願い事

September 29 [Tue], 2015, 22:28
http://nekomaru2.exblog.jp/21678692/


やってみた

2013お正月

January 06 [Sun], 2013, 15:45
新年あけましておめでとうございます。

今年は喪中なので、大々的には言えず、年賀状もだせませんでしたが

新しい年のスタートには変わりない。

そして、わたしは3回目の年女。

気合いが入ります!

さて、2012年〜2013年は、

結婚後、日本に帰ってきて初めて旦那さんのお家で過ごすお正月。

年末から色々忙しいかな、と思っていると

京都のお母さんが体調不良でなんと入院。

急遽30日に京都に帰ることになりました。

お母さんは大事をとって入院、ということなので

お見舞いに行っても元気そうで一安心でした。

おかげでちょうどその日にやっていた中学の同窓会に参加することができました。



中学卒業以来初めて会う人たちや、

中学の頃は話したこともない人たちなど、

かなり、楽しくて、1軒目のお店を出たのがなんと1時。

それからも楽しく楽しく、結局家に着いたのは朝6時でした。

こんなに遊んだん久しぶり☆

  +++++++++++++

そして31日、大晦日に岐阜に戻り、岐阜での年越し。

元旦に、結婚式でもお世話になった、実家から徒歩1分の

伊奈波神社へ初詣。



参道にはたくさんの屋台がでていて、

毎日みている神社の姿とはちょっと違ってとっても活気がありました。



でも、自然からなる厳かな雰囲気はそのままで、

しっかり新年の家内安全をお祈りしてきました。

お昼は、家族でお屠蘇ーおせち、とごちそう!

夜は親戚もやってきてのしゃぶしゃぶ!

とっても満腹になる元旦でした。

  +++++++++++++++++

そして、2日は毎年行っているという、滋賀県多賀神社へ。

家族全員でご祈祷をしてもらいにいきました。



ここのおみくじは、カラフルで何をひいても気分がアガル↑↑

いいしかけだな、と思いました。

それから、またまた京都へ。

お母さんが入院しているので寂しくお正月をすごすお父さんと

一緒にごはんをいただきました。

  ++++++++++++++++++

3日は、子どもの頃、毎日遊びに行っていたご近所、

伏見稲荷大社へ。



JR稲荷駅前がすごく広く変わっていましたが

商売繁盛を願うひとたちは変わらずたくさん訪れていました。



昔は、近いから、という理由で遊びに行っていましたが、

今年は、商売繁盛をしっかりお祈りに!



がんばって自分で着物を着てから行ってきました!

今年は着物ででかける機会を増やすぞ〜



そして、満を持してひいたおみくじは、

なんと!

大大吉!

大吉の上があったのか!



稲荷では、大吉しかひいたことがないような気がします。

今年は自分、家族、友達みんなが健康で、笑顔溢れる素敵な1年になりますように。

  +++++++++++++++++++++++

4日はまた岐阜にもどって、義母方親戚一同集合でお食事会!

おばあちゃんと甥っ子2人が風邪でダウンでしたが、

元気なひとたちは美味しくごちそうをいただくことができました!

