3月のお料理プログラムは餃子でした。 

2017年03月31日(金) 17時56分
3月度 お料理プログラムを行いました。

今回は ギョウザに挑戦
なんと 初参加の方が2名も〜  嬉しい叫びです。

最初に自己紹介から、初めましてのご挨拶
そして 具材は皆さんのご意見・ご希望により決定しますが・・・
ニラがいい ・キャベツでしょう ・椎茸が良い ・チーズ入れると美味しいよ!
なんと、その日に大量のほうれん草の差し入れがあり(監督が身体で稼いできた
何ともベジタブルな餃子になりそうな予感がしてきました。

いつものように 買出し班と 準備班に分かれ
ワイのワイのと楽しそうに出掛けていく買出し班
残った準備班で 大量のほうれん草を洗ったり 米を研いだり テーブルに色々準備し



いよいよ食材も揃うと 野菜のカットは今回フードプロセッサーが大活躍
「以外に地味に面白い 」となかなかの好評で 
切り刻まれた具材に調味料を入れると 何だかいい香りもして来て 









いよいよ餃子の皮に 詰め詰め作業
皆さん以外にお上手














途中で皮が足りなくなり、再度買出し〜
それでも具材が余り 中華風スープに団子に丸めて投入{

ホットプレートに餃子を並べ 焼いている間に 炊き立てご飯をよそったり
ほうれん草の胡麻和えが出来たりしているうちに
ホットプレートの蓋を開けてみると 程良い状態となり

チーズ&ほうれん草入り餃子
ニンニクたっぷり餃子の出来上がり〜



皆さんと美味しく餃子を頂き 16名で食べるとあっという間に125個の餃子はお腹の中に納まり、皆さん大満足のご様子でした

次回は 4月24日(月) の15時から
  メニューは ハンバーグを予定しています
    皆さん振ってご参加ください


YUMI

2月のお料理プログラム 

2017年03月03日(金) 17時39分
2017.2.27 お料理プログラム

毎月恒例行事となりました、お料理プログラム 
今月は 【ちらし寿司】を作りました。

どんな具材を乗せるかは皆さんのお好みで・・・

「わたし桜でんぶ〜、蟹かまがいい〜、鮪やイカもいいんじゃない?! 錦糸卵に青みはいんげん
お好みの具材も決まり 買い出しグループさん いってらっしゃい
送り出したグループで ご飯混ぜる人 卵割る人・かき混ぜる人 具材切る人等 分担を決めてくれました。
待っている間にご飯を炊いたり ちらしずしの素投入



その間EBさんがちらし寿司のイメージ画像を出してくれ
ちらし寿司 こんな感じ〜 どんなのにする

材料を切ったり 卵割ったり 焼いたり  具材造りに皆さん活躍



新スタッフになった 肥沼君が「鮪は筋に沿って切れ込みを入れていくと綺麗に切れるよ!」と
バイトしていた当時のまかないの腕を発揮して指導してくれ
肥沼君の格が一気に上がったようでした














ケーキ型にご飯詰め詰め お寿司の層にするよ!
何を入れる? → 桜でんぶ
次は? → きゅうり  何となくきれいな色合い出来てきた
型に一杯詰まったら さあ、プッチンプリンの要領でひっくり返すよ!!  なんだかドキドキ





思った以上に綺麗に寿司台が出来上がり いよいよデコレーション
皆さんイメージを膨らませながら 春らしく 錦糸卵にいんげん散らし 鮪は薄くスライスしてバラの様なお花に









