でらありがとう。

August 10 [Tue], 2010, 23:21
8月5日、ガルデモライブin仙台に行ってきました。
もうね、最高だった。今までのライブん中で一番汗かいた。
着てたタンクとか全部びしょ濡れでした。プール入った感じ。
例によって色々やらかしたのでいつも通りのレポを書こうと思った
んですが、その前に書くべきことがあるので書こうと思う。

それはライブ前に起きた大きな奇跡でした。

仙台会場は地下にある小さなライブハウスでした。
並ぶ際、そこへ続く階段に整理番号順に並んでくださいという指示
で私達は並んでいました。が、そこは灼熱地獄と化してました。
それもそのはず。階段は狭く、そこに人がぎゅうぎゅう詰め状態。
スタッフさんが必死に2列で並んでくださいやら、近くの人と番号を
確認してくださいと叫ぶんですが、それはとても困難な状況でした。

私はなんとか自分の番号に近い人達のところに行けたのですが、
軽く呼吸困難になりかけてました。周りの人たちも同じ状態でして、
汗はダラダラ、水分補給さえできない狭さでライブ前から全員消滅
フラグ立ってました。あとで倒れた人もいたそうな。スタッフさん達も
もはや通る隙間もなく、階下に消えてしまいました。

ああ、このまま消えてしまうんだろうか。『一番の宝物』が聞こえて
きていよいよ意識が薄れゆく中、その救世主は現れました。

「すみません!150番以降の人、一旦
 外出ませんか!整列し直しましょう!」


それは階下にまで響き渡るとても頼もしく力強い声でした。

瞬間「ああ、助かった…」と呟いてました。
その場にいた人達がみんな思ったことだと思います。
その証拠に徐々に全員が外に向かって階段を上っていったのです。
さらにその救世主様は自ら整理番号を呼び、一人ひとり点呼して
2列ずつ並ばせるという、スタッフさえもできなかったことをたった
一人でやり遂げたのです。どこからともなく「神だ…」という声が
次々と上がり、やがては拍手さえも起こり始めました。

私はその方の顔をよく見よう、そう思い自分が点呼されるのを
待っていました。そしてついにその救世主は私の前に現れ……

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(; Д )


…………


まさかの鈴きんさんだった件について。


※鈴きん氏(東北の神士)
SSS(声優さんを凄まじく愛してやまない鈴きん)とも呼ばれる。
ネギまネット界で知らない人はいないというくらい有名な神(酒豪)。
女性声優さんを心から愛し、自らを犠牲にして彼女らのイベントにて
狂喜乱舞している(と聞いたことがある)。ネギまキャラソン完全新曲
リリース企画の企画者であり、これまでもその企画力でネギま!を
支えてきた。ネギのお茶会では私自身も大変お世話になり、オフ会
等で何度か杯を交わしたことがある。その際「さっちゃんには是非
うちの娘たちの担任を任せたい」とおっしゃってくださり(鈴きん氏の
妄想ではすでに6人の娘がいる)、大変光栄に思ったのも記憶に
新しい。これは私の思いだが、いつかまた仙台オフ会にてネギま!や
声優さん、その娘さんについて語り明かしたいと心から思っている。


ちゅーこってまさかの鈴きんさんに全力で吹いてしまいました(失礼
お互いに驚いて、でもその場はさすが鈴きんさん、すぐさま他の方の
整列に戻って行かれました。なんて頼もしい背中なんだろう、その場
にいた全員で鈴きんさんの背中を見つめていましたところ……

着ていたTシャツ&タオルが藍ぽんライブの
ものだった件について。


ガルデモライブTシャツも黒だったので全然気付かなかったんですが
同じの持ってたので気付きました。その瞬間大爆笑でした(失礼
後に聞いたら売り切れだったときのことを考えて着てきたとのこと。
実際Tシャツとタオルは速攻売り切れたんです。さすが鈴きん神士、
ライブへの心構えが違います。

