タ薫「ェモ莚モヤ醢

April 20 [Wed], 2011, 8:54
ブラックシュートを顔面に受け崩れ落ちる河田にサッカー部の連中どころか他校の奴等も呆然としていた。俺はその何ともおかしな状況にどうしようもなく笑いたい衝動にかられた。笑ってはいけない、http://www.new--half.com/笑ってはいけない、笑ってはいけない24時、俺達は今絡まれている最中だと我慢していた俺の後ろでブハッと吹き出した奴がいた。一年で一番のお調子者の坂本だった。坂本と俺はお笑い好き、下ネタ好きいう共通点に惹かれ合い学年は違ったがボケの坂本、ツッコミの範囲外俺と言われる程、仲が良かった。坂本よ、こんな時まで笑いのツボが同じなのか倒れている河田。呆然としている他校の不良軍団。吹き出したは良いが気まずそうにしている坂本。逃げ出したい俺。この状況を変えたのもやはり中田だった。テ、テメェ等ふざけてんじゃねーブッ潰してやると他校の不良軍団に向かって炎の弾丸急発進。その時、彼が何に対してふざけてんじゃねーと言ったのかは未だに謎だ。中2にして50mを5秒近くで走る中田はうちの中学どころか区内で一番速い記録を持っていた。地区上大会記録その走る姿はまさに炎の弾丸中田が不良軍団の中に突っ込んだのと同時に河田救出に先陣を切っていた高畑達三人も他校の不良達に殴りかかった。そしてその後を追うように走りだし次から次へと乱闘の輪に飛び込む、佐々木2年、三浦2年、井戸2年、飯田2年。それを見ている俺2年。みんな喧嘩好きだったっけ白熱していく殴り合い。飛び交う言葉はののしり合い。男と女は騙し合い。所詮この世は化かし合い。しかし喧嘩の実力では圧倒的に俺達が劣勢なのだ。そう相手は他校の不良軍団。喧嘩慣れした不良軍団。でも俺達はサッカー部なのだ。大会で優勝を目指すただのサッカー部なのだ。そう俺達は不良じゃない。キャプテン翼に憧れてサッカーを始めたただのサッカー少年なのだ。佐々木が倒されかけている。三浦が倒されかけている。井戸が倒されかけている。いかどこかでまた会える。今日の日はサヨウナラ、明日また学校でと自転車置き場まで走りだそうと心に決めたその瞬間あれ範囲外先輩、行かなくて良いんすかなんか先輩等ヤバくないっすかてかヤバいっすよほらと俺の行く手を邪魔をする一人の後輩がCに続く
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cljtg49uqj
読者になる
2011年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/cljtg49uqj/index1_0.rdf