東西屋公式フェイスブック 東西屋公式ツイッター Youtube投稿動画 東西屋 風見花 Instagram
2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
« 10月13日「楽劇団ちんどん通信社/秋の色種 野漠の賑わい」その2【大阪城公園・円形劇場ラフレシア】 | ブログTOP | 寺井ブログ「弁ちゃんのちゃんばら☆らいぶらりー」完成 »
10月13日「楽劇団ちんどん通信社/秋の色種 野漠の賑わい」その1【大阪城公園・円形劇場ラフレシア】 / 2008年10月21日(火)
さて、お待たせしました10月13日に行われました、平成20年度文化庁芸術祭参加作品&第8回大阪市野外演劇フェスティバル参加公演、楽劇団・ちんどん通信社の『秋の色種 野漠の賑わい』公演のご報告であります。

もう、聞き飽きたと思いますが、超ハードスケジュールの最中に、暴挙とも思われる公演でございましたが、何よりも、メンバー一同をホッとさせたのが、当日目覚めて仰ぎ見る青空だったと思います。












抜けるような秋晴れの中、キャスト&スタッフ総勢25名、公演情報その3でもお知らせしました、大阪城公園特設円形劇場・ラフレシアに集結し、息つく間もなく準備とリハに追われます。












お客様の入りは、予想をはるか(?)に上回り、円形の客席は隙間ないほど埋まってしまいました。ありがたい限りでございますが、座席によって昼下がりの直射日光を浴びるエリアがあり、秋晴れ過ぎるのもどうかと…暑い思いをさせたお客様、申し訳ありませんでした。











さて、この日誌で公演内容をすべて解説することはできません。
私も、さすがに今回の公演中は雑事に追われ、間隙を縫っての撮影で、逆光位置を含め、円形舞台のため悪ポジションばかり。加えて、当たり前ですが、すべてのシーンを撮れておりません。ナイスショットは、いづれアップされるであろう上間氏の「ちんどんフォトアーカイブス」に委ねますので、ご了承ください。








5分オシでスタートーオープニングは、円形舞台の上と外周を囲むようにして登場した、総勢15人による「美しき天然」〜「秋の色種」圧巻のメドレーで始まります。












林社長演じるところの、東西屋の中興の祖・勇亀(いさみかめ)…この装束の完成度は、なかなかなモンでございます。
対峙しているのは、なかよし弘一郎演じるところの、テキヤの大親分・伝安












平林演じる、アイデアマン丹波屋久里丸(たんばやくりまる)と、楽隊広告で一世を風靡した、花田率いる広目屋・秋田柳吉(あきたりゅうきち)の運命の出会い。

続きはコチラ >>

Posted at 13:40 / ◆ 活動フォト記録 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/ching-dong/archive/218
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント