ウチの友達。

August 14 [Sat], 2010, 23:52
皆さんお盆はゆっくり過ごしたでしょうか。
私は例年通りめちゃくちゃはしゃぎ回りました。

うちは女系でしてね、いとこの子どもだけで女の子が4人
いるのです。みんなめっちゃめんこくて優しい子でしてね。
そのうちの一人、一番上の子(6年生)が年々私に似てきて。
顔じゃなくて性格というか、内面の方が。

具体的に言うと服装が男の子っぽいんです。
思春期の頃って体の変化がやけに目につくじゃないですか。
私はそれが嫌でなるべく体の特徴が分からないように男物の
ぶっかぶかな服装を着ていたのです。それがそっくりその子に
現れてて、懐かしいなーと微笑ましく思いました。

でも誰もそれについて言わないとこがいいよね。
うちはみんなO型で基本大雑把、細かいことは何も言わないのです。
当時も親戚からもうちょっと女の子っぽい格好すればーなんて私自身
言われたことなくて。今思うと本当感謝感謝ですよね。
もちろん今回もその子に対して誰も何も言いません。
ほんといい家族だよなーと改めて思った一日でした。

そんな一日で私が楽しみにしているのが食事です。
総勢20人集まって食べるってそうそうないことですよね。
もうね、てんやわんやで凄まじい食卓になるんですが……いいね!
毎年何かしら面白いことが起こるんですが、今回はこんなことが
ありました。いとこの子ども4人のうちの一人、小3の可愛い盛りの
女の子が突然私に向かって言いました。

「さっちゃんってどうしてそんな目してるの?」

その子は自分の目の端を指で下に思いっきり下げながら言いました。
まあ、つまりだ、どうしてそんなにたれ目なの?ということだ。
これには全員爆笑だったよね。私も笑いながら、つまりさらにたれ目に
なって言いました。

「生まれつきなのー。誰かさんにそっくりで生まれちゃったのー」

これまた爆笑。
このたれ目は父譲りなのです。友達もみんな爆笑するほどそっくり
なんですうちの親子は。このたれ目具合は誰にも負ける気がしない。
学生時代にたれぱんだって呼ばれててもおかしくないくらいなんだぜ。
でも実際は呼ばれることはなかったんですがね。たぶんたれ目とか
よりも私のキャラが濃すぎたんだろうね。

楽しい食事が終わり、大人達はみんな酒飲みながらお喋りに興じる
のですが、私は昔からちっちゃい子のお世話係なもので、速攻外に
出てミントンしました。食べてすぐのミントンはパネェよ。弟とガチバトル
しました。当然姉の勝利です。さらにミントンしてから突然かけっこ。
しかもスタートで10回回ってダッシュってコレ何ていじめ?
結局連続5回やって、自然と地球が回って見えました。

これ理科の実験で使えるかもー(●´ω`●)

結局ミントンの羽根が見えないくらい暗くなるまで外遊びをしました。
虫刺され10か所。あと5か所で15か所刺されたことになったのに…
クッ・・・何であと5か所刺さないんだ!根気のない蚊だな!

てかマジ痒い死ぬ。

中に入ってからも一番下の5歳の男の子を追っかけていじめたりして
遊びました。「やめろおおおおお」って言われたら追い掛けちゃうよね。
私トレンカ穿いて無駄に高速で足を動かしていたので本当に怖かった
らしい。男の子は身長が小さいので黒い足だけ追い掛けてくるみたい
に見えたんだろうね。想像するだけで恐ろしいね。結局みんなを追い
掛けまわしておばちゃんほんと疲れちゃったよ。

そしてその夜、私は初めて心霊体験のようなものを体験しました。

昨日はさすがにミントンやら足を高速移動させたりして疲れきってた
のでベッドに横になったら速攻眠ってしまいました。
夜中の2時頃でしょうか。何か人の気配がして、そっちに目を向けたら
なんかおじいさんがいたんです。どこのおじいさんだか分からないん
ですが、何かを一生懸命作ってて。んで、こっちに気付いたかと思った
ら突然手を握られて。私はうまく体を動かすことができず、なんとか
手を払うようなことはできたんですが(今思うとかなしばりってやつです)
連れてかれるううううと、何故か思った私。やべええええええええええ
と思った瞬間でした。

赤ちゃんの泣き声がしまして。

いきなりワァーッて凄い泣き声がして私もびっくりしたんですが、さらに
びっくりしたのがおじいさんが消えていたことです。気付いたら赤ちゃん
の泣き声もしなくて。まあ、そのときはこれで終わりでした。

後から母に話したらそれはうちのおじいちゃんじゃないかと。
母方のおじいちゃんは私の生まれる前に亡くなりました。
つまり私は写真でしか会ったことがないのです。でもいつもおばあちゃん
家に行く度に写真に話しかけてました。小さい頃から今もずっとです。
しかもそのおじいちゃんは手が器用で、何でも作れたし、修理できたし、
とにかく凄い人だったらしい。だから何かを作ってたのも納得です。

