です(*´∇`*)

いきなりコメント大歓迎!
リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方がいたらコメントか、メールでお知らせください。めっちゃ喜びます!

konosetu1517♪yahoo.co.jp
感想、指摘などございましたらお気軽にどうぞ!♪→@

当ブログ内におけるSS・画像の無断転載及び引用はご遠慮ください。

ツイッターpixiv始めました。お気軽にフォローしてくださると嬉しいです。

R指定のある作品はpixivに置いてあります。

Since2007/1/14


現在拍手にはこのせつSSが5作と律澪SSが5作置いてあります。(1/2更新)
2014年11月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像おつき
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像春雪
» 二人が人生。 (2017年05月28日)
アイコン画像yama@山口県
» 妊婦生活6ヶ月。 (2015年12月10日)
アイコン画像Iuth
» 色々考える。 (2015年09月24日)
アイコン画像春雪
» 同志たちよ。 (2015年09月21日)
アイコン画像白兎
» 3月18日。 (2015年06月06日)
アイコン画像春雪
» 3月18日。 (2015年03月18日)
アイコン画像マンモス
» 女心と秋の空。 (2014年12月08日)
アイコン画像
» ご報告。 (2014年06月30日)
メール待ってます(´▽`*)

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
https://yaplog.jp/clover1517/index1_0.rdf
P R
Yapme!一覧
読者になる