財政を健全にしていくには険しさを増している。

February 03 [Fri], 2017, 12:41
知世です、何過去と比べて法人税収の伸びが緩やかになったことは想定の範囲内ともいえる。
では法人減税のおかげで企業の稼ぎが家計に回り、消費を押し上げたかといえば、今のところ想定通りとはとても言い難い。
個人消費 は14年の消費増税、円安などを受けた15年の食品値上げ、16年の株安による高額消費の停滞などの逆風にさらされてきた。
試算でも消費の弱さが財政に影を落とす。
内閣府は税収の内訳を公表していないが17年度までは消費がさえず消費税や所得税が増えにくいと説明する。
消費の弱さの根底に年金など将来不安もあるのなら、社会保障改革こそが家計の安心につながり、消費の活性化や税収増につながる。
試算は長期金利の上昇リスクにも警鐘を鳴らす。
長期金利は国債の利払いに充てる国債費を左右し、債務残高の動向に影響する。
今は日銀の金融緩和で長期金利が0%台に収まり、国債費の膨張も抑えられている。
試算が見込むように高成長が続けば、物価とともに長期金利も上昇する。
23 年度には長期金利が税収に相関が高い名目経済成長率を上回る。
内閣府も低金利で発行した国債がより高い金利の国債に借り換えられることに留意が必要と、20年代半ば以降の国債費の膨張を警戒する。
しかし、試算が示すのは25年度まで。
国債費を含む債務残高がその後どうなるかは分からない。
20年代後半は団塊世代が75歳以上になり、医療や介護など社会保障費が一段と膨張しかねない。
20年度の基礎的財政収支の黒字化は通過点にすぎないというが、その後のビジョンは5年しか示せていない。
20年度の黒字化目標の達成が一段と遠のき、財政を健全にしていくには険しさを増している。
石原伸晃経済財政・再生相は25日にこう語った。
では、推奨サイトをご紹介します。
・ほうれい線…【美顔器】のお勧めは医療機器メーカーのコチラ♪
http://www.xn--n8jd2a8h5c1e4920akvap0jjo6km0c.net/biganki.html
複合的な美顔マシンは操作も複雑なことがありますが、このnewaリフトの場合はボタンも一つという、わかりやすい操作で簡単。
ですので、ほうれい線対策のアンチエイジングケアに集中したい人には、うってつけですね。
できるだけ高いアンチエイジング作用をもたらす、ホームケア用の美顔器を利用したい人には、まさにおすすめと言えるでしょう。
実年齢よりも老けた印象を与えるのは、肌のたるみもそのひとつです。
  • URL:https://yaplog.jp/chise77hitori/archive/8
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。