大奥

December 18 [Mon], 2006, 23:21
DEPOTのおすすめ度:★★★★☆

公開日:2006年12月23日
配給:東映
監督:林徹
出演:仲間由紀恵,井川遥,及川光博

鑑賞日:2006年12月18日(完成披露試写会)
東京国際フォーラム ホールA(座席数5,012)

【ストーリー】
時は正徳2年、第7代将軍・家継の時代。将軍と呼ぶにはあまりにも幼い将軍を巡って、江戸城では表と裏舞台が蠢いていた…。第6代将軍に取り立てられ幼将軍・家継の後見人として摂政の地位を占めた側用人・間部詮房。その振る舞いを快く思わない大老・井伊掃部頭直該を始め、他の老中たちとの醜い権力争いが表面化する中、大奥でも、先代将軍未亡人・天英院と若く美しい将軍生母・月光院との女の意地を賭けた闘いが繰り広げられていた。そんな混沌とした大奥に、月光院の推挙で早くも御年寄に昇格した絵島。聡明な絵島は、月光院の信頼も厚く、それは対立する天英院派の不満の矛先へと変わっていった。

【レビュー】
ついに、ついにデポも完成披露試写会デビューしてしまいました!!通常の試写会はこれまでも幾度となく行って参りましたが、出演者の方々による舞台挨拶のある完成披露、プレミアといった試写会は今回が初めてとなります。いゃ〜、東京国際フォーラムって凄いんですね。中でも会場となったホールAは座席数が5,012席もあって桁違いに広い会場です。当日は仕事を早く片付け、16時過ぎには座席指定席券の交換に行ったんですが1階41列と何か微妙な位置の予感。しかし、実際に会場入りしてみるとデポの座席は会場のほぼ中央の席で映画を観るには最高の位置でした。また、入場時には画像に写っている豪華な金色のプレスシートまで頂き、チラシしか貰えない通常の試写会とはやっぱりスケールが違うなぁと実感しました。

19時をやや回り、いよいよ舞台挨拶がスタート。司会のフジテレビアナウンサー阿部知代さんが登場すると場内は早くもヒートアップ。照明が落とされ、舞台上でスモークが焚かれるとデポの興奮も一気に高まります。幕が上がり、後方からの赤いスポットライトの中、彩り鮮やかな和服に身を包んだ出演者たちが登場。中央に位置取り赤と黒の着物で一段と映えているのが仲間由紀恵さんのようですが、残念ながらはっきりとは顔が見えませんでした。そう、デポの座席は映画を観るには本当に最高の位置なんですが、舞台上の出演者の顔を見るためにはもっともっと前の席でなくてはダメだったんです。用意がいい人は双眼鏡を持って来てましたので、デポも次回、このような機会があったら必ず双眼鏡を持参したいと思います。

最初に挨拶をしたのは大奥総取締の絵島を演じた仲間由紀恵さん。「テレビシリーズからファンだった「大奥」。その映画に出演できたことを凄く嬉しく思っています。個性的で素晴らしいキャストの皆様、素晴らしい技術を持ったスタッフの方々、そして、林監督と共に作りました。皆さんにご満足いただける作品に仕上がっていると思います」とコメント。続いて、絵島と恋に落ちる歌舞伎役者、生島新五郎役の西島秀俊さんが「ある意味、映画化というのは悲願だったと思いますが、遂に映画化されました。その現場に参加できたことを誇りに思ってます」と挨拶しました。次に挨拶したのが間部詮房役のミッチーこと及川光博さん。「常日頃から時代劇に出演している訳ではないので、着物を着ての立ち振る舞いが非常に難しいと思いました。日本人ですもんね、これからも時代劇、そして着物文化をしっかりと推進して行きたいなと」そして、「ミッチーでした。チャオッ!」のセリフに場内大爆笑。その後、杉田かおるさん、“大奥スリーアミーゴス”の鷲尾真知子さん、山口香緒里さん、久保田磨希さんが挨拶しました。