んで、赤ちゃんの方ですが。
実は私の弟が生まれる前に流産した子がおりまして。その子じゃないかと。
じゃあその子とおじいちゃんは一緒にいるんだね、と母は嬉しがってました。

何故私のところに来たのか。
実は今年、そのおじいちゃんの墓参りに何年かぶりに行ったんです。
そのときに「無事就職できました。これもおじいちゃんが見守ってくれた
おかげです」みたいなことを話した私。きっと何か作って孫と一緒に
お祝いに来たんじゃないかってのが私の見解です。そう思うとすっげー
泣けてきますね。そのとき言えればよかったんだけど、今言おうと思う。

おじいちゃん、そして弟か妹、ほんとありがとう。私頑張るよ。


以下、毎土!このせつ企画SSとコメへんです!






ウチの友達



「木乃香ー、『原因』の対義語って何」
「そんなん自分で解かなアカンよ」
「刹那さーん」
「『結果』ですかね」
「さっすが刹那さんっ、さんきゅ」
「……せっちゃーん」
「う」

ニヤリと笑う明日菜の隣でせっちゃんがシュンと肩を竦めた。まるで怯えた子犬のよう。そんなに怒ったつもりはないのに。

エヴァちゃんの別荘は今日も快晴だった。
目の前に広がるのは限りなく続く大海原。ビーチパラソルの下、海風を浴びながらの課題も意外と悪くない。ザザーン、と波の音を聞きながら思った。
耳を澄ますとそこに黄色い声が混ざっていると分かる。図書館三人組だ。水を掛け合いながらキャッキャと歓声を上げている。
きっとそのせいだ。集中が途切れた途端、明日菜は肩をわなわなと震わせて天に吠えた。

「クーッ! もっと静かに遊べないのかしらあいつら。これ見よがしにはしゃいじゃってさ」
「課題終わっとらん明日菜が悪いんよ」
「だって修行が忙しかったんだもん」
「あの三人も一緒に修行しとったやん。ただ三人共誰かさんと違うて修行終わってもすぐ寝んと机に向かっとっただけ」
「ううー!」
「唸っても事実は事実やん。せっちゃんも笑っとるけどせっちゃんも明日菜と同じやえ」
「う」

ぶうぶう唇を尖らせる明日菜と今度はビクッと驚いたふうに肩を竦ませたせっちゃん。全くいつからこんな弱虫になったんやろ。
でもそう言えばと思い直す。昔のせっちゃんもこんな様子ではなかっただろうか。
ウチが怒り出すとキュッと口を真一文字に結んで、目の端には涙さえ浮かべてじいっと畳の目を数えるような、そんな女の子だった。いわゆる喧嘩というやつで、それはいつも頑なウチが勝っていた。いや、勝っていたというよりも無理やり自分の筋を通したような気がしなくもない。

なんかウチって嫌な子やな。それとなくせっちゃんの手元にオレンジジュースを置いた。キンキンに冷えとるからおいしいえ。そんな言葉を添えて。

「ありがとうございます!」

よかった。弾けんばかりの笑顔を見てホッと一息吐く。

「木乃香、あ、ミス木乃香、私にもプリーズ」
「ミスは名字に付けるんよ。あとジュースはその問題終わってからな」
「ええー! 何でよー、これすっごい難しいんだから無理に決まってんでしょ。『奇しくも』なんて意味分かるわけな……あ、ジュース飲んだら解けそうな気がする」
「んもう、明日菜はしゃあないなぁ。それに『きしくも』やのうて『くしくも』って読むんよそれ」

仕方ない、言いながら明日菜にも汗ばんだコップをやる。
しかししばらく経ってコップが空になっても明日菜の右手のシャーペンが動くことはなかった。

一方せっちゃんは数学の計算問題をスラスラ順調に解いていた。なんや、せっちゃんはただやらなかっただけやったんや。
ウチの視線に気付いたのか、せっちゃんはやや気恥ずかしそうに言った。

「できないと思っていたのですが、意外に解けるので自分でもびっくりしてるんです。前はほとんどできなかったのに、本当不思議です」
「ふふ、もしかしてそこって前に木乃香に教えてもらったところだったりしてー」
「………」
「どうやら図星のようね」

せっちゃんはまるで茹で蛸のような顔をしていた。常夏の海にはあまりそぐわない。あ、焼きイカならありかもしれん。
でも、せっちゃんは本当に分かりやすい。

「せっちゃん、そこ間違うとる」

指摘されたそばからこうだ。誤魔化そうと慌てて続けたせいでせっちゃんはごく簡単な問題が解けなくなっていた。

「くく、動揺してるし」
「そそ、そんなんじゃ、ない、です」

最後の方は聞こえないほど消え入りそうな、小さな声だった。
「はいはい、集中してやらんと終わらんよ」パンと手を叩いて課題の続きを促す。明日菜はまだニヤニヤしていた。でもいい気分転換になったのだろう。それ以上せっちゃんを弄ることはしなかった。

