【九州編】目次でーす!

2015年05月31日(日) 2時00分
2015年5月の九州編目次でーす!

21日間の車中泊旅です!
車内生活などについてはこちらにて。


1日目(つくば〜鳥取)
・鳥取砂丘
・はまなす温泉わだつみの湯

2日目(鳥取・島根・山口〜九州)
・白兎海岸
・玉造温泉
・須佐のホルンフェルス
・萩反射炉
・角島大橋
・川棚温泉と瓦そば

3日目(小倉〜博多)
・河内藤園
・宮地嶽神社
・志免鉱業所跡と鉄道公園
・福岡タワー
・博多ポートタワー

4日目(博多〜佐賀)
・マリンワールド海の中道
・九州国立博物館
・太宰府天満宮
・佐賀県庁展望ホール
・佐賀ぽかぽか温泉、シシリアンライス

5日目(唐津〜嬉野)
・虹の松原(からつバーガー)
・高島(宝当神社)
・唐津城
・七ツ釜
・名護屋城
・玄海エネルギーパーク
・浜野浦の棚田
・嬉野温泉(湯豆腐、シーボルトの湯)

6日目(武雄〜平戸)
・御船山楽園
・武雄温泉(楼門、新館、元湯)
・有田(泉山磁石場、陶山神社、トンバイ通り)
・伊万里(大川内山、鍋島藩窯公園、岳神社)
・松浦一酒造(カッパのミイラ)
・平戸(平戸城、ザビエル記念教会、海上ホテル)

7日目(九十九島〜長崎)
・九十九島(海きらら)
・針尾送信所
・池島
・出津教会
・稲佐山の夜景

8日目(軍艦島〜長崎)
・軍艦島
・四海楼
・大浦天主堂&グラバー園
・中国孔子廟
・26聖人殉教地&フィリッポ教会
・長崎観音
・山王神社
??????????????????????????
9日目(島原〜熊本)
・島原(島原城、水屋敷)
・被災家屋保存公園
・御輿来海岸
・三角西港
・熊本市現代美術館

10日目(熊本〜阿蘇その1)
・熊本城
・宝来宝来神社
・荒ぶる阿蘇山ドライブ
・阿蘇神社

11日目(球磨,人吉〜伊佐,霧島)
・球泉洞
・人吉(青井阿蘇神社、人吉城、永国寺)
・おかどめ幸福駅
・大畑駅
・曽木の滝&曽木発電所遺構
・熊襲の穴

12日目(開聞岳〜知覧)
・釜蓋神社
・番所鼻自然公園、タツノオトシゴハウス
・西大山駅
・知林ヶ島
・池田湖
・知覧特攻平和会館
・知覧武家屋敷群

13日目(鹿児島〜桜島〜大隅)
・仙巌園
・いおワールドかごしま水族館
・桜島(恐竜公園、埋没鳥居)
・かのやばら園
・佐多岬

14日目(都井岬〜飫肥〜綾)
・都井岬(野生の馬!)
・幸島(野生の猿!)
・飫肥で四半的(弓)
・綾(綾城、吊り橋、千尋の滝)
・高岡温泉

15日目(西都〜日向〜高千穂)
・西都原古墳群
・高鍋大師
・日向(馬ヶ背、願いが叶うクルスの海)
・高千穂(スーパーカート、夜神楽)
・日之影温泉駅

16日目(阿蘇〜竹田)
・阿蘇山(ラピュタの道〜ミルクロード)
・鍋ヶ滝
・八丁原地熱発電所
・スカイパークあざみ台
・白水ダム
・原尻の滝
・竹田温泉花水月

17日目(臼杵〜佐賀関〜別府)
・白鹿権現
・道の駅さがのせき
・大分マリーンパレス水族館うみたまご
・高崎山自然動物園
・別府タワー
・鉄輪温泉むし湯
・十文字原展望台

18日目(別府〜杵築〜豊後高田)
・貴船城
・地獄めぐり
・香りの博物館
・杵築(杵築城、酢屋の坂)
・熊野磨崖仏
・無明橋
・ほうらいの里仙人湯

19日目(姫島〜豊後高田)
・長崎鼻
・姫島(アサギマダラ、黒曜石)
・昭和ロマン蔵

20日目(宇佐〜行橋)
・東椎屋の滝
・桂昌寺跡地獄極楽
・龍岩寺の投入堂
・西椎屋の景
・宇佐神宮

21日目(〜つくば)




後記。

行ったところまとめは
【九州編・後記】行ったところまとめ


車内生活などは
【九州編・後記】下調べとか車内生活とかブログとか


【九州編・後記】行ったところまとめ

2015年05月31日(日) 0時00分
九州の旅で行ったところダイジェストーーー!

かんっっぜんに自己満足です。

ジャンルわけに行ったところ羅列してみて、ちょっと悦に入ってます。







景勝地

車旅の醍醐味、景勝地!
自然系です。

●七ツ釜(佐賀県)
七ツ釜


●浜野浦の棚田(佐賀県)
浜野浦の棚田


●九十九島@石岳展望台(長崎県)
九十九島


●御輿来海岸(熊本県)
御輿来海岸


●草千里ヶ浜@阿蘇山(熊本県)
阿蘇山


●番所鼻自然公園(鹿児島県)
番所鼻自然公園


●池田湖(鹿児島県)
池田湖


●佐多岬(鹿児島県)
佐多岬


●願いが叶うクルスの海(宮崎県)
クルスの海


●馬ヶ背(宮崎県)
馬ヶ背


●草千里ヶ浜@阿蘇山(熊本県)
草千里ヶ浜


●ラピュタの道@阿蘇山(熊本県)
ラピュタ


●スカイパークあざみ台(大分県)
スカイパークあざみ台


●長崎鼻(大分県)
長崎鼻


●観音崎(大分県)
観音崎


●西椎屋の景(大分県)
西椎屋の景


【今回】
どこも甲乙つけがたいけど、
・御輿来海岸
・ラピュタの道
・スカイパークあざみ台
あたりがお気に入りです。












九州は素敵な滝がたくさん!!!

かつて九州に来たときは、滝にまったく興味がなかったので、1つも行かなかったなー。今思えば物凄く勿体ないですね。
(私を目覚めさせてくれたのは群馬県の吹割の滝でした。)


●曽木の滝(鹿児島県)
曽木の滝


●千尋の滝(宮崎県)
千尋の滝


●鍋ヶ滝(熊本県)
鍋ヶ滝


●原尻の滝(熊本県)
原尻の滝


●東椎屋の滝(大分県)
東椎屋の滝


【今回】
行った滝は5つ。どれも最高でした!









離島

離島に向かう船に乗る・・・
かなーり旅を感じる瞬間です。
一見普通の日本の風景のようですが、特定の動植物の生息地だったり、変わった風習があったり。
歴史を調べだすと、実は・・・・・・みたいなことも。

●高島(佐賀県)
高島


●池島(長崎県)
池島


●軍艦島(長崎県)
軍艦島


●知林ヶ島(鹿児島県)
知林ヶ島


●桜島(鹿児島県)
桜島


●幸島(宮崎県)
幸島


●姫島(大分県)
姫島


【今回】
九州って離島が多いです。多すぎます。
「九州離島」でるるぶが1冊できちゃうくらい多いです。

今回は7つ。ナナシマです。

宝くじの高島
廃墟と炭坑の池島
廃墟を通り越した軍艦島
砂州を渡る知林ヶ島
火山灰の桜島
猿の住む幸島
黒曜石と蝶の姫島。

どこも個性的。
一部陸路がある島も混ざってますが、私の中では離島です。



対馬や壱岐、五島列島、種子島、屋久島もものすごーーく気になってたのですが、今回は外しました。理由は

【準備不足】
特に屋久島。
【費用】
船代、宿泊、島内移動手段でかなりの出費が予想されます。

そして、車旅でわざわざよらなくても・・・
どれも、それだけを目的にできる島な気がします。飛行機&船の公共機関でまたいつか来れば良いのでは。














穴・穴・穴!!

いつからか私の旅の中に加わった穴。
ひとえに穴といっても観光鍾乳洞や坑道、防空壕などいろんなタイプがありますね。
あんまり狭くて暗いとちょっと耐えられないかも。


●球泉洞(熊本県)
球泉洞


●熊襲の穴(鹿児島県)
熊襲


●行者洞穴(大分県)
行者洞穴


●桂昌寺跡地獄極楽(大分県)
桂昌寺


【今回】
穴は4本。
熊襲の穴があまりにも強烈でした。
行けなかったトンカラリンや水中鍾乳洞はいずれ行きたいですー。









ちまちま続けている駅舎訪問。
そもそも駅舎が気になりだしたのは、青森県の木造駅あたりかな。そして愛知県の小田井駅あたりで夢中になり、今はちょっと落ち着いてます。
駅舎と一言でいっても、例に漏れずいろいろあります。
珍駅舎や絶景駅、珍名駅、秘境駅、スイッチバック・・・


地方の駅舎は、ドライブの休憩がてら寄るのにオススメです。

車で駅舎をまわるのはなんとなく邪道っぽいですよね。
でも、「まず外観から見れる」ところと「ダイヤに縛られない」ところが良い点だと感じます。

●人吉駅(熊本県)
人吉駅


●おかどめ幸福駅(熊本県)
おかどめ幸福駅


●大畑駅(熊本県)
大畑駅


●西大山駅(鹿児島県)
西大山駅


●日之影温泉駅(宮崎県)
日之影温泉駅


【今回】
珍駅は陰を潜め、どこも観光スポット駅ですね。
何れも良い雰囲気の駅だったので、駅に興味ない方にもオススメです!








見てよし渡ってよしな橋。観光定番スポットですね。
橋好き!ってなったのは四国に行ったときだったかな。かずら橋や、屋根付き橋、しまなみ海道などを見ていろんな橋があるんだなーって思ったのがきっかけです。

●眼鏡橋(長崎県)
眼鏡橋


●綾の照葉大吊橋(宮崎県)
大吊橋


●高千穂橋梁(宮崎県)
高千穂橋梁


●原尻の滝の吊り橋(大分県)
原尻の滝の吊り橋


●無明橋(大分県)
無明橋


●呉橋@宇佐神宮(大分県)
宇佐神宮


【今回】
高千穂橋梁、そして無明橋が最高でした。
暫定日本一です!!!!









ダム

以前中部地方で目覚めたダム!
湖や山や滝といった自然的な魅力、タワーや橋といった大型構造物的な魅力を兼ね備えております。
だいたい山奥にあるから人の気配があまりないのも良いです。さらに歴史なんて調べだすときりがないです。ダム自体にもアーチ式や重力式などの種類があるので、ちょっとの知識でも楽しめます。

●水力発電用ダム跡(鹿児島県)
水力発電用ダム


●白水ダム(大分県)
白水ダム


【今回】
とはいっても今回はちょっとだけです。ダムはたくさんあるのでついついスルーしてしまったり。

白水ダムの隙のない美しさは、ダムの魅力再発見です。









タワー

メジャー観光スポット、タワー!
多くの人を引き付けるスポットですね。
目覚める必要もなく好きでした。

全日本タワー協議会ってのがあって、日本の代表的なタワーが20ヵ所登録されてますー。

でも、最近はそこに載ってないタワーがまだまだたくさんあることに気づきました。
そんなタワー探すのがちょっとマイブームです。

●福岡タワー(福岡県)
福岡タワー


●博多ポートタワー(福岡県)
博多ポートタワー


●佐賀県庁展望ホール(佐賀県)
佐賀県庁


●都井岬灯台(宮崎県)
都井岬灯台


●別府タワー(大分県)
別府タワー


●長崎鼻灯台(大分県)
長崎鼻灯台


【今回】
一部タワーじゃないのも混ざってますが、タワーマニア様お許しを。

全日本タワー協議会のタワーは残すところ3ヶ所です。










夜景

おそらく前回の 2014年11月の近畿・中国編あたりから新しく加わった夜景!
一人で夜景スポットに行くのはちょっと寂しそうですが、そんなこともはや気にしません!