工藤財団よりフォンデュの機会?の進呈があり 
思わぬデザートメニューが増え皆さんから大好評でした

次回は3/30(木) 15時から 事務所にて 【ギョウザ】を作る予定です。
興味のあり方 是非ご参加ください

YUMI

今更ですが・・・新年会報告m(__)m 

2017年02月17日(金) 10時23分
今更〜と言われそうですが・・・
1月28日(土)新年会のご報告を〜

 第1部 ヒューマンライブラリー
ライブラリーゲストに細矢 裕之さん

そして山崎 真弓さん

第2部 懇親会

   今回の司会進行には 1月からスタッフなった 期待の新人肥沼君 と山田
   盛り上げ隊をさせてもらいました。

   さらに乾杯の音頭も 肥沼君
   今年の旋風を巻き起こしてね

   お食事は食工房ぱるさんのお弁当 
  
  食事をいただきながら 一人一人に自己紹介 
  更に今はまっていること&今年の目標を伺いました。


   皆さんそれぞれ英語を学んだり 職場での経管栄養を極めたり ダイエットに手芸の上達にと
   勉学 職場 私生活 趣味にと色んな目標に向かうようです。
   いつか目標の成果は如何なものか・・・伺ってみたいものです。
   特にダイエット?! ウ〜〜ン気になるなぁ   目標の成果は???




 そして田代司 さんによるミニコンサート  
  女性陣は目がうっとり〜の方々も
  じゃんけんゲームも盛り上がり

 新年会の閉めは
        東京都女性活躍推進大賞を受賞された  理事長 海老原 宏美さんより スピーチ


今年は教育に向けても熱い闘志を感じさせられるトークに 何としても皆で成功させたいとのハートを頂けるものでした。
   今年も良い年になりますように〜
          目標に向かって頑張ろう

YUMI

地域にあるということ 

2017年02月08日(水) 18時16分
eです。

お向かいの不動産屋のおばちゃんが、
「ちょっと〜最近身体が痛くて仕方ないのよぉ〜癌かしらぁ〜」
とお茶飲みに来る。

近所の作業所に通ってる人が、通りかかりに
「私もここの料理プログラムに参加したいけど、
グループホームでご飯食べないといけないんだよねぇ」
と愚痴ってから「行ってきまーす」。

事務所の上に住んでいるおばちゃんが、
「去年大怪我した時には助けてもらって助かったわ〜
すぐ近くにこういうところがあると安心ね!」
とホットケーキを焼いて差入してくれる。

商店街の会長が、
「ここの前の歩道、拡張工事してるけど、
俺たち、障害者のこと分からんからさぁ。
なんかあったら、この人に伝えといてもらった方がいいかと思って!」
と工事現場の監督みたいな人を連れてくる。

隣の八百屋のおばちゃんとリサイクルショップのオッチャンが
「お〜い!今、ここのおねぇちゃん(eのこと)がテレビ出てるぞ!」
と緊急速報に来る。

事務局長のお父さんが、
「漬物つけたんだけど・・・なんだ、うちのじゃじゃ馬は留守かえ?
じゃ、eさん、これ持っていきな。」
とおすそ分けに来る。

毎日、いろんな人が、いろんな風を持ち込むここの事務所。
なんか、そういうのがいいなぁと思う。

振り回されず、廃れさせず 

2017年01月06日(金) 18時03分
eです。

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

新年早々、本日、ハートネットTVの収録がありました。
なにかと生放送に駆り出されることが多いけど、
今回は収録という事で、ちょっと気楽?

そして収録場所はなんとうちの事務所!
わお。

相談室で撮影したのですが、
普段ダウンライトでちょっと暗いので照明さん入り。
そして2カメ態勢。
相談室いっぱいいっぱいでしたw







照明入るってことはメイクも必要という事で、
局からNHKメイクさんも出向。

こてこてぱふぱふ・・・。

内容は、やまゆり園の事件から半年・・・。
世間ではずいぶん忘れ去られてしまったあの事件。
でも、特殊な場所で起こった特殊な事件、で済ませてはいけない事件。

ハートネットは、ずーっと追っていて、
ほんとにありがたいしすごいと思います。

なのにー・・・
今回、あんまりうまくなかったなぁ、私。
もうちょっと核を突いたこと言うべきだったよねぇ。

自分の中でもあの事件が廃れてしまわないように、
もっともっと意識していかないといけないのかなぁ、
と反省しつつ、新年の幕開けを、
「前進は、過去の積み重ねの上に」
と誓うのでした。

さらなる進化 

2016年12月19日(月) 18時01分
eです。

アメリカ大統領にトランプ氏が選出されましたね。

ちょっと意外過ぎてびっくりです・・・。

クリントンはエリート過ぎる、
我々庶民の気持ちの何が分かる!?
という、労働者階級の白人票が、トランプ氏にすべて流れた、
ということなのだと思います。

つまり、
不法入国した移民に住居、仕事を保障してるから
自分たちの税金がどんどん浪費しているのだ、
税金泥棒を追い出せ、追い払え!
という流れです。

これは、私たちの運動にも大きく影響することではないでしょうか?

