ときどき、せつない。

2004年11月28日(日) 21時39分
だれかをすきになることは、
(あたりまえだけど)たのしいことばかりじゃない。
苦しいことや嫉妬してしまうことや
心配してしまうことや途方にくれることが、
考えているより、たくさんあるから。
そして、そういう気持ちは、
自分でコントロールしにくい、やっかいなもの。
だから、こんな気持ちになるくらいなら
すきにならなければよかったなんて、
思ってしまうことも、ときどき、ある。

だけど、そういう、どうしようもない気持ちも
自分のなかで受け入れてしまえば、
ちょっとだけ、気分がかるくなる。
そして、そんなふうに思うほど
「すきなんだなぁ」って考えれば、
まえむきになったりできる。

一生のなかで、特別な人と出会えることって、
そんなに多くない。
だから、少しくらいせつなくても
それはそれで、よしとしなきゃ。
そして、そんなことでつらくなるより
いいところを見つけて反対に
せつない気持ちをたのしもう。


廣瀬裕子さん著
「ときどき、せつない」
わたしらしい恋を育てる50の言葉
より
  • URL:https://yaplog.jp/cherry_love/archive/121
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。