◆佐渡島まとめ◆

2017年09月12日(火) 13時00分

佐渡島




新潟県の離島、佐渡島。沖縄本島や北方領土を除けば日本最大の離島なのです。

その広ーい島内には、離島とは思えない山々や美しい田園風景、沖縄にも負けないほどキレイな海など見所がたくさん。



また、能楽やたらい舟など、離島ならではの独特な文化も見逃せません。そしてなんといっても佐渡金山の鉱山遺跡は一見の価値あり!


1日目

【佐渡島】車で佐渡島へ行こう!フェリー『おけさ丸』(新潟港〜両津港)
佐渡島にどうやって行こう?いろいろ比較した結果、新潟港から佐渡島両津港まで、車ごとフェリーで行くことにしました。佐渡島めざして、2時間半の船旅へ出発です!
【佐渡島】どこまでも美しい原風景『岩首昇竜棚田』と『養老の滝』(岩首)
青い海と空を見下ろす、新緑の棚田。それだけですが、とにかく美しい風景なのです。
【佐渡島】エメラルドの海を渡る『矢島経島たらい舟』(小木・宿根木)
佐渡島に行ったら絶対乗りたい『たらい舟』。文字通りたらいに乗ってぷかぷかと海を渡るアトラクションです。メインとなる2ヶ所の乗り場のうち、矢島経島で乗ることにしました。
【佐渡島】巨大な千石船に乗れる!廃校利用の博物館『小木民俗博物館』(小木・宿根木)
佐渡島南部、小木・宿根木の歴史を伝える民俗博物館。廃校を利用した館内は、とてもノスタルジック。大きな千石船は圧巻の一言です!
【佐渡島】情緒と生活感あふれるセピアな港町『宿根木集落』(小木・宿根木)
江戸時代の趣を色濃く残す宿根木集落。密集した町を探索していると、写真に撮りたくなる場所がたくさん。情緒と暑さで全てがセピアになりました。

2日目

【佐渡島】佐渡金山@〜江戸を感じる宗太夫坑コース〜(相川)
佐渡を代表する観光スポット「佐渡金山」。ひんやりとした坑道を進むと、70体の人形で再現された江戸時代の採掘風景が広がっています。ラストに登場する金の延べ棒チャレンジは人気のアトラクション。
【佐渡島】佐渡金山A〜割れた山へ向かう道遊坑コース〜(相川)
近代技術が導入された明治以降の坑道。そこには江戸時代には無かった機械やコンクリートの姿が。坑道を抜けて屋外に進むと、割れた山へとつながっています。
【佐渡島】佐渡金山B〜会いに行ける廃墟『佐渡金山鉱山遺跡』〜(相川)
マニアでなくともスケールの大きい遺跡は圧巻!しかも、すぐ近くまで歩いて行ける!市街地からのアクセスも良いので、佐渡島に行ったら絶対見てほしい光景です。
【佐渡島】ハイテクロボットのレジェンドストーリー『佐渡歴史伝説館』(真野)
「動く・光る・語る・舞う!ハイテクロボットかいざなう佐渡・夢の旅」800年前の佐渡へタイムスリップ!テンポ良く非常にわかりやすいストーリーなので、歴史に興味なくても楽しめるはず。
【佐渡島】特別天然記念物トキに会える!『トキの森公園』(新穂)
佐渡島といえばトキ!そしてトキに会うならトキの森公園!ここでは、飼育されているトキをいつでも観察することができます。
【佐渡島】ダイナミックな尖閣湾と水族館と怒涛の顔はめ『尖閣湾揚島遊園』(外海府)
迫力ある尖閣湾を望む展望台と水族館に加えグラスボートもある、佐渡島の海を満喫できるスポット。ユニークな顔はめもたくさんあります。

3日目

【佐渡島】日本三大巨岩!『大野亀』(外海府)
佐渡島の海に浮かぶ巨大なカメ。その正体は、巨大な一枚岩!とても見応えのある景勝地です。
【佐渡島】これが佐渡の海だ!!『二ツ亀海水浴場』(外海府)
佐渡島の海って実はとてもキレイで沖縄にも負けないくらい!そんなクリアな海にきたら、もちろんシュノーケル!
【佐渡島】佐渡島からの帰り道 『おけさ丸』ふたたび(両津〜新潟)
佐渡島からの帰りは、行きと同じフェリー『おけさ丸』。思い出と車を載せて、新潟まで2時間半の船旅です。

【佐渡島】佐渡島からの帰り道 『おけさ丸』ふたたび(両津〜新潟)

2017年09月12日(火) 12時00分
◆佐渡島まとめ◆


帰りのおけさ丸



佐渡島からの帰りは、行きと同じフェリー『おけさ丸』。思い出と車を載せて、新潟まで2時間半の船旅です。

【行程】
7/17(月)両津(佐渡)12:40→新潟15:10
【所要時間】
2時間30分
【料金】
¥12,150(車+運転手1名)

前回:
【佐渡島】これが佐渡の海だ!!『二ツ亀海水浴場』(外海府)



2017/7/16(日)佐渡島3日間の最終日。

2泊3日で満喫した佐渡島。
名残惜しいのですが、12:40のフェリーで新潟へ戻ります。

両津港のフェリー乗り場へ帰ってきました。


乗船するのは来たときと同じ「おけさ丸」。

支払いなどの手続きは行きの乗船時に済ませているので、今回は車から降りることなく待機列へ。



ウミネコが見送ってくれます。さようなら佐渡島。



3連休での利用なので、船内は行きとほとんど同じメンバー。みなさん、疲れで爆睡していたり旅の思い出に浸っていたりと思い思いに時を過ごしてます。

他の離島と比べて違うのは、一人旅の人がとっても少ない気がします。友人同士、家族などでレジャーな雰囲気を感じる島でした。



行きの船で食べた佐渡牛炙りハンバーガーの味忘れられない・・・もう一度食べよう!

