バトルシップ

April 18 [Wed], 2012, 14:43
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆

公開日:2012年4月13日
配給:東宝東和
監督:ピーター・バーグ
出演:テイラー・キッチュ,浅野忠信,ブルックリン・デッカー

鑑賞日:2012年4月18日
MOVIX三郷 シアター10(座席数229)

【ストーリー】
ハワイ沖。アメリカをはじめとする世界各国の自衛艦が集結して大規模な軍事演習が行われるなか、沖合に正体不明の巨大な物体が出現する。それは、地球からの友好的な呼びかけに応じて飛来したエイリアンの母船だった。しかし、呼びかけを行った科学者たちの意図とは裏腹に、エイリアンは次々と未知の武器を繰り出し、激しい攻撃を仕掛けてくる。その戦いの最前線に立たされたのは、演習に参加していた米海軍の新人将校アレックス・ホッパーと、彼がライバル心を燃やす自衛艦の指揮官ナガタだった。弱点も戦略も読めないエイリアンに対し、知力と体力の限りを尽くして立ち向かう海の精鋭たち。果たしてエイリアンの攻撃の目的は何なのか。アレックスとナガタはそれを阻止することができるのか。そして、彼らは地球を壊滅の危機から救うことができるのだろうか…。

【レビュー】
本日の鑑賞は、ユニバーサル映画100周年記念作品「バトルシップ」です。同じ日に同じテイラー・キッチュ主演で公開されたウォルト・ディズニー生誕110周年記念作品「ジョン・カーター」と迷ったんですが、既に全米での公開を受け、大幅な赤字が予想されているらしい「ジョン・カーター」は後回しにしてこちらを観ることにしました。レディースデイの水曜日ということもあるんでしょうが、平日の午前中にもかかわらず、そこそこのお客さんがいるのには驚きました。他人のことは言えないが、「みんな、ちゃんと働いてんのか!?」

久し振りの映画館での映画鑑賞だったんですが、やっぱりいいですねぇ〜、映画館で観る映画は。いくら大画面になったとはいえ、家庭で見るのとはやっぱり迫力が違います。そして、SFアクション大作「バトルシップ」のチョイス、間違っていませんでした。スクリーンに映し出される巨大な“バトルシップ”、大迫力の戦闘シーン、そして、何処かで聴いたことがあるような金属音……!?。この問答無用のスケール感、これこそ正に映画館で観るための映画です。「ライアーゲーム -再生- 」や「僕等がいた 前篇」では、こうはいきません。と言っても、この2作品、とりわけ「ライアーゲーム -再生- 」は凄〜く観たいんですけどね。

また、シンプルな内容も良かったですね。「トランスフォーマー」や「G.I.ジョー」のハスブロ社ですからやっぱりというか、勿論というか、当然の如くストーリー性はありません。アレックスの人間的な成長や退役軍人の第二の人生なんてものも、おまけみたいなもんで本気で描く気なんか端からありません。でも、それこそがこの作品の魅力であり、ハスブロ社の潔さだと言えるでしょう。小賢しい取って付けたようなストーリーなど、かえってこの作品の最大の売りである映像のスケール感を損なってしまうということをよ〜く理解しています。観ているこちらとしても、安心して映像に集中出来ますし、攻撃の度に変形する宇宙船に「トランスフォーマー」じゃねぇの!?と突っ込んでみたり、アーマードスーツを着た宇宙人に「G.I.ジョー」のガジェットかよ!と合いの手を入れることも出来るという訳です。

さて、この「バトルシップ」という映画、原案はハスブロ社のボードゲームらしいのですが、そう言われると確かに昔、レーダースクリーンに見立てたボードに戦艦を配置し沈め合うアナログなゲームがあった気がします。デポは持っていなかったんですが、友達にお金持ちの子がいて何度がプレイしたこともあったような…。ゲームでは対戦相手の配置した“見えない敵艦”を勘と経験を頼りに推理し、ピンを刺して撃沈していくというものだったのですが、この映画でもレーダーが使えない状態でツナミ観測用ブイの振動を利用して相手の位置を推理し攻撃するというシーンが描かれており、ゲームの世界観を映像化しています。ただ、それだけの共通点というか、描き方で映画化みたいなことを言われてもイマイチ納得出来ないというか……、あっ!そうか、だから“映画化”ではなくて、原案なんですね。って今頃かよ!!

ちょっと気になったのが、宇宙人との戦力に致命的な差がないということですね。正直、宇宙船との戦闘ではもっと圧倒的な戦力の差があるものだと思ってました。予告編でも「攻撃が通用しない」「方法はある」とテイラー・キッチュと浅野忠信さんが会話しているようなシーンが流れてましたから、こちらの攻撃は全く通用せず、一方的に破壊される中で最後の手段として…みたいなね。でも、実際には戦艦の砲撃や戦闘機のミサイルなどで普通にダメージを与えることが出来ましたし、宇宙船の破壊にも成功しています。電波でメッセージを送るのが精一杯の地球と宇宙船を使ってその星にやって来ることが出来る星の兵器にそれほど差がないというのはどうなんでしょう。更に巨大なエリアにシールドを張れる技術があるのに宇宙船本体にはシールドがなかったり、地球まで来られるほどの科学力なのに人工衛星に衝突して大破しちゃったりと突っ込みどころが満載です(あの“どじょうエイリアン”も何か見たことあるような気がするんだよなぁ)。

内容ない、ツッコミ所満載、それでもやっぱり楽しめる「バトルシップ」はデポおすすめの一本です。そして、この映画で一番の教訓は、チキン・ブリトー好きの親子には気をつけろ!ということです。おっと!大事なことを忘れてた。この作品、エンドロールの後におまけ映像があります。続編を匂わすようなそのシーンとは……
  • URL:https://yaplog.jp/cinemadepot/archive/994
Trackback
Trackback URL
管理者の承認待ちです。
※blog管理者の設定により、管理者が承認するまでトラックバックは表示されません。
July 09 [Tue], 2013, 6:01
管理者の承認待ちです。
※blog管理者の設定により、管理者が承認するまでトラックバックは表示されません。
July 05 [Fri], 2013, 5:21
じいちゃんも頑張る戦艦バトル公式サイト http://battleship-movie.jp監督: ピーター・バーグ 「ハンコック」ハワイのオアフ島沖で、アメリカ軍主催による環太平洋合同演習(RIMP
風に吹かれて  May 06 [Sun], 2012, 13:56
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。




映画、音楽、Blu-rayの最新情報ならHYPER DEPOT

最新コメント
アイコン画像Toko Tas Branded Kw Murah Surabaya
» プライミーバル 恐竜復活 (2013年11月06日)
アイコン画像日本インターネット映画大賞
» ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011年12月25日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年08月13日)
アイコン画像大島優子
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年07月23日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第8話「それぞれの答え」 (2011年06月08日)
アイコン画像まき
» プライミーバル 恐竜復活 (2010年08月05日)
アイコン画像スワロフスキー大好き
» 蛯原友里、押切もえ (2009年11月30日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/cinemadepot/index1_0.rdf
Pagerank/ページランク
ヤプログ!PR




2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
新作発売情報



DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販

DMM.com CD&DVDレンタル