死活問題。

April 23 [Thu], 2009, 21:10
パソコンを3日つけなくても平気になってきました。
以前までは半日だけでもつけなきゃおちゅちゅかなかったのに。
おかげで漫画本とか小説を読み直す時間が増えました。
しかし毎土を忘れそうになったり、拍手SSの更新を忘れたり…
決していいことばかりではない。

というか歳、か…?



マガスペ、またやってくれちゃいましたね。
この記事書きたくてうずうずしてたんですが、何かもうパソ子の存在
自体忘れてしまっていまして。
neo最新刊の表紙がエヴァで、ちょっとムッしてしてたんですが。
まさかこんな、こんな……全てはこの前フリだったんですね!!!

雑誌の表紙にせっちゃんが来るって相当ですよ。
主人公とヒロインよりも15倍の大きさ!!パねぇ!!!!
そして本編には一切せっちゃんが出て来ない事実がまたたまらない!!

さ  ら  に



レジャーシートの全員サービスときた。
タンブラーの中絵は入れ替え可能ってせっちゃんあるのかしら。
でもね、喜んだのも束の間、私は気付いてしまったんですよ。
藤真先生……


座れません。


せっちゃんの上に座れるのはこのちゃんだけ。
それなのに一ファンである私が座ろうなどと許されるはずなどない。
座ったが最後………クッ、恐ろしくて想像もできん。
とにかくこれはレジャーシートとして使えないのでポスターにします。


そしてようやく拍手お礼SS更新しました。
今回は『日常の中にある甘み』をテーマにカラオケ中に書きました。

では、以下過去(一昨年)に書いた拍手お礼SSです。



こうしてあなたと向かって話せるのが当たり前になって。
この当たり前の時間が増えていく毎日。
そして今日も、そんな当たり前の一日が始まった。


〜Sweet time.〜


目の前にずらりと並ぶそれは、私の脳を通じて舌をくすぐる。
それは、隣りの彼女も同じようで。
先程から目をキラキラと輝かせ、人差し指を下唇に当てるその姿は、
私の目さえも狂わせる。
突然、彼女に袖を引っ張られ、そちらの方を向くと。

「なぁ、ここ入ろっ」

なんて目を潤ませて言うものだから。

「はい!」

と元気よく言ってしまう単純バカな私。
いくら修行しても、彼女の目には勝てない。
絶対にそうだ。
お嬢様の買い物に付き合った帰り道、急に彼女が立ち寄った店。
なんでも、女の子達に人気があるそうで。

「ん〜美味しい」

そう、ここはスウィーツ専門店らしく、お嬢様はその店の人気No.1の
パフェを注文した。私の頼んだ餡蜜より先にお嬢様の元へ辿り着いた
それは、冷たいうちに彼女の口に運ばれた。

「ん…せっちゃん、どないしたん?」
「い、いえ…別に」

じぃ〜っと見つめすぎただろうか、と反省している私に彼女が
微笑みながら言った。

「さては、せっちゃん…食べたいんやろ」
「はい?」

クスクスと笑う彼女は、とても愉快そうで。

「待ちきれずにウチのに手ぇ出そいう魂胆やな〜」
「そ、そんなつもりはありまむぐっ!?」

手をぶんぶん振って否定する私をよそに、彼女の手が伸びてきて。
私の口の中には、甘い、それでいて苺のすっぱさが広がった。

「…美味しい」
「せやろ?はい」
「はむっ…」

さすが人気No.1だけある。
あまりに美味しくて彼女のスプーンにパクついた私。

「美味し?」
「はいっ」

突然、彼女の頬が朱に染まったのは気のせいだろうか。

「いややわぁ〜せっちゃん可愛すぎなんやもん」
「ふぇ?」
「ちっちゃい子ぉみたいやったで?パクッて」
「…あぅ、すいません」

瞬時に赤面する私に対し、彼女は肩をぽんと叩き。

「ええもん見させてもらいました。ごちそうさまでした」

そう言って手を合わせる彼女にすかさず突っ込みを放つ私。
しかし、それは途中で第三者の手によって阻まれた。

「お嬢様、それを言うなら」
「お待たせ致しました、餡蜜でございます」

私の突っ込みをしようと伸ばした手は虚しく虚空を舞い。

「…ぷっ、くくく…」

噴き出す彼女、湯気が出る私の顔。
もう、やけ食いをする他なかった。

店を出て、また家路に着く。
私はひどい胸焼けに襲われていた。
やっぱり、やけ食いはいけないものだな、としみじみ。
私とは反対にお嬢様は幸せいっぱいな表情をしていた。
なんて羨ましいんだ。

