プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

June 05 [Sat], 2010, 16:28
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆

公開日:2010年5月28日
配給:ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン
監督:マイク・ニューウェル
出演:ジェイク・ギレンホール,ジェマ・アータートン,ベン・キングズレー

鑑賞日:2010年6月5日
MOVIX三郷 シアター3(座席数141)

【ストーリー】
史上空前の繁栄を極める古代ペルシャ。親のないスラムの少年ダスタンは、友人を救うための勇気ある行動が王の目に止まり、養子として王宮へ迎え入れられる。それから15年、第3王子として“ペルシャのライオン”と異名をとるほどの勇者に成長したダスタン。彼は兄や叔父ニザムと共に聖なる都アラムートを征服、ある1本の短剣を戦利品として手に入れる。しかし、父王に贈ったアラムートの法衣に毒が塗られていたことから王が絶命、暗殺の容疑者となってしまう。そんな中、捕虜の身に甘んじていたアラムートの姫タミーナが彼の逃走を助ける。実は彼女の目的はダスタンの短剣にあった。それは、時を戻し、過去を変え、世界をも支配する強大な力を得ることができる伝説の“時間の砂”を操る唯一無二の代物だったのだ。また彼女は、“時間の砂”を邪悪な者から守る一族継承の使命を担っていた。こうして、ペルシャ帝国軍と闇の暗殺者集団ハッサンシンに追われることとなったダスタンとタミーナは、父王殺しの真犯人と“時間の砂”を求め、過酷な冒険に旅立つのだが…。

【レビュー】
本日の鑑賞は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェリー・ブラッカイマーが製作を手掛けた、古代ペルシャを舞台に贈るファンタジー・アドベンチャー「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」です。この作品は人気アクションゲームを実写映画化したらしいのですが、ゲームを殆どやらないデポはこのゲームの存在をまったく知りませんでした。人気ゲームの映画化といえば、「バイオハザード」や「ストリートファイター」などこれまでにも何度かありますが、ヒットしたのはほんの少しです。今回はディズニー作品でブラッカイマーが製作ですから期待出来そうなんですが…。そうそう、作品の内容とは関係ないんですが、ジェリー・ブラッカイマー作品には必ず出て来る“木に稲妻が落ちるロゴサイン”がデポは結構お気に入りです。

公開前はあまり期待もしていなかったというか、どんな内容かもよく知らなかったこの作品なんですが、さすがはジェリー・ブラッカイマーとディズニーのゴールデン・コンビ、オープニングからエンディングまで畳み掛けるように繰り広げられるアクションシーンの連続と目まぐるしく飽きさせないストーリー展開はまさにディズニーランドのアトラクションのようです。

とにかくアクションシーンが迫力満点で、中でもナサフの街中で展開するダスタンと兵士たちの“YAMAKASHI”まがいの追いかけっこは凄いの一言です。屋根から屋根へのジャンプ移動などは序の口で、壁を使っての宙返りや突起物を利用しての鉄棒技などCGでも使っているんじゃないかと思うぐらいです。主演のジェイク・ギレンホールは、肉体改造と特訓によってほとんどスタントなしでこれらのシーンを演じたということなので俳優さんて凄いんですね。因みにこのアクション、パンフレットの解説を見ると“パルクール”と載っていたのでWikipediaで調べてみると、「移動の芸術、特別な道具を使うことなく効率的に障害物を越えることを目的としたフランス発祥のスポーツである」という記載がありました。Youtubeにも色々な動画がUPされていしまたが、デポがやったら即死でしょう。

また、闇の暗殺者集団ハッサンシンの存在も忘れてはいけません。大蛇や毒蛇を自由自在に操るものや鞭を手足のように使いこなすもの、そして、ミサイルのように何本ものナイフを連続で発射するものなど、いかにもゲームに登場しそうな暗殺者キャラクターが目白押しで楽しませてくれます。このハッサンシンと唯一互角の勝負を披露するのが、砂漠の商人シーク・アマールと共にダスタンに協力するナイフ投げの名人セソです。ハッサンシンのナイフ使いが機械的に複数のナイフを発射するのに対し、セソは自らの熟練した技でナイフを連投する。機械VS技術、職人VS科学の対決は手に汗握る熱戦なので一瞬たりとも見逃さないでくださいね。必見です。