●福岡タワーからの夜景(福岡県)
福岡タワーからの夜景


●佐賀県庁からの夜景(佐賀県)
佐賀県庁


●稲佐山からの長崎夜景1(長崎県)
稲佐山


●稲佐山からの長崎夜景2(長崎県)
稲佐山


●十文字原展望台からの別府夜景(大分県)
別府夜景


【今回】
全部で4ヶ所。

心残りは北九州の工場夜景ーー。








街並み

漠然としてますよね。
でも、街全体で何か特徴があるところって凄い魅力的です。
私が意識しだしたのは、2014年5月の中部編にて富山県の散居村や五箇山、メルヘン建築を見てからです。


●有田、トンバイ通り(佐賀県)
トンバイ通り


●伊万里、秘窯の里 大川内山(佐賀県)
伊万里


●島原、鯉の泳ぐ町(長崎県)
島原


●三角西港、明治の港(熊本県)
三角西港


●知覧、武家屋敷と鯉(鹿児島県)
知覧


●別府、湯けむり(大分県)
別府


●杵築、坂の城下町(大分県)
杵築


●豊後高田、昭和ロマン(大分県)
●


【今回】
ううむ、やっぱり変わった街並み大好きです。
行った場所はどこも行く前から「行きたくてたまらない」場所でした。

今いちばんのマイブームかもしれないです。







神社

定番スポットですね。
昨今のパワースポット信仰で賑わいを見せてたりします。

神話や歴史を紐解いたり、建築様式を見たり、国宝などの文化財を見たり、1つの目標にしたり、アトラクションを楽しんだり、動物と触れあったり、地元のかたと話したり、運試ししたり、グリコやったり、買い物したり、食事したり、泊まったり、温泉入ったり、祭にまざったり、ホギホギしたり。

純粋なお参り以外にもいろんな楽しみ方があると思います。

それでも良いんだよね。

でも、行きすぎると寺社ボケしてしまうので、ほどほどに。

個人的には人の気配があまりない神社が好きです。

●宮地嶽神社(福岡県)
宮地嶽神社


●太宰府天満宮(福岡県)
太宰府天満宮


●宝当神社(佐賀県)
宝当神社


●陶山神社(佐賀県)
陶山神社


●岳神社(佐賀県)
岳神社


●池島の神社(長崎県)
池島の神社


●カステラ神社(長崎県)
カステラ神社


●山王神社(長崎県)
山王神社


●大榮稲荷神社(熊本県)
大榮稲荷神社


●宝来宝来神社(熊本県)
熊本城


●阿蘇神社(熊本県)
阿蘇神社


●青井阿蘇神社(熊本県)
青井阿蘇神社


●釜蓋神社(鹿児島県)
釜蓋神社


●猫神@仙巌園(鹿児島県)
猫神


●埋没鳥居(鹿児島県)
埋没鳥居


●荒平天神(鹿児島県)
荒平天神


●佐多岬の神社(鹿児島県)
佐多岬の神社


●高千穂神社(宮崎県)
高千穂神社


●白鹿権現(大分県)
白鹿権現


●浮洲(大分県)
浮洲


●宇佐神宮(大分県)
宇佐神宮


【今回】
20ヵ所以上!やっぱり日本を旅するとどうしても神社だらけです。

良いなと感じたのは宇佐神宮、竈蓋神社、高千穂神社あたりかな。


山王神社、岳神社、埋没鳥居、池島の神社、佐田岬の神社、
・・・そして白鹿権現はただならぬ雰囲気です。











じ、じつはあまり得意ではないのです。お寺。

そんな私を引き付ける変わった寺がたくさんあるのです。


●光明寺(長崎県)
光明寺


●長崎観音@福済寺(長崎県)
長崎観音


●永国寺(熊本県)
永国寺


●高鍋大師(宮崎県)
高鍋大師


●熊野磨崖仏(大分県)
熊野磨崖仏


●無動寺(大分県)
無動寺


●千人堂@姫島(大分県)
千人堂


●桂昌寺跡地獄極楽(大分県)
桂昌寺


●龍岩寺(大分県)
龍岩寺



【今回】
高鍋大師、龍岩寺(投入堂)、無動寺(無明橋)が強く印象に残ってます。

体力を使うところばかりだった気がしますね。








教会

ここにきて新要素「教会」!
今回、九州をいろいろ調べてて出会った教会。写真で見るだけでどきどきです。


●田平天主堂(長崎県)
田平天主堂


●平戸ザビエル記念教会(長崎県)
平戸ザビエル記念教会


●出津教会(長崎県)
出津教会


●大浦天主堂(長崎県)
大浦天主堂


●フィリッポ教会(長崎県)
フィリッポ教会



【今回】
全部で5ヵ所。
瓦屋根だったり、綺麗な色だったり、レンガだったり、アーティスティックだったりたまらんですーー!


完全に観光客として行ったので中には入りませんでした。







博物館

博物館、資料館、記念館・・・いろいろまとめてます。

マジメなものから遊べるところまでいろんなタイプがあります。

あんまり興味ないテーマでも、実力ある博物館を相手にするとその気にさせられちゃうかもよ。



●九州国立博物館(福岡県)
九州国立博物館


●名護屋城博物館(佐賀県)
名護屋城博物館


●ちゃんぽんミュージアム(長崎県)
四海楼


●大火砕流体験館(長崎県)
大火砕流体験館


●ASO Super Ring(熊本県)
superRing


●知覧特攻平和会館(鹿児島県)
知覧特攻平和会館


●八丁原地熱発電所(熊本県)
八丁原地熱発電所


●別府香りの博物館(大分県)
別府香りの博物館


●昭和ロマン蔵(大分県)
昭和ロマン蔵


●旧共同野村銀行跡(大分県)
旧共同野村銀行跡







アート系

各地方に必ず何件か存在するアートスポット。
美術館だったり、街中だったり、どこにでも現れます。
アートと一言でいっても・・・・・・良い加減しつこいんで割愛させてください


●西望記念館(長崎県)
西望記念館


●特撮博物館@熊本市現代美術館(熊本県)
特撮博物館



【今回】
あれ、今回これだけだっけ?
たぶん忘れてる気がします。








水族館

定番スポット。
水族館って、すごく個性的なのですよ〜
もちろんその地域の魚を扱ってたりしますが、それ以外にも推しメンならぬ推し魚があったりして楽しいのです!

魚の見せ方だって、水槽1つとってもいろんなタイプがあるのですよー。

さらには照明だったり、館内のデザインだったり、立地だったりと展示生物以外にもいろいろあるのです。

高価なのがネックです。


●マリンワールド海の中道(福岡県)
マリンワールド海の中道


●海きらら(長崎県)
海きらら


●タツノオトシゴハウス(鹿児島県)
タツノオトシゴハウス


●いおワールドかごしま水族館(鹿児島県)
いおワールド


●大分マリーンパレス水族館うみたまご(大分県)
うみたまご


●白池地獄(大分県)
白池地獄



【今回】
大小合わせて6ヶ所。
今回は、とりあえず大きいところだけは押さえとこうって感じです。






動物園

水族館ほど個性は出ないけど、安価なのが魅力です。
私の中では、「どちらかというと好きだけど、あまり積極的には行かない」という不思議なポジションのスポットです。


●宮地嶽神社の宮Zoo(福岡県)
宮地嶽神社


●都井岬(宮崎県)
都井岬


●幸島(宮崎県)
幸島


●高崎山自然動物園(大分県)
高崎山自然動物園


●山地獄(大分県)
山地獄


●鬼山地獄(大分県)
鬼山地獄


●アサギマダラ休息地@姫島(大分県)
アサギマダラ



【今回】
まともな動物園が1ヶ所もないZOO!
でも、都井岬の野生馬、幸島・高崎山の野生猿、姫島の野生蝶はなんか特別です。






植物園

私の中では「嫌いではないけど、滅多にいかない」そんなスポット。
なぜなら、動物・魚介類・昆虫と違い、植物はあまり詳しくないからなのです。

しかーし!最近は「花」などの時期限定の植物の魅力にとりつかれつつあります。





●河内藤園(福岡県)
河内藤園


●虹の松原(佐賀県)
虹の松原


●御船山楽園(佐賀県)
御船山楽園


●グラバー園(長崎県)
グラバー園


●知覧武家屋敷庭園(鹿児島県)
武家屋敷


●仙巌園(鹿児島県)
仙巌園


●かのやばら園(鹿児島県)
かのやばら園


【今回】
フジ、バラと季節の花も見れました。
御船山楽園はツツジの時期に行きたいです。いつか行く!













「歴史は好きだけど、あまり興味ない」そんなわけわかんないポジションだったお城。

熱海城、会津城あたりで徐々にきて、2014年5月の中部編で覚醒しました!お城最高!



●唐津城(佐賀県)
唐津城


●名護屋城跡(佐賀県)
名護屋城跡


●平戸城(長崎県)
平戸城


●島原城(長崎県)
島原城


●熊本城(熊本県)
熊本城


●人吉城跡(熊本県)
球泉洞


●綾城(宮崎県)
綾城


●貴船城(大分県)
貴船城


●杵築城(大分県)
杵築城


【今回】
全部で9城!思ったより多いー。
やはり熊本城はすごかったです。

衝撃的だったのはヴァーチャル名護屋城。











遺跡・史跡

古墳も住居跡も古民家も産業遺跡も廃墟も全部まとめちゃいました。一貫して言えるのは「本来の役目を終えた場所」です。

歴史は知ってた方が楽しめるけど、何も知らなくても引き込んでくるパワーを持ったところもたくさんありますよー。



●宮地嶽神社の石室(福岡県)
宮地嶽神社


●西都原古墳群(宮崎県)
西都原古墳群


●宮地嶽神社の合掌造り(福岡県)
宮地嶽神社


●志免鉱業所跡(福岡県)
志免鉱業所跡


●志免町鉄道公園(福岡県)
志免町鉄道公園


●針尾送信所(長崎県)
針尾送信所


●池島8階アパート(長崎県)
池島


●軍艦島(長崎県)
軍艦島


●被災家屋保存公園(長崎県)
被災家屋保存公園


●曽木発電所遺構(鹿児島県)
曽木発電所遺構


●仙巌園の反射炉跡(鹿児島県)
反射路



【今回】
私のお気に入りは
・曽木発電所遺構
・志免鉱業所跡
・針尾送信所
・池島のアパート
でした!

