幸福な朝。

October 16 [Sun], 2011, 21:00
gleeのアルバムをCDに焼くために居間にあったCD-Rを
漁ってたら『特選、三十路人妻』というDVDが出てきました。

このせつどうも、さっちゃんです。

気付いたら1週間経ってました。ほんと早い。
この1週間はglee観賞、同僚んちにお泊まり、カラオケなど
充実しておりました。なのでここに書く話題がたくさん
あったのですがいざ書こう!と思ってすぐ睡魔に敗北という。

あ、そういえば今期のアニメ面白いものばかりですね。
毎回1つくらいしかアニメ見てない私ですが、今回はFate、
ペルソナ4、ちはやふる、ギルティクラウン、未来日記ともう
5つも見てます(見る予定も含む)。これすごいことだよ。

特にフェイトの主題歌いいですよね。さすがLiSAだよ。
私は毎朝通勤にガルデモをガンガン歌うようにしてます。
というのもすっげー力出る曲ばっかで。歌詞にもすごい勇気
付けられるんですよ。今日も飛ばすぜええええ!ってなる。
マリナさんもなんか主題歌歌わないかなー。



けいおん!!2012年カレンダー届きました!
さらにりっちゃんのバースデーカードも同梱されてました。
超めんこいのなんのったら!!今回はなんと和ちゃんや憂の
バースデーも書いてありました!なんか嬉しかった。
さわちゃんのももちろんあったんですが爆笑しちった。
書いたのりっちゃんかな、これ。すっごい笑った。

考えてみるとけいおんカレンダーこれで3つ目だわ。
つまり好きになって3年ってことか。あっちゅう間だな。
何気に第1弾カレンダーのデザインが一番好きだったりする。
シンプルなんだけど、すごい癒される構図なんですよ。
なので未だに部屋に飾ってあります。


以下、毎土!このせつ企画SSとコメへん!
またはじめましての方がコメントしてきてくださって……
嬉しいこと限りなし。




幸福な朝




早朝私がまずやること、それは修行だ。起きてすぐ動きやすい学校指定のジャージを着て外に出る。寮のロビーまでは小走り、それ以降は軽くランニングをする。そうして一汗かいてから準備体操を兼ねた素振り千本を3セット行う。沸き起こる風、それを切る音がなんとなく好きで。身を任せていると時間などあっという間に過ぎ去ってしまう。一連のメニューをこなした後電車の時刻に間に合うようにまた寮への道程を走って帰る。さっとシャワーを浴びてさっと朝食とも言えないものを食べて登校して、それが習慣化していた。なのに…

「なんで」

隣にお嬢様がいた。いや、隣にお嬢様がいることには大分慣れてきてはいたのだが、部屋のベッドに一緒に寝ているこの状況は未だに慣れない。そのせいでまた一段と混乱する頭で必死に考える。

「そうか、これは“完全なる世界”そうに違いない!」
「んなはずないやん」
「ひっ」

いつの間に!? 目を擦りながらお嬢様はゆるゆると欠伸をした。「おはよう」はんなりと言ってから私の視線は何故かそこに向かった。寝癖。思わずそう呟いていた。ココア色の前髪がくるんと上を向いて。

「あんもう、はずかしいからあんま見んといて」
「あ。すす、すみません」

手櫛で乱暴にそこを撫でつけるお嬢様だがなかなか寝癖は直らなかった。
ふと思い出した。昨夜はお嬢様が泊まりに来たのだった。龍宮がいないと聞いたお嬢様が半ば強引に進めた話だが、結果的にとても楽しいひとときを過ごせた。眠るときも大切なひとと共にいられるなんて。密かに幸せを感じていた。さらに、不意に手を握られしばらくは眠れなかったが今もその幸せが続いているようだ。きっと朝一番に彼女の顔が見られたから。

「ところでせっちゃんの完全なる世界てどんなやったん」
「は」
「さっき言ってたやん。完全なる世界て」

思い出してすぐのことだった。ボンッと脳内で小気味のよい音がした、ような気がした。続いて身体中が沸騰したかのように熱くなった。

「せっちゃん?」
「あ、いい、いいえ! なんでもありません。ただお嬢様と一緒にいたというか…そ、そう! 朝ごはん! 朝ごはんをご一緒した世界でした。目玉焼き美味しかったなぁ、あは、ははは」
「ふうん」

