マジすか学園2 第11話「ヤンキーソウル」

June 25 [Sat], 2011, 11:27
DMM.com AKB48 LIVE!! ON DEMAND


原作:秋元康
脚本:山岡潤平,橋本博行,山岡真介,鎌田智恵
監督:佐藤太,豊島圭介
出演:前田敦子,松井珠理奈,渡辺麻友
主題歌:「ヤンキーソウル」AKB48(KING RECORDS)

【ストーリー】
ついに前田がマジ女に戻ってきたが、前田は「最後にカタをつけてくる」と言い残しどこかへと向かう…。 その頃、シブヤは、マジ女との全面戦争をついに決断する。一方、裏切り続けるネズミのことをそれでも“マブダチ”だと言うセンターにネズミは…。 そんな中、ついに前田とシブヤが再会する。

【レビュー】
今週もやって来ました金曜日、というか日付が変わって土曜日。そう「マジすか学園2」の時間です。本当に早いもので、もう来週は最終回ですね。前作の「マジすか学園」は、前田敦子のストーリー一本に絞られていたので、ある程度落し所の予想が付いたのですが、今回は物語に幅を持たせたことによって、いい意味でも悪い意味でも毎回期待を裏切られることが多かったような気がします。残りあと2回の放送で、どのような落し所へ持っていくのか?全面戦争の先にヤンキーたちは何を見るのか?前田が導き出す答えは何なのか?楽しみです。


今週の最大のポイント、というより「マジすか学園2」最大のポイントとなったのが今回のネズミさんとセンターのエピソードでしょう。これまでファースト・シリーズ、セカンド・シリーズを通して誰も信用せずに周りの人間を騙し、利用してきたネズミさん。そのネズミさんが、センターの何度裏切られても揺らぐことのない友情と一途な愛、そして涙によってついにその閉ざしていた心を開いたのです。そう、それはまるで前回の前田敦子が、親友であるみなみを自分が原因で死なせてしまったことにより、深く心を閉ざしていたのをだるまが真っ直ぐで不器用な“マジ”で解き放ったのとそっくりです。主役であるはずの前田が不在の中、「マジすか学園2」を牽引してきたふたりですが、実は今回の物語ではこのふたりの関係と成長こそがストーリーの中心であり、核心だったんではないでしょうかね。かつて、前田が四天王やサドと戦うことで成長し、仲間を作り、最終的に優子さんからマジ女を託されたように、今回はネズミとセンターが成長することで前田(実際にはおたべが部長だが)からマジ女を託されるということなんでしょう。それにしても、体育館でのセンターとネズミさんが見詰め合うシーンはドキドキしちゃいましたね。もうデポは、チュウしちゃうのか?と思っちゃいましたよ。




そして、ついに来ました前田とシブヤのタイマン勝負。たった一人で矢場久根へと乗り込んでいった前田さん、“カタ”をつけるって、やっぱりこのことだったんですね。廊下で出会うヤンキーたちを次々にぶちのめしてシブヤさんとご対面です。前田さんはタイマン勝負を受けることで全面戦争を回避するのが目的だったようですが、シブヤには「知るか!」って言われちゃいましたね。まぁ、前田さんは知らないけど、もう“宣戦布告”のビデオをラッパッパに届けちゃったし、ハブの連中も今更それでは納得しないでしょうからね。「来いよ、前田」と相変わらずの台詞で挑発するシブヤに対して、前田が構えを取りいつもの音楽が流れ、正にタイマンが始まろうとしたその瞬間、ダンスが警察が来たことを告げ勝負は水入りに…。う〜ん、やって欲しかったですね、タイマン勝負。そして、また頭突き一発でKOされて欲しかった、シブヤさんには悪いけど。でも、ダンスの「前田さんが持ってかれた方が、マジ女との全面戦争は有利になるんじゃ…」に対して「ヤンキーはヤンキー同士でカタをつけるんだ」と言ったシブヤさん。さすがに一本筋が通ってますね、とても寝返った人とは思えません。


一方、ヤバ女から届けられた宣戦布告のビデオを見るおたべと四天王たち。300人の連合軍に対し、「うちらがひとり、60人づつ倒せばいいってことだろ」と言ってはみるものの、前田とゲキカラを欠くラッパッパの部室には重たい空気が…。そこへ「ひとり、50人だろ」とセンターが登場。「マジ女のテッペン取るのは、もうちょっと先だ。その前にラッパッパがなくなっちまったら、シャレにならねぇ」と続けるセンターの表情は、ネズミさんとの友情も確認出来て心なしかスッキリしているように見えます。続いて、チームホルモン、チームアンダー、チームフォンデュと次々にラッパッパの部室に集まるヤンキーたち。そして、かつては「ラッパッパ、潰せ!ラッパッパ、潰せ!」と階段を登って来た“つの字連合”も「マジ女、マジ女」とラッパッパと共に戦う意志を示し、ここにマジ女が一致団結。いよいよ、最終決戦の準備は整いました。




毎週楽しく見てきた「マジすか学園2」も次週はいよいよ最終回。シブヤの機転によって警察から逃れた前田さんですが、その足でマジ女へとは戻らなかったようですね。マジ女とヤバ女の全面対決となるその場所には前田さんの姿はありません。近隣のヤンキー校を援軍に付けたヤバ女に対して数の上では圧倒的不利なマジ女。しかし、そこにはセンターと背中合わせで構えるネズミの姿が!そして、チョウコク、トリゴヤ、ブラック、サドと卒業生たちの姿も。「天国の優子に笑われるぞ!」と喝を入れるのは優希か、それとも優香か。そして、そして、待ってましたよ本当に。最後の最後にだるまさん登場!!!!!!!!!!!マジ女オールスター勢ぞろいで全面戦争の行方は……。そして、一線を越えてしまった前田さんの結末は。大根の花見届けます。来週も要チェックや!!




  • URL:https://yaplog.jp/cinemadepot/archive/985
Trackback
Trackback URL
管理者の承認待ちです。
※blog管理者の設定により、管理者が承認するまでトラックバックは表示されません。
July 30 [Tue], 2013, 13:47
管理者の承認待ちです。
※blog管理者の設定により、管理者が承認するまでトラックバックは表示されません。
July 08 [Mon], 2013, 0:07
■第十一話
「矢場久根(ヤバクネ)のシブヤです。まあこれまで色々ありましたが、過去は過去サラッと水に流せねえんだよ!うちらでかたつけるしかねえだろ?矢場久根(ヤバクネ)はマジ女に対して宣戦布告する!」シブヤ・板野友美はついにマジ女に宣戦布告した。両校の戦いの場は決められた場所、時刻で開始されることになる。
ハブの四人が他校と同盟を結んで動き回っていたこともあり、マジ女にとって今回の戦争はあまりにも不利だった。援軍を頼まないのは馬路須加(マジスカ)の美学なのだが・・。
そんな時。前田敦...
NelsonTouchBlog  July 04 [Mon], 2011, 4:14
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。




映画、音楽、Blu-rayの最新情報ならHYPER DEPOT

最新コメント
アイコン画像Toko Tas Branded Kw Murah Surabaya
» プライミーバル 恐竜復活 (2013年11月06日)
アイコン画像日本インターネット映画大賞
» ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011年12月25日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年08月13日)
アイコン画像大島優子
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年07月23日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第8話「それぞれの答え」 (2011年06月08日)
アイコン画像まき
» プライミーバル 恐竜復活 (2010年08月05日)
アイコン画像スワロフスキー大好き
» 蛯原友里、押切もえ (2009年11月30日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/cinemadepot/index1_0.rdf
Pagerank/ページランク
ヤプログ!PR




2011年06月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
新作発売情報



DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販

DMM.com CD&DVDレンタル