夜甘いものは控えましょう。

March 15 [Mon], 2010, 23:53
先日の追いコンのとき後輩のちょっとオシャレな男の子が言ってたこと。
「俺こないだ姉にお前の部屋臭いんだけどって言われたんすよね」
しかもそれ食事中に言われたらしいです。心中察しますと言いたいところ
だけど、私は内心やっべーなこりゃ状態でした。何故なら私も弟にお前の
部屋臭いんだけどと言ってしまったからね。

いやー実家帰ったときに洗濯物を弟の部屋に持ってったら何とも言えない
男臭がしまして。なんか汗くさいんだか何だか分からない感じの匂い。
せっかくかっこいいギターとか置いてあるのに匂いで台無しじゃんとか
何とか言っちゃったわけですよ。
特に他意はなかったんですがね、弟も聞き流してたし、ま、いっかと。
それで終わったと思ってたんですがこないだ母から電話が来まして。

「ちょっとー○○(弟)がさ、部屋で何ていうのアレ、ほらいい香りする
アロマオイル?だかお香だか何だか焚いててさ。家中凄い匂いなのよ。
あんた何か○○に言った?」
「……イヤ、シラナイナー」
「そう。まーた友達に影響されたんだか知らないけど、ほんと臭くてねー
家中換気扇回してんのよもう最悪」

なんかスティックタイプのお香いっぺんに2本焚いたらしい。アホだね。
そういえば母より姉の言うことをよく聞く弟でした。
弟の服も私が選んだものばかりです。
いや、忘れてたわけじゃないけどさ、あは、あははは、あははははは。
でも結局臭いって言われてやんの。ほんと不遇な弟ですよねーあは、
あははははははははははははははは……そそ、そういえば!



友達が作ってくれたつけ爪!
凄いですよねーほとんど百均で買った材料で作ったみたいです。
しかもクローバー浮かんでるじゃんヒャッハアアアアアアアアアア
柑橘系がいいなーと言ってはいたんですがまさかクローバーまでとは。
これ卒業式で付けるんです。楽しみだなー。


以下、けいおんSSとコメへん!



 もう大分春らしくなってきたなと思う。四月になったら満開になるであろう桜並木を通って学校に行くのもあと一年。不意にそう思ったのもきっとこの間の卒業式が関係しているのだろう。軽音部には先輩がいないから、イマイチ卒業ムードについていけなかったような気がする。次期生徒会長になりますます頼もしくなった和の挨拶、ふと隣のクラスを見やると思い切り爆睡してるあいつを見つけてしまった。あとで一発殴らないと。そうして私は再び和の話に聞き入った。
 卒業シーズンはそうして特別なこともなく静かにゆっくりと過ぎていった。

「うっ、うぅ……っく、ひぐぅ、うええ、うぐっ」
「よくもまあそんなに泣けること。卒業式では全然泣かなかったくせに何で映画になると泣くんだよ」
「だって、だって、」

 そうやって律は言い訳もできずにまたおいおい泣き始めた。
 久々に映画を観に行こうと誘われついて来たのはいいもののまさか律がこんなにも泣くだなんて。まあ私も途中うるっとはきたが号泣するほどではないと私の涙腺が判断した。そういえばこいつ感動系に弱かったっけ。思い出しながらほら、とハンカチを貸してやる。「ありがど」そう言う律はすっかり鼻声で目元や鼻は可笑しいくらい真っ赤に染まっていた。もう少し落ち着いたらここ出ような。声を掛けようと振り向けば私のハンカチ――お気に入りのハートがいっぱい散りばめられたピンクのハンドタオル――で鼻をかもうとしていたので私は思わず手にしていたパンフレットで律の頭を思い切り叩いた。