そうして私たちはそんな鈴きんさんのおかげで体力を回復し、ライブ
に臨むことができました。会場内に入っても鈴きんさんのことが語り
継がれていました。

A「おい、さっきの神すごかったな」
B「ああ。神は最前列で見させるべきだよな」
さ「(むしろステージだろ)」

と、私も心の中でその会話に参戦しておきました。
同時に私らの鈴きんさんだぞ!と大声で叫びたくなりました。
同じネギまを応援するファンとしてとても誇らしく思います。
帰るときも皆さんとお疲れ様でした、ありがとうございますと
ハイタッチを交わす姿を見て晴れやかな気持ちになりました。
鈴きんさん、またこの場でお礼申し上げたいと思います。
あなたのおかげであの場で消えずに済みました。本当に本当に
ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。


ちゅーこって、以下ガルデモライブ感想です!



♪始まり

ライブは静かに始まりました。
曲名は『Little Braver』。サビをゆったり丁寧に歌うLiSA。
もうね、目が釘付け。サイリウム振るの忘れて見入ってました。

そこからだんだんテンションが上がっていき、一気に加速!
『Thousand Enemies』、『Alchemy』と続くにつれ観客のボルテージ
がもはやクライマックスハートでした。

『一番の宝物』はやっぱり大号泣してしまったてへぺろ。


♪MC

LiSAさんは仙台初上陸だそうで。
ちょうど仙台七夕祭りの時期で、その日は花火の日だったんですが
花火よりライブを選んでくれたみんなに感謝ー的なこと言ってました。

あと仙台といえばやはり牛タン!
出身地・岐阜の飛騨牛より美味しいと大絶賛してました。

LiSAさんの語り方って誰かに向かってじゃなくて、観客一人ひとりに
対してっていう印象を抱きました。近くだったから分かるんですが、
きちんとファンを一人ひとり見ながら話してるんです。
それに語るっていうか、みんなと和気あいあい、お喋りしてるって
感じですごく距離が近いなーとも思いました。かなり好印象。

そんな感じだったので私もつい調子乗っちゃってね。ぷぷぷー。
みんな疲れたでしょーというLiSAさんに対してもちろんファンは
まだまだいけるぜー!となるわけです。でもLiSAさんはちゃんと
女子のことも考えていらっしゃってね……私泣けたよ。

LiSA「こん中にはか弱い女の子もいるんだよー」
さっ「はいはい!はい!はいはいはい!!」


スルーしてすぐに次の曲行きました。


♪ライブ

結構間近だったせいか、かなり歌声が胸にズシンときてました。
あと他のライブではあまり見られない光景として、観客も一緒に
歌ってたってことでしょうか。私はライブでは自然と口パクで
歌ってしまう性質なんですが、今回ばかりはLiSAと一緒に、
ファンの皆さんと一緒に歌ってしまいました。

そのせいか、一体感が半端なかったです。
LiSAさんと一緒に、ファンの皆さんと一緒にライブを作ってるんだ。
そんな風に思いながら歌って振って跳んで跳ねてました。
LiSAさん自身もファンと同じように拳を振ったり、跳ねたりして。
本当、一緒なんだな…としみじみ思いました。本当に。
だから調子に乗る奴いるんだよね。私とか私とか私とか私とか。

LiSA「みんな気付いてないと思うけど、
みんなほんといい顔してんだよ」

さ「LiSAもおおお!!!!!!!!」
LiSA「アハハッ、ありがとう!」




( ゚д゚)




やっちまったあああああああ
ぎゃああああファンの皆さんも笑ってらっしゃるううううううううう
まさかあんな静かになるとは思わなくてつい叫んじまったああ
でも私に続いて叫び始めるファンの皆さんに感謝ああああああ