蓮浄院を演じた松下由樹さんは、「前回のテレビシリーズで凄く印象に残っているセリフは「上様のためなら鬼にも蛇にもなりまする」というのがありましたが、今回はほんのささやかな恋のために地獄に堕ちてもいいという女性の強さが感じられる映画だなぁと思いました」コメント。上臈御年寄滝川役の浅野ゆう子さんが「映画はメチャメチャ怖いですよ、高島さんが。松下さんも怖い。滝川は怖いと言われていたのに、私がタジタジになったほどお二人は恐ろしい。でも、一番怖かったのは仲間由紀恵です」と笑いを取ると次に挨拶した天英院役の高島礼子さんは「浅野さんの後は喋りにくい」と言いながらも「いたぶるって結構楽しそうなんですが、何しろ仲間由紀恵ちゃんの大奥総取締がとても目力が強く、賢くて強い女性なので、たまに怯みそうになりながらも負けてはいられないと今回努めさせていただきました」と挨拶。その後、林徹監督の挨拶があり、いよいよ映画上映かと思いきやこの映画の主題歌「運命」を歌う倖田來来さんが登場。残念ながら歌は歌いませんでしたが脚本を読み、自ら作詞も手掛けた「運命」と映画への思いを語りました。その後、プレスによる写真撮影が行われ舞台挨拶は無事に終了。約30分にも及ぶ舞台挨拶に映画を観る前から既にお腹いっぱいになってしまったデポでした。

ここからは映画の方の感想となりますが、実はデポはTVドラマの「大奥」はまったく見たことがありません。しかし、そんな「大奥」初体験のデポが観てもちゃんと楽しめるようにこの映画は作られています。そして、キャストの方々が口々に言っていた様に怖いですよ〜この映画。女の情念とはこんなにも恐ろしいものなのかと思うと両隣を女性に挟まれた席で観ていたデポは思わず縮こまってしまいましたね。

物語は六代将軍徳川家宣の寵愛を受け、徳川七代将軍家継の生母となった井川遥さん演じる月光院と家宣の正室だったが、月光院に権勢を奪われた高島礼子さん演じる天英院による権力争いから月光院の右腕である仲間由紀恵さん扮する大奥総取締の絵島が謀略の罠とたった一度の命を掛けた恋に落ちていくというもの。まず、何と言っても目を引くのが女優さんたちの絢爛豪華な衣装ですね。舞台挨拶の時よりも一層華やかな衣装に身を包んだ豪華キャストの競演は「大奥」ならではと言った感じではないでしょうかね。鮮やかで若々しい着物が多かった仲間さんと落ち着いた雰囲気の着物が良く似合っていた井川さん。大きなスクリーンで観るふたりの艶やかな着物姿にデポも思わずウットリです。また、先に書いたとおりドラマを見ていないので高島さん、浅野さん、松下さんなどの和服姿も非常に新鮮でミッチーじゃないけど“日本の着物文化をしっかりと継承して行きたいな”と考えたりもするデポでした。チャオ!って、まだまだ終わりじゃないよ。

そんな美しい姿とは対照的に展開されていく女の意地を賭けた醜く熾烈な闘いは本当に怖いですよ〜。廊下に花を落として足袋を汚したり、お茶会で茶の中に異物を混入したりなんてのはまだまだ序の口で、着物の中に毒ヘビを仕込んだりするのにはもはや生死が掛かってますからねぇ。女の嫉妬とはかくも恐ろしきかな…といったところでしょうか。普段は悪役をやることなどがない松下由樹さんや高島礼子さんが陰湿且つ執拗に月光院や絵島をいじめ抜く姿は何かいつもよりイキイキしてんじゃないの?と思わずにはいられません。もっとも、演じるとなるとこのような役どころは主役以上に難しいんでしょうけどね。

そんな女性中心のこの映画「大奥」にあって、デポが最も惹きつけられ注目したキャラクターが西島秀俊さんが演じた歌舞伎役者の生島新五郎です。この生島という人物、一見女ったらしで絵島を陥れようとする悪い役に見えますが、正真正銘本物の歌舞伎者です。オープニングに登場し、女の子の風車を買ったシーンからラストの磔になるシーンまで粋でいなせでどんな状況でも“傾(かぶ)く”ことを貫いている生島新五郎は、自らの地位や名誉に固執し、保身のために愛するものさえも切り捨てようとした間部詮房などよりもよっぽど男らしくカッコイイです。デポはこういう自らの信念のためには命をも惜しまないというキャラクターに弱いんですよね。だから、最後に彼が微笑むシーンではちょっとジーンと来ちゃいました。