軍艦島って廃墟を通り越したスポット、いわば【ポスト廃墟】ではないでしょうか?









その他

いろいろ考えても、やっぱりどこに入れてよいかわからないところがあるのです。



●泉山磁石場(佐賀県)
泉山磁石場


●松浦一酒造のカッパ(佐賀県さ)
カッパ


●中国孔子廟(長崎県)
中国孔子廟


●オランダ坂(長崎県)
オランダ坂


●恐竜公園(鹿児島県)
恐竜公園


●四半的射場(宮崎県)
四半的射場


●あまてらすスーパーカート(宮崎県)
スーパーカート


●高千穂神社の夜神楽(宮崎県)
夜神楽


●別府地獄めぐり(大分県)
別府地獄めぐり




念願のあまてらすスーパーカートは最高でした!












食べたもの


●肉うどん@蔵(福岡県)
肉うどん


●シシリアンライス@佐賀ぽかぽか温泉(佐賀県)
佐賀ぽかぽか温泉


●からつバーガー(佐賀県)
からつバーガー


●湯豆腐@新八寿司(佐賀県)
新八寿司


●山小屋ラーメン
山小屋ラーメン


●佐世保バーガー@ラッキーズ(長崎県)
佐世保バーガー


●トルコライス@レスカル(長崎県)
トルコライス


●長崎ちゃんぽん@四海楼(長崎県)
ちゃんぽん


●食べるミルクセーキ@グラバー園(長崎県)
ミルクセーキ


●皿うどん@リンガーハット(長崎県)
皿うどん


●六兵衛@島原城(長崎県)
六兵衛


●かんざらし@島原水屋敷(長崎県)
かんざらし


●かすてらアイス@オーシャンアロー(長崎県)
かすてらアイス


●太平燕@ばってんの湯(熊本県)
太平燕


●いきなり団子@熊本城(熊本県)
いきなり団子


●火山灰ラーメン@阿蘇山(熊本県)
火山灰ラーメン


●阿蘇の焼き肉(熊本県)
焼き肉


●つぼん汁@道の駅錦(熊本県)
つぼん汁


●みそぶた丼(鹿児島県)
みそぶた丼


●薩摩黒豚ラーメン@仙巌園(鹿児島県)
黒豚ラーメン


●ぢゃんぼもち@仙巌園(鹿児島県)
仙巌園


●しょうが焼き丼@ネッピー館(鹿児島県)
しょうが焼き丼


●チキン南蛮@高岡温泉やすらぎの里(宮崎県)
チキン南蛮


●ちりめん丼@道の駅日向(宮崎県)
ちりめん丼


●チキン南蛮カレー(宮崎県)
チキン南蛮カレー


●赤うし牛丼@大観峰(熊本県)
赤牛牛丼


●とり天@竹田温泉花水月(熊本県)
とり天


●関アジ丼@道の駅さがのせき(大分県)
関アジ丼


●クロメ汁@道の駅さがのせき(大分県)
クロメ汁


●クロメソフト@道の駅さがのせき(大分県)
クロメソフト


●だんご汁@うみたまご(大分県)
だんご汁


●やせうま@うみたまご(大分県)
やせうま


●地獄だんご汁@海地獄(大分県)
地獄だんご汁


●大分の海の幸@新鮨(大分県)
新鮨


●塩モツ鍋@博多モツ鍋縁(福岡県)
塩モツ鍋


●宮崎地鶏@博多モツ鍋縁(福岡県)
地鶏




今回もそこそこ名物たべられました〜!

絶対また食べたいのは
・縁の塩モツ鍋
・クロメソフト
・かんざらし
・つぼん汁
・長崎ちゃんぽん
???????????????????? です!






温泉

車旅に切り替えてからというもの、べったりな温泉。2012年に東北をまわったあたりで、より深く興味が湧きました!
一時期は「歴史ある名湯・秘湯」優先で、「スーパー銭湯」はあまり利用したくないなーなんて思ってましたが、最近はあまりこだわりなくなってきました。



●佐賀ぽかぽか温泉(佐賀県)
佐賀ぽかぽか温泉


●嬉野温泉シーボルトの湯(佐賀県)
シーボルトの湯


●武雄温泉(佐賀県)
七武雄温泉


●平戸海上ホテルみづきの湯(長崎県)
平戸海上ホテル


●稲佐山温泉ふくの湯(長崎県)
稲佐山温泉


●ばってんの湯(熊本県)

●火の山温泉どんどこ湯(熊本県)

●日当山温泉花の湯(鹿児島県)
花の湯


●ねじめ温泉ネッピー館(鹿児島県)
ネッピー館


●高岡温泉やすらぎの里(宮崎県)
高岡温泉


●日之影温泉駅(宮崎県)
日之影温泉駅


●竹田温泉花水月(大分県)
竹田温泉


●鉄輪温泉むし湯(大分県)
鉄輪温泉


●ほうらいの里仙人湯(大分県)
仙人湯


【今回】
さすが九州、温泉にはまったく困りません!
しかも安い!
遅くまでやってるところや、食事処ついてるところもたくさん。
おまけに優しい人おおい!







【九州編・後記】下調べとか車内生活とかブログとか

2015年05月31日(日) 0時00分
2015年5月の九州編、

・行ったところについて
・車中泊について
・食事と風呂について
・ブログについて

ちょっとした後記ですー!
「宿はどうしてるの?」
「行くところはどうやって調べてるの?」
「どんなもの持っていくの?」
など、よく質問されることなんか書いてみましたー。







行ったところについて


私の1人旅もこれが13回目なのです。(九州を旅するのは3回目。)


●2010年6月は・・・
太宰府、吉野ヶ里、ハウステンボス、平和祈念公園、雲仙、阿蘇山、天岩戸神社、桜島、別府地獄めぐり、別府砂湯、桂昌寺跡地獄極楽、鬼のミイラ

●2011年5月は・・・
平和台公園、サンメッセ日南、鵜戸神宮、青島神社、高千穂峡、青の洞門、門司

かなーりざっくりと各県の名所をめぐった程度。もっと九州の細部を見たかったのです。

私は旅に出る前はおよそ2ヶ月前くらいから下調べがはじまります。
まずはるるぶとまっぷるをひたすら読みあさり、だいたいの県内の位置関係を把握します。
さらに、行きたいところをピックアップして営業時間や定休日などをEvernoteにメモ。
日帰り温泉や、名物を食べられる食事処は多めにメモします。


そこに、他の書籍やインターネットで調べたマニアックなところなどを加えます。
(珍スポット100景さんやDAMMANIAさん、さいきの駅舎訪問さんなど、各方面特化型のサイトはお気に入りです。)


あと余裕があれば、時期イベント(○○祭、期間限定公開etc)をできたらチェック。


そして、Google mapに★つければだいたい完了。



旅先では、Google mapを開き、近隣の行きたいところを見つける

Evernoteにメモしてある詳細を確認


そんな感じで毎日過ごしました。
だいたい当日、もしくは前日に何となく方向だけ決めることが多かったですーー。

20日間もの長旅を、事前にきちんとしたプラン立てるなんて無理!絶対無理!
そもそも所要時間が検討もつかない!
有名観光地ならある程度目安がありますが、例えば白鹿権現無明橋みたいなところはさっぱりわかりません。

ってなわけで、調べはするけど、プランはたてないそんな旅です。




そうそう、昔は行き当たりばったりな旅が好きだったのですが、途中からがっつり事前調査型に変化しました!

理由は

・どんなに調べても新鮮な発見はある。
・下調べ楽しすぎ!2ヶ月前から旅を楽しめる。
・大事なスポットを見逃してるかも
・行ったところが記憶に残りやすい
・地元の方と会話しやすくなる


あと土地勘がつく!これに尽きます。
土地勘が無いと、急な通行止め情報などに対応できないのです。『○○方面、迂回せよ』とか『△△〜□□通行止め』とか。

さらに地元の方のおすすめ情報なども処理できなくなるかもです。



今回はなんとなく九州調べてたら、

【博多行ったことないな】
【唐津、呼子行ってみたい】
【伊万里、有田の街並みが見たい】
【ついに軍艦島、池島上陸するか】
【長崎の観光名所、多国籍過ぎ】
【教会のデザイン胸アツ!!】
【島原って理想的かも・・・!】
【いろんな城を踏まえて見る熊本城】
【天草が魅力的すぎる】
【鍋ヶ滝筆頭に面白い滝いっぱい】
【桜島に車で行ってみよう!】
【高千穂鉄道の観光利用が面白い】
【西都の古墳、都井岬!】
【高鍋大師・・・?】
【白鹿権現……こんなところがあるのか】

こんな感じでわくわくでした。




★行きはごったところ★
【福岡県】
油木ダム、皿倉山展望台、藍島、いのちのたび博物館、田川石炭記念公園、竈門神社、志賀島、到津の森

【佐賀県】
巨石パーク、祐徳稲荷神社

【長崎県】
長崎ペンギン水族館、九十九島動植物園、春日集落、むつごろう水族館

【大分県】
中津、明礬温泉、関崎海星館、ととろの森、北川ダム、湯布院、龍門の滝、岡城趾、音無井路円形分水、旧豊後森機関庫

【熊本県】
三池炭鉱、トンカラリン、成趣園、熊本市動植物園、御船町恐竜博物館、黒川温泉、わいた温泉、杖立温泉、通潤橋、天草地方

【宮城県】
延岡城跡、すみえファミリー水族館、桃源郷岬、西都原考古博物館、平和台公園、関之尾滝

【鹿児島県】
甑島、霧島神宮、丸尾滝、平川動物公園、枕崎駅、

そして、対馬・壱岐・五島・種子島・屋久島・奄美…………

九州は魅力的な離島多すぎる……






車中泊について

今回も例にもれず車中泊メインです!
よく『疲れとれないんじゃない?』とかきかれるけど、そんなことありませぬ。
私の車はコンパクトカーですが、後部座席倒してフラットになります。そこに布団敷いてるのですー。
寝るときはサンシェードやカーテンで窓を塞いでおります。

車中泊のデメリットは

【寝てる間に充電ができない】
これに関しては、モバイルバッテリーなどを使えば問題なし!


【寝床さがし】
安心して眠れる場所って、以外と難しい。
道の駅なら安心です。(私は道の駅は2回しか利用しませんでしたが。)市街地の24時間営業の店はあまりオススメしません。このへん気になる方は直接お願いしますー。ブログには書きづらいです。


【湿気】
今回はあまり悩まなかったのですが、前回秋の終わり頃に旅立ったときは毎朝の結露に相当悩みました。未解決です。

【自由度が高すぎる】
今夜はどこまで移動しよう?朝は混みそうだから市街地は夜のうちに通過しよう!いっそ目的地まで行く?あれ、眠れそうな駐車場がない!え、夜間通行止め!?