私たち重度障害者は、昔も今も、
「大して働きもしないのに税金で飯食いやがって」
と言われ続けています。

私たち重度障害者は、別に違法滞在しているわけではありませんが、
もし尊厳死法が成立すれば、
「法に対抗してまで生に固執している」という目で見られるかもしれません。

国に対しての生産性を持った貢献で、
人の価値が決められてしまいかねない時代にまた1歩近づいた気がします。

「どんな重度の障害者にも、存在する価値がある」

それを伝え続けていかなければ、という思いを新たに、
まずはとにかく自らが実践!」

あたくし、胃ろうデビューしました☆

3月くらいから急激に嚥下障害が重度化し、
食事のたびに疲労困憊。
食事に対する嫌悪感とストレスが、積もり重なっていったんですねぇー。

そこで思い切って、胃ろうを作ることにしたんですw
ぽちっとw

いやー楽〜☆
なんせ、ご飯食べなくていいのですから、
こんな幸せなことはありません(笑)

今まで一日500kcalくらいしか摂取できていなかったのが、
最大1200kcalくらい摂取できるようになりました!

胃ろうというと、
「気管切開したらもう声を出せない!」
という誤解と同じレベルで、
「胃ろうを始めたらもう口から何も食べられない」
と誤解されていますが、今まで通り、食べられます。

これからは、栄養摂取の為ではなく、
美味しいものを味わう為だけに食べればいいのです!
(栄養は直接お腹から!)

なんて幸せな・・・。

胃ろう造設を通し、素晴らしいドクターたちともつながり、
「緩和ケア」についての新たな視点も持てるようになりました。

支援・ケアの量は増えたけど、
これでまた活動するエネルギー確保につながって、
社会活動を継続できるようになりました。

ひとつ失えばひとつ得るものがある。
退化ではなく、進化。
感謝の日々です。

2016.11.13(日) 福祉祭開催 

2016年11月14日(月) 15時09分
2016.11.13(日) 第39回 東大和市福祉祭が開催されました。

当日心配していた天気は快晴
天候の応援もあり 出足も良く 気持ちE~
集うお客さん方もニコニコ(#^.^#)  




バザー方面は開始前から品物を物色 取り置き
何だか殺気だってる〜
朝一がいい品物が揃っているのをよくご存じですね

食品関係方面は 何だかいい匂いが漂い始め お腹の虫が泣き出しそうです
開催前からお子さん連れで集うスタッフ  
見ないうちに随分お姉ちゃんになっちゃって すごく頼もしい  未来の担い手だぁ




10時に開店し バザー見た客足が徐々に食品コーナーに流れ出すと
我が事務所恒例の 《ジューシーフランク》 も売れ出し
ホットプレート上の骨付きフランク達は次々と焼焼きされ
応援に来てくれたお子様方が交代の時間になってもまだ焼いていたい!! と
焼焼きを楽しんでくれながら 大活躍
                


気づくと12時 
お客さんもピークになる時間に 用意していた骨付きフランクは なんと残りわずかになっており
「わ〜 買い足しに行きますか?」の問いに 迷わずGOサインは出されました。
ですよね〜
12時に完売しちゃったら 14:30までどーする?
閉会14:30まで片づけ撤収ダメだと言われているんです。                

でも ネットで今回沖縄から取り寄せた骨付きジューシーフランクなんて そこいらでは手に入らない!
スタッフでPC得意な人がいろいろ調べてくれて 
前日には沖縄からの到着を首を長〜くして待ちわびたフランクちゃん
追加フランクに関しては 近場で仕入れたフランクとなってしまい
 真に申し訳ありませんでした
骨付きではありませんでしたが、ビッグサイズのフランクとなりました。

周りで販売していたお店も完売が続出してくると 買い足したフランクは飛ぶように売れてしまい
あという間に2度目の完売となりました

利用者さん家族も 売上げ応援してくださるようにまとめ買いして下さったり
差入れまでして下さり
本当にありがとうございました。

来年も福祉祭では骨付きフランク販売になるのかな〜?
今年は 1本100円格安で販売させていただきました。
そしてずっとフランク焼いていてくれたスタッフのお嬢様方 大活躍でした
来年も来てくれると嬉しいな〜

販売 呼び込みの応援ボランティア募集しま〜す。


YUMI



2016.10.24 料理プログラム 

2016年10月25日(火) 16時41分
 2016.10.24(月)
              料理プログラムやりました!