毎年家族が増えて行くのは幸せですね☆



長良川冬の風物詩

December 22 [Sat], 2012, 23:06
夏は鵜飼が有名な長良川。

花火大会もあり、岐阜の大事な宝の川です。

今は、遠くに雪化粧した山が見え、

夏とはまた雰囲気の違う風景を見ることができます。

冬至の昨日、ここで「こよみのよぶね」というものが開催されました。

1〜12と、干支の行灯が鵜飼舟の上で灯され

夜の長良川をすすんでいきます。

この数字は岐阜各地の団体がそれぞれつくっていて

各数字がその団体さんにちなんでいるのだそう。



鵜をかたどった6の数字は、6人いる鵜匠さんの数にちなんでいるとか。

提灯も岐阜の誇る伝統工芸だそうで、

その提灯をつかってかたどられた12。

10は、10月に始まった、長良川おんぱくにちなんでいます。



それぞれの舟がそれぞれの数字の月におこった出来事を

まとめて振り返る、そして1年を振り返る、

こよみのよぶねはそんなイベントだそうです。



頂上に岐阜城が輝く金華山を背にした長良川に浮かぶ12の数字。



きれいですね。

牡蠣食べ放題!@鳥羽

December 16 [Sun], 2012, 20:50
上海の頃の野球チームのメンバーが三重県四日市に住んでいます。

夏に長良川でBBQをしたときに

冬は鳥羽で牡蠣だ!と約束。

さあ、冬になりました!

ということで行ってきました。鳥羽。

小学校の修学旅行以来の鳥羽。

朝市で投票をすまし、いざ四日市へ。

後輩をひろって鳥羽まで約3時間。

特に予約もせず、あてもなくむかった鳥羽。

牡蠣の養殖が盛んで、ドラム缶で焼いて食べるのだそう。

いくつかお店を通り過ぎ、海岸沿いを走ってたどり着いたところが

久保田かき養殖場。



運良く予約なしでも入れました。



2200円で焼き牡蠣、蒸し牡蠣、牡蠣の炊き込みご飯、牡蠣のお味噌汁が

なんと食べ放題!

カキフライもひとり5個もついてきます!

軍手も貸してもらって、もりもり食べました。

上級者は調味料を持ち込んでいましたが

調味料がなくても十分美味しい旬の牡蠣です!



大きいものから小さいものまで、殻をあけてみないとわからないのも

面白いところ。

結局ひとり40個ほど食べてしまいました。



みんなが食べた牡蠣の殻が山積みに!

これは再利用され鳥のえさなどになるそうです。

鳥羽牡蠣ツアーは毎年の恒例になること間違いナシです!

   ++++++++++++++++++++

帰りはこれまた修学旅行以来の夫婦岩に。



う〜ん、普通の岩だね。

雪だ〜

December 11 [Tue], 2012, 15:49
寒波がやってきた!

そして岐阜は市内にも雪が降った!

飛騨地方は豪雪地帯で有名ですが、

わたしたちの住む岐阜市内は降っても積もることはないそう。



でも!

真っ白に積もった〜。

タイヤはみんなスタッドレスをはいているので

普段と変わらず運転しています。

雪に慣れない私からすると怖い限り。



でも、久しぶりにみる雪景色はキレイだったな〜



大分帰省でおいしいものづくし

December 04 [Tue], 2012, 23:32
おじいちゃんの納骨にちょうど連休が重なったので

旦那さんと一緒にフェリーで大分に帰ってきました。

元々、この連休に帰ってこようと思っていたのに

会いにこようと思っていたおじいちゃんが家じゃなくてお墓にいるなんて。

信じられないですが、現実を受け入れなければとも思います。
 
  ++++++++++++++++++++

さて、お母さんの実家はととろの住む森のようなところです。

大分バスに、「ととろ」というバス停があるんです。

ジブリのととろがうまれるもっと前からある地名。



偶然にもメイちゃんたちが住む森と、

この昔からあるととろが似ているということで

こんな片田舎にたくさんの人が訪れ、観光スポットになりました。



猫バスもあったり。





なんだかトトロも本当にいそうです。
 
  +++++++++++++++++++

夜は、親戚のおいちゃんが日曜大工で建てた小屋でお食事。



この小屋は壁も屋根も囲炉裏もぜーんぶ手作り。

こんなのが作れるなんて本当にすごい!

雰囲気もでるのでおいしさも格別!

猪のぼたん鍋などをつつくのですがおつまみは

おいしい魚介類。

これはニイナ。

苦くておいしい。とまらない。



蒲江の名産、ヒオウギ貝も炭で焼くと本当においしい。



囲炉裏でじっくり焼くエノハは何匹でも食べられるおいしさでした!



