キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

October 29 [Sat], 2011, 11:28
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆

公開日:2011年10月14日
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
監督:ジョー・ジョンストン
出演:クリス・エヴァンス,ヘイレイ・アトウェル,トミー・リー・ジョーンズ

鑑賞日:2011年10月28日
MOVIX亀有 シアター6(座席数227)

【ストーリー】
1942年、病弱なため兵士として不適格とされたスティーブは、軍の極秘計画“スーパーソルジャー実験”に志願する。スティーブはパワー、スピード、身長等あらゆる身体能力だけでなく、正義感溢れる魂も極限まで高められ、別人のような姿に生まれ変わったが、政府は彼を兵士として認めなかった。そして、星条旗デザインのコスチュームを着た“キャプテン・アメリカ”という名前で軍のマスコットに仕立てられ、国中の人気を集めるが、仲間である兵士たちからは相手にもされなかった。そんななか、親友が所属する部隊が全滅の危機に瀕すると、スティーブは実戦経験もないまま、無断で仲間の救出に向かう。そんな彼の前に立ちはだかったのは、ナチス化学部門ヒドラ党の支配者レッド・スカルだった。かつてないエネルギー源で世界侵略を企てていたレッド・スカルもまたスーパーソルジャーで、野心を極限まで凶悪なものへと変貌させていた。キャプテン・アメリカは、大軍を率いるヒドラ党を倒し、本物のヒーローになれるのだろうか?

【レビュー】
本日の鑑賞は、世界最初のヒーロー誕生の物語「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」です。色々な意味で楽しみにしていた作品なんですが、公開から2週間も経ってようやく鑑賞することが出来ました。デポ御用達のMOVIXでは2Dの字幕版と3Dの吹替版しか上映していなかったので、結構迷ったのですが変換方式の3Dということもあり、今回は2Dの字幕版で鑑賞しました。勿論、お財布に優しいというのも大きな理由のひとつです。

この「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」という作品、主人公スティーブ・ロジャースのキャラクターがいいですね。国のために生き国のために死んだ両親への誇りと何事にも屈しない強い精神力、そして、純粋で正義感溢れる心と絵に描いたようなヒーローの資質でありながら、ひ弱な肉体のために兵士として戦うことも許されない。そんな彼が科学の力によって強靭な肉体を得て“キャプテン・アメリカ”となるのですが、弱者であったが故に“力の価値”とその使い方を決して誤らない。同じように超人血清によって力を得たシュミットが、その欲望によって暴走しレッド・スカルになってしまったようにどんなに優れた科学や力であっても、それを使うのはあくまで人間であり、使う者の意思によって善と悪が決まるということ。彼を選んだアースキン博士の願いを守り、キャプテン・アメリカとなっても“スティーブ・ロジャースのまま”であり続け、国のため、仲間のために戦った彼こそ、世界最初のヒーローに相応しいと言えるでしょう。因みに死の危険を顧みず、何度不適格の判定をされても入隊テストにチャレンジするスティーブの気持ちが理解出来ないデポはやっぱりヒーローの資格なし!きっとレッド・スカルになっちゃうよ。

面白いのは第二次世界大戦中のアメリカを舞台にした作品なんですが、映画の中に登場する科学技術は現代社会のそれを遥かに凌駕しているところ。特にレッド・スカル率いるヒドラの兵器に関しては、レーザー銃を撃ちまくっていたり、「G.I.ジョー」に出て来そうな潜水艇に乗っていたりと何でもありで、重力変換装置で車を宙に浮かせたあのハワード・スタークをもってして「我々の技術の遥か先を行っている」と言わしめるほどです(いや、車を浮かしたアンタも十分スゲェよ)。確かに当時のナチス・ドイツの科学技術は世界最高とされ、一説には円盤型の飛行機や殺人光線などSF映画さながらの兵器も開発されていたらしく、あながち、すべてが作り事とも言えません。この作品のラストに登場するヒドラの爆撃機も、実戦配備はされなかったものの後のステルスの原型にもなったとされる無尾翼ジェット機のホルテンそのものです。そう考えるともしあの戦争でドイツが負けていなかったら、今の世界はまったく違ったものになっていたかも知れませんね。

この作品で最も重要なのが、マーベルヒーローチーム“アベンジャーズ”の世界をひとつに繋げる役割を担っているということです。これまでのマーベル作品にも他の作品の登場人物やアイテムなどがおまけ映像的にカメオしていたことはありますが、この作品では「アイアンマン」のトニー・スタークの父親ハワード・スタークが作戦の協力者として出演し、「インクレディブル・ハルク」のブルース・バナーがハルクに変身してしまった実験こそが、キャプテン・アメリカを生み出した“超人血清”であり、シュミット=レッド・スカルが手に入れる未知のエネルギー体“コズミック・キューブ”は、「マイティ・ソー」に登場したオーディンの宝物庫に所蔵されていたという伝説の宝石です。つまり、この作品自体は過去を描いたものですが、ラストシーンでキャプテン・アメリカが70年の眠りから目覚めたことにより、現代のアメリカでヒーローたちの世界がシンクロし物語がひとつに繋がるのです。

そして、この作品が公開されたことにより、ハルク、アイアンマン、ソー、そして、キャプテン・アメリカと“あの作品”に必要なすべてのスーパーヒーローが勢揃いしました。ということで、本作のマーベルお馴染みエンドロール後のおまけ映像は、全米2012年5月4日公開予定「アベンジャーズ」のダイジェスト映像です。始めからこの着地点を目指して個々の作品を作って来たとは言え、主人公ばかりが集まる夢の競演ですから、こんなにワクワクするクロスオーバーは、幼い頃に東映まんがまつりで「マジンガーZ対デビルマン」を観た時以来です。
  • URL:https://yaplog.jp/cinemadepot/archive/992
Trackback
Trackback URL
管理者の承認待ちです。
※blog管理者の設定により、管理者が承認するまでトラックバックは表示されません。
December 15 [Sun], 2013, 10:27
管理者の承認待ちです。
※blog管理者の設定により、管理者が承認するまでトラックバックは表示されません。
July 05 [Fri], 2013, 9:12
来年の「アベンジャーズ」に向け、次々に作品をリリースしていくマーベルが、最後の仕
はらやんの映画徒然草  January 09 [Mon], 2012, 21:16
ヒーロー誕生公式サイト http://www.captain-america.jpマーベルコミックの映画化監督: ジョー・ジョンストン  「ミクロキッズ」 「遠い空の向こうに」 「ジュラシック・パーク
風に吹かれて  November 06 [Sun], 2011, 22:38
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。




映画、音楽、Blu-rayの最新情報ならHYPER DEPOT

最新コメント
アイコン画像Toko Tas Branded Kw Murah Surabaya
» プライミーバル 恐竜復活 (2013年11月06日)
アイコン画像日本インターネット映画大賞
» ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011年12月25日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年08月13日)
アイコン画像大島優子
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年07月23日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第8話「それぞれの答え」 (2011年06月08日)
アイコン画像まき
» プライミーバル 恐竜復活 (2010年08月05日)
アイコン画像スワロフスキー大好き
» 蛯原友里、押切もえ (2009年11月30日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/cinemadepot/index1_0.rdf
Pagerank/ページランク
ヤプログ!PR




2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
新作発売情報



DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販

DMM.com CD&DVDレンタル