   今回のメニューは 【グラタン】です。
   初参加の方も開始前から早めに来られ、自己紹介からスタート!

   好き嫌いある?
   アレルギーは大丈夫?
   具ラタンに何を入れようか?
     → きのこ ナス 何でも〜
     →キノコならベーコンがあうかな?ホワイトソースで・・・   ナスなら挽肉入れてミートソースが良いか!
     →エビも入れたい! 

   など等の発言により メニューも決まり

   さあ 買い出し 買い出し〜
   
   「お料理は普段してないんです。」
    でも大丈夫!ちゃんとスタッフが対応します。    

   野菜の刻み 楽しい〜
  
   普段は視覚に障害があるので火は使わない様にと家族から言われたいる方も 今回の料理ILでは
   アテさんにやってもっらったり ご自身でもされて

   心配していたホワイトソース作りも スタッフの経験がものをいい 一鍋でだまだまも無く簡単に作れ
   ました。

   具材にチーズをのせて バーナーで焦げ目を付けたら なんだか香ばしい香りがして来て
   グラタンらしくなってきた  

   ホワイトソースのきのこグラタンに                 
   ナスのミートグラタンの出来上がり〜

   どちらがお好みかな?
   

  初参加してくれた方も とても楽しかったみたいで また来月も参加しま〜す
  と来月も参加希望してくれました。



  次回のお料理ILPは
   11月28日(月) 事務所にて
   メニューは   【餃子と杏仁どうふ】を予定しています。
  
   ご興味ある方は 是非いらしてみて下さい。
   お待ちしております。

   YUMI
 

2回目 9/16(金) 料理ILやりました 

2016年09月27日(火) 11時37分
料理ILも2回目になりました。

今回は『オムライス』 に挑戦
その家によって作り方から味付けまでまちまちで 
今回初参加した男子は
こんなに卵割るの初めて〜   と とても楽しそう

ケチャップライスは 炊き立てご飯を洗ってから炒める人
そのまま炊き立てご飯から炒める人 様々で 
ケチャップライスの色も 千差万別

普段は親から火は危ないから使ってはいけないと 言われているから
使えなかったけど ケチャップ入れるのメッチャ楽しい〜
料理っておもしろ〜い だって〜 
なんとも楽しそう
何だか試食タイムが楽しみ〜



普段お家でも作っている 
おばあちゃんの作り方は こんな感じ・・・
卵を何枚も焼いてくれました



みんな それぞれのオムライスが出来上がり デザートまで添えて 大満足!
ご飯を食べながら 会話も弾み楽しいひと時となりました。

次回は 10/24(月) 15時から事務所にて行います。
そろそろ涼しくなりましたので 
メニューは  『グラタン』  を予定しています。
どんなグラタンにするかは 当日集まったメンバーで考えていきましょう!
オリジナル アレンジ 大歓迎!
差入れも歓迎
みんなで腕を振るって 美味しいものを食べましょう

YUMI


ホームドア 

2016年08月30日(火) 10時21分
ど〜も、iです。

ここ最近、なんともやりきれない気持ちになる事件や事故が頻発している。
うちのスタッフもブログで取り上げた、神奈川の相模原で起きた事件はもちろん、その他にも様々なことが起きている。

盲導犬を連れた視覚障害者の男性が、地下鉄駅のホームから転落して死亡した事故もそうだ。
私は、この記事のタイトルを見た時に、盲導犬がいて何故?という疑問をいだいた。

