ポケモンのイラスト・ニセポケモン(FakePokemon・オリポケ)中心のブログです。 公式とは一切関係のない個人のファンサイトです。サイト名をブラック&ホワイトにしようとしていたのですが、最近公式でB&W出てしまったので急遽変更しました。(笑) 絵の無断転載・複製・加工などといった行為は禁止です。

新・ニセポケ図鑑


ここに あたらしい ずかんメニューを つくる よていだよ!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アルト
読者になる
タイプ:アブノーマル

とくせい:メタボリック


げんじつと ポケモンせかいとの くべつが あいまいで もうそうが はげしい。

せいしんかに つれていかれたが そこの ドクターを ポケモンはかせと かんちがい しているようだ。

■絵は主にお絵描きBBS使用です。



リンクフリーです★
相互も受け付けております。
リンク用バナーはこちら。

■非公式でかなりてきとうなオリポケを作ってます。


気がつくと151匹を越えていたのでブログサイト化しました。

当初は図鑑風にしようとは思っていなかったため、設定がいい加減だったり絵が統一されていなかったりと気に喰わないところが満載なので、描き直し作業を行っています。

いつかもう少し見やすくしたいと思います。



【旧オリポケ図鑑一覧】

No.1 ポムラニア
No.2 バウガリン
No.3 バナード
No.4 フィンゴ
No.5 フィンゴル
No.6 フィガルダ
No.7 スイマ
No.8 スイタング
No.9 スイホース
No.10 マルスター
No.11 マルマット
No.12 アリタリー
No.13  アリマイゼ
No.14 フィラム
No.15 ビリビリス
No.16 パタメ
No.17 ロリカケス
No.18  ジャノブル
No.19  ゴキルス
No.20  リブキース
No.21  マウキシン
No.22  カビパラ
No.23  メット
No.24  メメット
No.25  ギアム
No.26  ギアーミー
No.27  ギアーマー
No.28  アカデミン
No.29  アオケミン
No.30  ドライグマ
No.31  スチーグマ
No.32  チャム
No.33  チャプラ
No.34  チャネル
No.35  モフリン
No.36  モフロード
No.37  プラフ
No.38  プラルーフ
No.39  ホルコーン
No.40  シロン
No.41  シロファカ
No.42  シローダン
No.43  ムシゾー
No.44  オサゾー
No.45  マチボウズ
No.46  ハナビラン
No.47  テケテイル
No.48  テケテラー
No.49  マローブ
No.50  ベルン
No.51  ベルリリン
No.52  コケラン
No.53  コケミドロ
No.54  コケランプ
No.55  カゲトカゲ
No.56  パピラ
No.57  マキモン
No.58  ルポルガス
No.59  キャドル
No.60  キャデリア
No.61  リッパー
No.62  ラレキリジ 
No.63 ブロクリン
No.64  コンクリン
No.65  シンカー
No.66  テラコット
No.67  アラベスタ
No.68  セレナイト
No.69  ノロバ
No.70  ロバリエ
No.71  カナーデル
No.72 シャリンプ
No.73 キャブスタ
No.74  モラデート
No.75  モララング
No.76  ベルワイス
No.77 ベルホルン
No.78  アイシー
No.79  アイシルク
No.80  アメシス
No.81  グノース
No.82  ノースワン
No.83  ヒゲジゲ
No.84  ムカイゼル
No.85  エトピー
No.86  テコーダン
No.87  テコンドン
No.88  ハンダ
No.89 コノハウオ
No.90 ミルメール
No.91 ライゼント
No.92  アフライト
No.93  スエヒロン
No.94  センバオル
No.95  サイコロン
No.96  メガネコ
No.97  グラテル
No.98  ジェルポン
No.99  ドクマ
No.100 コンペリア
No.101 コンパドル
No.102 アイビーン
No.103 プラメイス
No.104  コテン
No.105  テンカ
No.106  テンペス
No.107 アースタス
No.108 プチグリフ
No.109 グリフ
No.110 グリフオー
No.111  カササギス
No.112  ワルサギス
No.113  クリネオン
No.114  アカルイカ
No.115  ヒガンナ
No.116  アラユーレ
No.117  ウィローレ
No.118  ゴングラ
No.119  ゴラゴン
No.120 ゴラグーン
No.121 セコア
No.122  メタコア
No.123  アルカス
No.124  アルケラス
No.125 パサパサ
No.126  パサンドラ
No.127  ヒョードル
No.128 ラコル
No.129 ララコール
No.130 センザイル
No.131 スクリュウ
No.132 コンドルド
No.133 ガゼロンド
No.134 ロタハス
No.135 ハスバーナ
No.136  エビシード
No.137  リクランド
No.138  カイサイド
No.139  クーバード
No.140  フロスキー
No.141 ウルフロス
No.142 ミズッチ
No.143 ミズニシキ
No.144 ナナコンダ
No.145 ヒガロス
No.146 ケリュシー
No.147 
No.148 
No.149 フーハク
No.150 オリハルス
No.151 キュートス