さて、この映画のポイントは、何と言っても1分間時間を戻せる“時間の砂”の存在です。アラムートの女王タミーナが守る伝説の短剣のガラス製の柄の部分に時間の砂を入れ、ボタンとなる宝石を押すと中の砂が空中に放たれ時間を逆走させることが出来るんですが、この時間が逆走する時の映像がなかなか面白い。ボタンを押した人間だけが幽体離脱のように自身の肉体から抜け出し、逆走する時間の流れを客観的に見ることが出来るのです。でも、この映像の感じと時間の流れを戻して物事に対処するアイデアってニコラス・ケイジ主演の「NEXT−ネクスト−」と似てるんですよね。「NEXT−ネクスト−」という作品は、ニコラス・ケイジ演じるクリス・ジョンソンが自分に関わる未来のみ、しかもたった2分先の未来だけの予知能力を持つというものだったんですが、この能力によって銃弾を避けたり、落石をかわしたりするんです。本作でも時間を戻すことで短剣の攻撃を避けたり、複数の毒蛇の動きを見切ったりするんですが、その映像はまさに瓜二つという感じです。しかも、もうひとつ両作品には共通点があって、ラストシーンのみ、それまでの設定とは異なる“時間の流れ”が……これはかなりのネタバレとなるので続きは劇場で。

典型的なディズニー映画といえる本作品は、勧善懲悪のハッピーエンドで大人から子供まで幅広い年齢層の人が楽しめるんではないでしょうか。こんな中途半端な時期ではなく夏休みに合わせて公開すればもっと興行収入も期待出来たんでしょうが、ディズニーさんと言えば“あのおもちゃたち”が登場する超大作が控えているから仕方ないんでしょうね。ブラッカイマーと言えども過去の実績がある“おもちゃたち”には勝てないということなんですね。因みにデポはこの“おもちゃ物語”前2作も観てないので新作も観ないと思います(何でタイトル伏せてるんだ?)。

そうそう、鑑賞時にダスタンを演じてる俳優さん、華はないけどどっかで見たことあるんだよなぁ…と思ってたんですが、「デイ・アフター・トゥモロー」でデニス・クエイドの息子役を演じたあの青年だったんですね。「デイ・アフター・トゥモロー」は結構好きな作品でDVDも持ってますし、スカパー!などで放送していると何故か見入ってしまうので記憶に残ってたんですね。でも、その後の出演作品はすべて観てないなぁ…

「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」 Blu-ray


「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」 DVD


「プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂」 Music
  • URL:https://yaplog.jp/cinemadepot/archive/958
Trackback
Trackback URL
マッチョなジェイク 公式サイト http://www.disney.co.jp/movies/persia-movie人気ゲームの映画化製作: ジェリー・ブラッカイマー監督: マイク・ニューウェル  
風に吹かれて  August 07 [Sat], 2010, 13:41
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。




映画、音楽、Blu-rayの最新情報ならHYPER DEPOT

最新コメント
アイコン画像Toko Tas Branded Kw Murah Surabaya
» プライミーバル 恐竜復活 (2013年11月06日)
アイコン画像日本インターネット映画大賞
» ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011年12月25日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年08月13日)
アイコン画像大島優子
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年07月23日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第8話「それぞれの答え」 (2011年06月08日)
アイコン画像まき
» プライミーバル 恐竜復活 (2010年08月05日)
アイコン画像スワロフスキー大好き
» 蛯原友里、押切もえ (2009年11月30日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/cinemadepot/index1_0.rdf
Pagerank/ページランク
ヤプログ!PR




2010年06月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
新作発売情報



DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販

DMM.com CD&DVDレンタル