真心という服。

December 19 [Sun], 2010, 21:07


昨日、友達と新青森駅に行って来ました。
やっぱ県民としては行っとかないとね。
写真は和風なニューデイズwニューな感じなので思わず
パシャリしちゃいました。

行ってみたら結構寒かったんですぐお土産屋さんに避難。
そこで試食しまくる私達。結局4周程したんじゃないかな。
チーズケーキと羊羹をたくさん頂きました。美味しかったわー。

あと変わった自販機がありまして、カウンターにてグラスを
借りて100円入れると地酒が飲めるという。
あ、もちろん私飲みましたよ。昼間っからおじさん達に
囲まれて『じょっぱり』を飲む女って周りから見たらどんな感じ
なんでしょうかね。でも周りも気にならないほど酒好きなんだ。
もちろん地酒とあってめっちゃ美味かったっす。そしたら何か
つまみ欲しくなったんで近くにあったスルメの試食コーナーに
行ってスルメを食いまくりました。もうどうしようもない20代女。

多少友達に呆れられながらももう一人の友達と合流。
しかし最初会ったとき分かりませんでした。ザ・イメチェンって
やつを友達がしてたんですよね。会った瞬間私が言ったのは…

私「ちょ、めっちゃフランソワじゃん!」
友s「フランソワってwwwwwwwwwwwwwww」

一言で言ったらほんとフランソワって感じなのよ。
思わず髪触りまくってしまった。やっぱりふわふわしてました。
フランス人形チックで自分が日本人形に思えるくらい凄かった。
元々友達は外国人風な顔してたんで本物のハーフみたいでした。
とにかく似合いまくりで大絶賛し、そのまま喫茶店へGO。

喫茶店では2時間くらいしゃべくってたのかな。
まあそれが1次会だとして2次会会場という名の飲み屋へ移動。
仕事帰りの友達とも合流していつもの5人で忘年会開始。
社会人になって時間の流れが早くなったとみんな言ってましたが
本当にそう思います。今年はほんとあっちゅう間でした。

みんな仕事内容よりも人間関係で悩み多しなようでした。
一番年下ということで先輩方の愚痴の聞き役に回るようです。
同期もいないしそういった不満を溜め込むしかないんですが今の
時代働けるだけで幸せだよと言い聞かせてる自分たちがいたり。
それに比べて私はなんて恵まれた環境にいるんだと再実感。
でも昨日はみんなそんな鬱憤を吐き出せてすっきりしたようで。
それからは爆笑の嵐でしたね。ちょい狂喜乱舞しすぎました。

あと今回のメンバーは高校時代からの友達なんですが、ここに
きて新事実が判明。話題は某番組から懐かしの動物占いへ。

私「みんな何だったー?ちなみにあたしは黒ひょう」
友「え、私も」
友「うちもー」
友「私もなんだけど」
友「うそ。うちも」

まさかの全員黒ひょうwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
もうね、爆笑するしかなかったよね。6年目の真実パネェわ。
本当に合ってるのか携帯のサイトで確かめてみましたところ…
マジで全員黒ひょうでしたオンギャース!!!!!!1315
でも全員黒ひょうは黒ひょうでも種類が違いましたね。
私は『気どらない黒ひょう』で、友達はそれぞれ『情熱的な〜』
『落ち込みの激しい〜』『世話好きな〜』『束縛を嫌う〜』でしたね。
いやー久々にやってみると面白いもんですね。

そんなこんなで次の日も仕事だという友達もいたので2時間
くらいで解散。でもほんと楽しかったわ。また第2回忘年会を
する予定なのでそのときも狂喜乱舞しようと思う。


以下、毎土!このせつ企画SSです!

毎日拍手ありがとうございます。
一言拍手コメントくださった方々も本当にありがとうございます!