しかし、佐渡牛バーガーは限定10食。品切れでした。

佐渡汽船カレー¥600にします!

佐渡島の形をしたライス。佐渡島を一周した後だと、ここが大野亀とか、ここが小木とか考えられてちょっと楽しい。



写真整理したりブログ書いてたりしたら、あっとゆう間に新潟港へついていました。



港に近づくと、やっぱり待ち受けているウミネコたち。



そして、海の色が佐渡島と全然違う・・・!









新潟の街に帰ってきました。
あいかわらず交通量が多くて、よそ者には難易度の高い新潟の道路。


帰りは行きと同じルートの磐越道→常磐道のはずが・・・


カーナビが突如、『通行止めがあるのでルートを変更します』と!ちょっと調べてみると磐越道が通行止め。教えてくれてありがとうカーナビ。

北陸道→関越道→北関東道→常磐道ルートで帰ります。


帰りもまた350km以上の道のり。つかれた。しんどい。

そう思っているのもやっぱり序盤だけ。
久々のKing CrimsonやMy bloody valentineを大音量でかけていたらすっかりハイになってしまい、あっという間。
無事つくばへと到着しました。







佐渡の旅はこれにて終了です。

最初は3日間で足りるかな?と思っていたのですが、行きたいところはだいたい行けたし、島は一周できました。

でも、まだまだ見所の多い佐渡島。


【次回行きたいところ】
・尖閣湾のグラスボートをリベンジ
・大佐渡スカイラインをリベンジ
・清水寺の舞台へ
・佐渡奉行所跡へ行ってみる
・妙宣寺で五重塔を見る
・石名天然杉目指してトレッキング
・シーカヤックで青の洞窟(竜王洞)へ
・もしライセンスを取っていたら海底にいる幸福地蔵に会いに行く


あれ、いっぱいある!またいつか来よう。






次回からは江ノ島さんぽ。しばらく関東編が続きます!

次回:
【神奈川】江ノ島さんぽ『さざえ島〜稚児ヶ淵』(藤沢市江ノ島)



◆佐渡島まとめ◆

【佐渡島】これが佐渡の海だ!!『二ツ亀海水浴場』(外海府)

2017年09月11日(月) 12時00分
◆佐渡島まとめ◆


二ツ亀海水浴場




佐渡島の海って実はとてもキレイで沖縄にも負けないくらい!そんなクリアな海にきたら、もちろんシュノーケル!

前回:
【佐渡島】日本三大巨岩!『大野亀』(外海府)



2017/7/17(月)佐渡島3日間の最終日。

本当は昨日、海に入るつもりでした。しかし、あいにくの悪天候。

今回の旅で海は無理かなーと思ったのですが、最終日は見事な快晴!!そして今日は海の日!!!もう海に入るしかない!!!



ということで、私が選んだ海水浴場は佐渡島屈指の透明度を誇るといわれる二ツ亀海水浴場
さきほどの大野亀からはすぐ近くです。




二ツ亀海水浴場は、駐車場から少し歩きます。

二ツ亀ビューホテルの駐車場へ車を停めて、階段を下っていきます。

荷物がたくさんあるとちょっときついかも。

青い海が私を待っている!!!

まるで南の島のような青い海が私を待っている!!!




途中にある欲張りすぎな看板。

・ウラジオストク769km
・北海道577km
・大阪485km
・東京311km
・能登半島137km
・粟島63km
北海道も大阪もそんなに遠くないような気がしてきました。


そんなことより早く、早く海へ!!


海水浴場に到着!駐車場からは5分くらい。思ってたよりすぐつきました。

プレハブの浜茶屋では、飲み物やお菓子などの軽食、ビーチサンダルなどの海グッズが売ってます。

(佐渡島では、海の家のことを浜茶屋というらしい。)

シュノーケルや浮き輪も1日500円でレンタルできます!
写真忘れましたが、トイレと更衣室、温水シャワーもあります。(3分200円)


海水浴場は、砂浜とジャリが半分半分くらい。

シートなどは持ってこなかったけど、ジャリ部分なら荷物そのまま置いても大丈夫!フナムシも見当たらない。


もう着替えてきてるので、そのまま海へーーー!!



水がキレイ!!!

青く透き通った海。
昨日〜今日の明け方までかなりの雨が降ったので濁っているかと思いきや、この透明度。もし晴天が続いていたら、さらにさらにキレイなのでしょう。



今までいろんな国内旅行誌やwebサイトを見てきたのですが、佐渡島の海がこんなにキレイだなんて知りませんでした。
もしかして、佐渡の人、隠してる・・・?

ちょっと驚きなのが、これだけきれいな海がありつつ、スキー場もあわせ持つところ。夏も冬も楽しめる、なんとポテンシャルの高い離島なのでしょうか・・・。

海の水はあたたかいので、ずっと泳いでいられそう。

魚は少なめ。でも、よく見ると何かの稚魚の群れやキュウセンなど海藻に隠れるように泳いでます。

海って本当に元気になれる。泳ぐとかなり体力使うのに、それでも元気になれる。


2013年にはじめて沖縄へ行く際に買ったシュノーケル。気づけばいろんな海に潜ってきました。

〜素潜り履歴〜

【2013】
伊計島、宮古島、波照間島、黒島
【2014】
石垣島、西表島、鳩間島、小浜島、黒島、波照間島、ヒリゾ浜
【2015】
小笠原父島
【2016】
八丈島、伊豆大島
【2017】
佐渡島←NEW

これからもきっといろんな海で潜っていくことでしょう。




海からあがり、束ねた髪をほどいてびっくり、なんと髪がさらさらに!!!
普通は海に入ると髪の毛ってゴワゴワになるのですが、もしかして佐渡島の海にはトリートメント効果があるのでしょうか?