ビールより熱燗が似合うこの空間で、

親戚と酌み交わす日本酒は今までで一番おいしかったかも。

   +++++++++++++++++

次の日は、お父さんの生まれ育った町へ。

旦那さんにも見てほしかった、港町です。

がらっと玄関をあけると並んでいる船。

港から磯の匂いがする、本当に良い所。



今でもここのお味噌が一番おいしいと思うし、

お魚も送ってもらって食べてます。

  ++++++++++++++++++

最終日は、別府に寄ってからフェリーで神戸まで。

旦那さんは初めての別府温泉。

私も大人になってからゆっくりとまわるのは初めて。

湯の町、別府。

トンネルを越え、湯けむりを目にしたとたん

車にのっているけど硫黄の匂いが。

山と海を囲み、湯けむりが408本もあがっているという町。



まずは、コテコテ別府温泉地獄めぐりにいきました。

坊主地獄では、泥の中から坊主の頭のように

ポコポコと湧き出ています。



海地獄はなぜかコバルトブルーの海のような温泉。



この地方ならではの大きなゆずもありました。



次に巡ったのは、珍しい間欠泉。

定期的に温泉が吹き出し、静まり、を繰り返す世界的にも珍しいところだそう。



最後に行った所は、血の池地獄。

まさに、地獄、というかんじの真っ赤な温泉。



ここの温泉成分が凝縮された軟膏は皮膚病にきき、

手荒れが激しい旦那さんは早速GET!



パッケージからなんだか効きそうな軟膏です。



子どもの頃にはなかった、足湯が各温泉に備え付けられていて

各地獄で、各地獄のお湯を楽しめました!

地獄を巡った後は、あたたかい砂の中に埋もれる砂湯に入りに。

こういうのはなかなか岐阜の温泉にはないなぁ。



お風呂あがりは、温泉でできたゆで卵を。

別府温泉満喫です!!!

また、来よう!

近くはないけど、大好きなおばあちゃんが元気でいてくれることに感謝して

たくさん会いにこよう!

おじいちゃんも冷たいお墓の中で寒いだろうし、

たくさん会いにこよう!

次はいつかな?


久しぶりの日本の紅葉

December 03 [Mon], 2012, 12:14
7年間住んだ上海では、春に桜のお花見はできても、

秋に紅葉を臨むことはでませんでした。

日本に住んでいると、毎年当たり前のことのようだけど

紅葉って実は素晴らしいことだ。

岐阜で見る初めての紅葉は、土岐市の曽木公園というところ。



緑の葉がだんだん黄色くなって赤くなる。



改めて見るとすごいことやな〜。

四季がある日本は本当にきれい。

そして、春の桜、夏の山、秋の紅葉、冬の雪景色まで

身近に感じられる岐阜県もいいところ。



ここ、曽木公園はこじんまりとしていますが

屋台の夜店がお祭りのようにたくさんあったり、

向い側に温泉があったり、と

紅葉を見て満腹になって温泉で癒されて帰って来れるという

かなりのスグレモノ紅葉スポットでした。

メインは池の前にたたずむ大きな木。



そして、ここの素晴らしいところが、

その池に映し出される鏡のような紅葉。



まさに、息をのむ美しさでした!

感動!





おあげを求めて福井へ

November 17 [Sat], 2012, 15:26
先週末、義両親とだんなさんと4人でドライブに行ってきました!