真心という服



映画館を出ると繁華街のイルミネーションに目を奪われた。しかしそれもほんの束の間、冷たい12月の風が頬に突き刺さった。思わずぶるっと身震いが起こる。ショルダーバッグからマフラーを取り出し縋るように首に巻いた。
ひと息ついたとき、ふと横を見やる。せっちゃんはほっぺを淡いピンクに染めて突っ立っていた。色とりどりのイルミネーションがその赤い瞳にキラキラと星が瞬くように映し出されていた。「せっちゃん」声をかけるとせっちゃんはハッと我に返ったようにこちらを向いた。

「きれいやな」

言うとせっちゃんは慌てたようにして目元を拭った。きっと涙の跡を見られたと思ったのだ。何も痕跡などないのに。おかげで薄桃色の頬が朱に変わった。
映画はある小説を原作とした話題作だった。感動の超大作と銘打っているだけあって劇場内では啜り泣く声がいくつも聞こえた。原作を読んでおり耐性があったウチでさえもポロポロと涙をこぼした。が、せっちゃんはそれ以上だった。大号泣だった。驚いて涙が止まっるくらい泣きに泣いていた。
落ち着いた頃、無言でハンカチを手渡すとううんと言う風に突っぱねられた。遠慮したのかもしれない。お嬢様のハンカチを濡らすわけにはいかない、とか思っていそうだった。だから、ウチはそっと手を握った。せっちゃんはピクリと体を震わせて、しかし今度は振り払わなかった。せっちゃんの右手はずっと生温かかった。今がチャンスや、そう思った。

「なあせっちゃん、あんな…」
「はい」
「……服、とか見に行かへん」
「いいですね」

あかん。ずっと前から聞こう聞こうと思っていたことなのに。結局言えず、ウチは肩を落としながらせっちゃんと並んで歩き出した。
いつもの店に行くとせっちゃんの目はいつにも増してキョロキョロと忙しなく動いていた。ウィンターセールのせいだろうか。あちこちで何パーセントオフという文字が見える。

「せっちゃん、何や欲しいのとかあるん」
「あ、いや、その……あるにはあるんですがどこから見たらいいのか」
「それやったら任しとき。まずはあっちからや」

せっちゃんが好む服装はこの数ヶ月で把握した。せっちゃんはきっちりした、音で言うならばパリッとしたものをよく着る。ゆったりめのものは本人の意思とは関係なく体が拒むようだ。なるほど顕著に性格が出ていると思う。
さらに言うと下は動きやすいものを基準としている。ロングスカートやキツめのデニムは絶対穿かない。いざというときに動けないからだ。だからウチが勧めるのはキュロットスカートやショートパンツだった。それなら動きやすいし、
何よりオシャレにもなる。女の子なんやし、なんてせっちゃんには言わない。心の中で密かに思うだけに留めておく。意外と繊細なせっちゃんのこと、思い悩むかもしれない。それに無理強いしたくはないし、せっちゃんの好きなように、せっちゃんが好きな服を着て欲しいから。

「このジャケットなんてどやろ。制服の黒バージョンみたいな感じやし、着やすいんやない。ブラウスは麻帆良のでええやろ。ネクタイは付いてくるみたいやし」
「男ものっぽくありません?」
「え、女の子っぽい方がええのん」
「いや、そういうわけでは」

カッと沸騰する顔が可愛らしい。せっちゃんにはもちろん言わないがそれが微笑となって口元に出てしまう。
せっちゃんは必死に言葉を探しているようだがなかなか見つからないらしい。両の人差し指を絡めていつものもじもじが始まった。こうなると先が長いのでウチはすぐ助けに入ってしまう。ほんとはあかんのやろうけど、助けたくなるような姿を見せるせっちゃんが悪いのだ。

「大丈夫。これ女の子用やし、最近流行っとるんよこういうん」
「お嬢様は好きですか、こういうの」
「…ん。もちろんや」
「それなら、買います」

こんな風にしてたまにせっちゃんは本当に遠回しに嬉しい事を言ってくれる。一瞬ドキリとするようなことを不意打ちで言うものだから最初の頃はとても困ってしまった。
本人は決して相手を喜ばそうと思って言っているわけではないのだ。そう、無自覚なのだ。そこがせっちゃんらしいというか何というか。きっと生真面目故なのだろう。