まさか裸にエプロンを着ただけのお嬢様が私を起こしてくれた、なんて口が裂けても言えない。あれは今思うとまるで新婚生活を絵に描いたような……ん、新婚? 新婚って誰と誰が……ハッ、私としたことが何を考えて――

「せっちゃん、また顔真っ赤になっとるえ。もしかして熱でもあるん」
「いえ、ないですないです! 大丈夫です」
「ならええねんけど。あ、ちなみにウチの見た世界にもな、せっちゃんがおってん」
「え。私が、ですか」
「うん。ウチ、小さいせっちゃんと毬つきして遊んどった。そういえばウチらいっつも毬つきしとったなあって、なんや懐かしいわ」

あの頃、と言っても今も変わらないがお嬢様と一緒にいると時間はあっという間に過ぎ去ってしまう。気付いたときには辺りは真っ暗で、屋敷に慌てて帰ると師匠達にこっぴどく叱られたものだ。

「あん時はせっちゃんいっつも涙目やってんなぁ」
「だ、だって…」
「ふふ、分かっとる。ウチが叱られんようにっていっつも盾になってくれとったから。怖いのに、ウチの前から動こうとせんから師匠さんらも困っとった」
「そう、でしたか。私は叱られた記憶しか」
「余程怖かったんやね」
「それは、その……………はい」

消え入るような返事にお嬢様はかすかに笑った。

「あ、そや。ええこと思い付いた」

そう言うとお嬢様はベッド脇に置いていた鞄から小瓶を取り出した。中に入っていたのは十円玉大の飴玉だった。

「せっちゃん。あーんして」
「あー……んっ」

条件反射のように口を開いてしまってから気付いた。これはまずい、そう思ったときだった。ボンッ、今度こそそんな音がした。程なくしてお嬢様の方からも同じような音が聞こえた。見ると小さなお嬢様がそこにいた。着ていたパジャマがぶかぶかになり、手のひらや足先は隠れてしまっている。そしてそれらは全て私にも言えることだった。

「あはは、せっちゃん肩見えとるー」

笑い声もやはり幼い。年齢詐称薬だ。お嬢様はこの手の魔法具が大好きだった。まったく、自分の溜め息がひどくそぐわなかった。

「お嬢様…」
「な、今日はこの格好で遊ぼ。お願いっ」

手を合わせているのだろうが服の袖口がぶら下がっていてなんだか本物の子どものようで。いや、子どもには違いないのだが、中身まで子どもなのだ。
と同時に複雑な思いに駈られた。後から聞いたのだが“完全なる世界”とは各人の願望や後悔から計算した最も幸せな世界のことを言うらしい。お嬢様はあの頃が一番幸せだったのだろうか。なら、今は?
不安に押し潰されそうになり、私は耐えられずに口を開いた。

「せっちゃん?」
「お嬢様は、小さい頃の方が今よりも幸せでしたか」
「え」
「今の私はその、不器用ですし、未だにお嬢様といると緊張したり、一緒に遊んだりすることも限られます。これでは昔より明らかに楽しくないですよね。あいたっ」
「もう、何言うとるんよせっちゃんは」
「ですが……事実です」

お嬢様と一緒に被っていた布団をぎゅっと掴んで顔を埋める。寒くもないのに、むしろ暖かいのに体が震えた。

「私、頑張ります。だから、」
「昔も幸せやったけど、今も幸せやよ。ただな、ちっちゃい頃せっちゃんと離れ離れにならへんかったらとか、ウチが手離さんかったら、って考えたこと結構あったんよ。でも、今はちゃんと幸せや。むしろな、離れ離れになったからこそ今の幸せがあるんやと思う」

お嬢様の言わんとしていることはなんとなく分かる気がした。離れざるを得なくなったあの事故がなければ私は中途半端に護衛を続けていただろう。守る、ということも分からず淡々と何かがあれば戦う程度だったはずだ。それではいつか必ず大切なものを失っていただろう。幼い頃に失いかけたからこそ気付けた“守る”ということ。

