サンドイッチの具はたまご。

April 18 [Sun], 2010, 22:30
先日、子どもたちと一緒にサケの稚魚を放流しました。
テレビでよく園児たちや小学生たちがやっているのを見たことは
あるんですが私自身は経験したことがなくずっと憧れていました。
その憧れの気持ちが強かったのでしょうね。
勢い余って児童と同じ持ち物を持って学校に行ってしまった私。
ちなみに持ち物はバケツと長靴とタオルなどなど。
先生方はバケツを持ってませんでした。つまり私だけフル装備。
「先生何でバケツもってるの?」と子どもに聞かれて気付きました。

全力で(・ω<)てへぺろ

そしてバスの中。
子どもたちに結婚してるんですかと聞かれたり、何歳ですかと
聞かれたり、体重何キロですかと聞かれたり…これ何ていじめ?
あと道が凄まじい道でして、気分はジェットコースターです。
私はまだ車が来てないのでここで練習しようかしらーなんて
言ったら「先生が放流されちゃいますよ」と言われ…

「んじゃそのときは大きくなってねーって声かけてね」

と答えたら先生方にまで笑われました。
うふふ、あたしったら恥ずかしい子。

そしていよいよサケの稚魚放流です。
高学年の女子らとえらくはしゃいでしまいました。
大きくなってね、ってちゃんと言うんだよと指導。
見本が必要かと思って見本を見せたら爆笑されました。
でもちゃんと実践してたので結果オーライでした。

結局子どもたちと一緒になって稚魚を放流しまくりました。
あと3,4年後だったかな、帰ってくるのは。
そのときが本当に楽しみです。
私も大きくなれるよう頑張ります。



そして昨日は友達とコナンを観に行ってきました。
今回は友達の愛してやまない白い恋人さんがメインでしたので
友達は素敵に狂喜乱舞しておりました。
でも私も友達に負けないくらい灰原に狂喜乱舞しておりました。
とあるシーンに殺気がわきましたが何とか堪え(大人の女性だからね

毎年思うけどコナンの映画はほんとにおもしろい。
もちろん2回観ましたとさ。めでたしめでたし。


以下、毎土!このせつ企画SSとコメへんです!


 よし、今日はここにしよう。
 そこは高等部の敷地内にある静かな広場だった。中心には中世ヨーロッパを思わせる少し年季のはいった噴水があった。それを囲むようにして作られた腰掛けに私はまだ真新しいスカートの後ろを伸ばして座った。

 今日のランチはお嬢様お手製のサンドイッチの詰め合わせだった。木でできたバスケットの中を嬉々として覗き込むとキラキラ輝いて見えた。
 そんな瞬間、浮かぶ思いがある。私はなんて幸せ者なのだろうか――そう思うようになってからもうすぐ一年が経とうとしている。

 今日のように魔法関係者達による合同会議や部活の遠征、仕事等で弁当が必要なときお嬢様はいつもそうして私の昼食を作ってくれる。それまではコンビニのおにぎり等で適当に済ましていたのだが、それを明かしたときのお嬢様の鬼のような形相、いや、仏のような笑みは未だに目に焼き付いて離れない。
 お嬢様の手作り弁当を初めて食べたのは中等部の頃、部活の練習試合の日だった。そのときはちょっと泣きそうになりながら必死に食べた。周りに後輩もいたのできちんと味わえなかったのだが本当に美味しかった。私の好きな梅干しとおかかが入ったおにぎり。一生忘れない。

 膝の上のバスケットからサンドイッチをひとつ手に取って食べる。今日は一人きりなので人目も気にせずゆったりと食べられる。一口ずつ味わいながらゆっくりゆっくり。何となく食べるのがもったいない気もするが私に『食べない』という選択肢はない。
不意にリン、と微かに鈴の音がした。

「刹那さーん!」

 ふた口目に突入する直前、聞き慣れた声に顔を上げた。
 明日菜さんだった。揺れる長い髪はひだまり色に輝いていた。リンリン。今度は二回鳴った。

「明日菜さん」
「やっほ。校舎の方散歩してたら刹那さんが見えてさ、走って来ちゃった。ところでずいぶんとおいしそうなもの食べてるじゃない」
「ああ、これはお嬢様が作ってくださったもので」
「へー愛妻弁当かあ、いいなあ……」
「そ、そんなんじゃ――」
「ひとつもーらい」