さてさて、帰りの時間です!


次回:
【佐渡島】佐渡島からの帰り道 『おけさ丸』ふたたび(両津〜新潟)



◆佐渡島まとめ◆

【佐渡島】日本三大巨岩!『大野亀』(外海府)

2017年09月10日(日) 12時00分
◆佐渡島まとめ◆


大野亀




佐渡島の海に浮かぶ巨大なカメ。その正体は、巨大な一枚岩!とても見応えのある景勝地です。

前回:
【佐渡島】ダイナミックな尖閣湾と水族館と怒涛の顔はめ『尖閣湾揚島遊園』(外海府)




2017/7/17(月)佐渡島3日間の最終日。

今日は昨日とはうってかわって快晴です!

この日を待っていました。
佐渡島の北部にある絶景スポット大野亀へ向かいます!


■大野亀への道のり




大野亀があるのは、佐渡島の最北部。

フェリーの到着する両津港からは車で約50分、佐渡金山のある相川からは車で約1時間15分ほどかかります。

途中にはコンビニはおろか店などはまったくありませんのでご注意を。


海に浮かぶ大きな大野亀が見えてきました。


まるでゾウガメのような真ん丸い甲羅です。






■巨大カメの正体





大野亀の正体は、巨大な玄武岩の一枚岩。

島にしか見えませんが、マグマでできた岩なのです。

横から見たときは丸っこかったのですが、正面から見ると尖った甲羅をしています。

緑がとにかく美しい!青い海とのコントラストも素敵です。



周辺は遊歩道が延びているので散策可能。


岩の頂上には石塔があり、航海の安全を守る竜神と信仰されているそう。約20分ほどで登れるらしいのですが、

立ち入り禁止でした!


5〜6月には40万本ものカンゾウが花咲かせる、国内随一の群生地でもあります。


今の季節はアジサイ。




駐車場近くには大野亀ロッジがあります。周辺には何もないので、休憩するならここで。

【営業時間】
喫茶・売店:9:00〜16:30
レストラン:11:00〜15:00




■三大巨岩とは・・・?





案内板によると、大野亀は日本三大巨岩の1つらしいです!


あと2つはどこでしょうか・・・?web検索しても大野亀以外の情報がまったく出てこない。



どこだろう。


そういえば、かつて訪れた和歌山県の古座川の一枚岩も日本最大級の巨岩だった気がします。切り口を変えて、古座川の一枚岩から調べてみよう。



Wikipediaを見てみると、こんな記載を見つけました。

一枚の岩盤としては佐渡島の大野亀(高さ約167m)や屋久島の千尋の滝(高さ約200m、幅約400m)などとともに日本最大級とされる。
参照:https://ja.m.wikipedia.org/wiki/古座川の一枚岩



【結論】
・佐渡島の大野亀
・古座川の一枚岩
・屋久島の千尋の滝

これでキマリだ!(たぶん)


ちなみに、こちらが古座川の一枚岩。

写真に全貌が入らないくらい巨大な岩です。ここには、岩を食らう魔物の伝説がありました。



そしてこちらが千尋(せんぴろ)の滝。

大きな花崗岩を滑り落ちるように滝が流れていくダイナミックな光景でした。詳しくはコチラに。







大野亀の先には、2つの岩が・・・!

二ツ亀へ向かいます!ついについに海に入ります!!!


次回:
【佐渡島】これが佐渡の海だ!!『二ツ亀海水浴場』(外海府)




◆佐渡島まとめ◆

【佐渡島】ダイナミックな尖閣湾と水族館と怒涛の顔はめ『尖閣湾揚島遊園』(外海府)

2017年09月09日(土) 12時00分
◆佐渡島まとめ◆


尖閣湾揚島遊園




迫力ある尖閣湾を望む展望台と水族館に加えグラスボートもある、佐渡島の海を満喫できるスポット。ユニークな顔はめもたくさんあります。

【開園時間】
8:00〜17:00(季節変動あり)
【料金】
入園料¥550
グラスボート¥1,100(入園料込み)

前回:
【佐渡島】特別天然記念物トキに会える!『トキの森公園』(新穂)



2017/7/16(日)佐渡島3日間の2日目。

雨もやんでいるので尖閣湾揚島遊園へと向かいます。

読み方は「せんかくわん あげしま ゆうえん」。名前からはどんな場所なのか想像つきにくいかと思います。

ここは、断崖絶壁を望む尖閣湾展望台と、小さな水族館のあげしま水族資料館、そして海の中を覗けるグラスボート海中透視船がある、とにかく海の魅力に触れることのできるスポットなのです。