あいにくの雨でしたが、九頭竜湖をとおり、

まずは永平寺へ。

途中、岐阜県と福井県の県境のところは

積雪があったりして、寒〜〜。

永平寺は昔おじいちゃんおばあちゃんたちと来たことがあるはずだけど

ほとんど覚えておらず。

初めての感覚です。

曹洞宗の総本山ということでしっかりお参りしてきました。



関西からの団体さんとかがとても多くてびっくり。

紅葉の季節とも重なっているのでなおさらだったのかも。



しとしと降る雨、紅葉、お寺の雰囲気、と3つがあわさって

より情緒溢れる秋の寺というかんじでキレイでした。

参拝途中、大きな鐘をならすところにも遭遇して

心に沁みる音をきくことができました。



   ++++++++++++++++++++++++++

それから、次にむかった先が今回の目的地。

竹田の油あげ、谷口屋さん。

だんなさんがテレビでみた、とかで行きたがっていたところ。

私はそのテレビをみていなかったので

あえて予備知識を持たずにお店にいきました。

山奥に突如あらわるレストラン、というかんじですが

いつも長蛇の列らしい。

1時間待ちはザラだとか。

今回は14時をすぎ、お昼時からは外れていたことと

予約をしておあげを確保しておいてもらったので

待たずに席につくことができました!

そしてお目当てのおあげ!

一辺15cmはある大きなおあげ!

外側は食べたことのないサクサク感。おいし〜



なんでも、ひとつのおあげを約50分かけて揚げるのだそう。

あおげがメインディッシュとしておなかいっぱいになるなんて

すごい不思議でしたが、満腹になりました!

最後には豆乳でつくったロールケーキも。

大満足のお昼ごはんでした。
   
  +++++++++++++++++++

それから、さらに車を走らせ日本海が臨める三国海岸へ。

ちょうどカニカニ祭りをやっていて

焼きガニとか食べたりしながら、

温泉に入って、ゆっくり。

そして、最後を飾るのは、日本海の海の幸!

やっぱりお寿司はおいしいねーー

バト、とか聞いたことのないお魚とかがあったり。

日本海はやっぱりおいしいなぁ〜

結局夜中12時に帰宅。

一日遊んだ〜

2回目の結婚記念日は岐阜で

November 13 [Tue], 2012, 14:30
2年前の今日、ちょうどこの時間、伊奈波神社で結婚式を挙げました。

2年間、伊奈波の神様のおかげで毎日楽しく健康に過ごして来れました。

去年は、中国甘粛省敦煌あたりを旅行中だったため

来れませんでしたが、

今年はすぐ近くでふたりとも働いているので

お昼休みに歩いてやってきました。



御礼参りとこれからの御加護を祈りに。

これからもよく食べてよく笑う素敵な家庭を築いていけますように。

めざせ、やまとなでしこ☆

November 12 [Mon], 2012, 21:58
上海のころから習いたかったこと、着付け。

何度か着物を着る機会があった中、自分で着ることのできないはがゆさ。

岐阜に引っ越しする際に実家の片付けをしていたときに

ついでに家中の片付けもして、

おかあさんの嫁入り道具だった着物がいっぱいでてきた!!

こんなに着物があったの知らんかった〜。

ということで、あるなら使おう!着よう!

と着付けを習い始めました。

めざせ、大和撫子!・・・の所作だけでも。

がんばるぞ!
P R
2015年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ちゃいなおこ
» 静岡バスツアー (2012年05月20日)
アイコン画像りゅうさく
» 静岡バスツアー (2012年05月20日)
アイコン画像YOU&MY
» あけましておめでとうございます!2012! (2012年01月12日)
アイコン画像ちゃいなおこ
» 久々のソウル*アンニョンハセヨ6・15 (2011年08月16日)
アイコン画像キャシー
» 久々のソウル*アンニョンハセヨ6・15 (2011年08月16日)
アイコン画像ちゃいなおこ
» 実感するインフレ (2011年04月27日)
アイコン画像総帥ハスラー
» 実感するインフレ (2011年04月27日)
アイコン画像ちゃいなおこ
» ローカルフードパラダイス (2011年04月25日)
アイコン画像やーうぇん
» ローカルフードパラダイス (2011年04月23日)
アイコン画像y
» 新事実! (2011年03月29日)
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:chinaoko
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE