3月の和裁教室

February 27 [Tue], 2018, 11:39
3月のの教室の日程です。

今年に入って和裁教室の問い合わせを頂いておりますが、
今現在お受付を停止しております。4月以降に新しいクラスを開設予定です。
もうしばらくお待ちくださいませ


土曜日教室


03/03


午前
吉田さん、鍋島さん、永田さん

午後
鍋島さん、永留さん、大山さん




03/17

午前
柴山さん

午後
古賀さん、柴山さん




水曜日教室


03/07

午前


午後
松尾さん、古賀さん、永田さん(南さん)


03/21

午前
吉田さん、大山さん

午後
永留さん





着物長襦袢のお手入れどうされてますか?

February 27 [Tue], 2018, 11:10

最近、長襦袢のちょっとしたお手入れで”お茶の先輩から袖口の汚れは、右左付け替えればいいのよ”

で自分でできないのでお願いできないか、、、と

袖には前袖後ろ袖、袖口、振りと決まった形がありますので付け替えるとゆうのは私からしたらおかしな話。

もし、袖口を見頃側の振りに振り側を袖口に、、、また数年経過した際にはもう付け焼刃が効きません。

長襦袢も正絹なら毎回洗うことはできません。私は、そこまで頻度の多くないお気に入りの長襦袢は3-5年で丸洗い

に、頻度の多い長襦袢は気になる所を部分的にしみ抜きして、裾が切れてきたら洗い張りして仕立て直しします。

勿論安価な長襦袢はくたくたになるまで着てポイ。最近は長襦袢は少し良いものを作るようにしています。

時間がたつと縫っている糸が弱ったり、地衿がシミだらけとゆう事も勿論防げますし、袖口も縫いこめて寸法も

ご自分のサイズで気にならずお召しいただけます。


さて、着物の場合はどうですか?お客様の中には、しばらく着ないものは洗いはりして保管している方もいます。

着物は、着た後ぬくもりが消えるまで2-3時間かけて(長時間かけたままですとですと埃がついたり蛍光灯の光で色が退色する場合もあります。)時間があれば皺の部分を高温のドライでアイロンかけます。正絹でしたら大丈夫ですが、化学繊維が入っていると焦げますので目立たないところで試してからにしてくださいね

で、着物も袖口が汚れたり裾が切れたりしたら洗い張りして仕立て直しをお勧めします。洗って仕立て直すと新品のようにきれいになりますよ。
勿論、部分的にもお直しは可能ですけど、、、

着物の場合も、1度着てシミをつけたらしみ抜きへ。滅多に丸洗いには出しません。

10年くらいは着ているものもあります。着付けの先生をしている先生は、結構頻繁に仕立て替えをしてますがやっぱり頻度でかなり変わってきますよね。

参考までに、

長襦袢の地衿交換  3780円

着物の裾直し(5cmほど短くなります) 5400円

など詳しくはお問い合わせ下さい。

長襦袢を侮るなかれ

February 08 [Thu], 2018, 9:50
侮るなかれなんてなんて偉そうにおほほほー。着物み着る上で大事な事は、やはり補正その次に長襦袢だと私は思ってますが、皆さんはどう思われますか?何をするにでもベース(基礎)は大切だと思われますが…


皆さまは、長襦袢を何枚お持ちでしょうか?


最低限持っておきたいのは、白。黒留、喪服には白。勿論、他のお着物に使って頂いても遜色ありません。


最近は、長襦袢のご依頼を多く頂きます。在庫である場合も有りますが、取り寄せも可能ですのでお尋ね下さいね。


因みに私は、白の礼装用一枚、普段用の長襦袢3枚、麻の長襦袢一枚、単衣用一枚持ってます。先日一枚新たにしたてましたので、6枚です。今年は、礼装用に使える物と麻の長襦袢を新たに仕立てようと思ってます。

約10年振りのご依頼ありがとうございます。

February 08 [Thu], 2018, 9:34



先日、冷泉荘にアトリエを構えていた頃にお仕立てさせて頂いたお客様が、約10年振りにまたお仕立てのご依頼にきて頂きました。以前に縫わせて頂いたお着物もお持ち頂きましたが綺麗に着て頂いていて嬉しい限りでした。


ご自分のサイズに仕立てたお着物は着やすくてとの事でした。頂き物も勿論お仕立て直しをオススメいたしますが、部分的(身幅直し、裄直し)のお直しだけでもかなり違うと思いますよ。お問い合わせ下さいませ。

明日の和裁教室ご参加の方へ

February 06 [Tue], 2018, 11:57
明日の和裁教室ですが、雪で困難な場合は、振替可能です。来週の水曜日の午前、午後もしくは、21日の午前中に。


3月にまとめて来て頂く事も可能です。


其々にご連絡頂きますと助かります。


午後からは、雪は止む予定との天気予報ですので当日のご判断でも結構ですがいらっしゃれない場合は、お知らせ下さいね。

昨日のお客様

February 06 [Tue], 2018, 9:25



立春過ぎて、少しずつ春が近づいているとはいえ今年はよく雪が降りますね。


私の住処の周りでも、屋根に薄っすら雪め積もり道路の側溝も同じように薄っすら雪化粧です。


昨日も、吹雪いたりやんだりの空模様でしたが仕立て上りのお着物の受け取りにお二人の方がお見えになりました。


お一人目のお客様は、夏帯のシミ抜きとレースの単衣着物のお仕立物のお渡し。


レースねお着物は、色違いで一枚仕立てさせて頂いていてもう一枚少しくすんだ色


大島のレース生地珍しいですよね。ネットで購入されたようです。一枚目の評判が殊の外良かったようで、今回2枚目のご注文でした。いつも、ありがとうございます!


お二人目はoyatsuのOさん。お茶の先生なので、着物沢山良いお品をお持ちです。今回は、亡くなられた伯母様のお着物の仕立て直しのご依頼でした。


故人を偲ぶ機会が増える事にお手伝いできてお嬉しく思います。







2月の和裁教室日程

February 04 [Sun], 2018, 20:55
2月のの教室の日程です。

今年に入って和裁教室の問い合わせを頂いておりますが、
今現在お受付を停止しております。4月以降に新しいクラスを開設予定です。
もうしばらくお待ちくださいませ


土曜日教室


02/03


午前
吉田さん



午後
予約不可


02/17


午前
吉田さん、白水さん


午後
白水さん、松尾さん




水曜日教室


2/7

午前
予約不可

午後
古賀さん、永留さん、永田さん


2/14


午前
柴山さん

午後
大山さん

2/21

午前
柴山さん

午後
大山さん、永留さん、永田さん、古賀さん



ご案内
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちさや
読者になる
着物のお仕立てやお仕立て直しは、お気軽にご相談ください。
着物に関することならなんでも、、、紋入れ 染み抜き 等

お見積もりは無料です。

和裁教室も行っております。隔週水曜、土曜。

HPは、リンク集からご覧いただけます。



福岡市中央区警固2丁目
092-714-5903 
定休日:不定 事前にご連絡ください。


chisaya4715★yahoo.co.jp
★は@に変えてメールしてください。