“絵島生島事件”という実話を元にして作られているこの映画は、男と女、それぞれの権力争いとたった一度の許されぬ恋の行方を時に醜く、時に美しく描いています。大奥という閉ざされた世界の中で恋を知らずに生きてきた聡明な絵島が、「その後の人生を余生と思えるほどの恋」と言った生島新五郎との生涯一度、そして一夜限りの恋の行方は是非とも劇場で観ていただきたいですね。絢爛豪華な衣装と女たちのドロドロとした争いばかりが注目されていますが、デポが惹きつけられた生島新五郎という男の生き様もその目に焼き付けてくださいね。余談ですが、ラストシーンで八歳の家継が病死後、吉宗が将軍の座に着いたという語りに「暴れん坊将軍だ!!」と思ったのはデポだけではあるまい。

大奥 スペシャル・エディション
大奥 スペシャル・エディション仲間由紀恵 西島秀俊 井川遥

ポニーキャニオン 2007-06-08
売り上げランキング : 6508
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


大奥 スタンダード・エディション
大奥 スタンダード・エディション仲間由紀恵 西島秀俊 井川遥

ポニーキャニオン 2007-06-08
売り上げランキング : 12927
おすすめ平均star


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
  • URL:https://yaplog.jp/cinemadepot/archive/627
Trackback
Trackback URL
» 大奥

 『最悪の地獄。』
 コチラの「大奥」は、フジTV系で放送されていた大ヒットTVシリーズの映画化でございます。かくいうこのあたくしもその殆どを見ておりましたのでございます。
 なんといっても女のドロドロとした戦い、そしてTV以上に絢爛豪華な大奥の世界観。公...
☆彡映画鑑賞日記☆彡  March 30 [Sun], 2008, 19:38
★動員190万人、興収23億円の大ヒット!! ◎女性の人生の縮図でもあり、女の...
ベスパラ最新ニュース  June 29 [Fri], 2007, 18:45
仲間由紀恵が絵島を演じる!
 
江戸城・大奥を舞台に繰り広げられる女たちの愛憎劇を描いたフジテレビのスーパー時代劇「大奥」の劇場版がついにスクリーンに登場ドラマは2003年から始まった。閉ざされた女の園・大奥で生き抜こうとする女たちの愛情・見栄・嫉...
銅版画制作の日々  June 28 [Thu], 2007, 8:25
いつの間にか暖かくてなってきてしまってぬぅ(; ̄− ̄)...昨夜は雨。超多忙な
apple of the nariyuk's eye  February 11 [Sun], 2007, 1:08
» 大奥
 大奥ものといえばこれまでに数多く量産され続けてきたようにみえますが、ピンク映画はともかくとして、検索しても意外と多くありません。  自分は
シネクリシェ  February 03 [Sat], 2007, 11:05
大奥
2006年   林徹 監督仲間由紀恵 西島秀俊 井川遙 及川光博 杉田かおる 浅野ゆう子 松下由樹 高島礼子 藤田まこと 柳葉敏郎 岸谷五朗
絵島、かっこえ?!!
西島秀俊 も、今作では、かっこよかった。
いぁ、タダ券余っていて、007見に行...
猫姫じゃ  January 31 [Wed], 2007, 0:57
この映画を観て後悔したコトがあります。…と言うのも、ドラマも観たコトないし、全く予習して行かなかったので、なかなかストーリーが分からなかったのです。すごくもったいなかったと思います。
それでも人物関係が分かってきた頃には女同士の壮絶な戦いに引き込まれて...
Tokyo Sea Side  January 22 [Mon], 2007, 0:06
今年初の劇場鑑賞レンチャンの2本目。
ドロドロ気味の時代もの・・・という印象のタイトルで・・・
フジテレビのテレビシリーズも見てませんでした。
とりあえず、時間が合ったので、鑑賞しちゃいました。
ひらりん的映画ブログ  January 16 [Tue], 2007, 23:50
» 大奥
大奥公開中ストーリー ☆☆☆映画の作り方☆☆☆総合評価  ☆☆☆ 良くもなく悪く
シネマ de ぽん!  January 12 [Fri], 2007, 22:52
» 大奥
これまで多くの文学、芝居などで取り上げられてきた「絵島浮島事件」をモチーフに近代最大のハーレム「大奥」の女のサガと女の欲望と女の権力を描いた絵物語です。仲間由紀恵って、あまり好きな顔立ちじゃないんだけど、日本髪にしたら結構麗しいじゃないですか!
八ちゃんの日常空間  January 09 [Tue], 2007, 23:24
» 大奥
期待値: 56%  フジテレビ「大奥」の映画版。 今回はドロドロというよりは恋愛物語になっているよう
週末映画!  January 09 [Tue], 2007, 9:47
≪ストーリー≫
7代将軍・徳川家継の時代。将軍といえども、まだ幼い家継に代わって実権を握っていたのは、能役者から側用人に成り上がった間部。しかも間部は、6代将軍・家宣の側室で将軍生母である月光院とも恋仲に。だが2人の秘密の関係は、先代将軍の正室ながら子を...
ナマケモノの穴  January 07 [Sun], 2007, 7:44
» 大奥
★★★☆  まさに豪華絢爛、贅の限りを尽した衣装と、べストキャストな女優たち、そして凛とした江戸城の佇まいに、煌びやかな紅葉が目に眩しい。また江戸の町並や歌舞伎小屋に、町人たちの文化レべルが偲ばれた。見事、見事の花吹雪。  さすが時代劇の東映!。これぞ大時
ケントのたそがれ劇場  January 06 [Sat], 2007, 23:04
女同士のドロドロしたドラマは本当は好きではないのですけれど・・・。 テレビシリー
はらやんの映画徒然草  January 06 [Sat], 2007, 7:08
CAST:仲間由紀恵 西島秀俊 他

