【山梨】人はなぜ富士山に登るのか?『ふじさんミュージアム』(富士吉田市)

2017年08月09日(水) 12時00分
◆山梨県まとめ◆


ふじさんミュージアム




時代とともに変化する、日本人にとっての富士山。そんな富士山をプロジェクションマッピングやデジタル技術を駆使して見応えたっぷりに紹介してくれます。

【開館時間】
9:30〜17:00(最終入館16:30)
【休館日】
火曜、年末年始
【料金】
¥400
富士山レーダードーム館との共通券(¥800)あります。

前回:
【北海道】名残惜しい19時間の船旅『さんふらわあ さっぽろ』(苫小牧市)



2017/5/13(土)

不意に訪れた休日。しかも車があります!

せっかくなので、電車では行きづらいところに行こう!

そんなわけで、向かった先は富士五湖エリア。狙いはちょうど見頃を迎える芝桜。

しかし富士五湖周辺に到着すると、あいにくの雨。
ちょっと雨足が弱まるまで屋内スポットへ行こう。

私が向かった先はふじさんミュージアム。2015年4月にリニューアルオープンした、まだ新しいスポットです!
新しいミュージアムって知識がなくても楽しめる場所が多いので楽しみ!



■ふじさん専門のミュージアム




駐車場からは少し歩きます。ちょっと雨は降ってますが、新緑がとてもきれいな道。






館内に入るといきなり鳥居!

こちらは金鳥居。別名「一の鳥居」と呼ばれ、吉田口登山道への入口、すなわち富士山への入口としてかつての信仰登山者を迎え入れていました。

※実物は富士山駅のすぐ近くにあるそうです。


そして江戸時代に富士山の神として定着した、木花開耶姫像(こなはなさくやひめ)の像。



富士山が信仰の対象であることがひしひしと伝わってきます。



■迫力のプロジェクションマッピング




ふじさんミュージアムのメインはこちら!

1/2,000の立体模型に写し出される、富士山プロジェクションマッピング


約4分間のプログラムで、四季や時間帯によって様々な変化を見せる、富士山の美しい姿を写し出しています。

ダイナミックな展開に釘付けです。






■富士山信仰とは・・・




江戸時代、富士山そのものを神としてを崇め登頂を目指す富士山信仰が流行りました。

しかし、江戸から富士山頂を目指すには莫大な資金と体力が必要。

江戸時代の富士山への道が描かれたデジタル絵巻。タッチパネル対応で、感覚的に操作できます。

日本橋から富士山までのながーい道のり。そこには、五合目まで車で行ける現代からは想像もつかないほどの苦労が・・・。そもそも富士登山以前に、東京から富士山まで歩くなんて現代人にはとてもできそうにありません。


そんな中で発展したのが『富士講』と呼ばれる団体。皆で資金を集め、選ばれた人が皆を代表して富士山頂を目指す仕組みです。
こちらのシアタールームでは、そんな江戸時代の富士登山の雰囲気を映像で体験することがきます。





■ミニチュア富士山『富士塚』





富士塚』をご存知でしょうか?

富士山信仰の一環として、富士山を模して造られた人口の山や塚のことを富士塚と呼びます。
富士山まで行くことができない人は、富士塚を登ることで御利益を得ていました。



東京を中心とした関東各地には、今でも富士塚がたくさん!


そして、こちらの富士山ミュージアム内にも富士塚あります!

受付のすぐ隣にあるこちらの富士塚、本物の富士山の溶岩で造られております。

そして、ちゃんと登山できるのです。


白装束や笠も自由に身に纏うことができます。一歩一歩踏みしめて登ろう!



4歩で登頂できました・・・!




■現代の富士山




近代に入ると、それまで宗教的な意味合いが強かった登山がレジャーとして扱われるようになります。

それに伴い、信仰の対象山であった富士山も、時代とともにスポーツや観光の山へとシフトしていきました。



現代の富士山に登る人々を描いたイラストが面白い!それぞれセリフがあるのですが、どれも『あー、いるいる!』って感じで的を射てる。

何枚も貼られていましたが、個人的に気に入ったのを数枚紹介しますー!


【さわやか大学生】

「麓のレンタルショップで一通り借りてきました」
「何事も日本一を目指しているので、登るなら日本で一番高いところってことです(^ ^)」


【山登りの達人夫婦】

「麓から六合目までは登ったので、今回は頂上を目指します」
「山はあちこち行きますが、富士山は人が多いですね〜(苦笑)」


【アメリカの海兵隊】

「体力には自信があるから、富士山に登るくらいは、なんてことないね( ̄△ ̄)」
「Tシャツに短パンだって!?まったく問題ないよ」


【ノリだけはいい若者グループ】

「専門学校の仲良し5人組でーす!」
「登山アニメに影響されて、夏休みを利用してきちゃいました」





私もいつか富士山に登ってみたい!!

富士山は申年に登ると御利益があり、なかでも60年に一度の庚申年が一番力が強いといいます。

次の庚申は・・・2040年!!!

体づくりから始めるには充分な時間ではないでしょうか。




■ふじさんラウンジ




ふじさんミュージアムの2階は、ふじさんラウンジという富士山展望スポット!

ここからは富士山を間近に望むことが・・・?





曇ってる!!!!


このフロアには農機具や伝統工芸などの民俗展示もありました。

さるぼぼみたいなのはホウコウと呼ばれる人形。
漢字で書くと「這う子(はうこ)」。子宝や子供の健康を祈願して飾られる人形だそうです。






お次はすぐ近くの富士山レーダードーム館
日本で一番高い富士山山頂。その実態とは・・・!


次回:
【北海道】日本最高の世界を体験『富士山レーダードーム館』(富士吉田市)


◆山梨県まとめ◆
  • URL:https://yaplog.jp/chihirog/archive/606
トラックバック
トラックバックURL:
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ちひろ
読者になる
にほんブログ村 旅行ブログ その他珍しい旅へ
ブログ村というのに登録してみました。押してもらえるとポイントが増えるらしいです。
2017年08月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/chihirog/index1_0.rdf