「ふふ」突然起こった笑い声にびくりと体が驚いた。お嬢様は小さなふっくらした手のひらで口元を押さえながらくすくす笑っていた。

「今分かった。せっちゃん、ちっちゃいせっちゃんに嫉妬したんや」
「んなっ――」
「だいじょうぶ。ちっちゃいせっちゃんもおっきいせっちゃんもウチは大好きや」

ぎゅううう、とキツく抱き締められた。それがいつもなら恥ずかしいのに、今はとてつもなく嬉しかった。そして私は最も幸福なのだと、そう思い知った。




おわり


今週のお題は『寒、化、絵』でした。
来週のお題は『歴、送、感』です!

続いて10月最後のお題です!

10月29日…『鍵、鳥、音




毎日、たくさんの拍手コメントいただいております。
本当にありがとうございます!


以下、コメへん

壱音さま>
このせつははじめまして!さっちゃんと申します!!
HNは何と読むのでしょう。いちおん?さんですか?
小説を読むのを楽しみにしていると聞いてとてもうれしいです。
ブログで何を見て欲しいかって実は文章なんですよね。
とはいえ小説とも言えないようなものばかりですが^^;
壱音さんも書いてみるといいですよ^^
文章を書くのが苦手で、最初はSSと呼べないものばかり書いてた
私ですが、最近はやっとSSのようなものが書けるようにw
では、コメントありがとうございました!
これからもよろしくお願いします!!

まーぽんさま>
このせつぶりです!!
好きなgleeキャラは…うーん、ストーリー自体に惚れこんで
いるのでみんな好きですねwタイプはフィンです←
シーズンUや映画が楽しみです!
では、コメントあじゅじゅしたぁ!!

黒猫さま>
このせつははじめまして!さっちゃんと申します!!
もしかしてあしあと付けてらっしゃる黒猫さんですか?
最近は週更新になってて申し訳ないです。
最初は毎日更新だったのになぁ…あの頃が懐かしい。
これからできるだけ面白い記事書けるよう頑張ります!
では、コメント&拍手ありがとうございました!!
これからもよろしくお願いします!!
  • URL:https://yaplog.jp/clover1517/archive/2045
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
黒猫
このせつはです

多分あしあとつけてるかもしれないです
はじめてこのせつのSSをこのサイトで読んでから、それから毎日が楽しみです

今は私も仕事やらで見れない時がありますので、見れる時は楽しみに読んでいます

長々とすいません
このせつ最高
October 19 [Wed], 2011, 13:50
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さっちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
このせつと律澪とその他諸々を愛してやまない百合嬢です(*´∇`*)

いきなりコメント大歓迎!
リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方がいたらコメントか、メールでお知らせください。めっちゃ喜びます!

konosetu1517♪yahoo.co.jp
感想、指摘などございましたらお気軽にどうぞ!♪→@

当ブログ内におけるSS・画像の無断転載及び引用はご遠慮ください。

ツイッターpixiv始めました。お気軽にフォローしてくださると嬉しいです。

R指定のある作品はpixivに置いてあります。

Since2007/1/14


現在拍手にはこのせつSSが5作と律澪SSが5作置いてあります。(1/2更新)
2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像おつき
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像春雪
» 二人が人生。 (2017年05月28日)
アイコン画像yama@山口県
» 妊婦生活6ヶ月。 (2015年12月10日)
アイコン画像Iuth
» 色々考える。 (2015年09月24日)
アイコン画像春雪
» 同志たちよ。 (2015年09月21日)
アイコン画像白兎
» 3月18日。 (2015年06月06日)
アイコン画像春雪
» 3月18日。 (2015年03月18日)
アイコン画像マンモス
» 女心と秋の空。 (2014年12月08日)
アイコン画像
» ご報告。 (2014年06月30日)
メール待ってます(´▽`*)

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
https://yaplog.jp/clover1517/index1_0.rdf
P R
Yapme!一覧
読者になる