STORY:1712年、徳川七代将軍、家継の時代。子供を持たなかった先代将軍の正室、天英院は、将軍の生母で先代の側室、月光院を酷く嫌っていた。月光院から厚く信頼されていた大奥総取締の絵島(中間由紀恵)もまた、天英院の不満の...
Sweet* Days  January 05 [Fri], 2007, 16:14
» 大奥
期待値: 55%  フジテレビ「大奥」の映画版。 今回はドロドロというよりは恋愛物語になっているよう
週末映画!  January 05 [Fri], 2007, 10:14
» 大奥
(2006/日本)【劇場公開】

監督 :林徹
出演:仲間由紀恵/西島秀俊/井川遥/及川光博/杉田かおる/麻生祐未

命をかけて守りたいもの
それは愛する人への思いだった・・

●ストーリー●
徳川家七代将軍家継の世、大奥では先代将軍の正室・天英院(高島礼子)と将...
小部屋日記  January 04 [Thu], 2007, 22:47
» 大奥

 
 
最悪の地獄。
 
 
 
 

 
評価:★7点(満点10点) 2006年 126min
監督:林徹
主演:仲間由紀恵 西島秀俊 井川遥 及川光博 杉田かおる
おい!お前等、、、。大奥総取締をナメんなよ!

 ...
Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)  January 04 [Thu], 2007, 21:08
最悪の地獄。
ひるめし。  December 30 [Sat], 2006, 23:06
» 大奥
2006/日本
監督:林   徹
出演:仲間由紀恵(絵島)
   井川 遙(月光院)
   高島礼子(天英院)
   木村多江(法心院)
   松下由樹(蓮浄院)
   浅野ゆう子(滝川)
   杉田かおる(宮路)
   及川光博(間部詮房)
   西島秀...
Lovely Cinema  December 29 [Fri], 2006, 23:15
「大奥」★★★
仲間由紀恵、井川遥 、高島礼子 、浅野ゆう子 、高島礼子 出演
林徹 監督、2006年



大奥の大広間を50人くらいの
きらびやかに着飾った女達が歩くとき
着物のすそと畳が擦れて
「キュッ、キュッ」と音がして
昔の今は無い大奥をそんなところで...
soramove  December 29 [Fri], 2006, 18:38
» 大奥


仲間由紀恵さん主演の大奥観てきました?♪
【内容】
正徳二年、第7代将軍家継の時代に起きた江島生島事件を題材にした映画です。
当時将軍生母の月光院が大奥内の権力を握っていた。それを先代の将軍正室の天英院一派が策を講じ、月光院の信頼厚い大奥総取締絵島...
純情ちらり。  December 29 [Fri], 2006, 9:02
» 大奥


おなごというものは

  おなごを裏切るものにございますのえ?