盲導犬は、飼い主をその身を呈しても守るという訓練を受けている聞く。
路上を歩くときも常に車道側を歩き、それは駅であれば列車側を歩くはず。

ところが今回、防犯カメラや目撃証言によると、それとは逆に歩いてという。
私がタイトルをみて、まず疑問をいだいたのは、このためだ。

幸いといっていいのか、盲導犬は助かったが、今となってはハッキリした真相を知るすべはなく、後は、その時の状況を詳しく調べて推測するしかない。

報道をみると、何らかの理由で方向を見失ったのでは?という意見があったが、私も同じ意見だ。

今となっては、たられば論にしかならないが、こうした通常とは異なる行動をとっていることを、ホームにいた他の乗客は気付かなかったのか、もし気付いていたなら何故、声かけをしなかったのか、それがあったなら助かっていたかもしれない。

また駅員が男性に気づき、下がるようにアナウンスしたとのことだが、これが見える方なら自分のことかな?と思うかもしれないが、視覚障害者にとっては、ただ下がるように言われても自分のことだとは、気づきにくい。
この場合なら、例えば「盲導犬を連れているお客様、云々」と言った具体的な一言があったら、違う展開になっていたかもしれない。

物理的に効果的なのは、やはりホームドアの設置だと思うが、一朝一夕にできるものではない。
地下鉄各線やJR、私鉄各線でも設置は進められているが、現状、どこの駅でも設置されているわけではない。

事故のあった銀座線は、最古の開業でトンネルそのものが小さく、ホームが狭く、ホームドアの重量に耐えられるよう補強工事が必要なため、他の線よりも費用もかさむ。

こうした問題はあるにせよ、車いすユーザーである私から見ても、ホームドアが設置されている駅は安心感がちがう。
特にホーム階段の脇とかの狭い部分を通っていくとき、あるとないとの差は大きい。

狭い部分だと、幅は目測で1mあるかないか、私の車いすで幅が55cmくらいあるから、ここに人が立っていようものなら、その前をすり抜けていくわけだから、ホント、端ギリギリということもある。
しかも、線路側にむけて緩やかな勾配がついているので、ここにホームドアがあるとないとの違いがわかろうかというもの。

人間は、まわりの状況といった情報の約90%を視覚から得ているという、その感覚に障害を持っている人がこういった場所を通行するのは、大きな危険をともなう。
それを少しでも回避するための手段である盲導犬がいても、こうした事故がおきてしまった。

物理的な対策であるホームドア設置に時間がかかるなら、そこにいる周りの人々や駅員といったマンパワーで事故を防ぐしかない。

テレビ番組で頑張る障害者を見て感動するより、自ら日常的に障害者にかかわる機会をつくってほしいと私は思っている。

行政側も、公共交通機関を使って、近隣地域を障害者当事者と一般市民が一緒に散策するようなイベントを企画してはどうだろうか。

学校も地域の障害者当事者と交流を深めるために、行事や授業にもっと呼べる取り組み、例えば運動会で生徒と一緒にできるプログラムを企画するとか、ちょっとした工夫や発想があれば、もっと新たな交流が生まれるのではないか。

私も、友人と一緒に電車で移動した時に、バリアフリールートが普段使っているルートより遠回りであることに、友人達の誰もが一様に驚く。
もちろん、全ての公共交通機関がそうではないが、その当事者と一緒に行動して気づくことが大事なポイント。

ポスターやパンフで呼びかけて知識として啓発するより、経験することが本当に大事だと私は思っている。

今回の事故は悲しいことではあるが、これを機にホームドアの設置が更に進むことを切に願う。
2017年03月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ショウタ
» 思い込みから、あれこれと (2018年07月17日)
アイコン画像ショウタ
» さらなる進化 (2016年12月20日)
アイコン画像ショウタ
» 2016.11.13(日) 福祉祭開催 (2016年11月15日)
アイコン画像ショウタ
» 山あり谷あり (2016年07月06日)
アイコン画像ショウタ
» CIL東大和通信 第31号 発行!! (2016年06月03日)
アイコン画像ショウタ
» 劇場公開決定! (2016年05月03日)
アイコン画像ショウタ
» 育て、育てられ (2016年04月07日)
アイコン画像e
» 海を渡って (2016年03月04日)
アイコン画像ショウタ
» 海を渡って (2016年02月22日)
アイコン画像e
» 新年・・・ (2016年01月20日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:cilymt
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
Yapme!一覧