「な、なにすんだよお!」
「うるさい! 正当防衛だバカ。角でないだけ感謝しろ」

 普通人のハンカチで鼻かむか!? こいつなんかを気遣った私がバカだった。ちぇーとぷりぷりする律を無理やり立たせて映画館を後にした。
 今日の律はいつにもましてボーイッシュだった。ワインカラーの帽子を被りラフなオーバーオールの下は英語のロゴが入ったTシャツを来ていた。かろうじて女の子に見えるとすれば新しく買ったというドット柄のリュックとマスカット色のパーカーくらいだろうか。でもそれは律によく似合っていて、ちょっと羨ましいなと思った。私が着たいものは私には似合わないし、律に笑われるのが一番嫌だから。

「帽子被ってきてよかったな」
「なんで」

 律はまだぐすぐす鼻を鳴らしていた。
 近くにあったファミレスに入りながら律を振り向く。

「泣きはらした目を隠せるから」
「う、うっせー。泣きたくて泣いたんじゃないやい」
「あーはいはいそうですか」
「………………てるくせに」
「なに」
「別に」

 イライラしているときには甘いものが一番。なのにこいつは普通に日替わりランチを頼んだ。一番無難なのだが映画館でポップコーンやらチュロスを食べたくせにこんな小さな体のどこにランチの定食が入るのだろう。唯もそうだが実はこいつもいくら食べても太らないのではないだろうか。だとしたら何て羨ましい体質なんだろう。私は一人サラダとチョコレートパフェを注文しながらふつふつと考えていた。

「いやーそれにしてもほんといい話だったよな、さっきの映画。BD出たら絶対買おう」
「お前いつもいつもそうやってすぐ欲しいもの買ってるからお金ないんだろ」
「いいじゃん別に。欲しいもの買わないで後で後悔したって遅いんだぞ」
「計画的に貯めて後で大きいもの買った方が喜びも大きいだろ」
「そりゃそうかもだけど、あたしは今欲しいものが欲しいんだよ」
「その今欲しいものが大きいのだったらどうすんだよ。例えば新しいドラムセットが今欲しいってなったときとか買えないじゃん」
「それはーえっとーあーあれだ」
「何だよ」

 「お待たせしました」店員さんの声に私が手を挙げる。生クリームがふんだんに使われたその上にはバナナとキュウイがのせられ、さらにその上にはチョコレートシロップが塗られていた。それを見てわあ、と声を上げたのは何故か律で、私はその後のことを瞬時に予期してパフェを手元に寄せた。すでにスプーンを持った律がぶーと唇を尖らせたが私の視線で制した

「ちょっとくらいいいだろー澪のケチ」
「お前の場合絶対ちょっとじゃ済まないだろ。この間だって私がトイレ行ってる間にほとんど食べちゃったくせに」
「代わりにあたしの漬け物あげたじゃんか」
「漬け物とパフェは違う!」

 ぶうぶう言う律を無視し私は目の前のパフェを美味しくいただくことにした。その後すぐまた私の頼んだサラダが来て律はますますへそを曲げてしまった。ちょうどランチタイムだから注文が殺到しているのだろう。ざまあみろと俯く律を横目に見ながら心の中で呟いた。

「みーおー」
「んー」
「ちょびーっとちょうだい」
「いーやーだ」
「頼むから、な、一生のお願い。今度は漬け物じゃなくて味噌汁の豆腐、いややっぱりワカメあげるからさ。あ、なら漬け物とワカメセットでやるから」
「律。昨日何の日だったか知ってるか」
「昨日は日曜日だけど」
「曜日じゃなくて何の日かって訊いてるんだよ」
「……ああ!」

 どうやら気付いたらしい。少しだけ見えたおでこが冷や汗でピカピカしている。それから律は何を思ったのか私のパフェからポッキーを一本抜き取り私の口元に運んだ。そしてにっこりと言った。