てかめっちゃ目合っちゃったわ。


♪LiSA

実は最近知ったのですが彼女と同い年だった私。
でも前々大人びて見えるというか、芯が凄いんですよね。
その志、歌うことに対しての気持ちのデカさが半端なかった。
同じ歳でも今までの苦労の数が違うと瞬時に悟りました。
彼女には敵わないな、と潔く認めた自分もいました。
でも私と彼女は明らかに土俵が違うんですよね。だから
そんなこと思ってもしゃあない。

そう思った私がバカだったとすぐに気付かされました。

まさかLiSAが私達ファンの土俵に入ってくるだなんてね。
毎日辛いこと、悲しいこと、逃げたくなるときがいっぱいあると思う。
そうやってファンに話しかけるLiSAの眼差しがでらあったかくて。
でもそんなときは私の歌を聞いて、と。
そういえばLiSAの、ABの歌の歌詞ってそういう歌詞、デカい壁に
立ち向かってく歌詞だったなと改めて考えさせられました。
その歌詞がLiSAの歌声によって具現化されて私の胸に響く。

私も戦おう、そう思えた。

夢と戦おうと思った。
私の夢は叶ったけど、辿りついてはいない。
それはきっとLiSAも一緒で、これからずっと戦い続けることを
決意したばっかなんだと思う。
なら私も自分なりに、自分の夢と真っ向勝負していきたい。

そんなことを思えたライブでした。
だから、最後に一言、LiSAやファンのみんなに叫びたい。



でらありがとう!
  • URL:https://yaplog.jp/clover1517/archive/1712
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
春雪
このせつはどうも!

ガルデモの神話、とても素敵に笑えました(*^_^*)
皆様がご無事で何よりです。

けいおんSSの感想書きます。

律の家、不用心ですね。でも泥棒に入られない辺りは良い地域なのだと感じられて羨ましくも思います。
そう言えば彼女たちは徒歩通学…なのでしょうか(唯は確実に全力疾走通学ですが←)。良く帰りの映像が流れますがみんな歩いてますよね。
そんなけいおん!の穏やかな地域性までSSに取り込むとは…流石です!
場面変わって、律は澪を誘ってますね!
何ですか!?あの描写は!さっちゃんさま寝起きですか?素面で書きました?嬉し過ぎるんですけど!(>_<)b

それに何気に優しいんですよね。
賞味期限なんて言わなければ分からないかもしれないのに、澪にお腹痛くなって欲しくないから教えてあげるんですから。もぅ、素直じゃないんだからw

最後は『み鬼』で締めですか。律澪ははやりギャグに持っていきたいですよね。

ありがとうございました。

すみません、今日はここまでで。
失礼しました。
August 11 [Wed], 2010, 12:59
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さっちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
このせつと律澪とその他諸々を愛してやまない百合嬢です(*´∇`*)

いきなりコメント大歓迎!
リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方がいたらコメントか、メールでお知らせください。めっちゃ喜びます!

konosetu1517♪yahoo.co.jp
感想、指摘などございましたらお気軽にどうぞ!♪→@

当ブログ内におけるSS・画像の無断転載及び引用はご遠慮ください。

ツイッターpixiv始めました。お気軽にフォローしてくださると嬉しいです。

R指定のある作品はpixivに置いてあります。

Since2007/1/14


現在拍手にはこのせつSSが5作と律澪SSが5作置いてあります。(1/2更新)
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像おつき
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像春雪
» 二人が人生。 (2017年05月28日)
アイコン画像yama@山口県
» 妊婦生活6ヶ月。 (2015年12月10日)
アイコン画像Iuth
» 色々考える。 (2015年09月24日)
アイコン画像春雪
» 同志たちよ。 (2015年09月21日)
アイコン画像白兎
» 3月18日。 (2015年06月06日)
アイコン画像春雪
» 3月18日。 (2015年03月18日)
アイコン画像マンモス
» 女心と秋の空。 (2014年12月08日)
アイコン画像
» ご報告。 (2014年06月30日)
メール待ってます(´▽`*)

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
https://yaplog.jp/clover1517/index1_0.rdf
P R
Yapme!一覧
読者になる