          おぉぉ?こわぁ?。。。
でもね、このセリフがめっちゃ気に入りましたわ(´qp`*)
家に帰ってから何回も言いました?♪

なんたって、最近セレブ婚を果たし、10年続いた所ジョ...
UkiUkiれいんぼーデイ  December 28 [Thu], 2006, 8:43
?
『大奥』
?
大奥史上最大のスキャンダル「絵島生島事件」を完全映画化!!
?
「おおぉくでふぁ・・・」と岸田今日子さんのナレーションで始まっていたフジのドラマ『大奥』。
それから20年経って今の『大奥』が始まり、そして映画化と進化していった訳ですが、やっ
唐揚げ大好き!  December 28 [Thu], 2006, 5:41
中奥と大奥の渡り廊下「御鈴廊下」にフジテレビ系列の女子アナウンサーを全国から集めてズラリと並べた、粒ぞろいの美人ばかり、でなくとも見事ではある



時代は18世紀、江戸幕府も百年を過ぎ、町人文化の花開いたころ、中奥(まつりごと)にも大奥にも対立は激化...
» 大奥

激しく燃え上がる恋の炎、そして禁断のハーレム・・・大奥に渦巻く、女同士の壮絶な情念と意地のぶつかり合い。物語は激しく、狂おしく、愛おしく、劇的な結末に向けて走り出す__。
時は正徳2年、第7代将軍・家継の時代。将軍と呼ぶにはあまりにも幼い将軍を巡って...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ  December 27 [Wed], 2006, 16:40
» 大奥

激しく燃え上がる恋の炎、そして禁断のハーレム・・・大奥に渦巻く、女同士の壮絶な情念と意地のぶつかり合い。物語は激しく、狂おしく、愛おしく、劇的な結末に向けて走り出す__。
時は正徳2年、第7代将軍・家継の時代。将軍と呼ぶにはあまりにも幼い将軍を巡って...
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ  December 27 [Wed], 2006, 16:40
『公式サイト』制作データ;2006日本/東映 ジャンル;時代劇上映時間;126分 監督;林徹  出演;仲間由紀恵/井川遥/及川光博/杉田かおる/松下由樹/浅野ゆう子/高島礼子 劇場:12/26(火)丸の内TOEI◆STORY◆7代将軍・徳川家継。まだ幼い家継に代わって実権を握っ...
ヘーゼル☆ナッツ・シネマカフェ  December 27 [Wed], 2006, 11:52
女子(おなご)というものは、

女子(おなご)を

裏切るものにございますのえ?ぇ(o ̄∇ ̄)


東京国際フォーラムで行われた、映画「大奥」の完成披露試写会に行ってきました!!

今回は完成披露試写会ということで、上映前に舞台挨拶があったんですけど、さすがフジテレビ、演出もかなりかっこよかったですよ!!

舞台挨拶のメンバーも豪華で、仲間由紀恵、高島礼...
Thanksgiving Day  December 26 [Tue], 2006, 11:31
» 大奥
それでもぼくはやってない!
ネタバレ映画館  December 26 [Tue], 2006, 0:33
フジ系のTVシリーズを見ていたこともあって観ることにした。(「第一章」が一番好きかな?「華の乱」はハヌケ) それらシリーズ3作での登場人物が、役柄を変えて登場しているのでわかっちゃいるけど少々混乱しそうになった。(以下若干内容に触れます)
たいむのひとりごと  December 25 [Mon], 2006, 23:46



『大奥』鑑賞レビュー!



最悪の地獄。
史上最悪のスキャンダル!

★review★
2003年から3作のシリーズになった
TV版時代劇『大奥』は未見ですが
ストーリーが7代将軍・家継の世でしたので
何の問題も無く楽しめたyo?!

何度も本作のCMで...
 まあTV番組の映画化はある程度の集客も読めるところもあるので、映画会社として
みんなシネマいいのに!  December 25 [Mon], 2006, 22:37
実はテレビドラマの方は一度も観たことが無く、今回が『大奥』初観賞です。まぁ、テレビドラマの方を敬遠していた理由として、女性のドロドロとした仁義無き愛憎劇が苦手だった、というのがあります。『愛のソレア』観てたクセにな(時たまだけど……)。
で...
Diary of Cyber  December 25 [Mon], 2006, 22:28
おなご というものは
おなごを うらぎる
もので ございます