「な、せっちゃん」
「はい?」
「それ、そない仰山買うてどないするん?」
「どうするも何も…飲むに決まってるじゃないですか」

私の両手には、おかずの他に牛乳が四本も袋の中でひしめき合っていた。

「そないいっぺんに飲めるん?」
「さすがにいっぺんには飲めませんけど、」

私の野望のためには、これしかないんだ。

「せっちゃん、おっきくなりたいん?」
「はい…ってえぇっ!?」

ば、バレてしまったのかと焦る私に彼女はさらに追い討ちをかける。

「大丈夫やって。そのうち自然にどっちもおっきくなるて」
「ど、どっちも?」
「うん。身長と、」

ここ、と私のそれを人差し指でチョンとつつく彼女。

「…ッ――」
「ところで、せっちゃん」

真っ赤になって口をパクパクさせる私を無視して彼女は続ける。

「牛乳、一本くれへん?」
「へ?」
「今度は、一緒作ろ」

スウィーツ。


刹那は当分、胸焼けから脱することは出来ないな、と一人愚痴をこぼした。
だって、私にとってあなたの瞳は…

甘過ぎるスウィーツそのものなのだから。


FIN


色んな意味でベタ甘すぎる。
てか2007年ってもう一昨年なのか…

  • URL:https://yaplog.jp/clover1517/archive/1225
Trackback
Trackback URL
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
千那
マガスペ気合が入ってますね(*゚_っ゚)

せっちゃんの上には座れない。ジャンピング土下座してよけますね←

話変わっちゃいますけど
けいおん!のOPとEDがランキングでMステに出ましたよ!!!
アニメ映像が一瞬だけど流れてテンション急上昇www
びっくりですた。アニメ文化成長してますねぇ〜。

過去拍手SS、このちゃんがいるからこそせっちゃんは幸せなんですね。
あ、甘いwこっちが照れるwww

ごちそうさまでした←
April 24 [Fri], 2009, 20:41
こんばんわー。

マガスペ、せっちゃんデカっ!!
マガスペも、ネギま!?neoもまだ入荷されてないみたいですここは。

ss読みました。
甘いっすね!!
顔、ニヤついてしまって・・最後のトコ吹いてシマイマシタ。

おかしいとか、そうゆう事では無くて。
あまりに、せっちゃんが甘いセリフを言うモノですから。
僕は虫歯になりそうでした(*^□^*)

ごちそう様でした。

それとすみません。。
僕のブログなんですが・・もし良かったらですが、お暇な時に携帯から覗いて頂ければ・・

恥ずかしながら自分でも何がなんだかよくわかって無いもんで・・

暇ができた時に、何とかしますので。
パケットに余裕がございましたら、遊びに来て下さい!
April 24 [Fri], 2009, 2:08
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:さっちゃん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
このせつと律澪とその他諸々を愛してやまない百合嬢です(*´∇`*)

いきなりコメント大歓迎!
リンクフリーです。
相互リンクしてくださる方がいたらコメントか、メールでお知らせください。めっちゃ喜びます!

konosetu1517♪yahoo.co.jp
感想、指摘などございましたらお気軽にどうぞ!♪→@

当ブログ内におけるSS・画像の無断転載及び引用はご遠慮ください。

ツイッターpixiv始めました。お気軽にフォローしてくださると嬉しいです。

R指定のある作品はpixivに置いてあります。

Since2007/1/14


現在拍手にはこのせつSSが5作と律澪SSが5作置いてあります。(1/2更新)
2009年04月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像さっちゃん
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像おつき
» このせつは平成。 (2019年10月08日)
アイコン画像春雪
» 二人が人生。 (2017年05月28日)
アイコン画像yama@山口県
» 妊婦生活6ヶ月。 (2015年12月10日)
アイコン画像Iuth
» 色々考える。 (2015年09月24日)
アイコン画像春雪
» 同志たちよ。 (2015年09月21日)
アイコン画像白兎
» 3月18日。 (2015年06月06日)
アイコン画像春雪
» 3月18日。 (2015年03月18日)
アイコン画像マンモス
» 女心と秋の空。 (2014年12月08日)
アイコン画像
» ご報告。 (2014年06月30日)
メール待ってます(´▽`*)

TITLE


MESSAGE

月別アーカイブ
https://yaplog.jp/clover1517/index1_0.rdf
P R
Yapme!一覧
読者になる