本当はグラスボートに乗りたかったのですが、電話確認したところ本日は欠航


それでも来てしまいました。





■ダイナミック尖閣湾



入園するとすぐに目に入る尖閣湾


こちらは佐渡大埼灯台。高さ10mのタイル張りの灯台です。


そのまま進むと遊仙橋



この橋で海を渡ると、尖閣湾展望台へとたどりつきます。


荒削りの岩場は、まるでゴシック建築のようです。

そして、荒れ狂う尖閣湾は、2時間サスペンスのラストシーン。

天気の良い日もキレイだとは思いますが、こういった岩場は悪天候のときのほうが良い気がします。荒波がザッパーンと打ち付ける様子は迫力満点です。

ただし、しっかりとした柵ではなくゆるゆるなロープ。風に吹かれてうっかりラストシーンを迎えてしまわないようにご注意ください。




周辺は岩礁遊歩道となっているので散策できます。でも、フナムシだらけ。


気になるのは「尖閣湾」の名前の由来。園内の石碑には名前の由来が記されていました。

かつてこの地を調査した理学博士の脇水鉄五郎が、世界一と呼ばれるノルウェーのハルダンゲル峡湾に勝るとも劣らず、東西両洋に対をなす海岸美として「尖閣湾」と名付けた。』(一部要約)


・・・なんだか釈然としない。名前の由来というよりは名付けた人についての記載ですね。

おそらくゴシック建築的な『尖』った『閣』(建物)が並んでいるように見えるので、そのままの字を当てたのではないでしょうか。






■ミニ水族館





園内にあるあげしま水族資料館は、ミニ水族館。


館内は、昔ながらの水族館といった雰囲気。なんだかちょっと懐かしい。




ブリ!



エイ!


ダンボール!



ジャグジーを楽しむクジメちゃん



タッチ水槽には、イトマキヒトデ。

悩ましいポーズで誘惑してきます。おさわりOKです。


『珍しいサカナの報告例 in 佐渡』

シャチブリ、バラムツ、リュウグウノヒメなど見たことも聞いたこともないレア魚ばかり。



そして、イカ!!!

イカなんて珍しくないと思った方もいるかと思います。しかし、遊泳しているイカを展示している水族館って実は凄く少ないのです。

調べてみたのですが、不規則に泳ぐイカは水槽にぶつかってすぐに死んでしまうらしい。また、触ってはいけないし共食いもするのでそもそも水族館に運ぶ時点で難易度が高いそうです。

考えてみれば、コウイカなどのゆったりしたイカは見かけますが、水槽を泳ぎまわるイカって見たことないかもしれません!

ここでは、1月中旬から5月中旬はヤリイカ、5月中旬から9月中旬にはスルメイカ、9月中旬から1月中旬はアオリイカ(スミイカ)と1年を通してイカが展示されているらしい。今は7月なのでスルメイカでしょうか。



水族館の2階は資料館。

『君の名は』の舞台となった尖閣湾、撮影時のロケ風景などが展示されてました。

「君の名は」といっても、前前前世の『君の名は。』とは違う平成3年度のNHK連続テレビ小説の方の「君の名は」です。『。』はつきません。

こちらの話、実は全く知りませんでした。

ちょっとあらすじなどを見てみたのですが、物理的にすれ違う男女のストーリーや、どうすることもできない脅威の存在(戦争と自然災害)など共通点もいくつかありますね。



水族資料館の前には、フリーのたらい舟体験が!

たらい舟にのりはごった方は、ここでたらい舟を味わおう。




■怒濤の顔ハメ




尖閣湾揚島遊園の見所として私が推したいのは、たくさんの顔はめ。



『たらい舟』

ちゃんとたらい部分も作られており本格的です!大人数でタライに乗り込んだら面白い写真撮れそう。



『君の名は』

ストールをぐるっと頭に巻く「まちこ巻き」は、当時大ブームとなったとききます。私もやってみたい。



『サドガシマン』

佐渡のご当地ヒーロー、離島戦隊サドガシマン!

赤・・・トキレッド
金・・・ザクザクゴールド
黒・・・ズルガシマン

黒はともかく、赤と金は「朱鷺(トキ)」と「金山」という佐渡島の名物を上手く色に取り入れていて素晴らしいアイディア。



青・・・


君の名は・・・



シマナガシブルー
佐渡島が流刑地ということは佐渡歴史伝説館で学びましたが、さすがにこの名は。


ちなみにHPで公式設定をみると「前科あり」の文字が・・・!

さらに壱岐・対馬のご当地ヒーロー「イキツシマン」にもシマナガシブルーがいるらしい!




ラストは『ダイオウイカ』。

平成26年に佐渡沖でダイオウイカ捕獲されたらしい!それを記念して作られた顔はめのようです。

そこまでは良いのですが、問題は穴の位置です。そこに顔をはめて、いったいどんな顔したら良いのか・・・。











さて、日もくれてきたのでご飯&お風呂!


【夕ごはん】

本日の夕飯は何食べよう?

とんかつ中堀へ。

尖閣湾から真野方面に約30分くらい。駐車場が無いので、裏手の良さげなところに少し停めさせてもらいました。


ここでは、名物のかつ丼を食べることができます!



カツ丼(上)¥650

新潟でカツ丼と言えば、卵とじではなくタレカツ丼!じゅわっと美味しいカツ丼でした。







【お風呂】
今日のお風呂は金井温泉 金北の里

【営業時間】
11:00〜24:00(受付23:30まで)
【料金】
¥500


昨日のワイドブルーあいかわ同様、地元の方しかいない落ち着いた温泉。遅くまでやってるのが本当にありがたい!

風呂上がりに休憩室でゆーっくりできました。


本日も昨日につづき車中泊。雨のおかげで良い具合に気温がさがってくれました。

明日は佐渡島最終日!晴れると良いな!