 あ、と言う間に明日菜さんはサンドイッチをひとつ手に取りものの数秒で平らげてしまった。
 「んまい!」喜ぶ明日菜さんに私は半ば複雑な気持ちになる。ひとつのサンドイッチを食べるのに何分もかかっていた私と違い明日菜さんはそれを一瞬でお腹に納めてしまった。まあ昔からお嬢様の手料理を味わっている明日菜さんだから仕方のないことだが。でも明日菜さんのそんなところ、私は嫌いではない。むしろ好きだ。常に自然体で何事にも動じず、絶対に自分を見失わない。そんな明日菜さんに私は何度救われたことか。今の私があるのは明日菜さんのおかげだ。私はそのことを肝に銘じなければならない。

「ん、どかした?」
「い、いえ、何でも。ところで明日菜さんはどうして学校に? 魔法関係ですか」
「ううん、ただの補習。ほら、高等部に入るとき受けた実力テストあったじゃない。あれね、私クラスの中で最低点だったんだって。んでもだからって入学してすぐにやらなくてもいいじゃないって思うわけ。おかげで貴重な休日がなくなったわ」
「ふふ、中等部のときから変わってないんですね明日菜さん」
「ギリギリ赤点を逃れた刹那さんに言われたくない」
「う」
「隙あり!」

 手に持っていたふたつ目のサンドイッチが明日菜さんの口元に運ばれていくのを私はただじっと見つめていた。
 「ひどいですよ」私が言うと明日菜さんはなおも続けて言った。

「ね、もうひとつちょーだい」
「明日菜さん……お昼ご飯まだなんですか」
「ううん、さっき食べたわよ。購買で買ったおにぎり二つとあんパン」

 はあというため息さえもでない。明日菜さんの食欲には参ったものだと、お嬢様は毎日のように笑って言っていた。食費も大変だろうに。しかし彼女の成長期はまだまだ続くであろう。正直、羨ましい。
 自分の胸元を見ていると明日菜さんがくすくすと笑い出した。私は何も言えず俯いているとそれは急に降ってきた。

「あーおったおった」
「あら木乃香、どしたの」

 見上げると太陽を背にお嬢様が微笑んでいた。弾んだ肩、少し荒い呼吸。どうやら走っていたらしいことが分かった。
ふう。大きく息を吸い込みお嬢様が言った。

「せっちゃん迎えに来たんよ。お昼過ぎには終わる言うてたし、ウチも用事済んだしな。でも携帯通じへんからずいぶん探したんやえ。まあすぐ見つかったからええんやけど」
「す、すみません。午前中に充電が切れてしまって」
「なるほど、そゆことね。相変わらず仲のよろしいことで」
「へへへ」
「否定しないのが木乃香らしいわよねー。刹那さんとは対照的だわ」
「ふふ、せっちゃんは昔から恥ずかしがり屋さんやからなあ」

 全くもってその通り。
 お嬢様は薄桃色の髪留めで前髪を留めていた。紺色の制服のポケットからは丸い手鏡と折りたたみ式の櫛が少しはみ出ていた。
 お嬢様に改めて言われた私はカッと耳の奥が熱くなった。顔を隠そうとお嬢様から目を反らす。くすくすと二人分の笑い声がやけに耳に響いていよいよ私はどうしようもなくなってしまった。

「さて、そろそろ行こうかしら」
「あや、もう行ってまうん」
「うん。午後の補習始まっちゃうし、オジャマ虫にはなりたくないしね」
「あ、明日菜さ」
「アスナ、今日の晩ご飯シチューやから!」