ふう、こうなると暇になる。ここを離れて図書館組に混ざって遊ぶという選択肢もあるが二人だけにするなると多少不安が残る。
明日菜は速攻飽きてせっちゃんに稽古を申し込み、断りきれないせっちゃんも渋々ながら同意し、しかし時間が経つにつれ次第に夢中になり、結局気が付いた時には陽が暮れている。容易に想像できた展開に少し笑ってしまった。

「あ、何でもないんよ」

怪訝そうにこちらを見つめる二人にやんわり手を振って応える。二人は同時に頷き、そして手元に視線を戻した。
二人はどこか似たところがある。そう気付いたのは二人の早朝稽古に付き合うようになってからだ。何事にも一直線、一途で不器用なところなんてそっくりだと思う。それでいて大切な人を守るためならば自分を顧みない向こう見ずなところも。
そか。せやからウチは二人と一緒におるんや。二人のそんなところが、いや、二人が好きだから。

改めて二人を見る。
明日菜は鼻の下にシャーペンを挟めてお約束のポーズをしていた。せっちゃんは口を真一文字に結んでじいっと数式と睨めっこ。あの頃と全く同じ顔。

「ふふふ」
「木乃香、何さっきからニヤニヤしてるのよ。気持ち悪いったらありゃしない。おかげで勉強に集中できないじゃない。ね、刹那さん」
「え、いや、そんなこと……。でもお嬢様、何か気になることがおありなら何でもおっしゃってくださいね」

何や。二人共勉強に集中するふりしてウチのこと見てたんや。

「いやな、二人共そっくりやなぁって」
「「はあ?」」

二人が顔を見合わた。不思議そうに口をぽっかり開けて、それからウチに向き直って同時に言った。

「どこが似てるってのよ」
「どこが似てるんですか」
「んー……ないしょ」

含み笑いをすると二人はやっぱり同じ顔をしていた。



おわり。


今週のお題は『くも、課題、計算』でした。
来週のお題は『計、試合、右手』です!

続いて8月最後のお題です!

8月28日…『ゆず、イチゴ、瓶


以下、コメへん!

十六夜さま>
このせつはどうもお久しぶりでっす!!
早朝からバイトお疲れ様です!!でもリアルタイムで見ちゃう
あたり十六夜さんの愛の大きさを感じられますw
あんな可愛い子がきたら声をかけずにはいられませんな←
唯は両手に書かないとダメなくらい緊張してるようにも見えません
でしたしね…単に気分でしょうねwww
>教師よりファッションデザイナーの方が向いているような気がw
確かにwww多分高校時代のあの衣装も全部さわちゃんが作って
たんでしょうねwwりっちゃんロミオも確かに見てみたいです!
愛の転倒は激しい痛みを伴いますので注意してください←
唯のくしゃみにもハラハラしましたが、来週はさらにヤバくなりそう。。
では、コメントあじゅじゅしたぁ(*´∀`*)

mtさま>
このせつはどうも!!
愛の頭突きは普段からやってそうで萌えます←
愛の転倒は非常に痛いのでお勧めできません←←
そして例のシーンはやっぱり勘違いしますよねwww
でも抱擁でも全然いいですね!あの身長差パネェです。
ネギま31巻は果たして私は生きて感想を書けるのか…不安ですw
では、コメントあじゅじゅしたぁ(=´▽`)ゞ
  • URL:https://yaplog.jp/clover1517/archive/1715
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さっちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
このせつと律澪とその他諸々を愛してやまない百合嬢です(*´∇`*)

いきなりコメント大歓迎!
リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方がいたらコメントか、メールでお知らせください。めっちゃ喜びます!

konosetu1517♪yahoo.co.jp
感想、指摘などございましたらお気軽にどうぞ!♪→@

当ブログ内におけるSS・画像の無断転載及び引用はご遠慮ください。

ツイッターpixiv始めました。お気軽にフォローしてくださると嬉しいです。

R指定のある作品はpixivに置いてあります。

Since2007/1/14


現在拍手にはこのせつSSが5作と律澪SSが5作置いてあります。(1/2更新)
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像おつき
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像春雪
» 二人が人生。 (2017年05月28日)
アイコン画像yama@山口県
» 妊婦生活6ヶ月。 (2015年12月10日)
アイコン画像Iuth
» 色々考える。 (2015年09月24日)
アイコン画像春雪
» 同志たちよ。 (2015年09月21日)
アイコン画像白兎
» 3月18日。 (2015年06月06日)
アイコン画像春雪
» 3月18日。 (2015年03月18日)
アイコン画像マンモス
» 女心と秋の空。 (2014年12月08日)
アイコン画像
» ご報告。 (2014年06月30日)
メール待ってます(´▽`*)

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
https://yaplog.jp/clover1517/index1_0.rdf
P R
Yapme!一覧
読者になる