・・・・・・などなど。自由度が高すぎるゆえ、ベストな判断はなかなか難しいです。普通は道の駅を拠点に考えたりするのでしょうか。


【朝の温暖化】
5月といえど、朝7:00くらいには車内温暖化はじまります。7:30くらいには暑くて強制起床です。
ゆえに、朝寝坊はできません。
日陰で夜間駐車できるところなんて滅多にないです。
ちょっと窓を開けたりすると、明け方の冷え込みにやられたり、蚊におそわれたりと難しいです。
まあ、7:00前には起きてることが多いのであまり問題はないですが、何かの事情で夜更かしになってしまったときは睡眠時間の確保が難しいことは覚えておくと良いと思います。
(暑さに強い方は問題ないかも)





持ち物について


【発電機】
シガーソケットからコンセントに!
主にデジカメとスマホの充電用です。


【アルミシート】
使い方いろいろです。私は主に寝るときの目隠し。
寒さが厳しいときは布団かぶった上にアルミシートでくるまったり。



【長靴】
以前高知県の伊尾木洞に行った際、前日の雨を考慮して購入しました。それ以来車旅では必需品。

今回もほんとに大活躍!!!!
砂浜や、川沿いを歩くときは最強です。
山のぬかるみでも無敵! とにかく水辺や靴が汚れそうなところではコレです。長靴があるだけで行動範囲が広がります。

普通の靴を洗って乾かせる状況なんて滅多にないので、すぐ洗えて乾く点でも長靴さんは最強なのです。



【軍手】
旅と言わず、車には必需品の軍手。
今回は鎖をのぼることが多かったので大活躍。


【着替え】
車1人旅だと、荷物容量制限なんてほとんど無いです。できるだけ多めに持ってく派です。
寝るときの目隠し補助や防寒補助にも使えます。
洗濯は時間もお金もかかるからなるべくしたくないのです。といいつつ、必ず一回は洗濯します。だって洗いたて気持ち良いんだもん。
なるべく綿100じゃなくて、化学繊維の方が乾くの早くてオススメです。


【ウェットティッシュ】
これは日常的にも必需品!
使い方は無限大。
夜お風呂入りそびれたときなんかもフキフキ。
あと、ちょっと汗かいたなーって思ったらすぐ体フキフキ。なるべく服を汚さない作戦です。


【お風呂セット】??
必ずしも石鹸があるとは限らない!そなえつきのシャンプーめっちゃゴワゴワかも!え、石鹸有料!?
などなど、自分で用意しておくに越したことはないと思います。
私の場合は、ミニボトル+普通のポンプボトル。
お風呂いくときは、ミニボトルで持っていきます。無くなったら、車内のポンプボトルから補充。


【ホワイトボード】
今回、なんとなく投入してみた新装備!
信号待ちや電話中にササッとメモとれるのは便利でした!
前半は、寝る前に翌日の行く場所候補を書き出したりもしてました。
特に船の時刻表や営業時間など書いておくと、信号待ちの間にちらっと確認できて良かったです。
私の旅はスマホのデータ通信制限との戦いなので、Wi-Fi使えるところでメモしておけば通信量の節約にもなります。
(あまりにも気分で行く場所が変わるので、中盤以降はこの使い方はしませんでした。)

『茨城県から1人旅中!』とか書いて車のフロントにでも置いておこうかなー?とか考えたのですが、意識高過ぎて私には無理でした。


【お薬】
●対筋肉疲労
湿布!ほんとにお世話になります。やっぱ運転&長時間スマホ操作(ブログ)が続くと肩がバッキバキです。
あと、アンメルツ的な塗るタイプもオススメ。
歩き回って足が疲れた!そんなときは車に戻ったらすぐ塗ってました。早め早めの対応は大事です。
●のど
のどが荒れやすい私の相棒はハチミツ。
甘いもの好きなので直接なめてました。ちょっとした口寂しさの緩和にも。あとは漢方薬を少々……。風邪薬はだるくなるから最後の手段。



カセットコンロやアウトドア椅子、テントにレジャーシート、やかんなどアウトドア関連はすごーく旅っぽいのですが私は使用しないので荷物から外しました。

やっぱり私の中ではアウトドアと1人旅は別物。

便利な日常を離れ、食べ物や寝床に手間をかけ、その手間を楽しむのがアウトドアじゃないかな。

一方、私の1人旅はなるべく手間をかけないようにしてます。知らない土地の現代社会に溶け込むスタイルです。




食事と風呂について

いつも旅のときはこの2つが問題となります。

名物やB級グルメ食べて、温泉に入る…………なんだか日本らしくて素敵な旅っぽいです。

しかし!これがなかなか難しいのです!

2泊3日くらいならしっかりとプラン立てて調べられそうですが、私の場合は20日越えの長旅。
前述の通り、プランはたてられません。

営業時間が短かったりして上手くいかないことは多いです。

そんな中、食事処ついてる温泉はほんっとーにありがたい存在でした。









ブログについて

ブログとして旅日記を書きはじめてから、1年以上たちました。
ブログだと不特定多数の目に入る可能性があるので言葉選びや写真の選択に悩むことも多いです。

実は、毎晩かなりの時間をかけて書いておりました。



日中、観光しながらある程度メモ。
スポットの正式な名称や言葉選びなど、あとあと書き出すとすごーく時間かかるのです。

あと、デジカメ写真選別→スマホへWi-Fiで転送。
だいたい夕食時かドライヤー時に済ませることが多いです。

ここまでは事前準備。

ここからが、ブログ作業。

@Evernote上の自作のHTMLテンプレートに大まかな下書き記事を書く。この際、日中メモがしっかりしてると作業が早いです。(主要なタグは辞書登録してあります。)

Aその下書きをヤプログアプリにコピペ。

Bヤプログアプリで写真をアップロード。


なぜわざわざEvernoteに下書き書くかといえば、ヤプログアプリは開くのに時間かかるし、途中で消滅することが多々あったので。

写真アップロードがかなりの手間です。
まず、私のブログは写真が50~100枚くらいとかなり多いのです。
そして、ヤプログアプリがちょっと回線が弱いとすーぐ写真消えたり保存できてなかったりと何度もやり直しになることも。。

それでもヤプログを選んでるのは容量の大きさとhtml対応な点、そしてあまり人口が多くないところが私に合ってる気がしてるのです。


(たぶんトータルで3時間くらいかかります。ちょっとした空き時間などに進めないと、寝る時間なくなります……涙)




費用一部公開


固定費だけ公開しますー。

ガソリン代…………32,519円(走行距離5089.7km)
食費(おやつ込)……28,844円
温泉………………………9,980円



●ガソリン代

走行距離はきっと過去最長でしょう!

5000kmを21日で割ると1日あたり238km……けっこうな移動ですね。

ってこの計算はだめ!

九州往復に2500km(3日間)くらいかかってるので
2500kmを18で割ると1日あたり138km。これくらいだと辛くもなく良い感じですー。

●食費
こちらは平均1373円。
あいかわらずの低予算!
それでも、21日もあれば色々食べれますー!
(あとは色々な方々のおかげです)










Special Thanks………


玉造温泉観光案内所のお姉さん
Victorさん
シーボルトの湯のがばいおばちゃん達
平戸セブンのおばちゃん
みなと亭のみなさん
池島港のお姉さん
阿蘇山ロープウェイのおばちゃん
拳王さん
どんどこ湯のみなさん
花の湯のおばちゃん
幸島の船のおじさん
四半的のおじさん
飫肥の酔っぱらいさんたち
綾の吊り橋のおっちゃん、おばちゃん
スーパーカートのスタッフさん
竹田温泉のスタッフさん
大分県警
姫島の墓石屋さん
姫島フェリーのおばちゃんたち
二階堂&あの日会ったみなさん
さとうさん&Erinaさん
無動寺の住職さん
東椎屋の滝のおっちゃん
山口のご夫婦さんたち
工藤さん
正八幡宮のみなさん

みなさん、ほんとーにお世話になりました!いつの日かまた行きます!

【九州編21】かえりみち

2015年05月30日(土) 5時40分
5/29(金)21日目の精神異常者です。




さて、昨晩のうちに九州を離れて今日はひたすら高速道路。

なので、面白いスポット絶景愉快な生き物も何も出てきません!蛇足です。


昨晩、行橋を出てから関門トンネルへ。
そこから高速に乗るが、なんと中国道通行止め!

迂回して若干迷って

4:00頃玖珂PAで仮眠。





06:00起床
福山SAへ。
ローズマインド福山。

バラ園つきです。


ハマーン様のバラだ!




アプサラスみたい。




マチルダさーーーん!




ガルバルディ
・・・じゃなくてガリバルダ




広島県といえばこれ!
もみじまんじゅう
なまもみじ、めっちゃもちもち!



福山といえば福山城もいつか行ってみたいな。



11:00
瀬戸PA





これ、なんとコインシャワーなのれす!昨晩はお風呂入りそびれたので初挑戦!

200円入れると10分お湯が出る仕組みです。
シャワー止めておけば時間は進まないので、洗ってるときなどは小まめに止めるのが良いですね。

(もし時間が足りなそうなら利用時間が残ってるうちなら100円で5分延長できるみたいです。)

さあ、髪の長い私は人より時間がかかるため本気の小まめストップ!

まさかの8分のこして終了・・・!
日頃の節水も本気出すべきかもしれない・・・

ともあれ、きれいだし安いしドライヤー(無料)あるし至れり尽くせり。

もっと活用したいです。



広島県といえばこれ!
尾道ラーメン
うまいーーー!



岡山県といえばこれ!
きびだんご味見!

ひとり・・・ひとつひとつ・・・
金ちゃんなんで泣いてんの





龍野西SA
童謡の里龍野!

ちょっとしたお散歩コースあり。

トンボ推しです。
赤とんぼの作詞家の三木ろふうさんが龍野生まれなのでふ。


龍野西SAといえばこれ!
はりま成金ソフトいもンブラン
バニラソフトの上にいもンブラン乗ってます
モンブラン系って甘すぎる気がするのですが、こちらのバニラソフトは赤穂の塩ソフト!
程よい塩気がバランス良い!!!


淡路島といえばこれ!
たまねぎスープ

龍野といえば小京都ですね。1度も訪れたことないので行ってみたいー






桂川PA
京都到着です。

ぜんぜん関係ないけど
高知アイスなあいすくりんもなか
高知アイスのあいすくりんはシャリシャリしてて好きなのです!





16:20
大津SA


びわ湖ーーーー



近江もっちぃ
近江米使用のつぶつぶもち。


大津といえば、ライトアップされた噴水、前回見れなかったなーー。





草津PA


近江牛コロッケ
ソースかけやんでも味する!
芋があまいー

草津といえば風車琵琶湖博物館




途中、近江大鳥橋を通ってちょっとテンションあがりました。
これこれ。1年前、わざわざ下から見に行ったなー。

そのあとは仮眠&小休止はさみながらなんとか帰宅しました!


やっぱり九州とおいーーーー。



帰宅したのが午前3:50


気づいたのですが、ちょうど20日前に出発した時刻とまったく同じだ!!!!!!!!


もしかして出発の日から日付変わってなかったりして・・・


そんな妄想を抱きながらおやすみなさい。

【九州編20】修行(u・s・a)そして修羅の国へ。

2015年05月28日(木) 20時37分
5/28(木)20日目。

昨晩は友達のNさん宅に泊めてもらいました。
ひさびさの夜更かしだったけど、朝9:30くらいまで寝れた!!!
車中泊だと、朝7:00過ぎると車内温暖化がはじまっちゃうからありがたいかぎりです。

そのあとちょっと二階堂酒造さんに寄り道。

そして、その近くのセブンで地元(?)の方々とちょっと仲良くなって楽しかったです!




さーてUSA cityへ入ります!!





13:30
東椎屋の滝

私のことを芸能人だと信じて疑わないおっちゃん(たぶん管理人)に300円払って、いざ!


滝までの道のりがすごーく良い!!!

足場はそこそこ。

とうちゃく!
九州華厳の異名を持つ、垂直落下タイプです!






落下点付近でさらに地滑りタイプの滝ができてる!



駐車場に戻り車に乗ろうとすると、さきほどの管理人のおっちゃんが
「これこれ、茶ぁ飲んでいきなさい」
柿の葉茶いただきました!自家製だそうです。



さらに居合わせた山口から来たご夫婦から由布院の水もらいました!


【所要時間】
軽く見るだけなら20分かからんとです。
私は長靴履いてたので、行動範囲が広がり30分くらいいました。






14:25
桂昌寺跡地獄極楽


5年ぶり!2度目の訪問です。


さあ、まずは地獄から。
閻魔様に馬頭牛頭。

いきなり大きなコウモリに出くわして相当驚きましたーー


そして、この穴。

真っ暗で先の見えない穴。
しかも、水浸し。
しかも、なんか生き物いる。
しかも、かがまないと通れないくらい狭い。
しかも、どんどん狭くなる。

完全に闇の中へ。
伊藤潤二の穴の話が浮かびますが、体にフィットしてないので大丈夫でしょう。


あちこちぶつけながらなんとか脱出!


そして、最後!蜘蛛の糸ならぬ鎖!
なんかここ最近まいにち鎖のぼってます。

短いですが、垂直なのでちょっときついです。


ついに極楽という名の地上へ!


思わずうっとりするような極楽浄土は待っておらず、普通の世界。


しかし、暗闇に比べたら、この普通の世界が極楽にすら感じます。



書き込みノートが置いてあります。

5年前の自分の書き込みを見つけてしまい感極まりました。




【所要時間】
私は2度目なのでためらいなく20分くらいで脱出。
洞窟や鎖のところであちこち擦るので汚れてもよい服装推奨です!

実は、暗闇の穴と鎖を避けるルートも用意されてますがここまで来たら冒険しないともったいないよー






15:15
龍岩寺



お寺の前は車がとめられないのですが、ちょっと先に駐車場あります。

こちらで受付。といっても200円はらうだけです。
鳥取の三徳山三佛寺投入堂の様な審査はありません。

今日の装備!連日の山登りのおかげで、つえの好みができてきた。
長い方が良い!!!


15:23
入山!


奥の院までは250mの山登り。

穴をくぐり



およそ5分で投入堂へ!

片道1時間以上かかる鳥取の投入堂と比べたらびっくりするくらい早くとうちゃくです。

ただ、こちらの投入堂は中に入れます!


歩けます!さわれます!


いろんな角度から見れます!
自由度高いですーー!
会いにいける投入堂です!


こちらの橋(?)は現在使えないみたいです。
行ってみたいけど、無茶しません!


【所要時間】
前述の通り、片道5分くらいだったので20分あればなんとかなりそうです。
私は歩ける投入堂が嬉しかったのでしばらく滞在。
40分くらいかかりました。






16:35
西椎屋の景

通称宇佐のマチュピチュ


※参考画像

たしかにちょっと似てるかも!



でも、マチュピチュ名乗らずとも棚田のある美しい景色だと思います。

【所要時間】
道路沿いに駐車場あるのですぐです。
案内板もあるので迷うこともなさそうです。






17:30


いよいよこの旅最後のスポットーーー!!!!!!!


宇佐神宮
日本全国の八幡宮の総本宮ですーー。
八幡宮のボスですね。


呉橋
屋根つき橋だ!
でも、開放されてなかったので渡ることはできませんでした。
撮り橋さんは良いけど、渡り橋さんは要注意です。


広いーーーー!

立派なジュモクさんもたくさん。





新緑のトンネルをくぐって




上宮
すっごい広々と開放的です。

参拝者A「神社ってゆうか都に来たみたい」

ほんとにそんな感じです。




テントぉぉぉ!!

実は昨晩と今日のお昼に本殿遷座祭があったのです。
まさかのタイミング外しです。74年ぶりだったとか。
でも、おかげですっかり落ち着いてました。


お参りも「二礼・四拍手・一礼」となってます。



若宮神社




そして下宮
へもお参り。

上宮・下宮どちらかだけの片参りはよくないそうな。




こちらの神社、なんとモノレールがあります!
利用時間は過ぎてるので乗れませんでした。
こちらは上から見た図です。
下側にモノレール本体が見えます。



モノレール本体もっとよく見たいな!ってことで下側にまわってみると

なぜか急に動き出すモノレール!
待ってーーー!

中にも誰もいなかったし、周辺にも人影なし。
一体どこで操作してるの?



【所要時間】
一時間あれば一通りまわれると思います〜
けっこう広いです!ちょっと登りです。






さあこれにて九州編終わりです。


あぁ、楽しかったなーーーー。


お世話になった太陽さん、最後に本気の夕焼けです。




さて!帰るか!






の前に、最後に1ヶ所だけ寄るところがありました!


修羅の国(福岡県)に帰ってきました。

行橋(ゆくはし)にありますこちら
博多モツ鍋縁(えにし)。


実は、一昨日別府で知り合った方のお店なのです!!!!




そこで地元の方の飲み会に混ぜてもらいました!



珍しい塩味のモツ鍋いただきましたーー!
こっれがもっのずごっく美味しかったです!!
今まで食べてきたモツ鍋とはいったいなんだったのか・・・。

むしろこちらはモツ鍋の上位互換の新しい食べ物では?ってくらいです。



宮崎の地鶏も炭の香りと赤柚子こしょうですごーく美味しいです!




みなさまほんとに優しくてあたたかくて、さすが修羅の国の人はちがうなーと思いました。

20日間の九州編最後の夜をこんな形で終われて良かった。


このままでは本気で帰りたくなくなってしまうので、夜があける前に帰路につきました。


九州ほんとに楽しかったです。

久々に帰るのがつらいーーーー!!!!





★本日のBGM★

・10cc
・2 unlimited
・3rd bass
・4 hero
・5 uu's
・65days of static
・7seconds
・808states
・9mm parabellum bullet

【九州編19】蝶の島から昭和の街へ。

2015年05月28日(木) 1時17分
*
5/27(水)19日目ー。

今日も大分県!






★今日のメニュー★

長崎鼻

姫島(アサギマダラと黒曜石)

昭和ロマンの豊後高田






*



さて、姫島へ向かう途中、フェリーまで時間があったので寄り道。

長崎鼻へ。

朝のおさんぽです!



キャンプ場もあるので、キャンパーさんたちもいました。



行者洞穴へも行ってみました。

フナムシだらけの階段を下ると


とうちゃく!
開けた空間!
割れ目がツルに見えるー。











*




姫島

09:30に伊美港とうちゃく。





駐車場たっか!!!
後払いですが740円!



09:50発の姫島丸。
片道570円。

けっこう便数ありますねー。


横に長い島です。



10:15姫島とうちゃく!




観光案内所へ。
定休日ェェェ


となりのお店でレンタサイクル。
最初の1時間200円。以後1時間ごとに100円でーす。
ギアとかないママチャリ。


まずはアサギマダラ休息地へ。


この島にもカカシ族が・・・!


アサギマダラというのは、なんと日本を縦断する渡り蝶々!
夏は北海道、冬は竹富島までと過ごしやすい気候を求めて海を渡る蝶々です。
この姫島には春(5中~)と秋(10中~)の2回おとずれます。この時期に来たからには見にこんとね。

数は少ないけど、そこそこ飛んでる!


地面をよくみると、
団体さん発見!

暑いときは日陰で休んでるんだって。

写真撮るのむずかしいです。

翅広げたとこ撮りたいけど、とまってるときは翅閉じてるのです。

蝶々が飛び立つ一瞬のスキを狙ってカメラをかまえます。根気比べです。
あまりにじっとしてるとフナムシにたかられます。

茶色と水色・・・なんか美味しそうな色合いと思ったら、大好物のチョコミントカラーでした!


翅にはシリアルナンバーいり!




とある撮影やってた!
ドローンはじめて見た!!!!!ものすごく高いところまで飛んでゆくのね。

地元のあんちゃんたちと一緒にちょっと野次馬しました。初めてみるドローンに興奮でふ


つづいて観音崎
自転車とめて、軽く登ります。


今日も装備!





おおおー!
火口跡らしいです。



その奥には千人堂
駐輪からここまで徒歩5分くらい。

このまわりの石、黒曜石です!

姫島は黒曜石でも有名なのです〜




なんだあれは!



砂州になにかある


鳥居!
こちらは浮洲

流されたりしないのかな?と思いますが、高潮や大しけでも決して海水につからないんだと。

鳥居の先にもなにかある


これはなに?
あれに似てる、はむはむとコイン食べる貯金箱!




日差しも強いし、連日の疲労もあるのでここらで切り上げ。

13:00のフェリーで帰りました。



【所要時間】
9:50のフェリーに乗り、13:00のフェリーで帰ったので滞在時間は2時間45分。
相当のんびりしたのでこんな時間ですが、アサギマダラ休息地と観音崎だけなら1時間もかからないと思います。
島は山に入らなければびっくりするくらい平坦!
ママチャリですいすいでしたー。




*





このあと国東半島アートめぐりしようとするが、
走ってても案内がない・・・
道の駅やガソリンスタンドでも情報が得られない・・・
スマホで調べて行ってみるも2連続休館・・・


あきらめよう!



ってことで豊後高田へ。

昭和ロマン蔵
昭和系スポットですー。




なんと、ほんとに授業やってた!


パチンコもやりほうだい!



そしてグランドキング率いる怪獣軍団!





こちらには3つの有料施設があります。



昭和夢町三丁目館


3分で朝昼夜が変わっていくのです。





この夢町三丁目には、11の仕掛けが隠されてます!

土管をのぞくと


ネコ!
ニャァーって聴こえてきます。

塀の穴は


フワァ〜オ
どこからともなく「こらーー!」って声が。

などなど。




昭和の絵本美術館



「小夜子とメイプルの耶馬溪鉄道の夜」
何気なしに開いてみたのですが、女の子がお母さんを探すストーリーの中で地域の観光情報盛りだくさん!参考になりましたー。
メイプルありがとー
ちょっとしか出てこやんけど。


以下なつかシリーズ





ぷぅ!!!!





駄菓子屋の夢博物館



レコード!


フォークルだ
かなーしくーてーかなしくてー



館長の25万点のグリココレクション
データの時代からは考え付かないようなコレクションです。


さっき読んだ絵本「小夜子とメイプルの耶馬溪鉄道の夜」に出てきた車だ!!!
思わぬ伏線回収にテンションあがりました。




そのあとはちょっと町並み散策ですー。
商店街のお店が昭和の空気を残してるー。
ふつうに土管あります。



なんだか目を引く建物。
こちら清照別館(旧共同野村銀行跡)
銀行です!

昔のお金とかあります
さわってみよう昔の貨幣!

寛永通宝!