「ハッピーホワイトデー! なんつっデッ」

 腕を伸ばして拳を落とすのは億劫だったので思い切り蹴った。この律の痛がりようはきっと脛にヒットしたな。テーブルに突っ伏す律を見ながらそう思った。


 柔らかい夕風を正面から浴びながら並んで歩く。この道は二人で何度歩いただろう。数え切れないし、これから数えるつもりもない。不意に駆け出す律のハニーブラウンの髪がキラキラ輝いて見えた。律、何となく呼んでみた。

「珍しいな、律がカチューシャ付けないなんて」
「んーああ、キャップ被ってるしな。へへ、かっこいいだろコレ。こないだ安く買ったんだぁ」

 うん、よく似合ってるよ。心の中だけで言った。伝わったのか、律のマシュマロみたいに柔らかい頬がぽっとオレンジに染まった。
 「澪」振り返った弾んだ声。律はリュックを前に持ってきてゴソゴソと漁り始めた。怪訝そうに近付く私に突然律が顔を上げた。

「これ!」
「え」
「忘れてたわけじゃないんだ。ただ、その、えっと、渡すタイミングがというか」
「開けていいか」
「あ、う、うん……」

 空色の紙袋から同じ色の小さな箱を取り出してみた。蓋を開けるとハート型の小さなチョコが沢山入っていた。ひと粒取って食べてみる。甘い。

「き、既製品だから味は悪くないはずだぞ、うんっ」
「ありがと」
「え。あーうん、えっと………ああ、あばよ!」

 そう言って駆け出す律の背中を私は見えなくなるまで見つめていた。口内に広がる甘さをしっかりとかみしめながら。



おわり。


以下、コメへん!

春雪さま>
このせつはおかえりなさいませ!
やはり不意打ちゆうちゃんはびっくりしますよねwww
先々週と先週と立て続けに毎土SSお疲れさまでした^^;
では、コメントあじゅじゅしたぁ(人´ω`*)
  • URL:https://yaplog.jp/clover1517/archive/1606
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
春雪
このせつはどうも!

けいおんSS。
ハッピーホワイトデー♪(*^−')ノ
予告もなしにホワイトデーSSをアップするなんて…素敵過ぎます!←
しかも律澪!
まさかホワイトデーSSだったなんて…私、すっかり騙されてしまいました(笑)

始めのうちは卒業話で、それからデート話。
これで終わるかな…?と思ったらまさかの澪の振り!

しかも、"昨日"という所が現実とリンクしていますね!
所々に織り交ぜられたギャグも面白かったですw

サプライズをありがとうございました!
March 16 [Tue], 2010, 20:09
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さっちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
このせつと律澪とその他諸々を愛してやまない百合嬢です(*´∇`*)

いきなりコメント大歓迎!
リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方がいたらコメントか、メールでお知らせください。めっちゃ喜びます!

konosetu1517♪yahoo.co.jp
感想、指摘などございましたらお気軽にどうぞ!♪→@

当ブログ内におけるSS・画像の無断転載及び引用はご遠慮ください。

ツイッターpixiv始めました。お気軽にフォローしてくださると嬉しいです。

R指定のある作品はpixivに置いてあります。

Since2007/1/14


現在拍手にはこのせつSSが5作と律澪SSが5作置いてあります。(1/2更新)
2010年03月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像おつき
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像春雪
» 二人が人生。 (2017年05月28日)
アイコン画像yama@山口県
» 妊婦生活6ヶ月。 (2015年12月10日)
アイコン画像Iuth
» 色々考える。 (2015年09月24日)
アイコン画像春雪
» 同志たちよ。 (2015年09月21日)
アイコン画像白兎
» 3月18日。 (2015年06月06日)
アイコン画像春雪
» 3月18日。 (2015年03月18日)
アイコン画像マンモス
» 女心と秋の空。 (2014年12月08日)
アイコン画像
» ご報告。 (2014年06月30日)
メール待ってます(´▽`*)

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
https://yaplog.jp/clover1517/index1_0.rdf
P R
Yapme!一覧
読者になる