■シンオウ地方と北海道の関連について
・フタバ〜ハクタイ
・テンガンざん〜ナギサ
・こうてつじま〜ハードマウンテン
・その他(ミオ図書館の本など)



■このブログは非公式なポケモンイラストが中心です。
公式とは一切関係のないサイトです。
絵の無断転載・複製・加工などといった行為は禁止です
コメント
アイコン画像あいうえお
シンオウ地方と北海道の関連についてB (2012年07月09日)
アイコン画像サニーゴ
火蛾 (2012年03月28日)
アイコン画像
じしん (2012年01月14日)
アイコン画像男山
じしん (2011年09月26日)
アイコン画像アルト@被災地より愛を込めて
じしん (2011年03月21日)
アイコン画像ココタ
じしん (2011年03月21日)
アイコン画像アルト@被災地より愛を込めて
じしん (2011年03月17日)
アイコン画像マヌーケー
じしん (2011年03月17日)
アイコン画像アルト@被災地より愛を込めて
じしん (2011年03月17日)
アイコン画像アヴァ
じしん (2011年03月17日)
ブログパーツUL5
« 金さん、銀さん。 | Main | お世話になっております。 »
幻獣としてのピカチュウ / 2009年02月16日(月)





先日読んだ『幻想文学』の幻獣特集の中に、ピカチュウについて書かれた項がありました。


ファンタジー作品における幻獣とピカチュウ・・・。

うーむ・・・。

ピカチュウをポケモンと切り離した見方にはちょっと疑問が・・・。


※以下長ったらしくブツブツ呟いています。

『幻想文学』の幻獣特集で、ファンタジー作家のひかわ玲子さんが幻獣の特性として「象徴」であることを指摘されています。

ユニコーンを例に出して、それがどのような生活をしているかということや、生物学的なことはあまり重要ではなく、象徴としてユニコーンの持つ意味が重要であるとしています。


そのうえで、ピカチュウがそうした幻獣になりえるか?ということを語っています。



【ピカチュウが幻獣となりにくい理由】


・著作権などにより他の創作に使えない

・「可愛い」という1つの象徴以外のものを見出せない

・ピカピカと鳴いて意思表示をする





商業・著作権の問題以前に、ピカチュウという生き物は「ポケットモンスター(ポケモン)」という「生物」という枠組みの中におり、その生態などについても設定されているキャラクターであります。

「モンスターボールに入る」とか「森に生息している」とか。

それは、ひかわさんが最初に述べているような、どのような生活をしているのかなどということと関わってくるのでその時点でファンタジーにおける幻獣としては相応しくないでしょう。

また、ピカチュウのみを取り上げていますが、ポケモンのプレーヤーからするとピカチュウは数あるポケモンの中の1匹でしかなく、誰もが筆者と同じイメージを抱いているかどうかは疑問です。

ピカチュウは「ポケモン」という枠組みの中で語られるべきキャラクターであり、しゃべるとかそういう以前に生物としての設定が既に与えられているので、筆者のいうファンタジー作品の幻獣としては全く相応しくないでしょう。


この雑誌ではゲームやアニメから生まれた幻獣についてということでトトロとピカチュウが挙げられていましたが、トトロとピカチュウを一緒に出すことも可笑しい感じがしますな。


まず、ピカチュウは1匹ではないですしな。


ゲームの場合、プレイしている人間とそうでない人との間にキャラクターに対する認識やイメージの違いも存在するので、そこに一定の「象徴」などを求めること自体が難しいでしょうな。




ちなみにポケモンのゲームの中には「幻のポケモン」というのがいますが、それはゲーム中に1匹しか存在せず、それぞれ個の特質や畏怖や信仰の対象、何らかの象徴を持っていますので、どちらかというと筆者のいうファンタジーにおける幻獣の性質を持っているといえそうです。

それもゲームの世界の設定なのですが。



ピカチュウはポケモン。

鳴くとか可愛いとかそういう以前に、このゲームの設定から完全に抜け出さない限り、筆者の定義するファンタジーの幻獣となることは難しいでしょう。


と思いました。
Posted at 03:57 / 雑記 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/charivari/archive/405
コメントする
名前:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

こうこく
2009年02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Yapme!一覧
メール
タイトル

内容
00275909
   
 Powered by yaplog!