そして、なんと昔のお金を購入できます!


こちらも昔のお金ですが、
なんと、普通につかえる!
なので、購入じゃなくて両替となりますー。
手数料がけっこうかかります。





100円札を入手しました!



もちろんこんな町で暮らした世代ではないのに、懐かしくなるのはなんでだろう?

【所要時間】
昭和ロマン蔵の三施設はゆっくり見ても1時間くらい。
私は町並み散策合わせて90分でした。
ごはん食べるところはいろいろあります。






そのあとは大分在住のお友達と合流!

夜の別府にくりだして・・・

なんか緊張するほど物凄く良いお店に連れていってもらい・・・





大分の海の幸を堪能しました・・・・・・!





★本日のBGM★
・ZNR
・Zao
・Zingale
・Zombies
・ZZ Top
・Zakarrias
・Zebrahead

Zはプログレ関係ばっかやね

【九州編18】地獄と天国

2015年05月26日(火) 23時42分
*
5/26(火) 18日目。
いよいよ終盤戦。オープンもとい大分県です。

きょうは大分が日本一暑かったらしいです!







★今日のメニュー★

貴船城

別府地獄めぐり

大分香りの博物館

杵築城と城下町

熊野磨崖仏

★無明橋

ほうらいの里、仙人湯






*


08:10

貴船城

別府にありますお城。
お城といっても、歴史的なんちゃらではないようです。

マンツーで案内していただきました。
白蛇が神様です。

高級応接室のような城内です。


このあと、実際に生きたニシキヘビに触ることになります!ヘビ嫌いは要注意!


そして最上階!
床には虫の死体がポツポツと・・・要注意!

別府の町が一望できます!

湯けむりたちこめる姿はまさに別府!







*





また来てしまいました。
別府地獄めぐり
2度目だし、有名なところなのでさくっといきます。


竜巻地獄
こちらは間欠泉です!
30~40分間隔なので、「待ち」があります。
お姉さんに尋ねると、あと15~20分くらいとのことなので待ちます!
待ってる間は奥のツツジ園さんぽ。
蜜でも吸おうかな。


なんてやってたら
きた!

105℃とかなーり熱い源泉です
湯けむりモクモク



血の池地獄
文字通りの地獄!
真っ赤!

足湯無料、出血大サービス!
赤くはないけど、赤血球のような滑らかな石があります。


うーん、一番地獄のイメージに近いかも。

名物の血の池軟膏も売ってます。

隣には食事処もありました。血の池バーガーあるらしいです。まだ開店前でしたー。



かまど地獄
足湯、手湯に加えて飲む温泉
しょっぱい!
やかんには冷ましたのが入ってるのです、割るとちょうどよいです。

のど・肌の湯
吸い込んだりしますー。

こちら、タバコなどの煙出るものをフーってやると

もわん!となります!
煙出るものならなんでも良いそう。でも、一旦吸い込んだタバコじゃだめだって。

なんとも体験型な地獄でした!


以前来たときは青い池だったところが
ショベル地獄!

よく見ると
鬼が動かしてる!
この遊び心、最高です!


鬼山地獄


ワニワニワニ!

最大のイチローくんはコケ(?)を纏って風格あります。


ハイドロポンプ!!!!

お掃除中でした。
ワニ、水流にまったく動じず。



白池地獄
ちょっと待って、入り口になんか青白いの浮いてる・・・
心霊写真!?顔に見えてきちゃうよ。


さて、こちらは水族館!

温泉熱を利用した水族館で、熱帯魚がいますー。

ピラルク
1mくらいの小型。

水槽の前にフェンスとあみあみガラスがあるからあまりよく見えないのが残念。





山地獄

まずはサボさん
まさか金鯱?

はい、こちらは動物園!!


昭平へーい!
5年ぶりだな!あいかわらずでかい!

サービス精神旺盛なクジャク!

はじめて後ろ見たかも!


あれ?ゾウがいないぞう。消えてるぞう。



海地獄
なんて綺麗な地獄!
たしか別府地獄の元祖だった気がします。
涼しい色だけど熱い!その違和感になじめません。


温室ではオオオニバスも。
20kg以下なら乗れるらしい・・・
ちょっと無理かな。
足湯もあり。


海地獄近くのお店で地獄だんご汁食べたー

辛(ツラ)い!


鬼石坊主地獄

坊主頭でじょりじょりされるわけではなく

ボコボコと坊主が出現します!
写真はむずかしいです。



こちらには別料金ですが、普通に入れる温泉もあります!
足湯もあり。



これにて八大地獄終了!


もうちょい。

八大地獄に含まれてない地獄があります!


天然坊主地獄
さきほどの鬼石坊主地獄とは別です!
こちらを「本坊主」と呼ぶらしい。

坊主ひとりひとり家つきです。

青くなった硬貨


八大地獄と違い、ツアー客もいないし落ち着いた庭園でしたー。

しかし、

ピラミッドパワートイレ!


金龍地獄
休業中でしたーーー

塀の中ではモクモクと。休業してても地獄は稼働中かもしれません。



【所要時間】
八大地獄、そしてご飯も含めて3時間くらいかかりました!さくっとなら2時間くらいでまわれるらしいです。あとは竜巻地獄(間欠泉)次第!


地獄めぐりって楽しい!
一言で地獄といっても、間欠泉に水族館、動物園などそれぞれ個性がありますね。

メジャーでありながら、B級スポットらしさもある感じは伊豆のようです。




*



12:20

さて引き続き別府。

大分香りの博物館

一時期香水にはまってた私としては避けて通れません!


うーん、並べるだけで絵になりますねーーー。







私の大好きなラッシュ!(廃盤)


テュエリーミュグレーにロリータレンピカ・・・なつかしーーーー



香水ボトル作成に関する展示
「香りとボトルと名前の3つが調和しないといい香水にはならない」

そうそう!ボトルが大事なのですよねーー。


製造や歴史など、豊富な展示内容です。

香り商人の衣服
じょ、じょうだんだよね?


実物の白檀
はじめて生で見て触って嗅いだ!



ロココ時代の部屋
貴族の暮らしとも密接でふ。


最後に、フェンディのアジア
どんぶり



【所要時間】
私は50分でした。それでも一部とばしてます。
香水に興味ない人は長くはもたないでしょう。


別府ここまで!!



*



13:50

杵築に入りましたー。
「きつき」です!Kitsukiです!Kit-sukiです!

杵築城

中腹まで車で行けます。そここからちょっと歩きます。
絵になるお二人がいらっしゃいました。

駐車場から500mほどでとうちゃく!


城内は歴史博物館。
鎧兜、試着できます!

うーん良い眺め。




続いて城下町へ。

杵築といえばこちら!
手前が酢屋の坂
そして奥が志保屋の坂

両サイドの高台に武家屋敷が並び、挟まれた谷間に城下町が形成されてます。
日本唯一のサンドイッチ型城下町なのです〜




この坂もまた、実に走りたくなる坂である。





【所要時間】
さらっとお城と坂見て1時間くらいでした。




*



15:30


お次はこちら
熊野磨崖仏

無課金装備はっけん!


磨崖仏までは登り道。ひーひー。



鳥居が見えたらそこからが本番!

160段相当の石段を登ります!


やっととうちゃく!
片道10分くらいでした。




>>オコメン
太田さんに似てる。よね?

さらにもうちょい登ると、一番上にはお堂がありました。



【所要時間】
だいたい30分くらいかな。




*




さあ、本日のハイライトです。
とゆうか旅のハイライトかもしれません


無明橋

さあ、この写真の上の方に注目!


ちょい拡大


山と山の間に橋が見えます。


こちらの橋は天念寺と無動寺の間の山の上にあります。(写真は天念寺から)
どちらサイドからでも行けるらしいのですが、無動寺からの方が楽だとの情報を仕入れたので、悩むことなくそちらから。



無動寺とうちゃく!
まずはお参り。

いざ出陣!



無課金装備。
頼りないけど、蜘蛛の巣はらい用だからね。
入山しました。

警告文あり。どきどきです。

ちょ、なんで真っ二つ!?



途中、確実に何か大きめの動物のいる音が・・・
ちょっと怖いので先を急ぎました。


また今日も鎖を登るのか・・・



山の上にきたぞ!
ここからは山の畝を歩きます。
細い道です。
見晴らしのよさが逆に怖いです。
てかさ、なんでここにお風呂屋さんの案内板があるのさ!!!
確かに登ったあとはお風呂入りたくなるとは思うけど・・・
しかも矢印の先は山だぞー。




さあ!最後の鎖ゾーン!
ここで鎖ルートが2つ。
左はほぼ垂直の上級者、右が初心者コースらしいです。

なぜか迷わず上級者コースへ。
理由は垂直の方が楽しそうだからです!

これ、落ちたらたぶん死にます。
絶対に下を見ては行けません。ひるんだらそこで試合終了です!
もし手が滑っても、ケインコスギは助けてくれません。
でもね、横見るのは平気!気持ちー。片手を離して写真撮ったりして、ヨユウを見せる私。

横移動は足場があるから楽勝!



ついにとうちゃく!
無明橋!

さくっと橋をわたって、向かいのお堂にお参りです。



この橋、ここまできても渡れない人いるかもです。
手すりも何もないし、形も滑りそうだしね。

私はたぶん高いところ大丈夫です。

橋の上で休憩。
気持ちよいーー!!


さあ、イメージ
あそこにいます!
あそこで寝転がってます!


ここは天国かもしれません。

ドローン欲しいーーーーーー



さーーて、帰りの方がきついでしょ。

鎖ゾーンの下りはけっこーハード。


ちょっと日が落ちてきたので、装備を強化!
杖としてもつかえる!

無動寺の駐車場に置いてきたので、次の方どうぞ!



実は、この無明橋まったくノーマークでした。
本当は国東半島いろいろまわろうとネットでマップさがしてたら偶然見つけたのです!

旅行誌にものらないし、B級でもない。
なおかつ、ダムや駅のような何かジャンルがあるわけでもないので全く知りませんでした。

でも、ほんっっっとに最高の気分でした。





【所要時間】
行きは20分、帰りは25分でした。
なぜか帰りの方が時間かかってるのは、たぶん私が行き急ぐタイプだからでしょう。
18:20




*




さて、さきほどの無明橋の山頂付近で案内板みかけた真玉スパランドへ行ってみるもまさかの定休日。
ってことで

ほうらいの里、仙人湯

木の香りが気持ちよいお風呂でしたー!

お風呂出たらすっかり日が落ちてましま。
なんとなくホタル見えるところありそーだなー
なんて思ってたら、、、

なんと普通にお風呂屋の前飛んでる!!!

地面にもいたりしてかなり近くで観察できました!










★本日のBGM★
・Yazoo
・Yard Birds
・Yes
・Ya Ho Wha 13
・Yezda Urfa
・Yo La Tengo
・Youssou N'Dour

【九州編17】おおい、た。

2015年05月25日(月) 21時58分
*
5/25(月)17日目。

今日は大分県いろいろ。
昨日は滝ばかりでしたが、今日は生き物にまつわるのが多いです。





★今日のメニュー★

白鹿権現※注意

道の駅さがのせき

大分マリーンパレス水族館うみたまご

高崎山自然動物園

別府タワー

鉄輪温泉むし湯

十文字原展望台からの夜景






*


08:00

白鹿権現
(シシごんげん)もしくは(シロシカごんげん)とも。

ここはすごくディープなスポットです。
でも、ここだけはどうしても行きたかったのです。
人によっては怖いかもしれないので、いちおう
※閲覧注意※



臼杵石仏付近から山道に入っていきます。
しばらくは両車線あるのですいすい!
1ヶ所左折します。

続いて脇道に反れます。
ちゃんと案内板ある!


