【香川】男木島 Part 2 伝説とネコとあんもち(男木島)

2018年04月24日(火) 18時00分
【香川県まとめ】


男木島 Part 2



アート作品が目立つ男木島ですが、もちろんそれ以外の見所も。今回は2つの神社にまつわる伝説と謎のグルメ「あんもち」についてまとめてみました。

前回:
【香川】男木島 Part 1 迷路のような集落と鮮やかなアート(男木島)


2018/3/11(日)

前回はアートについて書きましたが、今回はそれ以外の見所について書いてみます。


■加茂神社



集落を抜け、男木漁港のさらに先には加茂神社があります。


サクラが咲いてる!!!

3月11日、まだサクラの開花には少し早いかと思っていたのですが、ここではもう満開です。

こちらは山幸彦を祭る神社

『海での釣りが上手な海幸彦(うみさちひこ:兄)と、山での狩りが得意な山幸彦(やまさちひこ:弟)がいました。
山幸彦はどうしても海釣りをしてみたくなり、無理を言って海幸彦と道具を交換してもらい、海へでかけました。
しかし、海幸彦の大事にしている釣り針を無くしてしまい、怒らせてしまいます。困り果てた山幸彦は海神のもとを訪ねました・・・・』


※観光マップより抜粋

無理を言って借りた、兄の大事な釣り針を無くしてしまった山幸彦。いったいどうなってしまうのか・・・。

つづきます。



■豊玉姫神社



集落の中の階段を登っていくと豊玉姫神社へとたどりつきます。


高台にあるため眺めがとても良い!集落を一望できる展望台でもあります。



こちらは海神の娘である豊玉姫を祭る神社


ここで先程の話の続き。

『釣り針を無くして困った山幸彦は、海神のもとへと訪れました。そこで豊玉姫と出会い、お互い一目惚れしてしまいます。
やがて身籠った豊玉姫。
出産する姿を覗いてはいけないといわれていたのに、山幸彦はついつい覗いてしまいます。
すると、姫はサメの姿をしていたのです。
見られたと気がついた豊玉姫は恥ずかしさのあまり海へ帰っていきました。このとき生まれた子の孫が神武天皇といわれています。』


※一部豊玉姫神社の案内板より抜粋


釣り針どこいった!
そして、海幸彦どこいった!





海幸彦のその後が気になったのでWikipediaを引いてみました。

山幸彦は地上へ帰らねばならず、豊玉姫に失くした釣針と、霊力のある玉「潮盈珠(しおみつたま)」と「潮乾珠(しおふるたま)」を貰い、その玉を使って海幸彦をこらしめ、忠誠を誓わせたという。

なぜかこらしめられる海幸彦。
海幸彦は何か悪いことしたのでしょうか?



■ネコの島



アート作品が目立ちますが、男木島は実はネコ島でもあります。人よりネコの方が多いらしいです。

一匹のネコが私めがけて走ってきた!!


ネコがついてくる!ずっとついてくる!!


たまに私を追い越して先へ行くのですが、待っててくれます。

なんだか相棒が出来たみたいでうれしい。もうこの子連れて帰ろうかな。


なんだか楽しくなっていたところ、曲がり角でネコ好き全快な男子二人組が私のネコに飛び付いた!

「毛の長いネコもいるんだ!あ、これ○○(品種名)だ!」

私のネコは、あっさりとその二人組に切り替えていきました・・・。人生はきびしい。




■男木島名物!?あんもちカレーうどん



散策していたら、すっかりお腹が空きました。
たまたまみつけたOGI カフェにゃん

路地裏のとてもわかりにくいところにあります。
入口には黄色いパトランプがくるくるまわっています。これが点いていると営業中の合図。

今はオフシーズンで多くの店が閉まっている中、開いててくれて良かったー。おそるおそる入ると、明るいおばちゃんが出迎えてくれました。

店内は普通に民家です。おばあちゃん家に来たような気分。

さぬきには餡餅(あんもち)雑煮という名物があります。味噌ベースのお雑煮に、あんこ餅が入っており、他所から見るとちょっと変わったメニュー。

ここでは、そんな餡餅雑煮のうどんバージョン、餡餅うどんを食べることができます!
・・・今日は雑煮は作ってないので餡餅うどんは無いとのこと。でも、『あんもちカレーうどん』なら用意できるらしい。

あんもちすら食べたことない私にとって、一気にステップアップし過ぎな気もしますが、挑戦してみることにします。


こちらがあんもちカレーうどん(500円)。

カレーうどんの上にあんもちが堂々とかまえています。

食べてびっくり、カレーとあんこ、合います!!
全く味がぶつかりません!!
このメニューを扱っているのはこのお店だけとのこと。以前、うどん巡りしている方が、わざわざ予約してまで食べに来たらしい。

最後に美味しいもの食べれて幸せです!




11:00発の船で高松港へ帰ります。


港へ戻ると、最後にネコがお見送りにきてくれました!やっぱり連れて帰ろうかな!


8:40に男木島に来たので、2時間20分の滞在。
現在観賞できるアート作品や営業しているお店が少ないので時間もて余さないか少し心配でしたが、ゆっくり歩いてまわっていたらちょうど良いくらいの滞在時間でした。

次はアート作品が開館している時期にまた来たい島です。

高松へ戻り、次の町へ移動・・・
その前に、シンボルタワーに寄り道。

次回:
【香川】開放的なウッドデッキとノスタルジー『高松シンボルタワー』(高松市)

【香川県まとめ】
  • URL:https://yaplog.jp/chihirog/archive/850
トラックバック
トラックバックURL:
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちひろ
読者になる
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
ブログ村というのに登録してみました。押してもらえるとポイントが増えるらしいです。
2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
https://yaplog.jp/chihirog/index1_0.rdf