「せっちゃん、クリスマス何や予定ある?」
「え」
「一緒にケーキ食べたり、お喋りしたりしたいなって前から思っとって。とにかくせっちゃんと一緒におりたい思てな。ダメやろか」

何でこのタイミングだったのか、分からない。ただ自然とついた言葉は何度もシミュレーションしていたものとはまるで違っていた。本当はもっときちんとしていたはずだ。クリスマス、何か予定ある? で終わるはずだったのに、それこそ無理強いしているようではないか。せっちゃんが断れないことを知ってて言ったようなもので激しい自己嫌悪に襲われた。
しかしウチの思いとは裏腹にせっちゃんは「良かった」と安堵した。疑問符を浮かべて首を傾げるとせっちゃんはやや控え目に、頬を人差し指でかきながら訳を話した。

「私もそう思ってお休みをもらったんです。龍宮には色々請求されましたがそれで一日中お嬢様と一緒にいられるのなら安いものです」
「せっちゃん。今の凄い殺し文句や」
「へ」

周りに人がいようがここが服屋だろうが構わない。全てはそうさせるせっちゃんが悪いのだ。
ウチはせっちゃんに飛び込んだ。そしてギュウッと抱き締めてやった。少しキツめやったけど別にいいやんな? せっちゃんキツめ大好きやし。
せっちゃんの肩口でクスクス笑いながらウチはせっちゃんがギブするまでずっとそうしていた。



おわり


企画参加は自由ですのでいつでもお題使って書いてください!


今週のお題は『12月、真心、チャンス』でした。
来週のお題は『サンタ、真っ赤、鈴』です!

続いて1月のお題です!

1月1日…『雪、年、餅
1月8日…『砂、粒、うさぎ
1月15日…『蜜柑、師、髪
1月22日…『インク、地、日
1月29日…『波、殻、金
  • URL:https://yaplog.jp/clover1517/archive/1809
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
むーんうるふ
このせつはどうも!


(*´∀`)フランソワwwだいたいは予想つきます(笑)
私は動物占いは狼だった記憶がww


さっちゃんさんのこのせつはほわほわしてまして毎朝癒されますので学校がんばれますo(*゚∀゚*)oこれからもこのせつを書き続けてください!!
December 21 [Tue], 2010, 7:12
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さっちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
このせつと律澪とその他諸々を愛してやまない百合嬢です(*´∇`*)

いきなりコメント大歓迎!
リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方がいたらコメントか、メールでお知らせください。めっちゃ喜びます!

konosetu1517♪yahoo.co.jp
感想、指摘などございましたらお気軽にどうぞ!♪→@

当ブログ内におけるSS・画像の無断転載及び引用はご遠慮ください。

ツイッターpixiv始めました。お気軽にフォローしてくださると嬉しいです。

R指定のある作品はpixivに置いてあります。

Since2007/1/14


現在拍手にはこのせつSSが5作と律澪SSが5作置いてあります。(1/2更新)
2010年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像おつき
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像春雪
» 二人が人生。 (2017年05月28日)
アイコン画像yama@山口県
» 妊婦生活6ヶ月。 (2015年12月10日)
アイコン画像Iuth
» 色々考える。 (2015年09月24日)
アイコン画像春雪
» 同志たちよ。 (2015年09月21日)
アイコン画像白兎
» 3月18日。 (2015年06月06日)
アイコン画像春雪
» 3月18日。 (2015年03月18日)
アイコン画像マンモス
» 女心と秋の空。 (2014年12月08日)
アイコン画像
» ご報告。 (2014年06月30日)
メール待ってます(´▽`*)

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
https://yaplog.jp/clover1517/index1_0.rdf
P R
Yapme!一覧
読者になる