ここからは細くなりますが、舗装されてるからまだすいすい。

途中、分かれ道。
なんとなく左へ。右でもいけるのかな?

その先は砂利道ゾーン!
大丈夫、そんな長くないです。

砂利道が終わり、川が見えて道が良くなってきたらもうすぐそこ。
鳥居発見!

ちょっと戻って道路脇のくぼみに車をとめる

人の気配もなく、鳥のさえずりと川の流れる音だけの静かな世界。

なぜかバットを持った小太りのおっさんが現れる!!!!




近寄ってきた!


消される!!!




死を覚悟した瞬間

ベーブルース「どこいくの?」

お参りです。

ベーブルース「ああ、そこ停めていいよ。」

大丈夫でした。



もしここで、違う答えを選択していたら・・・

もしかしたらお供え物にされていたかもしれません。




さて、いよいよ白鹿権現へ。

沈下橋を渡ると熊野神社です!

階段登って左が神社、右が白鹿権現です。

まずは神社にお参り。




そして、いよいよ白鹿権現へ。


道ない!!!

ぎりぎり進めるところを進むと、
鎖!


こんなこともあろうかと軍手を持っているのです。
5mくらいの鎖なので楽勝です!と思いきや、第2、第3の鎖のおでましだい
かなり垂直に近いです。


そして、鎖よりも鎖無いところの方が危険かも。岩がけっこうすべるー。



着きました。


岩の中にあります。


中はイノシシの頭骨が山積みされてます。





こんな光景見るのは初めてですが、恐さはほとんど感じません。


そもそもここは猟師さんによる供養の場所らしいです。心霊とかではないはず。

ここに来たら山の神にお参りしなくてはなりませんね。




骨の持つ魅力ってのは不思議なものです。

どうにも落ち着いてしまったので、しばらく休んでいきました。


さて、帰ります。

帰りの方がきつい!やっぱり!


これ、落ちたらけっこうまずいよね。
即死ではないだろうけど、動けなくなるだろうね。
こんな山奥でそんな状態になっても助けはこないでしょう。
そして、人知れずベーブルースにとどめをさされるのかな。
とりあえず、下りは鎖に固執しないほうが良い気がしました。


【所要時間】
私はゆっくりと落ち着けたので1時間くらい。
白鹿権現行って戻るなら30分もかからないでしょう。

なんとなく行き方かいてみましたが、ネットで調べればすぐわかります。
ここへ行きたいって思うような人なら、きっと楽にたどり着けるでしょう。





*





10:20
道の駅さがのせき
佐賀関といえば、関アジ・関サバ
商標登録されたブランド魚です!

関アジ丼!
あぶらのってます!そして、やっぱり刺身醤油が甘い!



クロメ汁!
クロメって海藻の汁です。とろとろ。



まさかのクロメソフト
なんと、クロメがのってます!

昆布の佃煮みたいなイメージです。これが以外とアリです。ほどよい塩気がつくのです。
しかも、牛乳じゃなくてヤギ乳です!
お菓子のミルクケーキのような、濃厚な味わいが凄く好みの味でした。





*



12:30

大分マリーンパレス水族館うみたまご
漢字成分、ひらがな成分、カタカナ成分すべてを網羅した名前ですね。



独自のセンスが光る館内です。






先ほど美味しくいただいた関アジ・関サバも!





こちら、マダイとニシキゴイ!
違和感しかないです!
海と川のまざる河口では有り得る話らしい。


そして、おめで鯛シリーズ!

イレズミフエダイ



マダイ



イトヒキテンジクダイ




コロダイ


うーん、飾り水槽は見てて楽しい!





屋外ゾーンの「あそビーチ」へ。

美しい砂浜!!!

そして、砂浜の先はイルカプール

対岸から見るとこんな感じ。
たまにイルカがサービスでジャンプしてくれるの。


アザラシ
謎の隊列を組んで眠ってます



爬虫類にさわれるよ〜
うそです、おさわり禁止


アートな遊具も!
やはりアーティストが絡んできた!


トドやセイウチといった海獣もそろってます。





深海コーナーでは、ダイオウグソクムシ



出たな結界士ヒラアシクモガニ



そしてイルカショー!
10分弱の短いタイプ。

お兄さんの動きがキレっキレ
ビシッビシッとイルカに指示だしてます。

たまたま飛んできた鳥さん。



【所要時間】
ゆっくりまわって2時間弱でした。




*



14:30

高崎山自然動物園
水族館のすぐ近く!駐車場も共用です。
歩道橋で道路を渡ります。

山の上にあるのでモノレールor歩きで


もちろん乗りました!

とうちゃく!
猿たちがお出迎え
とゆうか猿のみです!!!!


さるさる!
あっちこっちに転がってます。

人間にちょっかいは出さないらしいです!

勝手に写真撮ってごめんなさい、素敵な光景だったので



お堂があります。
さあ、猿さがしだ!




正解は
こちらーーー


鐘だってついちゃう!


そんなに広くない園内。常にスタッフの方が解説したり、猿に突っ込み入れたりしております。


この高崎山は天然の猿山。
全部で3つの群れがあり、猿の合計は1500匹を越えるとか。

こちらの猿たち飼育しているのではなく、猿の群れが園内におりてくるってだけなのです。

なので、開園時間になっても猿ゼロなんてこともあるとか。
さらに閉園時間前に猿の群れが山に帰ってしまったら、もうその日は営業終了だとか。


名物に、猿のまたくぐりってのがあります!


餌の時間になると、園内の猿が一斉に集まるのです





その際またのあいだをくぐっていくのですー。




駐車場に戻って
郷土料理セット
大分名物、だんご汁と鶏めし。

だんごが入ってるわけではなくて

こちらの太い麺が入ってるのです。
あれ?ほうとう?
カボチャなどの野菜も一緒だし、味付けも味噌だし・・・

こちらのこの麺を、きな粉と黒蜜であえたのが
「やせうま」

今日は食べてばっかだ。




*



べっぷーーーーー


16:45

別府タワー
全日本タワー協議会20タワーのうちの1つ。

気づけばあとは3つ!
・千葉ポートタワー
・名古屋テレビ塔
・横浜マリンタワー

そして内藤多仲タワー六兄弟の3番目!
東京タワーやテレビ塔と兄弟です。



ちょっと懐かしさのある展望フロア。





なお、展望フロアの他にはカラオケなんかも入ってるのです


【所要時間】
ゆっくりしても20分くらいでした。





*



17:40

さーて、今日のお風呂は・・・
温泉の選択肢がありすぎてこまっちゃう!

鉄輪むし湯
鉄輪とかいて「かんなわ」ですわ。
5年前に行きはごったところです!
ちょっと変わったお風呂です。


まずは浴衣を着てむし湯へ。




すごい蒸気!!!
葉っぱだらけのサウナです。

横になります。目安は8~10分。
絶対そんなに入ってられないだろうなー

と思ったけど、
たまたま一緒に入った方が色々話しかけてくれたおかげで10分入ってられました!

うーんデトックス。

出たあとは、普通のお風呂が待ってます。
もちろん温泉、つるつるです!



足むし湯もあります〜


さきほど、足を蚊にさされてかゆいかゆいだったのですが、こちらに入ったらかゆみがなくなりました!






*




夜景を見に十文字原展望台へ。

鉄輪温泉から10分弱でとうちゃく!

うーん、きれい!やっぱ「湾」ってのは夜景を美しくみせますね。




電波塔が気になる私でした。






★本日のBGM★
・X-Legged Sally
・X(L.A.)
・XTC
・Xasthur
・Xhol Caravan
・X Religion
・Xandria

Xはあと3つくらいしか残ってないーー。

【九州編16】(A・S・O)2滝滝滝滝滝

2015年05月24日(日) 23時01分
*
5/24(日)16日目!
今日は大自然、そして滝が多いです!
美しい景色ばかりでした。
(そして観光費がほぼ0円)





★今日のメニュー★

阿蘇山(ラピュタの道〜ミルクロード)

鍋ヶ滝(裏見の滝)

八丁原地熱発電所

絶景!スカイパークあざみ台

日本一の美ダム、白水ダム

原尻の滝

竹田温泉花水月




昨晩は、道の駅高千穂にてお泊まり。
まさかの三度目利用です!Wi-Fi良好で助かりました。
早く寝れたので6時起き!




*


8:00

阿蘇山リベンジ!



阿蘇山は緑がほんとにきれい!

10日目の荒ぶる阿蘇山とはうってかわって穏やかな姿です。
あ、散らばってるのはウシです。


草千里ヶ浜にとうちゃく!
これぞ阿蘇山!

あいかわらずモクモクしておりますね。



そして米塚
お椀を伏せたような均整のとれた姿は、伊豆高原の大室山のようです。

うーん、高いところ気持ちよい!

天空のウシ。
よくみるの、ボディに名前が書かれてるぞ!






さて、いよいよラピュタの道を目指します。

県道149と、ミルクロードをつなぐ道なのです。


→→ミルクロード→→→

↓(ラピュタの道)



←←←県道149号線←←

こんな感じ。わかりにくいかな。


県道149号線から登っていこうとすると、まさかの通行止め!


歩いてるおばちゃんにたずねてみると、

「他県ナンバーの車はみんな登っていってるよ〜たぶん大丈夫!」

その言葉を信じて強行突破!

通行止めのバーは左右の車線がずれてるので、間とおりぬけできるのです。

・・・

あれ、また通行止め。今度のは絶対通れないタイプだ。

断念・・・!


仕方ないので遠回りして、ミルクロード側から行ってみることに。


車とまってるーー。



案の定、通行止めですが、みんな歩いて行ってる!


あああああああ!



天空に続くような道ゆえに、ラピュタの道とよばれてるのでしょうか。




その後はそのままミルクロードドライヴ〜

レストランの後ろにも展望台。

こちらも解放的!


昨日おとずれた馬ヶ背みたいです。
雲海!




そして、大観峰とうちゃく!
阿蘇山の外輪のレストハウスですね。





赤牛牛丼たべたよー!



ここらで満足してので阿蘇山おわり!

これでもまだまだ行き残したところがあります。
阿蘇山、見所の数が日本の他の山に比べて段違いに多いです。
ほんとに。




*




鍋ヶ滝

鍋ヶ滝に行くには、なかなか細い道を進みます。

ちょっと地元の方に道を尋ねてみよう。




すいませーん



すいませーん



あれ、このパターンは・・・





やっぱり!!!!!!
広島県湯来町にいたカカシじゃない
か!!!
こちらに移住したの?それともこっちがルーツ?

どっかで見たことあるメガネやん


さて、気をとりなおして鍋ヶ滝へ。

くまたちのカカシでしょうか?


階段降りて行きます。

ついた!