次回:
【佐渡島】日本三大巨岩!『大野亀』(外海府)



◆佐渡島まとめ◆

【佐渡島】特別天然記念物トキに会える!『トキの森公園』(新穂)

2017年09月08日(金) 12時00分
◆佐渡島まとめ◆


トキの森公園




佐渡島といえばトキ!そしてトキに会うならトキの森公園!ここでは、飼育されているトキをいつでも観察することができます。

【開園時間】
8:30〜17:00(入園は16:30まで)
【休園日】
無休(12〜2月は月曜)
【料金】
¥400

前回:
【佐渡島】ハイテクロボットのレジェンドストーリー『佐渡歴史伝説館』(真野)



2017/7/16(日)佐渡島3日間の2日目。

佐渡島といえばトキ!

人口繁殖されたトキ70羽以上が放鳥されており、島の中で暮らしているといいます。
佐渡島に来たら、ぜひ見てみたい。しかし、ひろーい佐渡島ではなかなか出会えないもの。

そんなときはトキの森公園へ!

ここでは、いつでもトキに会うことができます。


駐車場近くの売店では、えだまめソフト、佐渡レモンソフト、日本酒ソフトなどのご当地ソフトが売っていますが、誘惑を振り払いトキへと向かいます。




■トキを知る




トキ資料展示館では、トキにまつわるさまざまな資料が展示されています。

入るとすぐにサドッキーのお出迎え。

なんとなくタイムボカンシリーズにでてきそうな名前のご当地キャラクター。佐渡島の豊かな自然が胸に抱いています。


じょうろみたいな形のトキのぬいぐるみ。こちらは、大きさ・重さが本物のトキと同じ。

思ったよりも重い!




こちらはキンの剥製

日本の野生生まれ最後のトキで、推定年齢は36歳。このキンを最後に、野生のトキは絶滅してしまいました。

もともとトキは明治時代の中頃まで日本各地で見られる鳥だったそう。田畑を荒らすので、害鳥ともされていました。

しかし、羽根を目的として乱獲されたり、土地開発により住みかが無くなったことなどが原因でその数は大幅に減っていったのです。


1983年には佐渡島に残る最後の5羽のトキが捕獲されましたが、繁殖することなく次々と死んでいきます。2003年には、最後に残った「キン」が死んでしまい、日本の野生生まれのトキはいなくなってしまうのでした。





■生のトキに会える!




資料館を抜けた先にある観察廻廊からは、トキのケージを見学することができます。


50mほど離れているのでちょっと見えにくいのですが、生のトキいました!

日本の野生トキは絶滅してしまいましたが、中国からトキを迎え入れ、無事人口繁殖に成功したのです。

(中国産のトキといっても、生物学的にはまったく同じ種類の生き物)


ここで人口繁殖されたトキは佐渡島に放たれています。まだ野生定着のレベルには達していないそうですが、いずれは佐渡島、また全国で普通に見られる鳥に戻るのかもしれません。



■さまざまなトキ




ここで「トキ」と読んでいる紅白のトキは、学名「ニッポニア・ニッポン」。でも、それ以外にもトキの仲間は、世界に35種います。

このトキの森公園では、複数種のトキを飼育しております。

こちらはムギワラトキ。

オーストラリアに暮らすトキの仲間です。


体は白いけど名前はクロトキ。

中国や東南アジアに生息しているトキですが、稀に日本にも飛来することがあるそうです。


あれ、野生のトキ!?

模型(デコイ)でした。






■トキふれあいプラザ




先ほどの観察廻廊からも観察することができたトキ。
でも、もっと近くで見てみたい!

そんな方にはこちらのトキふれあいプラザ

2013年3月にオープンした、トキ観察施設です。ここでは、より自然に近い形でトキを飼育しております。


置いてある望遠鏡を使えば、よーく観察できます。


いた!!!!



ここにいるトキは「すみれ」と「ゆうた」。



一階の窓からは水辺が見える。

タイミングがあえば、餌のドジョウを食べる姿を見ることができるそう!こんな近くで観察できるなんて、さすが佐渡島!


なお、この覗き窓はマジックミラー。トキを驚かすことなく食事風景を観察することができる仕組みなのです。











このあとは大佐渡スカイラインへひとっ走り!


なかなか傾斜が急なドライブラインです。



ドライブライン上にある展望台、白雲台


名前の通り、真っ白で雲の中。

なんて良い眺めなのでしょうか・・・!!!



このまま佐渡金山を横目に見ながら山を下り、尖閣湾へと向かいます!

次回:
【佐渡島】ダイナミックな尖閣湾と水族館と怒涛の顔はめ『尖閣湾揚島遊園』(外海府)




◆佐渡島まとめ◆

【佐渡島】ハイテクロボットのレジェンドストーリー『佐渡歴史伝説館』(真野)

2017年09月07日(木) 12時00分
◆佐渡島まとめ◆


佐渡歴史伝説館



「動く・光る・語る・舞う!ハイテクロボットかいざなう佐渡・夢の旅」800年前の佐渡へタイムスリップ!テンポ良く非常にわかりやすいストーリーなので、歴史に興味なくても楽しめるはず。

【開館時間】
4〜11月:8:30〜17:00
12〜3月:9:00〜16:30
【休館日】
無休
【料金】
¥800

前回:
【佐渡島】佐渡金山B〜会いに行ける廃墟『佐渡金山鉱山遺跡』〜(相川)



2017/7/16(日)佐渡島3日間の2日目。

佐渡金山の坑道に続いて、佐渡島の屋内スポットをご紹介します。その名も佐渡歴史伝説館

ハイテクロボットが佐渡にまつわる伝説を紹介してくれるスポットです。




■流刑地であった佐渡島




佐渡島はその昔、流刑地とされた島でした。

流刑地というのは、罪を犯した人が「島流し」として流されるところ。

律令制の時代では流刑は死刑に次ぐ重い罰。また、死刑が廃止されていた平安時代では最も重い刑罰であったりもしました。

流されてくるのは重罪人ばかり・・・。


しかし犯罪者といっても、思想の違いから追放された政治犯や権力者に危険視された人物など、必ずしも極悪人とは限りません
場合によっては島の人々に文化や技術を伝えたりと島の発展に貢献しているパターンもあったりします。



佐渡島にはいったいどんな人物が流されてきたのでしょうか・・・?




