終着駅。

August 10 [Tue], 2010, 1:22
赤松せんせの日記より。
9日発売の『別冊マガジン』の予告ページに、ネギまの新企画が
掲載されています。来年の長編アニメに向けての応援企画みたいな。
こちらも要チェックですよ。(^^)


新企画はスピンオフ漫画のようで、タイトルは『ネギほ(幼)文』ね…
園児好きー私にはたまらないのかな。予告の絵をよく見たら
せっちゃんもいるんですよね。髪だけ見えてるんです。
イメージ的には『ネギま!?』の19話でしょうかね。だったら
私確実にHANAJI出すね。あの回はマジ半端なかった。
でも予告の幼明日菜パンツ見えてるんでやっぱりそっち系
なのかなー…だとしたらちょっと不安だけども。

ま、ちっこいこのせつが幸せならそれでいいや。



さてさて、こないだついに発売した有川神の『阪急電車』文庫版。
この本は大学時代友達からハードカバー版を借りて読んだん
ですがこれまためっちゃいいストーリーでしてね。
実際にある電車の中で繰り広げられるドラマっていえばいいかな。
ラブもあれば感動も笑いも教訓も、何でも揃ってる感じです。

この作品のテーマを一言でいったらズバリ!一期一会!
どのお話も電車の中での出会いからドラマが展開されるんです。
恋に落ちてしまう人もあれば、偶然聞いた会話で心が癒される
人もいたり、説教で今の自分を見つめ直す人もいたりして。
間接的に読んでるこっちまでその人達と同じ気持ちになって
ドキドキしたり、癒されたり、自分のことを考えてみたり……

実際偶然出会った人とそんな風にドラマが始まったりするなんて
ないだろう、って以前までは思っていたんですがそんなことなく。
一人で東京やら色んなところ行くようになって分かったんですが、
人との出会いの数の多さったら半端ないんですよね。

今でもそうなんですが、東京とかに行ったりすると必ず一人以上
知らない人とお話する機会があります。迷子になって地図とにら
めっこしてるときとか、たまたまバスで乗り合わせたときとか、
ライブで隣になったときとか、待合室で電車を待っているときとか。
とにかく色んな人が話しかけてくださって、そのとき話す内容って
今までしたことのない内容のことがほとんどで…なぜなら年齢が
違うから。大抵が年配の方なのでね。とても参考になるのです。

その方々から聞いた話で芽生える思いもあるんです。
たとえば夜行バスで一緒になったおばさんが埼玉の某所で見た
桜が忘れられないって言ってて、私も一度見てみたいなーって
思ったり。あと昔この辺りはこんなだったって地理的なことを
教えてくれたおじいさんの話を子ども達に伝えたいなーとか。

あと未だに後悔してるのが喰霊ライブの後に話しかけてくれた
女の子のメアドを聞くのを忘れたこと。いや、別にやましい気持ちは
ないですよヨホホホホホ。終わって一人歩いているところに「一緒に
駅まで行きませんか」って話しかけてくれたんですよね。
歩きながら喰霊ついて語ったり、薫姐さんについて熱く語ったり、
何のアニメが好きかとか、色々話してたらあっちゅう間に駅到着で。
出身地と年齢は聞いたんですが肝心の名前が分からないのですよ。

うーむ。これからはタイミングっちゅうもんをちゃんと考えなければ。

さてこの『阪急電車』映画化も決まりまして。
なんと主演があの中谷さんときた!たぶんあの女性の役なんだろう
けどマジ似合ってる!他の俳優さんも気になるところ。ただ、関西弁
の登場人物ばかりなので俳優さんは限られそうだなー。
でも有川作品って実写化しやすいと思うので、これからまた映画化
する作品が出てきそう。『クジラの彼』とかいけるんじゃね?

とにかく、来年の公開が楽しみです。


以下、毎土!このせつ企画SSとコメへんです!
遅れてしまってすみません。昨日投稿しようと思ったんですが、なんか
納得できず、急遽全部書き変えました。ほんとうごめんなさい。





終着駅



せっちゃんは今日もにこにこウチの話に頷くばかり。一時間目の国語は少し眠かったとか、水飲み場の水が温かったとか、おにぎりの梅干がいつも以上に酸っぱかったとか、そんなどうでもいい話なのにせっちゃんはいっつもそう。飽きた様子を微塵も見せず、ただただ静かに耳を傾ける。
笑ったり驚いたりすることはあるが自分から何かを話そうとはしないせっちゃんに違和感を覚えたのはつい最近。何かが噛み合わない。何かがおかしい。

それから休み時間や寮の部屋にいる時など一人悶々と考えることが多くなった。あの頃は何も考えずともお互いに笑い合っていたはずなのに、昔と今と何が違うのだろう。成長してウチらは変わってしまったのだろうか。すれ違いが起こるほど二人の価値観が変わってしまったのだろうか。

修学旅行をきっかけにウチらは急速にその距離を縮めていった、そう思っていたのは自分だけだったのかもしれない。そんな結論に至ったのはベッドの上だった。
放課後、一緒に帰ろうと近寄ってきた明日菜とせっちゃんを今日は部活があるからと言って断った。残念だという二人の眼差しを避けるようにしてウチは教室を後にした。
部屋に帰ると案の定誰もおらず、むしろ誰もいないのを狙ったのだから仕方ないのだが、何だか物寂しさが込み上げてきたた。
部屋は暖かい夕陽色に染まっていた。小腹が空いていたのでポケットにたまたまあった飴玉を口に放り込んだ。グレープフルーツ味のそれはほのかに甘酸っぱかった。

しわになると分かっていながら制服のままベッドに倒れ込んでみた。枕からはお日さまのにおいがした。対照的にそこにできた真っ暗闇な空間に顔を埋めると自然とその答えが浮かんだ。
ややな、もう。こんなことを考える自分が嫌だった。せっちゃんが変わってしまっただなんて。ズキズキと胸が痛む。

不意に気配がした。
ガリ、飴玉が口の中で消える。

「すまん明日菜、ウチちょっと眠たなってもうて。今晩ご飯の支度する」
「そのままでいいですよ」

うつ伏せのまま動くことができなかった。平静を装いながらゆるりと起き上がる。
橙色のせっちゃんは優しげに微笑んでいた。ちょっぴり恥ずかしくなって目線をその手に落とした。手には近所にあるコンビニの袋がぶら下がっていた。

「アイス買ってきたんですがどうですか。あ、夕飯前はさすがにダメですよね。冷凍庫に入れてきます」
「今食べる」
「でも」

しばらくし、分かりましたと言うようにせっちゃんは口元を緩めた。呆れた風にも見えたが何だか違うような気がした。何だろう。せっちゃんの気持ちが分からない。
「失礼します」せっちゃんは控え目にウチの隣に座った。

「お好きでしたよね、スイカバー。このチョコが美味しいって、小さい頃はよく私のまで食べて」
「そやったっけ」
「そうですよ」

本当は分かっていた。でも驚いたことを悟られないよう誤魔化した。まさかせっちゃんが覚えていたなんて。
瞬間、せっちゃんはさっき懐かしかったんだと思った。袋を見て小さい頃から大好きなアイスだと分かり、それを今食べると言ってきかなかったウチを見て懐かしくて、それで笑ったんだ。そういえばさっきの表情は最近何度も目にしていた。今日だけで何回見ただろう。

「明日菜は」
「明日菜さんは部活に行くそうです。何でも高畑先生が来ているだとか」
「ほか。なら帰りは遅くなりそうやな」

せっちゃんは真っ直ぐ白壁を見ていた。

「お嬢様は何型ですか」
「は」

何言うてるんやろ。あまりに唐突な質問に目を見張るとせっちゃんはハッとなり「すみません」と頬を薄紅に染めた。スイカバーと同じ色だ。
今度はウチの番だった。ああ、そういえばせっちゃんは筋金入りの照れ屋さんやった。恥ずかしい局面においてせっちゃんはいつも顔を真っ赤にさせてパニックになっていた。今もどう言ったらいいのか考えあぐねているようだった。目が左右に泳ぎ、口は開いたり閉じたりと忙しない。
変わってへんなあ、ふふっと笑みがこぼれた。口下手なところ、不器用なところ、真面目なところ、恥ずかしがり屋なところ、一途なところ。全部全部幼い頃から何一つ変わっていない。
少し落ち着きなさい、せっちゃんの前髪をくしゃくしゃと撫でる。呆然とするせっちゃんの手元にスイカバーから溶け出した滴がこぼれ落ちた。あっとせっちゃんはそれを慌てて舌で掬い取った。

「ABや」

「AB型……」せっちゃんは口の中で何度も言った。考え込むようにしているうちにまたスイカバーから水滴が落ちた。でもせっちゃんは気付かないようで、不意に顔を綻ばせた。

「私と半分同じですね」

それからせっちゃんは嬉しいですとにっこり微笑んだ。その顔に釘付けになった。変わっていないところ、もういっこ発見。

「実はお嬢様の誕生日と星座は知っていたのですが、血液型だけが分からなくて明日菜さんに訊いたんです。そしたら直接訊きなさいよと言われて。当然ですよね」

頬をかくせっちゃんから思わず目を反らす。やっぱり自分ばっかり喋るからせっちゃんは話しづらいのだ。
でもウチの気持ちを察したのか、せっちゃんは違いますと首を振った。

「まだ夢みたいで、慣れないんです。お嬢様と話したり、ご飯を一緒に食べたり、隣でこうしてアイスを食べたりすることも。だから――」
「痛い?」
「いらいれす」
「なら夢やない」

せっちゃんの頬を抓る手をゆっくりと離した。せっちゃんは頬をさすりながらウチを見つめた。

「ウチ、もっとせっちゃんにウチのこと知ってもらいたい。でも、それ以上にもっともっとせっちゃんのこと知りたい」

ゆっくりでいいから、少しずつ距離を縮めていきたい。思えば昔もそうだった。初めて会ったときは笑い合った。次に会ったときは一緒に鞠つきをした。その次は名前を呼び合った。その次は……
そう、昔のようにゆっくりでいいんだ。

「ほんでもってもっとせっちゃんのこと好きになりたい」
「………」
「あれ、せっちゃん?」

フリーズするせっちゃんを見ながらまた思い出した。そうだった。せっちゃんは……
こうして一つずつ思い出していけばいい。
やっと今のせっちゃんに近付けた気がした。



おわり。


最近また私のこのせつ観が変わりつつあります。
特にこのちゃん。


今週のお題は『旅行、前髪、梅干』でした。
来週のお題は『くも、課題、計算』です!

続いて8月残りのお題です!

8月21日…『時計、試合、右手
8月28日…『ゆず、イチゴ、瓶


以下、コメへん!

いちごさま>
もしかして3年2組でりっちゃん達と同じクラスですか?←
素敵なSSだなんてそんな……照れますってばあん←
唯が好きなのに律澪ばかりのSS読んでくださって本当に
ありがとうございます。唯は絡ませやすいのでもっとSSに
登場させたいですねw
そして授業中にぴゅあぴゅあはーと着信おめでとうですww
クラスのみんな空気読んでますねwむしろ歌った方gr(ry
ピンキーギターをやってるんですね!すごいです!
私はもはや手をつけてません←
ブログ見返してくださって嬉しいです^^ 感謝します。
では、コメントあじゅじゅしたぁ(´∀`●)

侍さま>
おおおお、このせつはお久しぶりです!!
ふふふ、侍さんもついに律澪の世界にきましたかw
そしてSSも読んでくださってありがとうございます!
確かに11話は神でした。改めて律澪の絆の深さを確かめ
られた回でした。何度見ても泣けますしね。
また憂唯書きたいと思ってます。ネタよカモーーーン!!←
では、コメントあじゅじゅしたぁ(⊃∀`* )

ユウさま>
ほおおおお、このせつは本当にお久しぶりです!!
SSにニヤニヤしてくださってありがとうございますww
そのニヤニヤ、全私に伝わってきましたよ←
そしてその動画は見たことあります……一重に神ですな。
もうアニメ化したらいいのに…
では、拍手&コメントあじゅじゅしたぁ(´∀`*)
  • URL:https://yaplog.jp/clover1517/archive/1711
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さっちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
このせつと律澪とその他諸々を愛してやまない百合嬢です(*´∇`*)

いきなりコメント大歓迎!
リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方がいたらコメントか、メールでお知らせください。めっちゃ喜びます!

konosetu1517♪yahoo.co.jp
感想、指摘などございましたらお気軽にどうぞ!♪→@

当ブログ内におけるSS・画像の無断転載及び引用はご遠慮ください。

ツイッターpixiv始めました。お気軽にフォローしてくださると嬉しいです。

R指定のある作品はpixivに置いてあります。

Since2007/1/14


現在拍手にはこのせつSSが5作と律澪SSが5作置いてあります。(1/2更新)
2010年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像春雪
» 二人が人生。 (2017年05月28日)
アイコン画像yama@山口県
» 妊婦生活6ヶ月。 (2015年12月10日)
アイコン画像Iuth
» 色々考える。 (2015年09月24日)
アイコン画像春雪
» 同志たちよ。 (2015年09月21日)
アイコン画像白兎
» 3月18日。 (2015年06月06日)
アイコン画像春雪
» 3月18日。 (2015年03月18日)
アイコン画像マンモス
» 女心と秋の空。 (2014年12月08日)
アイコン画像
» ご報告。 (2014年06月30日)
アイコン画像青藍
» ふたりがいたから。 (2014年06月02日)
アイコン画像とーま
» ご報告。 (2014年05月27日)
メール待ってます(´▽`*)

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
https://yaplog.jp/clover1517/index1_0.rdf
P R
Yapme!一覧
読者になる