太陽の光がキラキラです!

荒々しさは押さえ目で、美しさマシマシです。


さて、この鍋ヶ滝、、、





裏見の滝なのですー!
「裏見の滝」ってのは、滝の裏側に入れる滝の総称。日本全国にいくつかあります。

あー、爽健美茶!








*



13:25

八丁原地熱発電所
(はっちょうばる)


後ろの白いのは、入道雲ではなくて蒸気です。



地熱発電って?
アバウトに表現すると、地下のマグマで熱された水を拾い上げ、その蒸気でタービンを回して発電するというもの。
そして、その水はまた地下に返すのだ。
燃料を必要としないクリーンな発電です!


まずは映像
そしてお姉さんによる授業のような解説。


続いて発電所内部見学でした。

右側の施設が冷却水。
熱された水を、空気に通して冷やしてるのですが


あれ、裏見の滝だ!!!!
ほんとにそんは感じなのでした。


おまえは、玄海エネルギーパークにいたやつだ!
まさか所帯持ちだったなんて・・・




【所要時間】
映像の途中から入って、見学ツアーがおよそ40分くらい。





*



14:15

スカイパークあざみ台




なんて絶景!!!


なんて広大なんでしょう!




ヘリコプター遊覧4500円でやってました。
こんな絶景、空から見たらとんでもないんじゃないの?

乗りたい乗りたい!

4500円という値段をいろんなものと比較して悩む私。
軍艦島より高いなー。
でも、パラセーリングより安いなー。
ここでこの出費はちょっと痛いなー。

「所要時間5分くらいですよー。」の声に後を押され、なんとか回避。


そんな絶景の誘惑でした。





*



15:45


白水ダム
(はくすい)
最初に言います。暫定日本一美しいダムです!!!




こんなに美しいダムは見たことない!
水がキラキラと絹の如く流れてます!

これはもう滝としても成立するのでは。

このはじっこの流れの美しさやヴぁす。動画貼りたい。


反対はじも美しい!
なんでこんな風に水流れるようにしたの?作った人はアーティスト?

下流にすらスキの無いデザイン

そもそもコンクリートがない!!!

どこを切り取っても素晴らしいです!!

超おすすめ!!!

行くまでの道のりは細くて大変だけど、それだけの価値があります!!!!




*




原尻の滝
(はらじり)
まるで滝なんてなさそうな田園風景ですが。

突然出現!!!!
この登場の仕方ずるい!普通滝って、ある程度の距離から見えて、それに近づいてく感じ。
でも、こいつは本当に田園風景の中に突然現れます!


かなりの横幅!

なんと、滝壺まで降りれます!その気になれば入れます。


さらに、
天端・・・じゃなくて滝の上が道路!




さらに、滝の落下する直前ポイントまで行けちゃう!!!


高所恐怖症、発症してなくてよかった!!!

さらには吊り橋まで用意されてます!


高所恐怖症じゃなくて・・・ry


吊り橋からの原尻の滝。



滝の上を走るチャリ

そして、
おまえら!こんなところにも!
しかも、タイムリーな芸能人ってあたりが湯来町っぽい!!!




*




竹田温泉花水月

お風呂屋さんです!

まずはごはん

大分名物、とり天定食
竜田揚げのようですが、しっかり塩味ついてます!サックサクですごく美味しい!

食堂ついてるお風呂屋さんって、ほんっっっとありがたい!!!!

さらにWi-Fiまであったので、至れり尽くせりです。
スタッフの方もすごーく感じ良くて最高の気分です。


このあとすぐ近くの岡城跡に行こうと思ったのですが、あまりにも真っ暗でさすがにやめました。

岡城跡は、あの名曲荒城の月の荒城のことなのです!

月を眺めながら岡城跡散歩とか狙ってたんだけどなー。

そういえば、荒城の月の作曲者は滝廉太郎。


あれ、「滝」だ!!!!!!







★本日のBGM★
・Wilson Pickett
・Wire
・Wilco
・Why?
・Wild Flowers
・Wallenstein
・Walker Brothers
・Waltari
・Willie Colon
・Wishbone Ash
・Wu-Tang Clan

Wもたくさんあって悩みました。

【九州編15】宮崎県ふしぎ発見!

2015年05月23日(土) 21時59分
*
5/23(土) 15日目!
今日も宮崎県!




★今日のメニュー★

西都原古墳群

高鍋大師

日向によりみち

三度目の高千穂






*


08:50

西都原古墳群
(さいとばるこふんぐん)

まずはこのはな館
観光案内所です!オープン10時となってますが、9時過ぎくらいにはおっちゃんがいて教えてくれました。

古墳なくとも、すごく綺麗な公園です。ウォーキングの人もたくさん。


あちこち古墳まみれ。



「鬼の窟古墳」(おにのいわやこふん)
鬼が一晩でつくったとか。

石室に入れます!
中に入れる古墳は10時オープンです

たまたまウォーキングしてたガイドのおばちゃんが色々教えてくれました。


こちらが最大の「男狭穂塚」「女狭穂塚」
(おさほづか)(めさほづか)
森にしか見えないパターンでした。



【所要時間】
中に入れるメイン古墳3つまわるのに1時間くらい。博物館もあるのでそこ行ったら未知数です。
私は行きませんでしたが、博物館では実物の土器に触ったりできるらしいです〜





*



10:55

高鍋大師
すごいところへ来てしまった。

モアイもびっくりなこれらの石像は1人の力でつくられたらしいです。その数700体とか。
なんか超合金って感じがする!変形しそう!



5体くらいで合体変形しそう!

メシエ星雲人みたい!


ストーンサークルだ!
中心のこんもりしてるの、実は古墳!
この一帯は持田古墳群なのです。



なんと、水戸黄門もいます。


亀もいます。



何かに犯されてる気がします



可愛く見えてきました。


あれ、ちょっと作風が違う気がします。もしかして、時期によるのかね?


【所要時間】
そんなに広くないので、さっと見るなら10分もかからずに一周できそうです。
ここまでの道のりも、近くには案内板があちこち出てるから迷わずに行けました。





*




日向


まずは道の駅日向でごはん。
ちりめん丼580円。





そして願いが叶うクルスの海


こちら!
願いが「叶う」のです
ちょうど十字の割れ目のとなりに、岩があって「叶」になっているのです。

こうゆうこと。
下にもう一本あったら「吐」になってたね

ラブラブスポットのようですが、たかの友梨はいませんでした!




【所要時間】
駐車場からすぐなので所要時間とかないです。
ちょいと寄り道にいかが。




馬ヶ背

四年ぶりに来ました!
さて、歩きますよ〜
けっこうアップダウンきついです。



到着!
柱状節理ですね。

以前来たときは、そんな言葉まったく知りませんでしたが日本中を旅する中で少しずつ知識が増えてることを実感。

ここで終わりじゃないよ、もうちょい先まで!


この解放感!

以前来たときはここに感動してしまい、私のめぐるスポットに「景勝地」が加わったのでした。

駐車場からここまでおよそ10分弱です。


駐車場のお店で日向夏&平兵衛酢ドリンク。
ひゅうがなつと、へべす。どちらも柑橘類。
さっぱりと染み渡ります。人口甘味料不使用!

【所要時間】
行って戻って30分くらい






*



15:20


高千穂


三度目の高千穂!今回の目的はあまてらすスーパーカート
廃線となってしまった高千穂鉄道を観光利用してるのです。

この建物の脇の階段を降りると

高千穂駅に到着。

廃駅がそのまま受付&ショップとなってます。

到着時刻は15:20。次の便は16時の最終です。

ちょっと待っていると、まさかの雨!


このスーパーカート、雨が降ると運休なのです!
屋根なしの雨ざらしだからかと思いきや、線路が濡れてると滑って進めなくなってしまうのです。

特に帰り道はずっと登り坂なので、もうアウトだとか。

ううむ、ここまで来て乗れないのは残念すぎるー。

実は、5/18(10日目)に阿蘇山のあとこちらに来る予定だったのです。
しかし、あのときは天気が大荒れだったので完全運休なのでした。

おっちゃん「ちょっと様子見だな〜」


全エネルギーを集中して雨を止ませようとする私。

あれ、弱くなってきた!


おっちゃん「よし!いっちょ行ってみよう!」


なんと、乗れることに!

軽トラックを改造したこちらのスーパーカートに乗っていきます
行きはこちらのSLが、

帰りはこちらの新幹線が引っ張ってきます。なので、両サイドに運転手さんいます。



16:00出発ーー!


運転手、いや車掌のおじさんが駅員さながらのアナウンスでいろいろ解説してくれます。

なお、乗客は私ひとりです。

トンネル入ると




こんな仕掛けが!


町並みを見下ろして上空を走っております。


天岩戸駅を越えると、



一旦停止して、風を確認。




ついに一番の目玉高千穂橋梁!
高っっっっ!!!

気持ち良すぎます!!!





↓Wikiで拾った高千穂橋梁の画像です。
これの真ん中あたりでカート停めてくれます!


念願のスーパーカートに感動してしまいました。
スタッフの方々も凄くよい人で、私1人のために雲行きがあやしいなか運行してくれました。

本当にありがとうございました!



今日は早めのお風呂。
日之影温泉駅
高千穂から10kmくらい離れたところにあります。

前述の高千穂駅と同じく、こちらも廃線駅です。


しかし、温泉施設となっているのです。



隣にはトレーラーハウスならぬトレインハウス!
役目を終えた列車が宿泊施設となっているのです〜

高千穂鉄道の廃線利用は鉄道マニアじゃなくとも行ってみたくなるものばかりで凄いです!

まずは食事。レストランも併設です。
今日はチキン南蛮カレー!
こっちのタルタルソースはゆで玉子入ってなくて嬉しい限り



露天風呂からは、川と線路が見えます!


風呂鉄ですね。

風呂鉄スポットって、以外とあちこちにありそう!




さて、お風呂入ったけどまだ終わりません








高千穂に戻り
高千穂神社へ。



なんと、夜神楽が毎日やってます!365日!
真っ暗で静かな境内ですが

神楽殿には人がたくさん!
ちなみに700円です。



タヂカラオさん登場!


続いてウズメさん登場!


天岩戸に引きこもったアマテラス様をなんとか出そうとしてる様です。



最後はイザナギとイザナミ。

これがすごく面白いのです!
イタズラ好きな神様らしく、客にちょっかい出し始める。


イザナギ(♂)、女の人のもとへ。


イザナミ(♀)、イザナギひっぱたく


ハグして仲直り!



次はイザナミ(♀)男の人のもとへ。
イザナギ(♂)、イザナミ(♀)ひっぱたく

ハグして仲直り!

イザナミ(♀)、おっさんに抱きつく
なぜかイザナギ(♂)も、そこに加わる

3人でハグ!?

などなど、かなーり笑いありです!

最後は酔い潰れました。








★本日のBGM★
・Vangelis
・Van Morrison
・Vader
・Van der Graaf Generator
・Van Dyke Parks
・Velvet Underground
・Velvet Revolver
・Venom
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちひろ
読者になる
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
ブログ村というのに登録してみました。押してもらえるとポイントが増えるらしいです。
2015年05月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
https://yaplog.jp/chihirog/index1_0.rdf