■まさかの天皇・・・




入るとすぐに慶子女王による案内がはじまりました。

慶子女王、美しすぎる!!!


この慶子女王の父、順徳上皇は佐渡島に配流された人物の一人。

幕府(武士)vs朝廷(天皇)の戦いである承久の乱に敗れて隠岐に流された後鳥羽上皇(父)。その息子である土御門上皇(兄)は土佐へ、そしてこちらの順徳上皇(弟)はこの佐渡島と家族ばらばらに流されてしまったのです。





■お次は強いお坊さん




お次の登場人物はこちらのお坊さん。

日蓮聖人。鎌倉仏教の一派、日蓮宗の宗祖です。


処刑されそうな日蓮。

しかし、ひたすら題目を唱えたところ、雷が落ち助かるのです。



それを見て驚く武士たち。


表情がとてもリアル!本気で驚いてます!

処刑を免れた日蓮ですが、その後は佐渡島へ流されました。

こちらは日蓮の名シーン塚原問答

おしかける他の宗派の人々と討論を交わしているところです。

音声が流れるのですが、コトバに力がこもっていてかっこいい!
日蓮の信念の強さ、そして様々な逆境に打ち勝つ凄さを知りました。

なお、その後の日蓮は赦免となり、無事本土に帰還します。蒙古襲来を予言したり、身延山久遠寺を開山したりと活躍するのでした。





■芸能分野からも・・・




最後、もう一人有名な人物がこちら。

猿楽(現在の能)を大成した世阿弥(ぜあみ)です。
足利義満には庇護されたものの、足利義政に疎まれ佐渡へ流罪となってしまったのです。

舞うは「雨乞いの舞」。日照り続きの夏、島民を救うために舞っているところです。ロボット世阿弥は音に合わせて華麗に動く。



いつの間にかお面をつけている!

いつ装着したのでしょうか?まったく気がつきませんでした。



お面のタイミングを確認したいので、もう一回見たい!
しかし、戻っても上映されません。
「人が来るとセンサーで起動」ではなく「前のストーリーが終わると次のストーリーがはじまる仕組み」なので、一番最初に戻らないと見直すことができないみたいです。

誰か別の人が入館すれば上映されるのですが、お昼時だったので他のお客さんが来ません。あきらめました。


ロボット世阿弥のすぐ隣には、あざやかな世阿弥観音像が。

ライトアップされて幽玄な雰囲気です。

そんな世阿弥の影響を受けて、佐渡島では能がとても発展しました。現在でも多くの能舞台が残り「能の里」とも呼ばれています。

日本トップといっても過言ではない世阿弥が住んでいたら、それは高いレベルで発展するに決まってますよね。





■伝説はつづく・・・



2階へ進むと、語り部のおばあちゃんが。

話をしっかり聞いている子供。もちろん人形です。




ここからは、人形劇のようなコンパクトな演目が続きます。

アンジュ伝説
悲しい運命に翻弄される姉弟のストーリー『安寿と厨子王』、クライマックスは佐渡島でした。

「アンジュこいしやほうやれほ」感動の母親との再会シーンが再現されています。



夕鶴伝説
こちらはご存知、『鶴の恩返し』。全国に伝わるストーリーですが、佐渡島では『夕鶴』として伝わっています。

こちらも鶴が羽ばたき消えていくラストシーン。



おけさ伝説
飼い猫がケサという娘に化けて、見たことのない踊りを披露したお話です。これが「おけさ節」の起源といわれています。









これにて伝説は終了。

上映作品は、どれもとてもわかりやすい!
また、どれもクライマックスばかりなので、とにかくテンポが良いです!



さて、長い歴史の旅を終えて、お腹がすきました。
この歴史伝説館にはちゃんとしたレストランがついてます!

食事処夕鶴

【営業時間】
11:00〜14:00

せっかくなので海鮮丼(並)¥1,200

佐渡島の海の幸を堪能しました。






お次は雨も落ち着いてきたので、軽めの半屋外スポットトキの森公園

次回:
【佐渡島】特別天然記念物トキに会える!『トキの森公園』(新穂)


そういえば、栃木県栃木市にも似たような名前の施設があった気がします・・・。
詳しくは塚田歴史伝説館にて




◆佐渡島まとめ◆

【佐渡島】佐渡金山B〜会いに行ける廃墟『佐渡金山鉱山遺跡』〜(相川)

2017年09月06日(水) 12時00分
◆佐渡島まとめ◆


佐渡金山鉱山遺跡




マニアでなくともスケールの大きい遺跡は圧巻!しかも、すぐ近くまで歩いて行ける!市街地からのアクセスも良いので、佐渡島に行ったら絶対見てほしい光景です。

【時間】
24時間見学可能(ライトアップあり)

前回:
【佐渡島】佐渡金山A〜割れた山へ向かう道遊坑コース〜(相川)



2017/7/16(日)佐渡島3日間の2日目。

佐渡金山のある相川・北沢地区には、当時の鉱山施設がまるで遺跡のように残ってます。

鉱山跡は日本にいくつかありますが、大概は山のなか。アクセスは悪くて当たり前。
でもこちらの鉱山は、相川の街からもすぐ近くで簡単に訪れることができます。先ほどの佐渡金山の坑道に行く途中なので、合わせて見るのがオススメです。



■会いに行ける廃墟



まず目に入るのは北沢浮遊選鉱所

大きな鉱山遺跡は迫力満点!