 ひらひらと手を振りながら明日菜さんが去って行った。
 せっちゃん、お嬢様の声に振り向く。

「明日菜にサンドイッチ半分食べられたやろ」
「どうしてそれを」
「ここ、ちょっとハの字になっとる」

 ちょん、お嬢様の人差し指が私の眉間に止まった。やがてその細い人差し指はすうっと優しく撫でるようにして私の鼻を滑る。

「パンくず、ついとるよ」
「あ、ありがとうございま」
「また作ったるから機嫌直しい」
「べ、別に機嫌が悪いわけでは……でも、」

 嬉しいです。
 私の囁き声は彼女の耳に届いただろうか。
 お嬢様は明日菜さんの座っていたところに静かに腰を下ろした。うっすら花の香りがした。



おわり。


今週のお題は『ランチ、充電、ひだまり』でした。
来週のお題は『葉、昼寝、猫』です!

そして5月のお題が決定しました。

5月1日…『テレビ、街、底
5月8日…『アンテナ、クロス、桃
5月15日…『コンビニ、バス、図鑑
5月22日…『絵画、微笑み、花


以下、コメへん!

春雪さま>
このせつはどうも!
>さっちゃんさまと会えなくなる夢を見ました(;_;)
つまりさっちゃん死亡フラグですね、分かります←
ということは近々このせつ的に何かが起こるということ!
期待してます←
では、コメントあじゅじゅしたぁ(*´ェ`*)

十六夜さま>
このせつはどうも!
おお、黒豆ダイエットは最近話題になってますよね。
私もやってみたいですなー。
2週間で3キロ!?私は2週間で3キロ太りましたorz
乙女のケツって何かよくないですか←
おしろはちょっと破廉恥だなって思ってやめました←←
では、コメントあじゅじゅしたぁ(*´∀`*)

青藍さま>
このせつはどうも!
乙女にケツは抵抗ありますが私にケツはしっくりきます←
その女の子がメインで突っ込んでくるんですw
でも投げ飛ばすと楽しそうに悲鳴上げてくれます←
いい方向に変換するのは得意なんですw
ネガティブ思考がどうしてもできない性分でして。。
近くに図書館があればいいのですが、有川作品はどうしても
購入してしまいますw新刊期待してます^^
では、コメントあじゅじゅしたぁ(=´▽`)ゞ

九葉さま>
おお!このせつはお久しぶりです!
経験者にとってはなおのこと面白いのではないでしょうか^^
私は香織がせっちゃんで変換されてしまいましたw
香織の生真面目さとか武士道精神がぴったりでw
確かにこのちゃんの道着姿見てみたいですねーw
髪はポニテでよろしくお願いします←
野球部のマネはぜひとも読んでください!勉強になります^^
では、コメントあじゅじゅしたぁ(●´ω`●)ゞ

  • URL:https://yaplog.jp/clover1517/archive/1635
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さっちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
このせつと律澪とその他諸々を愛してやまない百合嬢です(*´∇`*)

いきなりコメント大歓迎!
リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方がいたらコメントか、メールでお知らせください。めっちゃ喜びます!

konosetu1517♪yahoo.co.jp
感想、指摘などございましたらお気軽にどうぞ!♪→@

当ブログ内におけるSS・画像の無断転載及び引用はご遠慮ください。

ツイッターpixiv始めました。お気軽にフォローしてくださると嬉しいです。

R指定のある作品はpixivに置いてあります。

Since2007/1/14


現在拍手にはこのせつSSが5作と律澪SSが5作置いてあります。(1/2更新)
2010年04月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像おつき
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像春雪
» 二人が人生。 (2017年05月28日)
アイコン画像yama@山口県
» 妊婦生活6ヶ月。 (2015年12月10日)
アイコン画像Iuth
» 色々考える。 (2015年09月24日)
アイコン画像春雪
» 同志たちよ。 (2015年09月21日)
アイコン画像白兎
» 3月18日。 (2015年06月06日)
アイコン画像春雪
» 3月18日。 (2015年03月18日)
アイコン画像マンモス
» 女心と秋の空。 (2014年12月08日)
アイコン画像
» ご報告。 (2014年06月30日)
メール待ってます(´▽`*)

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
https://yaplog.jp/clover1517/index1_0.rdf
P R
Yapme!一覧
読者になる