セルシーフィットは自宅でする性病検査キット(匿名・郵送)です!性病・性感染症が増えている現在は通販で取り寄せて匿名検査する方が多いそうです。性病検査キットのセルシーフィットは、性病はもちろん乳がんなども検査できるそうです!このセルシーフィットの特徴を紹介!

性病検査キット!検査できる性病の種類は大差なし!選ぶなら陽性反応が出た場合か!

性病検査キットで検査できる性病の種類は、大差ありません。ただ、その検査方法が異なるぐらいといえます。人気がある性病検査キットでいえばSTDチェッカーセルシーフィットあたりが人気ですね。特にセルシーフィットの場合、乳がん検査や女性のがん検査などの検査キットなどもあるのがポイント!セルシーフィットの性病検査キットでいえば、性感染症の特徴にあわせた検査を採用しているのがポイント!より高い精度が期待できるといえます。さらに陽性反応が出た場合の提携クリニックの紹介制度は便利だったりします。提携クリニックなら再検査無しに治療に入れます。普通なら再検査してからの治療なので、その分の費用が節約できるメリットもあります。
 
   
Posted at 15:07 / 性病検査キットのこと / この記事のURL

乳がんの早期発見のために!乳がん患者の8割が自分で『しこり』を発見している!?

乳がんは、早期発見できれば治すことができるらしいですいね。ただ、早期発見といっても、初期段階では兆候や自覚症状がみられないのが乳がんの特長ともいえます。そのため、乳がんを早期発見するためには、病院で定期検査をしたり、乳がん 検査キットを使い、自宅でおこなう自己検診が必要になります。病院での定期検診というのは年1回ですが、自己検診なら月1回できると思います。なお、乳がんの自己検診は、生理後1週間以内にするのがいいとされています。この時期なら胸も張ってない状態だからだそうです。なお閉経後なら、月に1度定期検診するといいなんて話。なお乳がん患者の8割以上が自分で『しこり』などを見つけているそうです。そのため、乳がんにおける自己検診は、意外と重要ななるとされています。しかし、自己診断では判断しきれない初期もあることから、年1回は病院での定期検査も大切になるようです。病院での検査は、年齢や体の状況により受ける検査の種類も異なるようです。マンモグラフィ、超音波、視診、触診など、色々あるそうです。
 
   
Posted at 13:55 / 乳がん早期発見 / この記事のURL

HPV(ヒトパピローマウィルス)と単語があるけど何のこと?

女性のガンについて調べているとHPV(ヒトパピローマウィルス)という単語が出てくる。このHPV(ヒトパピローマウィルス)というのは、子宮頸がんの原因とされるウイルスのことらしい。この子宮頸がんは、女性のガン死亡原因の2位になるほどの猛威をふるっているらしい。特に20〜30代の女性に多いらしい!最近では、子宮頸がん 予防検査キットなんてモノもあって、かなり人気があるらしいね。なお子宮頸がんは、20歳を超えたら定期的に検査することが望まれているけど、日本人にとっては少し意識が低いなんて話。海外では、多くの女性が定期健診しているらしいよ!
 
   
Posted at 09:12 / 性病検査キットのこと / この記事のURL

セルシーフィットの検査方法とは!

最近では、性病検査キットと病院での性病検査の精度や信頼性は同じくらいだといわれています。そこでセルシーフィット 性病検査キットの検査方法について調べてみました。セルシーフィットの検査・解析は、国の認可を受けた登録衛星検査所でおこなっています。その検査方法ですが、血液検査はPA法を採用しています。検査に必要な量を採血できれば、医療機関と同等の検査ができるそうです。さらに綿棒で行う検査は、最も精度の高いPCR法を採用しています。このPCR法とは、遺伝子検査になるらしく、検体を自己採取しても十分な信頼性があるそうです。これらの検査は、病院や保健所と同じ精度の検査方法になるそうです。また各感染症ごとに適した検査方法を採用しているのがポイントといえます。
 
   
Posted at 10:28 / 性病検査キットのこと / この記事のURL

女性の自覚症状が乏しい淋病!クラミジアの次に多い性病です!

性病の中で感染者が一番多いのがクラミジアですが、その次に多いのが淋病(淋菌感染症)です。淋病は、尿道が炎症を起こす性病で、尿の勢いは無くなるために淋病と名前がついたそうです。その感染経路は、性交によるものですが、オーラスセックスにより、肛門や喉からも感染することがあるそうです。

性病検査キットでも淋病を調べることが可能ですが、「のど」にも対応しているか確認した方がより安心といえます。

次に淋病の症状についてですが、感染すると数時間から数日、わりと短期間で発症します。自覚症状については、男性なら尿道痛や膿が出たりするのですぐにわかります。しかし女性は、自覚症状に乏しく、数ヶ月も無症状のケースもあるほどです。一般的には、「おりもの」が増えたりするそうですが・・・ただ女性は自覚症状が乏しいため、見過ごして悪化させてしまうこともあるほどです。あまり放置すると骨盤などにも達するらしく、妊娠や出産にも大きく関係してくるそうです。

この淋病の診断方法は男性の場合、分泌物のサンプルがあれば90%以上の確率で感染の有無がわかるそうです。しかし女性の場合、感染者の60%程度しか判別できないというデータもあるほど。

淋病は、一般的に男性が多いというデータがありますが、これは自覚症状に乏しい女性が診断のチャンスを失っていることも関係があるかもしれません。とくに淋病は弱い菌なので、感染者の粘膜から離れるとすぐに感染性を失うため、検査にも引っかからないのかもしれません。そのため決して男性に多い性病というわけではないということを忘れないようにしてください。

淋病の治療について、男性は泌尿器科や性病科、女性なら産婦人科・性病科で受診します。また感染場所が喉の場合、耳鼻咽喉科になります。治療方法は、抗生物質の投与で数日から数週間で完治するそうです。

なお治療が長期に渡ることもあるそうですが、それは耐性菌の場合です。抗生物質の乱用による耐性のある菌だと、その治療は長期間になるそうです。
 
   
Posted at 15:39 / 性病・性感染症のこと / この記事のURL
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!