こちらの施設は、鉱物の性質を利用した選鉱を行っていた場所。
微粒に砕いたあと、油を含んだ水溶液に入れ、鉱物だけを浮上させて分離させていたそうです。コトバで見てもなかなかイメージしづらい。


さて、こちらの鉱山遺跡たち、アクセスが良いだけではありません。

すぐ近くまで行けるのです!


一応ロープは張ってあるので中に入ることはできませんが、本当に触れるくらい近くにいけます。



となりにあるのは旧北沢青化・浮選鉱所

組まれた石垣と、そこに絡まる植物が遺跡らしさを引き立てる。まるでそこに大きな城があったかのよう。


こちらの円形の遺跡は50mシックナー

金銀を含んだ泥から水分を分離する装置です。

エンタシスでは無さそうですが、等間隔に柱が並ぶ様子は、まるで神殿の遺跡のようです。




■遺跡を見渡す展望台



そんな佐渡金山遺跡群を見渡すには、こちらの展望台が最適!

↓「P」のあたりが駐車場&展望台

市街地からだと、佐渡奉行所跡の手前、相川病院の裏あたりに駐車場がありました。


ここからなら先ほど紹介した3つの遺跡の全貌を見渡すことができます。



なんだか古代都市の遺跡に見えてきました!!

これを見てテンションあがらない人いるのでしょうか。



■夜はライトアップも!



こちらの鉱山遺跡、夜間でも見に行くことができます。そしてなんと、ライトアップもやってます!!

真っ暗な中に浮かび上がる遺跡は迫力満点。荘厳な雰囲気です。





繰り返しますが、市街地から近いので、相川あたりにお泊まりの方は、ちょっとした夜のドライブにもおすすめです!







次回は佐渡歴史伝説館。佐渡島にまつわる歴史をハイテクロボットたちが案内してくれます。



次回:
【佐渡島】ハイテクロボットのレジェンドストーリー『佐渡歴史伝説館』(真野)



◆佐渡島まとめ◆

【佐渡島】佐渡金山A〜割れた山へ向かう道遊坑コース〜(相川)

2017年09月05日(火) 12時00分
◆佐渡島まとめ◆


佐渡金山『道遊坑コース』




近代技術が導入された明治以降の坑道。そこには江戸時代には無かった機械やコンクリートの姿が。坑道を抜けて屋外に進むと、割れた山へとつながっています。

【時間】
4〜10月:8:00〜17:30
11〜3月:8:30〜17:00
【休】
年中無休
【料金】
宗太夫コース¥900
道遊坑コース¥900
(共通券¥1400)

前回:
【佐渡島】佐渡金山@〜江戸を感じる宗太夫コース〜(相川)



2017/7/16(日)佐渡島3日間の2日目。
前回に続き、佐渡金山です。


■近代的な道遊坑コース




先ほどの宗太夫坑コースは江戸時代の手堀りの坑道でしたが、こちらの道遊坑コースは西洋の近代的技術を導入した明治以降の坑道。

江戸時代のイメージが強い佐渡金山ですが、1989年まで採掘がされていたのです。


手掘りの生々しさの無い、整然としたコンクリートのトンネル。

足元にはトロッコのレールが走っている。




酒類熟成所があります。

真野鶴や北雪など佐渡島のお酒を貯蔵しているところ。洞窟内というのは光が入らず、また温度も年間通して8〜13度と低温。ここは天然の冷暗所なのです。

こちらの広い空間は、道遊の割戸直下採掘跡

ここは平成元年の閉山まで採掘されていた最後の現場の1つ。


「道遊の割戸」って?



その答えは、この先に。




■道遊の割戸へ




地上に出ると、道遊の割戸(わりど)へのルートが見えてきます。

小雨が煙る中、歩くこと徒歩約7分。


こちらが道遊の割戸

山にぽっかりと穴が空いています。




さらに順路に沿って進んで行くと、割戸を遠くから眺めることのできるスポットに。

佐渡島の観光ポスターでも見かける、佐渡を代表する景色です。

金鉱脈を掘り進めた結果、まるで山が割れたような形となっているのです。
こちらは江戸時代に手掘りで採掘された跡らしい。
明治以降の道遊坑コースから見えるので、てっきり近代技術で掘られたのかと思っていました。



このあたりはちょっとした高台になっており、周辺の鉱山遺跡が見える!

こちらは搗鉱場(とうこうば)。水銀を使って金を回収するための施設。

緑につつまれた構造物は、未開の地でみつける文明の跡のようで少し神秘的です。


佐渡金山には他にも遺跡がたくさん。詳しくは次回






じっくり見ていたので2コース合わせて2時間以上かかってしまいました。

気がつけば駐車場は埋まり、大型バスが何台も停まってます。ここは朝イチで来て良かった。



佐渡金山関連は続きます!

次は、佐渡金山遺跡。遺跡マニアも廃墟マニアも普通の人も必見です!