フジTVお得意の大量宣伝作戦にかかってしまったわけではないんですけど、これだけの顔ぶれがスクリーンで観られると思ったら、やっぱりそそられちゃいますね。物語の中での妖艶な女たちの戦いはもちろん...
カノンな日々  December 25 [Mon], 2006, 22:23
» 大奥
よく出来ていました。…からこそ、もっとじっくり観たかった感もあります。
sigh.  December 25 [Mon], 2006, 22:20
» 大奥

大奥のスキャンダル
「絵島生島事件」を下地にして、 
ストーリーが進展していきます。 

大奥といえば女対女のバトル、
そして今回はプラス 悲しい愛の物語。 

どちらかというとラブストーリーの方に
重きを置いています。

大奥総取締の絵島(仲間由紀恵)が 
...
花ごよみ  December 25 [Mon], 2006, 22:20
» 大奥
憎しみ嫉妬に打ち勝つのは永遠の愛情!
Akira's VOICE  December 25 [Mon], 2006, 12:56
映画館にて「大奥」

三度のテレビシリーズを経て初の映画化。大奥史上最大のスキャンダル“絵島生島事件”を題材にした愛憎絵巻。

徳川家七代将軍家継の世、大奥では先代将軍の正室・天英院(高島礼子)と将軍の生母・月光院(井川遥)が熾烈な女の闘いを繰り広げていた...
ミチの雑記帳  December 24 [Sun], 2006, 22:56
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
seagreenさん、こんばんは。

いゃ〜、あのテンションは完成披露試写会ならではのものですね。映画館での舞台挨拶とはスケールも違いますし、周りのテンションだけで本当にお腹いっぱいになりそうです。また、ホールAはseagreenさんの仰るとおり桁違いに広くてデポがいつも行っているMOVIXがホームシアターのように感じちゃいますね。

残念ながら有名人がいたかどうかは確認できませんでした。デポもちょっとおのぼりさんだったので…。
December 31 [Sun], 2006, 22:52
完成披露試写会デビュー、おめでとうございます。
おお!プレスシートも、大奥の豪華な感じが出てますね。
舞台挨拶があると、観客のテンションも上がって、映画の感じ方も、普通に鑑賞するのとは違うような気がします。
ホールAは、スクリーンが大きくて、見やすい位置で見ると、映画館よりずっと迫力がありますよね。

有名人の方々いる、VIP席とはありましたか
December 25 [Mon], 2006, 9:12
ミチさんにもメリークリスマス!!

数々の試写会に参加してきたデポも舞台挨拶のある完成披露試写会は初体験でした。着物姿で登場した女性キャストの皆さんは本当にきれいでしたよ。顔はあんまり見えなかったけど…。ミッチーには大声援、杉田さん、浅野さんには大爆笑が巻き起こった舞台挨拶は映画同様、いやそれ以上に楽しかったです。

試写会で貰ったプレスシートは金色なんですが、昨日MOVIXで見たパンフレットは銀色でした。こんなところにも違いがあったんですね。
December 25 [Mon], 2006, 0:00
デポさん、メリークリスマスです〜
完成披露試写会なんて素晴らしいものに参加なさったのですね〜。
パンフも豪華です
出演者の方の登場はさぞきらびやかだったことでしょう。
ミッチーはあくまでもミッチーらしかったようですね。
ドラマ「大奥」は固定ファンがいるのでそこそこヒットするような気がします。
お正月にふさわしい豪華絢爛な映画でした。
December 24 [Sun], 2006, 23:00




映画、音楽、Blu-rayの最新情報ならHYPER DEPOT

最新コメント
アイコン画像Toko Tas Branded Kw Murah Surabaya
» プライミーバル 恐竜復活 (2013年11月06日)
アイコン画像日本インターネット映画大賞
» ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011年12月25日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年08月13日)
アイコン画像大島優子
» マジすか学園2 第5話「ゲキカラROCK」  (2011年07月23日)
アイコン画像デポ
» マジすか学園2 第8話「それぞれの答え」 (2011年06月08日)
アイコン画像まき
» プライミーバル 恐竜復活 (2010年08月05日)
アイコン画像スワロフスキー大好き
» 蛯原友里、押切もえ (2009年11月30日)
Yapme!一覧
読者になる
https://yaplog.jp/cinemadepot/index1_0.rdf
Pagerank/ページランク
ヤプログ!PR




2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
新作発売情報



DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

DMM.com DVD通販

DMM.com CD&DVDレンタル