次回:
【佐渡島】佐渡金山B〜会いに行ける廃墟『佐渡金山鉱山遺跡』〜(相川)



◆佐渡島まとめ◆

【佐渡島】佐渡金山@〜江戸を感じる宗太夫坑コース〜(相川)

2017年09月04日(月) 12時00分
◆佐渡島まとめ◆


佐渡金山『宗太夫坑コース』




佐渡を代表する観光スポット「佐渡金山」。ひんやりとした坑道を進むと、70体の人形で再現された江戸時代の採掘風景が広がっています。ラストに登場する金の延べ棒チャレンジは人気のアトラクション。

【時間】
4〜10月:8:00〜17:30
11〜3月:8:30〜17:00
【休】
年中無休
【料金】
宗太夫坑コース¥900
道遊坑コース¥900
(共通券¥1,400)

前回:
【佐渡島】情緒と生活感あふれる港町『宿根木集落』(小木・宿根木)



2017/7/16(日)佐渡島3日間の2日目。

朝7:00起き。たっぷり寝れました!

今日はあいにくの悪天候。
でも、ちょっと安心しました。昨日みたいな暑さが続いたら溶けてしまいそうです。

佐渡島は屋内型のスポットがたくさんあるので、悪天候でもばっちり楽しめます。そんな中でも代表格、佐渡金山へ!


8時オープン。朝イチで突入です!



佐渡金山にはコースがたくさん。

そのうち、予約なしで自由に見学できるのは、
江戸時代の坑道である宗太夫坑コースと近代技術を導入した明治以降の道遊坑コースの2つ。


両方行こう!

片方だとそれぞれ900円ですが、共通券だと1,400円。400円お得!




■宗太夫坑コース




最初は宗太夫坑コースから。
1601年に発見され、家康によって開発された江戸時代の坑道です。佐渡金山は、その後1989年までと、約400年間堀り続けられた世界的にも寿命が長い鉱山なのです。


坑道内部はひんやり。


立体的で複雑な坑道のあちこちには人形たちが働いていました。




■今でも働く人形たち




謎の筒をまわす人形たち。

この筒は水上輪といって、排水用のポンプとしての機能があるそうです。
(読み方は「すいじょうりん」「みずあげわ」などいろいろ)

もしかして、筒が螺旋になってて、まわすと水を持ち上げられるのでは?
なお、これを操作する役は高賃金だったそうです。



休息所でくつろいでいるのは金穿大工(かなほりだいく)たち。

鉱石を掘る工夫のことです。技術者として賃金もよく、優遇されていたそう。

スピーカーからは、そんな大工たちの声が聴こえてきます。

「早く外にでて酒を飲みてぇ。馴染みの女にも会いてえ。」
・・・労働環境は悪く、短命だったそうです。




さっきはくつろいでた金穿大工たち、ここではがんばってます。

でも、何そのポーズ・・・。





■坑道の奥では謎の儀式




坑道内部を進むと、出口付近では謎の儀式が繰り広げられています。

これはなんかやばそうな雰囲気。もし迷い混んだ洞窟でこんな光景見てしまったら命の危険を感じます。

まるで秘密結社のようなこちらの儀式は、間歩(まぶ)開きの祝い。鉱脈が見つかり、前途を祝してお祝いしているところ。

アイマスクをつけて演じられているのは「やわらぎ」という芸能。山の神の心をやわらげ、そして鉱脈もやわらげて掘りやすくするための儀式なのです。メンマは関係ありません。





■金の延べ棒をつかみとれ!





坑道を抜けると、博物館へと繋がっていました。

鉱山の断面図模型。

全長約400km、江戸時代初期には世界一の長さとの噂もある坑道。まるで蟻の巣のように広がっています。
斜めに置いてある棒は、さっきみた水上輪。こんな感じで水を汲み上げ排水していたのですね。


ここでもやっぱりくつろいでる大工たち。




そんな館内で人だかりができているところが。

こちらは純金延べ棒取りだしチャレンジ

素手のみで30秒以内に取り出すと金の延べ棒プレゼント!じゃなくて記念カードプレゼント!


次々といろんな人がチャレンジしていきますが、重くてなかなか持てない。

例え持つことができても、自分の手首と一緒に穴から出すのは至難のワザ。かといって指先で持てるような重さではないのです。

また、そもそも穴に手が入らない人も!


穴の大きさや金の重さやサイズのゲームバランスが絶妙。


「お嬢さん、彼氏を殴るときの力で行け!笑」

「おしい!あとちょっと!!笑」


会場はとにかく大盛り上がりです!

みんな我こそはとチャレンジするものの、ことごとく玉砕していきます。



やってみたい・・・!


私は手首の細さには定評があるのでいけるのではないだろうか。そして手のひらも大きいので掴み易いのではないだろうか・・・。金の延べ棒には500万円くらいの価値があるはず。そのままとんずらして「日本一周の旅〜豪遊編〜」に出発だ!



・・・人だかりの中央に突っ込んでいく勇気がありませんでした。


手首の細さ握力、そして勇気が必要なチャレンジなのでした。

なお、成功者はこれまで2,128人。2,129人目になりたかったなー。








続いてもうひとつの道遊坑コースへ。

うってかわって近代的な坑道、そして割れた山へと向かいます。


次回:
【佐渡島】佐渡金山A〜割れた山へ向かう道遊坑コース〜(相川)


◆佐渡島まとめ◆
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちひろ
読者になる
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
ブログ村というのに登録してみました。押してもらえるとポイントが増えるらしいです。
2017年09月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
https://yaplog.jp/chihirog/index1_0.rdf